武器屋 to the World!!

パワーリフティングで全日本チャンピオンに2回なった後、武器屋(ネットショップ)を開業。調子に乗ってベンチプレス世界記録に挑むも返り討ちに会い、銀メダルに甘んじる。世界記録に再び宣戦布告!!

パワーリフティングの最新情報を最速発信しますがいささか表現が過激でハードコア志向で前衛的です。苦手な方はご覧になられないようにして下さい。


パーソナルをインターネットで集客したい方を募集します。全日本またはジャパンオープンの一般の部で三位以上の入賞経験のある方が対象です。興味のある方はinfo@bukiya.netまでご連絡お願いします。










テーマ:

すっかりとチェックが後手になっていますが、前回の更新より規律パネルが二件更新されましたね。

http://www.playtruejapan.org/wp/wp-content/uploads/2017/01/980c9c4a7d0f4aeedc4b0e1a749706f9.pdf

 

まずはボディビルで蛋白同化薬のメタンジェノン。言い訳もしなければ入手経路についても語られていないのでこれ以上は何とも。ただ、この大田将人という人の名前でググるとサンフレッチェ広島好きの文言が。奇しくもというか何の因果だろうか?今日のメインはサンフレッチェ広島の千葉和彦選手のメチルヘキサンアミンによる違反についてです。

 

http://www.playtruejapan.org/wp/wp-content/uploads/2017/01/65a2f1e0a499b4ee4bfd4a27488a4e8f.pdf

 

この件は難しいので要約しますと、

 

・メチルヘキサンアミンで陽性

・2016年9月25日(検体摂取日)から10月21日(資格停止期間の開始日)までの記録関係の剥奪

以後の資格停止期間は一切無し。

 

私が偉そうに書くようになってからは初めてではないでしょうか。資格停止期間が無いというケースは。ただ、皆様に大前提として誤解しないでいただきたいのは資格停止期間は特別に無くなっていますが、陽性という結果は覆っていません。規律パネルの文言中にも「競技者は自らが摂取するものに責任を負う(中略)過誤又は過失が全くなかったということはできない。」と、あります。

この件が難しいのがこのライフスタイルのエグゼクティブチョイスというただのビタミン剤が事前調査と手続きを踏んだ上でサンフレッチェ広島の推奨サプリメントであったということです。チーム及びチームドクターが内容を精査し、他のサプリメントの危険から選手を保護するために選手に推奨していたサプリメントから出てしまった。さて、ここで皆さんに問いたいのはあなたがサンフレッチェ広島の選手であってこのサプリメントを摂らないという選択肢は取れたでしょうか?よほどのサプリメント嫌いや他にサプリメントのスポンサーでもいない限り、チームから安全であることを調べたからと言われたら断れないでしょう。普段から原理原則を主張しまくる私でもチームが事前調査しているものであれば採っていたと断言できます。こう考えますと、このサプリメントを摂取していたサンフレッチェ広島の選手はその日に尿検査をされたら誰でも確定で陽性であった。そう結論付ける事の出来る資料を全て用意でき、認定されたため今回は特別に資格停止期間無しとなった。

 

さて、エグゼクティブチョイスですが、アマゾンでも売っています。

https://www.amazon.co.jp/Lifestyle-LIFE-STYLE-%E3%82%A8%E3%82%B0%E3%82%BC%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A4%E3%82%B9-30%E8%A2%8B/dp/B000BT52LW

 

例えば、私はサプリメントに関しても判断を下すスポーツファーマシストなのでこれを持ってきて聞かれたらこう答えます。

「成分上は大丈夫です。」

これは書いている成分は大丈夫ですが、万が一陽性が出た時は全責任は採った人です。と、いう意味です。

そんな無責任な?!と、思われた方はまだまだこのゲームの恐ろしさが分かっていない。責任は助言をした人ではなく採った人とルールに書いています。(今回の規律パネルの中にも書かれています。)

毎ロット成分の試験をしてから出荷する医薬品であれば「大丈夫です。」と、答えられるのですが、そうではないサプリメントやコンタミが示唆されている漢方はあくまでも表示上は大丈夫としか言えないんです。今回の件は数年に渡り大丈夫で、事前調査もされた信頼性の高いビタミン剤から興奮剤が検出されてしまったわけですから。(陰性の実績が数年に渡ってあるので毎ロット検査を怠ってしまったのだろうなと推測。1ロットたりとも油断してはいけない。健食売る人も大変や。。。)

 

絶対に安全なサプリメントが無いということは今回の件で知ることが出来ました。今回の件で怖いなーと思われた方は毎ロット検査を実施されているサプリメントに切り替えられるかサプリメントを一切採らないようにするかを推奨いたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

今年もある種のシーズンがやってまいりましたドーピング違反者の規律パネルの更新ですね。

 

http://www.playtruejapan.org/wp/wp-content/uploads/2016/12/d619c356db4132427b6fa62e800f14a6.pdf

 

フィジークの選手で1-テストステロンと1-アンドロステンジオンという蛋白同化薬が出ており、どストレートすぎて物質についてはコメントの仕様がありません(苦笑)

 

まあ、若い選手に特有で自分は検査されないだろうとタカをくくったか、マスクをミスったか、どんな手を使ってでも短期間で結果を出して有名になってやろうとした賭けに負けたのかのどちらかだと想像しますが、あまりにも無知で無防備で単純すぎますよね。規律パネルの文言を見る限りこういう選手は再犯するでしょう。日本ボディビル連盟や所属ジムの方の心中お察しいたします。

 

競技人口の増加はどこのスポーツ団体も目指すところですが、スポーツは戦争ではないのでルール内で最大のパフォーマンスを発揮した者が栄光を手にするというコモンセンスが欠如した人間の流入を防ぎきれないことを意味します。(今回の件がまさに)

私のジムも新入会者がかなりの勢いで増えているので服用物質、方法については随時、質疑応答、指導をしていますが、それでもいつかやってしまう人間が出てしまうのではないかと懸念しております。高度に複雑化したアンチ・ドーピングルールを遵守した上で競技に参加するには早期かつ相応の教育が必要で(好きで始めた趣味に対して教育というのは違和感を覚えるものですが)、本件は対岸の火事ではなく日本パワーリフティング協会にとっても明日は我が身の精神でありたいところです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年のWADA禁止リストが更新されましたよアスリートの皆さん。知らぬは許されぬ修羅の世界である事をゆめゆめお忘れ申されるな。

 

http://www.playtruejapan.org/wp/wp-content/uploads/2016/12/3d0fcdb70bcf45de26a66192cd2a7dd7.pdf

 

以下、新規を抜粋し、コピペに近い要約の要約。

 

ヒゲナミン

β2作用薬としてリストに挙がっています。去年のリストでは「すべてのベータ 2 作用薬は、関連するすべての光学異性体(例えば、d 体および l 体)を含めて禁止される。」

今年のリストでは「すべての選択的および非選択的ベータ 2 作用薬は、すべての光学異性体を含めて 禁止される。 以下の物質が禁止されるが、これらに限定するものではないフェノテロール; ホルモテロール; H ヒゲナミン; I インダカテロール; O オロダテロール; P プロカテロール; R レプロテロール; S サルブタモール; サルメテロール; T テルブタリン; V ビランテロール 但し以下のものは除く」

と、具体例を挙げた上でその中に名前が挙がっています。明確化されたということです。ヒゲナミンは南天実に含まれる成分なので南天含有製品は今年はアスリートの皆さんは回避されて下さい。β2作用薬は常時禁止物質なので抜き打ち対象者は特に気をつけて下さい。

 

5α-アンドロスタ -2-エン-17-オン

デルタ-2”もしくは 2-アンドロステノンとして一般的に知られている 5α-アンドロスタ -2-エン-17-オンを、最近、より多く栄養補助食品中で見つけられるため DHEA の代謝物 の例として追加した。 S2. ペプチドホルモン、成長因子、関連物

プロホルモンって最初っからアンダーグラウンド一直線ですよね(笑)

 

アリミスタン

アンドロスタ-3, 5-ジエン-7, 17-ジオン(アリミスタン)を、アロマターゼ阻害薬の新たな例として追加した。例が挙がっているだけで去年もアロマターゼ阻害剤は全て禁止という表現でした。

 

リスデキサンフェタミン

海外のADHD治療薬。日本ではほぼ影響無しと思われる。個人輸入している人は興奮薬なので競技会時は禁止。

 

メチルヘキサンアミン

メチルヘキサンアミンに対するINNがないため、国際純正・応用化学連合[IUPAC]名であ る4-メチルヘキサン-2-アミンを追加した。メチルヘキサンアミンにはいくつかの他の同 義語が存在する:例として、1, 3-ジメチルアミルアミン、ジメチルペンチルアミン;メ チルヘキサミン;メチルヘキサンアミン;1, 3-ジメチルペンチルアミン。

いいかげん、この手のサプリのスペシャル効果に頼るのは卒業するべきだ。

 

フェネチルアミン

通常の食品の消費量では、フェネチルアミンは違反が疑われる分析報告となるには十分 な量ではないであろう。

だ、そうです。

 

ニコモルフィン

ニコモルフィンを追加した。ニコモルフィンは投与後モルヒネに変化するオピオイド作用薬である。麻薬なのでこれも、普通のアスリートにはほぼ関係なし。

 

監視プログラム

コデイン 複数のベータ 2 作用薬の同時使用が新追加。

何度も言っていますが、監視プログラムに記載されている物質、方法は禁止ではありません。使っていただいて大丈夫ですが、使用状況が監視されています。トラマドールが禁止に昇格しなくて良かったねユーザーの皆さん(笑)

 

こんなところです。

2017年禁止表は2017年1月1日から適用開始ですよ!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)