【主婦の嘆き】

テーマ:

育児疲れなのか、最近ふっと、仕事に没頭している夫が羨ましく思えてきました。


主婦は、働いている人からみれば、ずっと家にいれて、らくできていると思われがちですが、主婦ほど大変な職業はないのかなっと最近感じるようになりました。


だって、自分ひとりの時間がないのですから。


本を読んだり、音楽を聴いたり、買い物したり、友達と電話したり。

そんな自由な時間がないのですからね。


ちょっと育児疲れかなっと自分でも思っています。


客観的にみても主婦ほど時間に拘束されている職業はないのです。何度もいいますが。

世間のお父さんは、家に帰ってきて家が綺麗であるのが当たり前、子供の世話をするのが当たり前、食事の用意をしているのが当たり前。


主婦にとっての自由な時間ってあるのですかね。

まる一日何もしないで、誰にも拘束されないで過ごしたいという願望が、かわいいチビがいながらもそう感じてしまうのです。


だから、夫が少し羨ましく思えてきました。

夫は、夫で大変だといいます。

朝から晩まで会社で働いてクタクタだと。


でも、仕事をしているとどこかでいきぬきってできていると思うのです。

通勤時間や、仕事の合間。


出張にでれば、まるっきり一人。

何をするにも自由なんですから。


ちょっと今夜はブルーになってしまいました。

というのも、チビがなかなか寝付かなくてちょっとイライラしていた私。


母親失格ですかね。


今から寝酒でも飲んで、眠りにつきますかね(笑)

と、ちょっと親父モードですね。


でも今夜はそんな気分です。


誰かと一緒にいたい、そんな夜ですね。





AD

【笑顔】

テーマ:

だんだん寒くなってきました、ここ最近。

朝も夕方も一度は、ブルブルと震えます。


もう11月も下旬ですもの。


はやいものです。去年の今頃は…とよく考えることが多い私です。

そう、去年今頃は大きくなり始めたお腹を抱えて、勤めていたものですから。

とっても懐かしく思います。

去年と今年のこの季節があまりにも違いすぎていて。

人生て、本当不思議です。何が不思議かって?

それは、去年と今年の自分の人生があまりにも違いすぎることを実感ている私だから、不思議なのかもしれません。


この1年間、あっという間でした。

学生生活よりもあっというまでしたよ。

きっと毎日充実している証なんでしょうね。


最近チビはさらに笑うようになりました。

ちょっと前までは、何がおかしくて笑うのか、理解できないところもあったのですが、

最近は、ちゃんと私が笑うと笑ってくれて、笑わすと笑ってくれて、楽しいと笑ってくれます。


そんなチビをもっともっと愛しくなってしまいました。


以心伝心できているなぁと。 

だって、まだ言葉が通じないのですからね。


夫のことを最近、目で追うようになり、夫自身大変喜んでいますよ。

もちろん、夫が笑わせてもチビは満面の笑みです。


同じ月齢のママ友にも「よく笑うね~」と誉められます。

機嫌が悪くない限り、いつもニコニコです。


きっと笑顔美人は自分で言うのもなんですが、私譲りなんでしょうね(笑)


毎日、笑う回数が増えているような、そんなことを感じる私はとても幸せです。


夫が仕事で忙しくて家に帰る時間が遅いときや、出張でいないときも、チビの笑顔をみて寂しさも少しは軽減される気がします。


チビの半分と夫ですからね。

子供って本当に不思議な力をもっています。




AD

【動物園】

テーマ:


動物園へ行ってきました。動物園


私は朝早く起きて、お弁当を作り、天気もよかったので洗濯物も早めに干して、チビの小道具一式バックにつめこみいざ、出発。


夫もたまにしかない休みなので、珍しく張り切っていました。

可愛いチビのためですものね。


晴天の日曜日のせいか、動物園はかなり混雑していました。

どこも子連れの家族です。


やはり、少しチビにはまだちょっと早すぎたのでしょうか、そんなに興奮度はまだなかったですね。でも、気になる動物はじぃ~と凝視していましたよ。

特に「ペンギン」。


きっと自分と似た動作をするからなのでしょうかね?


あとは象さんです。おっきなカラダでノソノソと歩く姿を目で追っていました。

夫に抱っこされながら。


動物園のランチタイムでも、チビは夫以上にモグモグ食べていました。

瓶詰めの市販のベビーフードを試しにもっていき、それを熱湯で少し溶いて食べさせました。


瓶詰めのものをそのままあげたのでは冷たすぎますからね。

よく食べました。もちろん大好物のバナナもペロッと一本たいらげてしまいました。


午後も引き続き。


今は大人気のホワイトタイガーとも出会えました。

すごい迫力ですね。私は必死にカメラにおさえようとかけずりまわりましたよ。


幼い頃、マレーシアの動物園でみた、ホワイトタイガーは今でも目に焼きついていますから。

綺麗なブルーの瞳は、威嚇な目でもあり、どこか優しい目でもあると私自身感じるのです。


午後二時をまわり、チビもウトウト。

そして私も夫もヘトヘトだったので、動物園とサヨナラすることに。


また来るからね~と、私は心の中でつぶやきました。

そう、次はきっとチビが駆けずり回る頃にでも来たいですね。


タイガー







AD

【music】

テーマ:

今日、チビが寝ている間に私は急に自分が聴きたい音楽を探しにCDをあさり始めたのでした。

というのも、ママ友のさゆりんが、ベビが寝ている間も音楽を聴けるようにヘッドフォンを買ったんだという話を聞いて、私もなんだか無償に聴きたくなったのです。


出産してから、自分の好きな曲なんて聴いていないのですよ。

なので、早速!


まずはhitomi、続いてミスチル。 洋楽-オアシス。

いっぺんには無理なので、ちょっとずつ。

チビも今までは童謡やら赤ちゃんが好きな曲シリーズしかきいていなかったので、不思議に思ったのか、いつの間にか夫の大切なBANG&OLUFSENのスピーカーのところまで転がっていき、たたいていました(笑)


チビも音楽は好きみたいですね。


この曲はパパとよく車の中で聴いてたんだよーとちょっとコメントもしてあげました。

夫と結婚する前によく車の中で流れていた曲ばかりでした。

ふっと、恋愛時代を懐かしんだのか!(笑)


なんだか気分がリラックスできた気がします。

いくらチビのためであるとはいえ、童謡ばかり聴いているのも…。


音楽ってなんだか不思議な力を持っていますね。

長い間ピアノを弾いていた私ですが、ピアノを弾いても気持ちがこもるし、ただ、曲を聴いているだけでも、気持ちが溢れるというか、なんというか。とにかく、リラックスできるし、自分の世界に入れるのですよね。

彼女がヘッドフォンを買ったのは、ベビがお昼寝している間も聴けるという理由のようですが、育児をしながらでも自分の世界に入る時間は必要だと私は感じました。

私もヘッドフォンが欲しい!!!!





【夢】

テーマ:

今朝、嫌な夢から目が覚めました。


夫が私との約束を破った夢でした。


ヘビースモーカーだった夫が一年前に二度と煙草を吸わないと誓って一年。

そのことを思い出したせいか、夢の中で夫は見事にその約束を破っていたのでした。


育児で疲れているのでしょうか。

そんな嫌な夢をみめなんて。 


夢の中で私はカンカンでした。夫はシラ~としていて、無償に腹がたちました(笑)


最近、夢というものをあまりみていなかったと思います。

昔よく「夢占い」にはまっていたことがありました。

起きたらすぐに、枕元においてあるノートにみたばかりの夢の内容を

ひととおり書き出していました。


夢ってすぐ忘れてしまうから、すぐ書き出しておかないとダメなんですよね。


あと、私は夢の続きをみれる天才です(笑)

でも、夢の続きをみれる人結構いますかね?


夢に左右されることは人間誰しもあるもしれませんが、

だけど夢は不思議と忘れてしまうから、そんなにあとあと引きづらなくてすむのですよね。


でも、誰かに話した夢は、はっきりと覚えていたりしませんか?


夫は最近チビがものすごいハイスピードでハイハイをした夢をみて、溝にはまっていたという、そんな落ちのある夢をみたそうです。

相変わらず、子煩悩な夫です(笑)


今夜はいい夢がみれますように~

【特別な人】

テーマ:

あなたにとって特別な人は誰ですか?


よく、あなたにとって「大切な人」は誰ですか?という質問はあるでしょう。

そうすると、たいていは恋人だったり妻や夫だったり、子供だったり両親だったり、友人だったり。


だけど、「特別な人」て…。

回答に困りませんか?


おそらく、この「特別な人」というのは、男女間で意図するものなのではと

私は想定します。


結婚していても、妻や夫以外にも「特別な人」がいるかもしれない。

恋人がいても、別に「特別な人」がいるのかもしれない。


別に特別な人がいるから、それを浮気だのなんだのというわけではなく、きっとそれは今は幸せだけど、生涯、出会ってきた人の中で「特別な人」があなたにはいますか?という質問だと私はそう受け止めます。


今は結婚して、またはこれから結婚するけれども、そんな幸せな今だけど、生涯にしてみれば、んーあの人だけは何人も付き合ってきた人の中で特別というか、なんというか、きっと心の中の思い出になった人のことを指すのかもしれませんね。


私の性格上、あまり思い出を大切にする人種ではないので、正直今の私に「特別な人」と呼べる人はいないのですが、結婚した友人から「あの人だけは今でも特別なの」という台詞を聞いたことがあります。


その時の私は、今は幸せで結婚して、子供も二人もいてhappyなのに、何言ってんだか、ヤレヤレなんて思っていたのですが、彼女のそのときの気持ちをふっと今になって理解してあげられるような気がしました。


でも、どうなのでしょう?

彼女の夫にしてみれば、自分という大切な人がいるにもかかわらず、自分とは別に「特別な人」が妻にいると、知ったとき。(そんなことは彼女が口を割らない限り知りえないのですが。)


きっと、複雑な心境でしょうね。

夫よりも自分の子供よりも特別な人が彼女の心にいるなんて、やはり、私にしてみれば「愛の不法行為」にあたると思います! なんて勝手な法律をつくってしまいましたが。。。


でも、彼女がそう感じる以上、誰も責めることはできないのですからね。

別に、夫に内緒でその特別な人と密会しているとか、連絡をとっているとかではないのですから、やっぱり罪にはならないのかなっと。


彼女はその時に言っていました。その特別な人にいつばったり出会うかわからないから、だから私は二児の母であるけれど、綺麗でいたいと…。

彼女の美しさは、「特別な人」のためだったのでした。

なんだか、話しを聞いた私自身が複雑な心境になってしまいました。


でも「特別な人」がいることで、女としての美が保たれるのはある意味羨ましいです。


最近の私は育児・家事に追われ、「美」どころか、女としても…ハハハ

きっと夫は、毎日私の姿をみるたびに、興ざめしているもしれません(笑)


私は「大切な人」のために美を保たねば(笑)

【公園へ】

テーマ:

家族三人で公園へ。


夫は仕事が忙しく、あまり家族三人でどこかへという機会も

少ないので、公園へ行きました。

芝生が広がるひろーーい公園。


天気もまぁまぁで、いい秋晴れでした。

もう少し快晴であれば、あと一時間長くいれたのになぁ、と私は

心の中で思ったのですがね。


おにぎりをパパッと作り、卵焼きを焼いてからあげもいれて、

私と夫は公園でお昼。

チビは離乳食なので家で食べさせてからでてきたのですがね。

オヤツにたまごボーロをあげたら喜んでいました。


久々にみあげた青い空。

やっぱり空は広かった。当たり前なのですが最近何にも邪魔されない

空を見るのはあまりにも久しぶりで、ちょっと感動しましたヨ。


次くるときは、あんよができるようになってからかな?

そしたらきっと夫と私をヘトヘトにしてくれるのでしょうね(笑)

公園