競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第155回天皇賞・春:4月30日(日) 京都競馬場
15時40分発走

過去10年、一番人気は勝てず
上位拮抗ならではのステイヤー番組


スタミナ優先主義
血統も大切なことだが、最近では馬の大型化が進み、国際番組でも互角、勝てるということを期待されて殖産に馬産地は励んできた。しかし、そのスタミナとは何だと考えるか。ここでは馬格と考える。馬体重である。当然、無駄な肉は削ぎ落とされて、その上で500キロ超級の馬格がある馬は強いことが多いという話だ。3200mを単に走るだけではない。その強さを見せつけなければならない。距離実績はあって当たり前、上がり時計は34秒台前半まで期待される。京都コース巧者であることも必要だ。一番人気は[0-0-1-9]で、二番人気が[5-1-1-3]、三番人気が[1-5-1-3]という結果。六番人気以降が勝ち負けになったことは6回、二桁人気でも4頭が勝ち負けになっている※ここでの勝ち負けとは1着、2着を差す。天皇賞がローカル競馬のように荒れていいのかと嘆いたこともあった。が、これが事実なのである。押し出された人気馬が勝てない。本当の強さは人気ではない。ステイヤーとしての実績、京都コース巧者というところか。それらの点を踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 シャケトラ 牡4 58 田辺 裕信
1 2 ラブラドライト せん8 58 酒井 学
2 3 キタサンブラック 牡5 58 武 豊
2 4 スピリッツミノル 牡5 58 幸 英明
3 5 ファタモルガーナ せん9 58 浜中 俊
3 6 シュヴァルグラン 牡5 58 福永 祐一
4 7 アルバート 牡6 58 川田 将雅
4 8 タマモベストプレイ 牡7 58 吉田 隼人
5 9 ディーマジェスティ 牡4 58 蛯名 正義
5 10 アドマイヤデウス 牡6 58 岩田 康誠
6 11 プロレタリアト 牝6 56 杉原 誠人
6 12 ゴールドアクター 牡6 58 横山 典弘
7 13 トーセンバジル 牡5 58 四位 洋文
7 14 ワンアンドオンリー 牡6 58 和田 竜二
8 15 サトノダイヤモンド 牡4 58 ルメール
8 16 レインボーライン 牡4 58 Mデムーロ
8 17 ヤマカツライデン 牡5 58 松山 弘平

●主線はこの二頭の勝ち負け
二強対決という下馬評通りではあるが、最後の最後でサトノダイヤモンドが抜け出すのではないかと思えるところがある。が、ここでは安定味を感じさせるキタサンブラックを主軸に据える。対抗にはサトノダイヤモンド。この二頭の対決であって良い。それ以外のところではヤマカツライデンの前残りかと思わせるところがあったが、中途半端な逃げを打つようであればキタサンブラックが取って替わるだろう。となれば、その手番もないし、前残りもない。結果、この二頭で勝ち負けとなる。
●番手にはこの三頭を挙げる
ここからが肝要だと言っても良い。新興勢力と言っても良いシャケトラだが、いまの勢いは胸を借りるどころではない、堂々と戦いを挑んで引けを取らない状態になっている。馬格も文句なし、上がり時計も悪くはない。ただ、それらのデータは58キロではない。この斤量がどこまで影響するかというところを考えると難しさが出てくる。それがどうか。また、シュヴァルグランが思った以上にきちんと走ることができていない。何らかの理由があるのかとあれこれと情報を探したが、何も出てこない。思った以上に走ることができる馬なのではないかと思っていたのだが、それは偉大なる勘違いだったのだろうか。が、無下にできにない。それを考えると△連下ではあるが押さえておきたい。そして、アルバートを推す。積極的な競馬ができないと思っていたら、前走のダイヤモンドSでそれができることが判った。が、相手に恵まれてのことという可能性も高い。となれば、これだけの強豪が揃ったこの番組で、そこまで力を出すことができるのか。後ろからの競馬となると難しさが一入となる可能性がある。が、押さえておきたい一頭だ。
●取捨選択を迷った一頭
ゴールドアクターをどう考えるか。悪くはないのだが、良いと思えるところがない。勝ち切れないだけではない、好走することができない状態となっているのではないかと思えるほどだ。終わったとは思いたくないのだが、それに近いものがあるのかもしれない。件調子であることは確かだ。また、レインボーラインだが、上り調子ではあるのだが、どうしてもこの馬は線が細く、力を出し切れない。というよりも、勢いだけでその力がないのかもしれない。そう考えると至高の番組といっても良いこの番組で勝ち負けになるところ、ワイド連対までに食い込んでくることができるとは思えないのだが、諸賢の考えはいかがだろうか。

●捨てちゃえ馬
やはり、研ぎ澄まされた走りができる馬がこの番組は勝つべきだ。紛れが起きたり、タラレバが成就したりということではあって欲しくない。その点から前述のようにゴールドアクターレインボーラインの二頭がここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
3 キタサンブラック 牡5 58 武 豊
15 サトノダイヤモンド 牡4 58 ルメール
1 シャケトラ 牡4 58 田辺 裕信
△1 6 シュヴァルグラン 牡5 58 福永 祐一
△2 7 アルバート 牡6 58 川田 将雅
捨馬 12 ゴールドアクター 牡6 58 横山 典弘
捨馬 16 レインボーライン 牡4 58 Mデムーロ


●結果
【配当】
単勝 3 220円
複勝 3 110円
6 160円
15 110円
枠連 2-3 1,090円
馬連 3-6 1,040円
ワイド 3-6 260円
3-15 140円
6-15 350円
馬単 3-6 1,430円
3連複 3-6-15 610円
3連単 3-6-15 3,780円

【着順】 【時計】
1 3 キタサンブラック 3:12.5 35.3
2 6 シュヴァルグラン 3:12.7 35.2
3 15 サトノダイヤモンド 3:12.7 35.0
4 10 アドマイヤデウス 3:12.8 35.2
5 7 アルバート 3:13.3 35.3
6 9 ディーマジェスティ 3:13.5 35.6
7 12 ゴールドアクター 3:13.6 35.5
8 13 トーセンバジル 3:13.7 35.5
9 1 シャケトラ 3:13.7 36.0
10 5 ファタモルガーナ 3:13.8 35.8
11 14 ワンアンドオンリー 3:14.1 36.6
12 16 レインボーライン 3:14.3 35.7
13 8 タマモベストプレイ 3:15.1 36.7
14 4 スピリッツミノル 3:15.2 36.6
15 17 ヤマカツライデン 3:15.7 38.7
16 11 プロレタリアト 3:15.9 37.1
17 2 ラブラドライト 3:16.2 37.7
AD
いいね!した人

紀伊國屋さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。