【食事】

テーマ:

ここ最近、落ち着いて食事をすることができなくなってきました。

というのも、娘と一緒に食べると、娘に食べさせながら私も食べなければならないからです。


まだ一人で上手にスプーンをもって食べたりは勿論できませんから。

一人で食べるとなると必殺、「手掴み」です!!!


嫌いなものは、ポイポイと、テーブルの下へ落とすし…。

お皿はガチャガチャ。コップなんてみちせたときには、中身は全てテーブルへ流れてしまいますから…。


仕事に戻ってからは、お昼ごはんが唯一、のんびりと同僚と食べれる一時です。

食事って絶対のんびりと優雅に食べられることほど、幸せなことはないですよね。


そういえば、社会復帰する前、つまりは育児休暇最後のお昼に、私は一人で優雅にカップラーメンを食べました。娘はちょうど慣らし保育でお昼時間帯にはいなかったので、一ヶ月ほど一人でお昼を食べる時間がありましたが、のんびり食べれた日は一日となかったですね。



ラーメン



お迎えまでの時間にいろいろとやることもあったので、お昼の時間も有効活用するために、立ちながら食べたりとかがほとんどでした。


ですが、最後の日だけはっと。


私はカップラーメンに卵を入れて食べてみました。

ずっと憧れていたスタイルです。


あるドラマの主人公が食べていたので、いつかやってみたいと思っていたのです。


なかなか、至福の時でした。


あぁ、あの日が懐かしい。でも、カップラーメンを食べ終わったと同時に保育園から「熱があるのでお迎えお願いします」と電話があったなぁ・・・・。


今日も忙しない一日でしたよ。



AD

【私の時間】

テーマ:

私にも「自分の時間」というものが毎日少しですが、できたのです!

というのは、会社と家までの電車の中での時間。

その時間、私は一人の世界に入り込んでいます。そう、本を読んでいるのです。

昔は夜遅くまで、本を読んでいたこともありました。

読み始めるととまらないのです。




そんな時間が一年一ヶ月、まるまるありませんでしたね。

どんな本が毎月、発行されているかも知らないし、本屋に行っても本を選ぶ時間もない、そもそも買っても読む時間がないのですがね。

育児休暇中に読んでいたのは、育児雑誌、ファッション誌、料理雑誌だけでしたね。

ピラピラピラ~とちょっと時間があるときにむくれる程度。

なので、活字を読むとなったら私はその世界にはいりこんでしまうので、とてもそんな時間をもつことは不可能でした。

寝る前に読めばいい?

そうなんですが、実際睡眠という、欲望には勝てませんでした。

なので、今は電車の中が唯一の一時とでもいいましょうか。

そんなこと言ったら、夫や娘に怒られるかもしれませんが。

でも、人間は一人の時間は必要だと思います。

私は昔からよく「所詮、人は一人なんだ」と思っていました。

そんな寂しいこと言わないで、と友人にもよくいわれましたが、たとえ家族がいようが、恋人がいようが、誰しも一人になりたい時間ってありませんか?

または、一人の時間が好きな瞬間てありますよね?

私は結構、一人でいるのが好きなんです。

誰もいない部屋で、自分の好きなことをしている時間が宝物でしたね。

誰にも邪魔されない、自分ひとりだけの時間。

至福の時ですヨ。

今日、会社の本屋をのぞいてみたんです。

そしたら、ずいぶんと新しい文庫が揃っていました。

これからの通勤時間、至福の時間として過ごさせていただきます。


AD

【復帰!】

テーマ:

五月も下旬です。

自分のブログものぞけないほど、家でパソコンを触れない日々を送っていました。

友人へのメールも返信しないまま…。

これでは、友人も減ってしまいますね。

そう、先週私はついに「社会復帰」したのです。

復職してから10日あまりたちました。

社会復帰した当日は、娘が高熱続きで出社できるかわからなかったのですが、夫がたまたま休日で、そして母が看病のヘルプにきてくれたので、なんとか出社できたのですけどね。

結局は「突発性発疹」という病名で、熱が下がったと同時に発疹が出るという、なんともよくわからない病気なんですよ。熱がでている間はずっと心配でした。

なんせ、40度近い熱が数日続いていたのですからね。

働きながらの育児は、思った以上に大変です。

朝から寝るまで戦争?ですから…。言葉が大変悪いですが。

娘もなんで、ママと離れ離れなんだろうという思いを帰宅したと同時に発散するんですよ。

なんで、娘が発散している最中は、私は家のことをやっているので聞いてあげる時間もなく。

本当に可愛そうな思いをさせています。

でも、めげません!

そうやって、私も娘も強くなるのですから。もちろん、夫も()

夫には、この10日間本当に助けてもらいました。

共働きなんだから、当たり前!なんていう方もいらっしゃいますが。

でも、ここまでよくやってくれる夫はそういないと思います。

私が復帰早々休めないのを理解してもらい、自分が仕事を休んで娘の看病をしてくれたのです。

もちろん、料理以外の家事は全てやってくれていました。

今週は、実母にかなり助けてもらっています。

夕飯の支度から、娘のお迎えもやってもらっています。

なので、来てもらえない日は本当に本当に大変!!!なんです。

おかげで、熟睡できますが…。

きっと100年の恋も冷めるような寝方をしているのでしょう。

がんばりますっ!

AD