出版ブランディングのための本を出版する方法

ビジネス書、実用書で出版しやすい士業(弁護士:公認会計士:税理士:司法書士:行政書士等)や、人に教える仕事(コンサルタント:アドバイザー:カウンセラー等)の方々の商業出版デビュー実現化ブログ。出版企画書の書き方や出版社への売り込みなどノウハウを大公開。


テーマ:
前にも少し書きましたが、
出版社が著者を選ぶときの「隠れポイント」
の1つに、同じ出版社で2冊本を出して
いるか、というのが、あります。


これ、なぜかというと、本1冊つくる
というのは、そりゃあしんどい作業
なわけで。

でも、「あなたとなら、こんな苦境も
乗り越えて行ける!」なんてフレーズが
あるように、そのしんどさも
一緒に仕事している人次第な
わけです。

で、人間、しんどい作業したく
ないですから、一度仕事して
嫌だったら、オファー出さない
わけです。

となると、当然、その逆もあります。

そこから「同じ出版社から2冊出ているか」
がポイントになるのは推測されるでしょう。


そのお話は、ちょうど
この方が書いていたので、
そちらを見ていただければ、おわかりになるかと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。