菅直人首相の所信表明演説に対する各党代表質問が15日午前、参院本会議で行われ、菅首相は「参議院選挙も国政選挙。参議院選挙において民意を聞くのが筋だ」と述べ、早期の衆院解散を否定した。自民党の林芳正政調会長代理が衆院を解散し、信を問うことを求めたのに対し答えた。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、首相は「沖縄の戦没者の追悼会に出席し、沖縄のみなさんと真摯(しんし)な形での意思疎通を改めて始めていきたい」と述べ、沖縄との信頼関係の回復を目指す考えを示した。消費税引き上げに関しては「税制の抜本改革に着手することが不可欠だ」としながらも、具体的な数値や時期は明言しなかった。【野原大輔】

【関連ニュース】
普天間:日米声明踏襲 首相、沖縄知事と初会談
菅首相:普天間問題ノータッチ、鳩山氏の意向で
参院選:菅首相「現有議席確保がまず目標」
菅首相:沖縄県知事と15日に会談
菅首相:中国首相と電話協議…沈没事件で連携呼びかけ

元富士通社長の請求却下=代表取締役への復帰認めず―横浜地裁支部(時事通信)
雑記帳 ツイッターで群馬県議会が情報発信 全国初(毎日新聞)
<若手官僚>「国民による仕分け」を提案 省庁改革で(毎日新聞)
亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力(産経新聞)
はやぶさ 「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
 JR東静岡駅北側に建設中の、アニメ「機動戦士ガンダム」の「実物大」立像(高さ18メートル)の建設現場が2日、報道公開された。両脚の骨組みや、アニメ上で操縦席がある胸部など約6割が完成。今月中にも全体像が明らかになる見込み。公開は7月24日から来年1月10日まで。

 ガンダムのプラモデル発売30周年を記念して、おもちゃメーカー「バンダイ」(東京都台東区)が企画。プラモデル製造工場がある、静岡市主催のプラモデルイベント「模型の世界首都・静岡ホビーフェア」(7月24日~来年3月27日開催)に出展する。

 立像は昨夏、東京・お台場でも展示された。新たに代表的な装備「ビームサーベル」を右手に持ち、前回とは異なる照明演出も予定している。期間中は、立像に直接触ることができる。限定プラモデルの販売やガンダムにちなんだメニューを扱う飲食店を設置。約90万人の来場を見込んでいる。【小玉沙織】

【関連ニュース】
ソフトバンク:夏モデルの詳報 ガンプラケータイも
ソフトバンク:ガンダムを君の手に! ガンプラケータイ始動
実物大ガンダム:6割完成--東静岡駅 /静岡
ガンダムバー:福岡・大名に登場
機動戦士ガンダム00 : 劇場版9月18日公開 完全新作はシリーズ19年ぶり

雑記帳 成田で日本初「エアポートウエディング」(毎日新聞)
<文科省>学力テスト「要改善」 行政事業レビュー(毎日新聞)
複数区の複数候補擁立の見直しも 民主党選対委員長に内定の安住氏(産経新聞)
新幹線点検基地の地図見返り、パー券購入を依頼(読売新聞)
将軍の生活描いた浮世絵展、川崎で7日から(読売新聞)