鹿児島県・屋久島の縄文杉登山道でがけ崩れが発生した問題で、国、県と屋久島町は2日、迂回(うかい)路を2月中旬までに完成させることを決めた。県は「最も登山客が多い大型連休時も含め、通常の登山が可能」としている。一方、登山道上の岩石を撤去する時期は見通しが立たないという。

 県によると、迂回路の起点は、荒川登山口から約2キロの地点。従来の登山道より約150メートル遠回りとなり、10分ほど余分に時間がかかるという。

【関連ニュース】
屋久島:縄文杉登山道でがけ崩れ 3月までに迂回路設ける
がけ崩れ:縄文杉登山道で--鹿児島・屋久島
ニュージーランド:巨木タネ・マフタと屋久島の縄文杉が「姉妹木」提携
青森市:鹿児島・屋久島町と友好締結 市長「縄文時代から赤い糸」 /青森
災害:屋久島の登山道でがけ崩れ/縄文杉見学のメーンルート/鹿児島

国内医療用医薬品の不振も、大幅な増収増益―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
南硫黄島北海域で白煙=海底火山活動か-3管(時事通信)
<春闘>主力組合が要求提出 3月中旬の回答日目指す(毎日新聞)
太田氏の擁立撤回検討=参院比例、世代交代を意識-公明(時事通信)
上海に“多田ワールド” 多田美波さん、中国で初展示会(産経新聞)
AD