【ランチデート?】

テーマ:
070920_131524.jpg

今日は、仕事をサボリまして、朝からネイルサロンへ。

ランチには夫を呼び出し、なかなか口コミが好評の日本料理屋さんへ。

夫は、店に入る前から躊躇してましたが、案の定、店内のお客さんは、マダムばかり。。
夫は店に入ってからでるまでずっと男一人でした。
でも、久々に二人で落ち着いた時間を過ごせ、至福の時でしたわ。
ごちそうさまでした。
写真はてんぷらですが、なんとーーー、お塩が沖縄産のHibiscus Saltというものでした。
タダものでない、Saltでしたよー。
AD

【CHOCOLATE】

テーマ:

今日は2月5日、いえいえ、午前サマになりましたので、もう6日になりましたね。

バレンタインデーまで、もうすぐですね。

私にはもう無縁ですが。


実は私は大のチョコ好きな乙女なのです。

毎日、officeで仕事合間をぬっては、チョコを口に運んでいます!


さすがに、朝の電車の中では食べませんが、帰りの電車の中では

絶対食べますね。なので、私のBagにはチョコがかかさず潜んでいますよ。





チョコ

↑そぅ、このチョコ懐かしいですよね。学生時代よく食べてました。

安室ちゃんがCMでやってましたね~。


あ~、て思ってくれた方、同年代ですね~。


もう午前0時を過ぎたのに私はまたまた口にこのチョコをいれてしまいましたヨ・・・


最近は食べてもあまり太らなくなったので、おかまいなしに食べ続けています。

でもそのうち危険信号が点滅するかもしれませんね。

気をつけねば・・・



なんか、昨日からついてませんヨ。夫の両親・義姉ともめている?というか、

波長が合っていないというか、文化の違いに戸惑っているというか・・・。

なんともいえない空気が漂っています。


私のためにいろいろと主張してくれた夫がなんだかかわいそうになりました。

義両親は、夫は自分の息子だから何でもおかまいなしに言ってしまうのですよね。

反論するのが苦手な夫をみてて、無茶なことをさせている自分がいるなーと、

反省しました。


夫はとてもいい人です。いつも私のことを密かに? 守ってくれているのですよね。

公には、みせつけませんが、日々夫の私に対する愛情が薄々とにじみでています。


彼をこの世に産んでくれた義両親を私はもっと本当は大切にしなければなりませんね。


チョコを食べて反省デス。













AD

【夫のすばらしさ】

テーマ:

こんばんは。


夫が今日から仕事初めで、朝から私は一人で家事と育児をこなし、やっと一日を終えたところです。

一週間もの夫のお正月やすみはとても存在感が大きく、こうして仕事に行ってしまうと、どんなに助かっていたかということ、改めて実感しますね。


世の専業主婦の方々もそうお思いでは?

私は俗に言う「鬼嫁」でして、夫もそんな私を恐れているのか、このお正月は本当に育児・家事と手伝ってくれていたのです。そう、文句ひとつ言わずに。


だから、その有り難味を十分感じてしまった今日一日でした。


洗濯物を干すのも、お風呂場掃除するのもなんだか久しぶりで、コツを忘れてしまったりと(笑)


娘も、夫の姿を探しているようで、ここ正月休みでしていたちょっとした遊びを懐かしむような仕草をしております。そんな姿をみると、こんな小さな子でも、夫の存在が大きいのだなとちょっと嬉しく思ったりもして。


早くお休みになって、また家事・育児を披露して欲しいものです。

頼りにしてまっせっ!


AD

【夢】

テーマ:

今朝、嫌な夢から目が覚めました。


夫が私との約束を破った夢でした。


ヘビースモーカーだった夫が一年前に二度と煙草を吸わないと誓って一年。

そのことを思い出したせいか、夢の中で夫は見事にその約束を破っていたのでした。


育児で疲れているのでしょうか。

そんな嫌な夢をみめなんて。 


夢の中で私はカンカンでした。夫はシラ~としていて、無償に腹がたちました(笑)


最近、夢というものをあまりみていなかったと思います。

昔よく「夢占い」にはまっていたことがありました。

起きたらすぐに、枕元においてあるノートにみたばかりの夢の内容を

ひととおり書き出していました。


夢ってすぐ忘れてしまうから、すぐ書き出しておかないとダメなんですよね。


あと、私は夢の続きをみれる天才です(笑)

でも、夢の続きをみれる人結構いますかね?


夢に左右されることは人間誰しもあるもしれませんが、

だけど夢は不思議と忘れてしまうから、そんなにあとあと引きづらなくてすむのですよね。


でも、誰かに話した夢は、はっきりと覚えていたりしませんか?


夫は最近チビがものすごいハイスピードでハイハイをした夢をみて、溝にはまっていたという、そんな落ちのある夢をみたそうです。

相変わらず、子煩悩な夫です(笑)


今夜はいい夢がみれますように~

【結婚って】

テーマ:

週末、夫と喧嘩した私。喧嘩というか、私の一人喧嘩?のようですが。

いつものごとく、私のヒステリーから始まるのです(笑)


私はどうして、こんなにも「イライラ人間」なのか、自分でも不思議でなりません。

育児ノイローゼのわけでもなく、いまは生理というわけでもなく、

毎日、チビの面倒をみては、幸せな時を刻んでいる私なのに。


夫についあたってしまい、そして夫のなす全てにイライラしてしまう瞬間が多々あるのでした。

夫は、そんな私にもちろん、怒ります。

だけど、彼はとても優しい、そして心の広い人なんです。


こんなにワガママで、強情で、自分勝手で、

言いたい放題の私を目の前にしても、

彼は、ただ黙って私の話しを聞いてくれています。

そして、私のヒステリーの原因が自分ならば、

改善するよう努力してくれると。


なんて大地のような心の持ち主なんでしょう。


私は今までにこんな人とであったことはありません。

だから、私は彼と結婚したのですね。

でもたまに夫は、私と合う人なんてこの世の中にいないといっていました(笑)

います、あなたですよっと心の中でつぶやいている私です。



結婚て、結婚した自分ですが、未だによくわかりません。

まだまだ結婚して一年半だからわからないのは当たり前ですね。


この先、夫と別々の人生を歩むときがくるかもしれないと、考えたとき

私は鳥肌が立ちました。

考えたくないけど、この先何が起きるかわからない。

だけど、この先何が起きるか、わからないけど、別々の人生を歩むことだけは

あってはいけないことだし、そして考えてもいけないことなのかもしれない。

いつかは別々の人生を歩むと想定して結婚する人はきっとこの世の中に

いないはずです。

誰しもが、誓いの言葉で互いに生涯の伴侶でいることを

確かめ合うのですから。

そう、私は夫と一生涯共に生きることを誓ったのです。

結婚とは恋愛とは全く異質のもの。

結婚前は結婚を恋愛の延長としてとらえていた私でしたが、

っと私はいまだに恋愛の延長で夫を愛しているのかもしれません。

でも、夫はそんな私とは違う気がします。


彼は既に私を結婚という概念の中で、

私を愛していてくれている気がしました。

そう、私と彼と愛しているという性質が異なっているから、

いまだ衝突があるのかもしれません。

私が早く彼と同じ愛情の性質に変化しなければならないということですね。


つまりは、私がまだ成長していないということでした。


結婚て難しい。そして複雑。

だけど尊いものです。


結婚ていいものだと思いますヨ。


【夫の存在】

テーマ:

夫が一年ぶりに出張へ行ったのです。

久々に離れ離れでした。


朝から夫の顔を見ずに暮らす一日。やっぱり寂しいですね。

彼の存在がどれだけ私とチビにとって大きいものか、改めて実感しました。


彼がいるから、支度する食事。

彼がいるから、綺麗にする部屋。

彼がいるから、洗うシーツ。

彼がいるから、作るお味噌汁。


彼がいないと、する気が起きないことがたくさんありすぎて、

私はなまけものになりそうでした(笑)


彼のためにしてきた全てだったのだと、初めて知ったのです。


朝、目が覚めて隣にいない彼、夜がきて、何時になっても帰ってこない彼、

こんなに彼を愛しいと思っていたのだと知りました。

きっとチビも同じ気持ちですね。

そろそろ父親だとわかってきているはずです。

その父親が顔を現さない、声が聞こえない、きっと私と同じ寂しさを

抱いていたのでしょうね。


くわがた


【bye-by 夫の愛車】

テーマ:

今日、我が家に新車がやってたきた!


夫の愛車だった、ゴルフ!今までありがとネ。

君との別れの最後、もっと別れ惜しむつもりが…。


目の前に新しい車があったら、もう興奮で、新車のほうばかりで…。

ごめんね。


夫と初めて会った日から、君とも出会いも始まりましたね。

君とは一緒にお台場に行き、静岡へ行き、そして

富士山にも連れて行ってもらいましたね。


夫との同棲生活をはじめる前日も私の実家からたくさんの

荷物を運んでくれましたね。

そして、ハネムーンのときは成田まで見送ってくれましたね。

もちろん、出迎えもしてくれました。


前、住んでいたところでは朝晩ほとんど私を送り迎えしてくれて、

たまには私の勤め先までも迎えにもきてくれたりもして。


そして妊娠した私を安全に病院まで運んでくれたりもしてくれました。


ときどき窓が開かなくなったりと、機嫌悪くなったこともあったけど、

でも夫の愛車である君とはたくさんの思い出があります。


こうやって、今新車と家に戻って来ると、ほんとうに寂しくなってしまいました。

明日の朝起きて、我が家の窓から見える、駐車スペースにもう君は

いないのですから…。


今まで、本当にありがとね。君がいたから、私は買物なども大変助かりました。

妊娠後期、本当に歩くのも苦しいとき、君が運んでくれたからどんなに、

らくができたことか。


君のことは一生忘れません。娘にも、ちゃんと君の役目がどれだけ

重要だったかということを話しますからね。


ありがと~♪


また、誰かいい持ち主に乗ってもらえるといいですね。

どこかですれ違ったときはクラクションを鳴らしてくださいな~♪


バイバイ

【離婚】

テーマ:

今日、離婚した夫婦が何組いるのだろう。


先ほど報道されていた藤田晋さんと奥菜恵さんの離婚騒動。

同じブログでもあり、アクセスがかなり混雑していましたね。


いろんな人からのコメント。悲しむ人もいれば、笑う人もいる。


「離婚」という言葉。


結婚している私にとってはとても重たい言葉。

ましては、今は子供もいるのでなおさらそう、感じる。


一人の男と、一人の女がこの広い世界でやっと巡り会い、そして

気持ち通じ合い、一生を誓い合う。


同じ屋根の下で毎日を過ごし、言葉を交わし、悲しみや楽しさを一緒に

感じあう。悲しみは半分に、楽しさは倍増して二人の存在をあらためて、

わかちあえる。


そんな夫婦でありたいと誰しもが願っていると私は考える。

もちろん、私もその一人ですが。


自分がもし離婚という道をどうしてもえらばなければならなくなった時、

それはどんな時なのかしら。


きっと私は夫が重大な約束を破ったとき、きっと離婚を選ぶのではないかと

感じた。


夫婦はたとえ、紙の上で一生を誓っても、それはただの紙ぴらにすぎないと

私は思う。


本当の誓いは、きっと毎日の生活で積み重なっているのだと感じる。


それは言葉に表すときっと「信頼」というものに近いのではないかと

考える。


信頼関係を維持し続けることが、どれだけ困難で、そして信頼できれば

できるほど相手をさらに愛しいと思える。


信頼はしようと思ってできるものではなく、相手のしぐさ、行動、そして言葉…

きっと数えられないほどの偶然のことで相手を信じられるものだと私は

考えている。


一人の人間を一生、信じていけることほどhappyなことはないはず。





【夫の一言】

テーマ:

昨日、夫が帰宅してチビをお風呂にいれてもらい、

ひと段落したとき夫が私に言った一言がとてもあたたかかった。


「今日も一日お連れ様でしたね」と…。


子育てをしていると、仕事をしているときとは違い、誰も評価してくれない。

そもそも子育ては評価するものではないのですがね。


だけど今日も一日大変だったと自分では分かっていても、他の誰かは

それを大変だろうなと思うだけで実際は、そんなに身にしみていないというか。


そんな昨日の出来事。

私の顔が よっぽど疲れていたのか夫が言ってくれた一言で私は、

ホッとしてしまった。


会社で仕事をしているときは、仕事が終わると「お疲れ様」といのが

当たり前というか挨拶みたいなものになっている。


だけど、育児をしていて「お疲れ様」と言われることがこんなに嬉しいこととは

思ってもみなかったし、改めて言われることで、また頑張れるものなんですね。


寝不足が続いたり、抱っこのしすぎで手や足が痛かったりと肉体的につらいけど、

そんなときに夫のその一言が私の心をホッとさせてくれました。


【夫の愛車】

テーマ:

ついにこの間、夫の愛車を売ったらどうか提案した私。


夫の車はゴルフ。左ハンドルなので私が運転できないのが現状。

おととい、チャイルドシートをつけたら、天井や前部座席との距離がとても

近く感じて、チビを乗せるのにはとてもじゃないけどかわいそうになってしまった。


やはり、小さい子を乗せるにはファミリーカーがいいのですね。


夫の愛車はもう結構な距離を走っており、そろそろかどきでもありますけどね。

だけど独身時代にお金を貯めて買った車でもあるので、そう簡単に手放してなどは

いえないですよね。


だけど、維持費もかかるし、今年は車検だし、余計なお金はあまり使わないで

いたいのが私の今の願いです。


夫よ、頼みます!!!

愛車を可愛い娘のために買いかえてくださいまし~。


お願いです!!