チョロQシルエットのトヨタ ソアラ 2800GT(MC-03)のご紹介。

念願の ソアラをたまた店頭で見つけ購入いたしました。

購入価格は1,000円でした。


最近復刻されたチョロQシルエットより、作りは(気持ちどっしりとしていて)よく出来ております!

復刻版は原油高の影響かわかりませんが、スカイラインRSなんか良く見て買わないと、テールランプのサイド部分に穴が空いているモノも見受けられます。

興味がある方は、よく見て買われた方がいいですよ!


現在復刻版シルエットはZとスカイラインのみですが、ダブルエックスやRX-7やこのソアラのラインナップは追加されるのでしょうか??スカイラインやZが店頭で結構売れ残っているのを見ると打ち切りの可能性も・・・・。


このソアラは日本製です。


他の写真はこちら

AD

TAKARA PORSCHE 962

タカラ サーキットチョロQ WEC仕様 ポルシェ 962C のご紹介。

このチョロQは、1984年 Le Mans に出場した956がモデルなのでしょうか?

伝説のプロトタイプカー956の後継車で、グループCでは常にトップの座に君臨していたポルシェ962C。

他メーカーも負けじと、いろいろな手を尽くしてモンスターマシンが開発・登場しました。

あの頃の各メーカーのマシンは熱かったです。

もう幻でしょうねえ!?
チョロQの型番はWEC No.01Eの日本製です。
当時の価格は¥480でした。

Cカー復活して欲しいですね!


TAKARA ChoroQ 1BAN

トラック野郎 チョロQ一番星&ジョナサン 』のセットのご紹介。

1975年から始まった東映の名作!?、「トラック野郎 」シリーズのチョロQです。
映画の内容は主人公、星 桃次郎 (菅原文太)が駆る11屯ダンプと4屯トラッカーのやもめのジョナサン(愛川欽也)のコンビが全国を突っ走る大衆娯楽映画でした。

写真左が第1弾の『御意見無用で、写真右が第2弾の『爆走一番星 篇の一番星 号とジョナサン号です。

小さい時映画館で観ました。冬(お正月)だったと思うのですが、自分が昔住んでいた街は寅さんとセットで放映していたのを(確か)記憶しております!?テレビでもよく再放送されておりました。デコチャリ も走ってました!無線機もついてました!懐かしいです。自分もチェッカーフラッグパターンの泥よけを一時期(低学年の頃)着けておりました。(恥)

チョロQは新規製作(一番星号)の6輪シャシーを採用したものです。(6WD ではありませんが・・・)

なかなか面白く、結構いいです!?

ただ価格は第一弾が¥2,575(税込)、第二弾が¥2,940(税込) とちょっぴり高かったです。

現在、新金型で価格もリニューアル されて販売 されております!

作業服屋の一番星 も宜しくお願いします!

TAKARA FERRARI 312C

サーキットチョロQ HG F1 シリーズの

フェラーリ 312T3 のご紹介。

フロントウイング等のミシュランのスポンサー名から、ベース車輌は

1978年のF1GPでカルロス・ロイテマンがドライブし

西アメリカ、イギリス、アメリカと優勝車した312T3なのでしょうか!?
トミカなどいろいろなメーカーからモデル化されました。

この当時自分は、ロータスJPSに夢中でしたが、フェラーリも速かったので
好きでした。
チョロQの品番は No.08Eです。
日本製で、当時の定価は480円でした。