【妊娠発覚】

テーマ:

「妊娠したの!」という報告をここ数日で、2人の友人から受けました。

あぁ、私の妊娠発覚だと思われましたか?(笑)


私に、その予定はありませんっ。

幸せなお話しは続くものですね。

2人とも、想定外の妊娠で私も驚きましたが、彼女らも喜びよりも驚きのほうが大きかったようです。


実は私も妊娠をしたときの心境は、正直「戸惑い」でした。

まだ夫と結婚して、三ヶ月しかたっていなかったのでこれからの「2人計画」がいろいろあったわけです。

まぁ、私の勝手な計画にすぎませんが…。


仕事もしていたので、辞めるべきなのかなど。

トイレでの妊娠検査薬とのニラメッコのあの一日は今でも覚えています。

夫がトイレのドアの向こうで、私の様子を伺いながらジッと待っていてくれたのです。


一回目の妊娠検査薬で、陽性反応が出たのですが、なんだかうす~い印だったので、いまいち信じ難く、もう一回妊娠検査薬を買いにもいきましたねー。

初めて使うものだったので、余計にこれであってるのかなど、そんな不安もあり、終いには夫が「俺がやってみようか」などと、アホな発言をしたときには、大笑いでしたけどね。


今ではいい思い出ですが、当時のことにしてみれば本当驚きでいっぱいでした。

でも結果としては、あの時妊娠してよかったのですよ。


彼女達は、今まさに悪阻で大変苦しんでいるようです。

一人は初産婦、もう一人は経産婦(我が子と同じ頃に出産した彼女)。

2人とも偶然にも予定日がとても近かったです。


初産婦の彼女とは、先週会ったのですが、私の知っていること全てを話しました。

どんな服を買ったらいいか、どんな靴を買ったらいいか、お腹には今からクリームをぬっておいたほうがいいとか、悪阻の時期はこれを食べたら少しはらくだとか…。話していてもキリがないのですがね(笑)


そう、洋服なんかは特に私は、「妊婦服」というものあえて買わなかったのです。でも服は買いましたが、普通に普段買っているshopで、お腹が大きくてもokなタイプを選んで購入していましたね。


靴は、もうペッタンコの靴しか履けません。

ちょっとヒールならって思っていたのですが、とんでもない。恐くて履けませんでした。

万が一転んだらってことを想定するとどうも履けないのです。


スニーカーが便利でしたが、まだ産前休暇前で会社にも行っていたので、プラダのバレエシューズを二足買い、それを履きまわしていましたね。

でも、産後の今も相変わらず、ペッタンコの靴です。


妊娠が発覚すると、本当に忙しい!!!

でも、気持ち悪いし、でもやることたくさんあるしで。

充実した妊婦生活でしたけどね。


きっと、出産したら「お腹にもどって~」と必ず思うときがくるので、2人とも大切に今の時期をお過ごしください。







AD

【お手入れ】

テーマ:

今夜、久しぶりにペディキュアしました。

育児していると、なかなか手の指にはぬれないのですね~。

手は家事と育児でアレアレです。

夜、寝る前にハンドクリームをたっぷりぬって寝てますが、

毎日夕方になるとカサカサです。

近所のアロマのお店の店長さんに「ロイヤルゼリー入りのハンドローション」を頂いたんです。

そしたら、とってもしっとりしていて、効果抜群。

おまけに、チビのほっぺにもぬっても大丈夫なんだそうです。


チビも空気が乾燥しているせいか、先週からカラダも顔も肌が荒れてきてしまいました。

ちゃんとクリームをお風呂あがりにぬっていたのですがね。

ちょっと悲しいです。


早く、春がこないかなー。

ちょっと待ち遠しいです。春がきて、桜が咲いて、そしたら肌も生まれ変わるのに。。。


2月、まだまだ寒くなるみたいです。

皆さんもお肌の乾燥も喉の乾燥にもご注意をっ。


ぺ



AD

【友達の恋】

テーマ:

「恋」なんて、結婚して、出産して、育児真っ只中の私には遠いもの。

夫にも恋している余裕も今はないかも…(笑)


でも恋は今の私にとってみれば、儚いもの。

そう、だから夫とは今現実に2人で家庭をきずいているわけで、恋という、ほんわかな気持ちではとてもとても、持続できないのです。深~い愛でないとやっていけません(笑)

でもこれでも時々、夫に恋している自分にもどるときもあるのですヨ。


そんな私だから、独身の女友達の恋愛にどんな助言ができるか?っといったら。

①結婚相手に求めるものはなにか?

②どんな相手と結婚するのがbestなのか?

③誠実な男の見分け方?

④今の恋愛に終止符をうつべきか?


と、そんなとこです。

先日、会った友人とは④について切実に話しました。

彼女は今の恋愛に終止符をうつべきなのか、悩んでいたのです。

というのも、どうやら素敵な出会いがあったようです。

だけど、今の恋愛にも特にこれといった致命的な不満もなければ、その相手を嫌う要素もないのです。

恋愛していれば、時には喧嘩もするし、相手のちょっとしたしぐさなんかが気になる時期もあったりして、多少の不満はあるでしょうが、特に終止符をうつ要因がないのでしょう。


だけど、なぜか結婚にはふみきれないといった段階なのですね。


結婚にふみきれない、というのはつまりは結婚する気がないわけではないっと、私は思うのですが、これって間違いですか?

結婚などする気もなければ、「ふみきれない」という思いはこみあげてこないと私は感じます。


「結婚するの?」と聞くと、「わかんない」と返ってくるのです。

そう、結婚したくなければ、「わかんない」なんて言葉もかぇってこないのです。


私のもう一人の女友達は全く正反対で、「結婚するの?」と聞くと「しない、しない、絶対ないよー」と返ってきました。


そう、結婚する気がなければそう返ってくるのですよ。

結婚しない恋愛、 結婚したいけどなぜかできない恋愛、いつかは結婚する恋愛…


恋愛の種類は様々です。

私と夫の恋愛は、絶対結婚する恋愛でした。


夫と出会ったときに、ふっと結婚するかもしれないと思ったんです。

だけど、まさかでした。

当時、「ビビビ婚」というのが流行っていたので、私もそれに流されただけだと。

だけど、本当に結婚したのです。


私の話しはどうでもよくて、テーマは友達の恋です。

そう、彼女は素敵な出会いがあったのですが、今の恋愛、つまりは結婚したいけど、なぜかできない恋愛を切り捨てることはできないとそう私に告白してくれました。


なんとなく、その女心がわかる気がします。

長年つきあってきて相手でもあり、今さら終止符をうつ理由も特別なく、ましては素敵な出会いのその相手と果たして必ずうまくいくかもわからない恋愛に飛び乗る勇気はないと、そういうことです。


本当に素敵な出会いで、運命を感じたならばきっと今までの過去は全て末梢できるでしょう。

でも、彼女はきっと今の恋愛に本当には満足しているのです。

満足している今の自分に気づいていないのではないかと私は診断しました。


幸せな時間は、そのときには本人達には分からないものだとよくいいませんか?


後になって、あの時は幸せだったと過去形になるのです。

人は今以上の素晴らしい人生を誰しもが望みます。


誰しもが今の生活、今の幸せ、今の恋愛よりもさらに素晴らしいものを手にしたいと願うのです。

だから、彼女はきっと今の恋愛をさらにランクアップさせたいと日々思っているのでしょう。

それをただ、相手を変えればランクアップできると勘違いしていのかもしれません。


そう、現在進行形の恋愛をランクアップすることが大切なのですね。












AD

【たっち】

テーマ:

我が子がたっちした。

それはもう10日ほど前のことです。


今まであまり立つ気もなかったチビがすくっと、たったのです。

ちょうど私の実家に帰っていたときのことでした。

コタツに手をつき、すくっとたちあがったのです。


視界が変わったせいか、たっちするたびに悲鳴をあげて喜んでいます。


ツカマリダチがはじまったら、次は伝い歩き。

1歳前には歩き出してしまうのでしょうか。


早く歩く姿もみたいですが、ゆっくりでもいいような。

どうせ、歩いたら一生歩かなければならないのですからね(笑)


たっちち



【夫のすばらしさ】

テーマ:

こんばんは。


夫が今日から仕事初めで、朝から私は一人で家事と育児をこなし、やっと一日を終えたところです。

一週間もの夫のお正月やすみはとても存在感が大きく、こうして仕事に行ってしまうと、どんなに助かっていたかということ、改めて実感しますね。


世の専業主婦の方々もそうお思いでは?

私は俗に言う「鬼嫁」でして、夫もそんな私を恐れているのか、このお正月は本当に育児・家事と手伝ってくれていたのです。そう、文句ひとつ言わずに。


だから、その有り難味を十分感じてしまった今日一日でした。


洗濯物を干すのも、お風呂場掃除するのもなんだか久しぶりで、コツを忘れてしまったりと(笑)


娘も、夫の姿を探しているようで、ここ正月休みでしていたちょっとした遊びを懐かしむような仕草をしております。そんな姿をみると、こんな小さな子でも、夫の存在が大きいのだなとちょっと嬉しく思ったりもして。


早くお休みになって、また家事・育児を披露して欲しいものです。

頼りにしてまっせっ!


【2006年】

テーマ:

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。


ついに、新しい年が明けてしまいました。


それももう5日も経過…。

一年て本当に早いですね。年をとればとるほど早く感じます。

ましては我が子の成長をみていると、もっとハイスピードに感じるわけなんです。


我が子もこの世に生まれて9カ月。

毎日元気に成長しています。

昨日できなかったことが今日できるという、そんな世界です。


今日は立てなかったけど、明日はもしかしたら立てるかもしれない。

そんな希望と期待でいっぱいです。


先日、夫と娘と三人で近所の神社に初詣にいってきました。

夫は何をお願いしたかわかりませんが、きっと同じことを

お願いしたことでしょう。と私は一人勝手に解釈しています。


今年は仕事復帰する年でもあります。

また、さらに輪をかけて忙しくなる年でありますように?!