競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第77回桜花賞:4月9日(日) 阪神競馬場
15時40分発走

展開の機微が一番人気を揺さぶる
実績よりも瞬発力を問う番組


牝馬三冠で極端な番組
勢いだけがすべてであると言わんばかりの番組となっている気がすること、オークス、秋華賞と連係性が希薄であると思えること。この番組が極端に思えてきたのは今に始まったことではない。そうさせてしまうのはなぜか。若駒であること、マイル戦であること、阪神コースであることというところだろうと思える。そのため、上位拮抗、混線となりやすい。一番人気は[3-2-0-5]で、この二年は一番人気がコケている。二番人気は[2-3-0-5]、三番人気は[2-1-1-6]という結果。また、この番組のステップとして位置付けられているチューリップ賞がその実力を発揮させている。成長分を考えることができる番組が有効なのだろうと思える。が、いずれにしても単なるマイル戦ではない。厩舎、馬、騎手の意気込みがあふれ出てくるような番組となっている。その点も踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ミスエルテ 牝3 55 川田 将雅
1 2 ライジングリーズン 牝3 55 丸田 恭介
2 取消 サロニカ 牝3 55 浜中 俊
2 4 ジューヌエコール 牝3 55 北村 友一
3 5 ベルカプリ 牝3 55 藤岡 佑介
3 6 リスグラシュー 牝3 55 武 豊
4 7 ショーウェイ 牝3 55 松若 風馬
4 8 カラクレナイ 牝3 55 田辺 裕信
5 9 ゴールドケープ 牝3 55 丸山 元気
5 10 レーヌミノル 牝3 55 池添 謙一
6 11 アロンザモナ 牝3 55 幸 英明
6 12 アエロリット 牝3 55 横山 典弘
7 13 ヴゼットジョリー 牝3 55 福永 祐一
7 14 ソウルスターリング 牝3 55 ルメール
7 15 アドマイヤミヤビ 牝3 55 Mデムーロ
8 16 ミスパンテール 牝3 55 四位 洋文
8 17 ディアドラ 牝3 55 岩田 康誠
8 18 カワキタエンカ 牝3 55 和田 竜二

●主線はこの二頭の勝ち負け
下馬評通りではあるが、ソウルスターリングが順当に勝ち星を繋ぐのではないかと思える。負ける気がしないというのは嘘である。しかも、この二年、一番人気がコケている。要は走ってみなければ分からないということだ。対抗には同枠のアドマイヤミヤビを推す。勝たなければならない馬と勝ちたいと思う馬の気持ちが違う。騎手としてある。この二頭は名騎手ルメールとデムーロの戦いでもある。日本のレベルも上がって来たが、外国人馬主からオファーが来るのはユタカぐらいだ。この両騎手の手綱捌きを見習うが良い。
●番手にはこの三頭を挙げる
この位置にリスグラシューの手綱を執るユタカが来る。となってしまうと、今年は波乱ではなく、順当な結果となる。この三人で決まるだろうとは思うのだが、競馬は走ってみなければ分からない。それを忘れそうになった時にサイレンススズカの4角を思い出すことで、まさにその通りなのである。△連下にはカラクレナイを挙げる。PhilliesReviewではデムーロ騎手が手綱を執った。今回は田辺裕騎手が手綱を執る。劣ることなく走らせることができるだろうが、馬自体の勝負になるとこの位置までが限界だろう。そして、ライジングリーズンを推す。好時計というではないが、ステップである番組での好走は悪くなかった。ワイド連対までなら展開次第では紛れ込んでくる可能性が高いと判断をした。諸賢の考えは如何だろうか。
●取捨選択を迷った一頭
PhilliesReviewで2着となったレーヌミノルだが、その走りがあそこまでなのではないかと思わせた悪くはないのだが、勢いのまま走り切っただけというところだ。燃え尽きたとは言わないが、この番組でワイド連対まで狙えるような走りができるかというと疑問が残る。決め手がないのではないかと思える。また、チューリップ賞2着となったミスパンテールだが、決して悪い走りではなかったのだが、あまりにも戦歴が少ないこともあって、僅か三戦でG1戦参加、タイトル奪取とはイカないだろうと思っている。が、侮れない天才少女なのかもしれない。無想考えてしまうと難しいことは難しい。果たしてどうか。

●捨てちゃえ馬
紛れがないとは言わないが、紛れは少ないことことがG1戦である。そう考えると、レーヌミノルは力及ばずだろう。ミスパンテールは戦歴不足で多頭数の中で力を発揮できないと考える。そのためにこの二頭がここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
14 ソウルスターリング 牝3 55 ルメール
15 アドマイヤミヤビ 牝3 55 Mデムーロ
6 リスグラシュー 牝3 55 武 豊
△1 8 カラクレナイ 牝3 55 田辺 裕信
△2 2 ライジングリーズン 牝3 55 丸田 恭介
捨馬 10 レーヌミノル 牝3 55 池添 謙一
捨馬 16 ミスパンテール 牝3 55 四位 洋文


●結果
【配当】
単勝 10 4,080円
複勝 10 480円
6 240円
14 110円
枠連 3-5 7,470円
馬連 6-10 17,000円
ワイド 6-10 2,760円
6-14 420円
10-14 880円
馬単 10-6 45,330円
3連複 6-10-14 5,020円
3連単 10-6-14 94,890円

【着順】 【時計】
1 10 レーヌミノル 1:34.5 35.4
2 6 リスグラシュー 1:34.6 35.3
3 14 ソウルスターリング 1:34.6 35.4
4 8 カラクレナイ 1:34.7 35.0
5 12 アエロリット 1:34.7 35.0
6 17 ディアドラ 1:34.9 34.9
7 18 カワキタエンカ 1:35.1 36.8
8 2 ライジングリーズン 1:35.2 35.6
9 4 ジューヌエコール 1:35.3 36.1
10 13 ヴゼットジョリー 1:35.3 36.5
11 1 ミスエルテ 1:35.4 35.9
12 15 アドマイヤミヤビ 1:35.5 35.6
13 9 ゴールドケープ 1:35.7 36.1
14 11 アロンザモナ 1:35.8 36.3
15 7 ショーウェイ 1:35.8 36.9
16 16 ミスパンテール 1:36.8 37.4
17 5 ベルカプリ 1:37.2 38.0
取消 3 サロニカ  
AD
いいね!した人

テーマ:

第35回ニュージーランドトロフィー:4月8日(土) 中山競馬場
15時45分発走

どうしても外枠不利のマイル戦
連係性が乏しい番組だが一応G2戦


何が言いたいのかというと
この番組は間違ってもG2戦である。強くなければ勝てない番組である。この先にはマイラーとしての適性を問われて、好走を期待される競走馬ライフとなる可能性があるのである。が、それを言うのであれば、あまりにも不適切な競争条件である。それを払拭させることは難しい。ならば、これまでの実績を問うしかない。距離短縮で臨むことができれば良いだろう。マイル戦としての速さも問われることになるだろう。中山コース実績がどうであるのかというところも踏まえて、この番組を考えなければならない。くどい話となるが、G2戦である。即ち、強くなければ勝てないのである。今回は上がり時計に注目して予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ナイトバナレット 牡3 56 中谷 雄太
1 2 ランガディア 牡3 56 戸崎 圭太
2 3 セイカチトセ 牡3 56 吉田 豊
2 4 メイソンジュニア 牡3 56 菱田 裕二
3 5 マンカストラップ 牡3 56 江田 照男
3 6 ジョーストリクトリ 牡3 56 シュタルケ
4 7 スズカゼ 牝3 54 吉田 隼人
4 8 ダイイチターミナル 牡3 56 大野 拓弥
5 9 カリビアンゴールド 牝3 54 田中 勝春
5 10 クライムメジャー 牡3 56 川田 将雅
6 11 ジャッキー 牡3 56 松岡 正海
6 12 スズカメジャー 牡3 56 岩田 康誠
7 13 イノバティブ 牡3 56 石川 裕紀人
7 14 タイセイスターリー 牡3 56 内田 博幸
8 15 タイムトリップ 牡3 56 田辺 裕信
8 16 ボンセルヴィーソ 牡3 56 松山 弘平

●主線はこの二頭の勝ち負け
誰が乗ってもきちんと走るという訳ではないが、クライムメジャーの前走の走りが抜群だった。それはデムーロマジックというわけではないだろうが、その走りを推して主軸に据えた。切れる脚がどこまで活かせるかというところだが、しっかりした馬格を持っている馬だけに、ここでの好走が次を期待させる走りになるのではないかと思っている。対抗には大外枠に入ったボンセルヴィーソを推す。不器用そうな走りなのだが、実はきちんと走ることができる馬だと考えている。どこまで道悪になるかは判らないものの、持ち前の器用さで勝ち負けを狙ってくるはずだ。そのことを考えて、この両頭を挙げる。
●番手にはこの三頭を挙げる
メイソンジュニアがどこまで走ることができるか判らないのだが、前走を見た上では距離はマイル戦になった方が良いのではないかと思えた馬だ。逆に言えば、前走は力を出す前に終わってしまったという感がある。ここではそれを巻き返すことになると考えて▲単穴とした。また外枠に入ってしまったことが仇になるかはさておき、タイムトリップを推す。押されて伸びて、まんまゴールという前走の勢い。それがこの番組で通用するかとなると難しい面も窺えるが、ワイド連対までなら入ってくる可能性が高いとして、この位置とした。そして、ジョーストリクトリを推す。前々走でも期待を寄せたのだが、良いところ無しで終わってしまい、今回はどこまでというところで挙げ連ねた。悪くはないのだが、まだ本気になっていない。その点がこの位置にさせる。
●取捨選択を迷った一頭
最内枠に入ったナイトバナレットの斑気は同じ騎手が手綱を執っているとは思えないほどだ。今回は前々走で勝ち星となった中山コースであるだけに、ここでの期待も高まるというもの。しかし、その期待通りの走りをしてくれるのかというと難しい面がある。興味をそそられることは確かだが、果たしてどうか。

●捨てちゃえ馬
G2戦である。生半可では勝ち負けになれない。それを考えるとナイトバナレットがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
10 クライムメジャー 牡3 56 川田 将雅
16 ボンセルヴィーソ 牡3 56 松山 弘平
4 メイソンジュニア 牡3 56 菱田 裕二
△1 15 タイムトリップ 牡3 56 田辺 裕信
△2 6 ジョーストリクトリ 牡3 56 シュタルケ
捨馬 1 ナイトバナレット 牡3 56 中谷 雄太


●結果
【配当】
単勝 6 5,110円
複勝 6 800円
4 490円
16 260円
枠連 2-3 11,000円
馬連 4-6 29,320円
ワイド 4-6 4,440円
4-16 1,500円
6-16 3,760円
馬単 6-4 57,590円
3連複 4-6-16 49,810円
3連単 6-4-16 496,220円

【着順】 【時計】
1 6 ジョーストリクトリ 1:36.0 34.9
2 4 メイソンジュニア 1:36.2 35.5
3 16 ボンセルヴィーソ 1:36.2 35.3
4 7 スズカゼ 1:36.3 35.3
5 15 タイムトリップ 1:36.3 34.4
6 12 スズカメジャー 1:36.4 34.7
7 14 タイセイスターリー 1:36.5 35.5
8 10 クライムメジャー 1:36.6 35.2
9 8 ダイイチターミナル 1:36.8 35.5
10 1 ナイトバナレット 1:36.9 34.8
11 9 カリビアンゴールド 1:36.9 35.7
12 13 イノバティブ 1:37.0 34.9
13 2 ランガディア 1:37.2 35.6
14 11 ジャッキー 1:37.3 35.9
15 5 マンカストラップ 1:37.8 36.5
16 3 セイカチトセ 1:38.4 36.6
AD
いいね!した人

テーマ:

第60回阪神牝馬ステークス:4月8日(土) 阪神競馬場
15時35分発走

斤量、距離が整備されて
牝馬としての強さを図る


ヴィクトリアマイルのステップ戦
06年にヴィクトリアマイルが創設されたのだが、牝馬のマイル戦の流れがいまひとつ整備がされていなかった。この番組辞退も昨年からマイル戦となったばかりで、その実体はどこまで信頼をくことができるのか不明瞭である。その流れの中で考えるとどうしても中心に考えなければならないことが斤量である。牝馬にとって56キロは重過ぎる。それを背負ってどこまで走ることができるのかというところが課題だ。馬齢としては四歳馬がその強さを見せつけるかのよう。ただ、それは1400m戦だった時代も含めたデータ。昨年は実績馬二頭が馬齢に関係なく入線してきた。それらを踏まえて予想を組み立てる必要があるようだ。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ウエスタンレベッカ 牝7 54 高倉 稜
1 2 クリノラホール 牝4 54 北村 友一
2 3 クイーンズリング 牝5 56 Mデムーロ
2 4 クロコスミア 牝4 54 松若 風馬
3 5 トーセンビクトリー 牝5 54 武 豊
3 6 ミッキークイーン 牝5 55 浜中 俊
4 7 メイショウマンボ 牝7 55 小牧 太
4 8 ジュールポレール 牝4 54 幸 英明
5 9 タッチングスピーチ 牝5 54 和田 竜二
5 10 ヒルノマテーラ 牝6 54 四位 洋文
6 11 アットザシーサイド 牝4 54 福永 祐一
6 12 デンコウアンジュ 牝4 54 蛯名 正義
7 13 エテルナミノル 牝4 54 池添 謙一
7 14 ダンツキャンサー 牝6 54 藤岡 佑介
8 15 デニムアンドルビー 牝7 54 藤岡 康太
8 16 アドマイヤリード 牝4 54 ルメール

●主線はこの二頭の勝ち負け
勝ってこの番組に駒を進めて来たこと、距離短縮で臨むことができること、そして、ユタカが手綱を執ることで、トーセンビクトリーを主軸に据えた。生来、キングカメハメハ産駒はバレが進んでからその実力を発揮することが多い。この馬もまたその一頭ではないかと思えなくもない。対抗にはクイーンズリングを挙げる。休み明けではあるが、休み明けの実績はある。リズ杯を勝っている実績も評価できる。牝馬としての強さを見せてくれるのではないかと考えている。両頭とも、ここは単なる通過点として考えているに違いない。無理はしないが下手は打たないと考えた。
●番手にはこの三頭を挙げる
ミッキークイーンは▲単穴までとした。理由は簡単で、この馬は休み明けに勝った実績がない。どこまできちんと走ることができるのかということもあるが、馬場状態を気にしなければ好走できるものの、緩んだ馬場、力比べになった時に脆さが出るのではないかと思う。また、大外枠に入ってしまったのだが、条件戦を次々と勝ち進んでこの番組に出走して来たアドマイヤリードを推す。状態としては良いのではないかと思えるのだが、如何せん馬格が小さい。それを考えると△連下までだろうと判断をした。そして、ジュールポレールを挙げる。距離適正は問題ないだろう。切れ脚が武器になるかというとそれが難しいところに思えるのである。だから、△連下までなのだが、間違えばワイド連対には言ってきそうな一頭である。諸賢の考えは如何だろうか。
●取捨選択を迷った一頭
タッチングスピーチを何度も拾い上げてきたのだが、どうしても渋り馬場との相性が悪い。となると、どこまで回復するかは分からないが、きちんとした走りができないのではないかということ、加えてこのところの不調。輪を掛けて勝ち負けから遠ざけられてしまっている。奮起することもないのではということでこの位置となった。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、タッチングスピーチがここでは要らない。ハナから捨てるつもりで書いていたようなものではあるが、敢えて言い放つ。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 トーセンビクトリー 牝5 54 武 豊
3 クイーンズリング 牝5 56 Mデムーロ
6 ミッキークイーン 牝5 55 浜中 俊
△1 16 アドマイヤリード 牝4 54 ルメール
△2 8 ジュールポレール 牝4 54 幸 英明
捨馬 9 タッチングスピーチ 牝5 54 和田 竜二


●結果
【配当】
単勝 6 220円
複勝 6 110円
16 190円
8 200円
枠連 3-8 460円
馬連 6-16 820円
ワイド 6-8 350円
6-16 350円
8-16 840円
馬単 6-16 1,340円
3連複 6-8-16 1,760円
3連単 6-16-8 6,370円

【着順】 【時計】
1 6 ミッキークイーン 1:34.3 34.0
2 16 アドマイヤリード 1:34.6 34.0
3 8 ジュールポレール 1:34.6 34.6
4 4 クロコスミア 1:35.1 35.8
5 13 エテルナミノル 1:35.3 35.8
6 5 トーセンビクトリー 1:35.4 35.0
7 12 デンコウアンジュ 1:35.4 34.9
8 11 アットザシーサイド 1:35.6 35.4
9 10 ヒルノマテーラ 1:35.6 35.0
10 14 ダンツキャンサー 1:35.6 35.9
11 2 クリノラホール 1:35.8 35.8
12 15 デニムアンドルビー 1:35.8 34.9
13 9 タッチングスピーチ 1:36.0 35.1
14 7 メイショウマンボ 1:36.1 35.4
15 3 クイーンズリング 1:36.5 36.8
16 1 ウエスタンレベッカ 1:37.0 36.7
AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。