2013-12-05 13:44:58

アンコールワットで「和」を感じる

テーマ:from クロマーマガジン
スオスダイ!

少し前まで、洋服屋さんで売られている長袖なんて誰が買うんだ!と思っていたけれど、
最近の朝晩の冷え込みにやられて、今では長袖を探し回っているえひクロです。

でも…シンプルなのが売っていないんです・・・
余分なキャラクターがテカテカと貼り付けてあったりと、しつこいデザインが目立ちます。
でも…シンプルなのが欲しいんです!シュッとしたのが欲しいんです!!だって…!
キラキラコンサートに行くんですものキラキラ


昨夜、アンコールワットで行われたAUN Jクラシック・オーケストラさんの
ONE ASIA Joint Concertへ行って来ました!

もう、数日前から楽しみで仕方がなかったです♪


今年はアンコールワットが世界遺産に登録されて20年!
10年に一度、遺跡の保存のための政府間会議が行われ、
その前夜祭として、今回のコンサートが行われたそうです!


開演は6時半、日が沈み切るかどうかの時間帯。
バスがアンコールワット東門の入り口に止まり、そこから歩いて会場へ向かいます・・・。
会場までろうそくが導いてくれて、とてもロマンチックです。

角を曲がると・・・・真っ直ぐ並んだろうそくの先に・・・・
カンボジア・クロマー通信

ライトアップされたアンコールワットがそびえ立っていました・・・・!!!



なんかもう、あまりに神秘的で威厳があって・・・
身が引き締まります。



席についてしばらくアンコールワットを眺めていたら、会場が暗くなり・・・
尺八、お琴、三味線、笛に太鼓にお拍子と、和楽器の音色が流れ始めました!
そう、AUN Jクラシックオーケストラさんは、和楽器奏者のグループなんです!

和楽器のイメージを覆すような、カッコいい演奏に一曲目から拍手喝采!
爽やかな曲から重厚感のある曲まで、全てに和楽器は対応出来るんですね。
演奏出来ないくせに、周りの外国人の皆さんに「ほれ見ろ!これが日本の楽器だぁ」と胸を張りたくなりました。笑

次にカンボジアの伝統楽器奏者の演奏があり、カンボジアと日本の伝統楽器のコラボレーション演奏がありました!
クメール語と英語でのMCに、もうカンボジア人、大盛り上がり!!ニコニコ


その後、ヴェトナム・インドネシア・タイの伝統楽器と和楽器の共演、
最後に、5カ国が集いました!

実行委員長のご挨拶にあった
「それぞれの国には、それぞれの歴史があります。今回ジョイントする民族楽器達は、その歴史を経て奏でられる、特別な音色だと感じています。それらの音色が、このたび融合します。」
と言う言葉、まさにその通り。
最初こそ、どうなんだろう、と緊張感がありましたが、音色が合わさって一つになると、聞いていてとても心地良くなりました。


会場の皆さんもそうだったようで、スタンディング・オベーション!
音楽はもちろんですが、照明も凄くかっこ良かったです!
帰っていく人々の顔が、幸せそうだったのが印象的でした。クローバー


素敵な夜をありがとうございましたお月様


 ブログランキングに参加中!



気に入っていただけましたらポチっとお願いします!



AD

コメント

[コメントをする]

1 ■ふうしゃむと言います★

初訪問です♪やっぱり人のブログっていろいろと勉強にもなるし刺激になります♪私は美容やファッションの色んな情報をたっくさん書いてるのでよかったら遊びにきてくださいね♪また読みに来ますね♪アメンバーも募集してるのでよかったらお互いになれたら嬉しいです♪ではでは~

コメント投稿

[PR]気になるキーワード

タイムリーなカンボジア情報を発信中!

Krorma/Sketch Cambodia


@Krorma