競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第61回大阪杯:4月2日(日) 阪神競馬場
15時40分発走

春のもう一つの天皇賞・秋となるか
求められる力はタフさ


G1格上げで内容が変わる
これまでのこの番組は天皇賞・春の前哨戦として位置付けられていた。2000m戦とは思えないファロンタイムで2000mを走り抜ける。つまり、3200m-1200mという番組であったということだ。そのため、一番人気が[4-3-2-1]で圧倒的な強さを誇っていた。二番人気は[2-2-1-5]で、三番人気は[1-0-1-8]という結果。圧倒的な差が付いていた。しかし、六番人気以降は8/30頭が複勝入線しているために、意外な高配当もあった。タフさが求められるということはこのような背景がある。そのため、これまでは基本的にはステイヤーだった。今年からこの傾向が変わってくるだろう。また、馬齢別には四歳馬が[6-3-3-15]で複勝率が44.4%とその勢いの頭角を現し、五歳馬が[3-4-2-21]で30.0%、六歳馬が[1-2-5-25]で32.0%、七歳馬以上は[0-1-0-29]で3.3%という結果。四歳馬賭しての充実期を迎えていることと、修錬された六歳馬が力を発揮している。それらを踏まえて、この番組の予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ミッキーロケット 牡4 57 和田 竜二
2 2 アングライフェン 牡5 57 岩田 康誠
3 3 スズカデヴィアス 牡6 57 藤岡 佑介
3 4 ステファノス 牡6 57 川田 将雅
4 5 キタサンブラック 牡5 57 武 豊
4 6 サクラアンプルール 牡6 57 横山 典弘
5 7 サトノクラウン 牡5 57 Mデムーロ
5 8 ロードヴァンドール 牡4 57 太宰 啓介
6 9 ディサイファ 牡8 57 四位 洋文
6 10 モンドインテロ 牡5 57 内田 博幸
7 11 マルターズアポジー 牡5 57 武士沢 友治
7 12 アンビシャス 牡5 57 福永 祐一
8 13 ヤマカツエース 牡5 57 池添 謙一
8 14 マカヒキ 牡4 57 ルメール

●主線はこの二頭の勝ち負け
G1に格上げされた興味深い番組だが、ここで勝ち負けになって、天皇賞・春にも出走をするのだろうかと興味をそそられる。主軸にはキタサンブラックを据えた。正直言えば、対抗に推すマカヒキとどちらが勝っても馬券的には問題ない。ただ、安定感を考えると仕上げ上手な厩舎であるだけにキタサンブラックだろうということになる。マカヒキはなぜ前走で下手を打ったのか。鞍上の問題だけではなく、馬自体が失敗したと考えているようなところを感じた。もっと走れるはずなのにという気持ちがあったのではないかということ。ただ、いずれにしてもこの二頭が勝ち負けになる手堅い番組だ。紐探しとなる。
●番手にはこの三頭を挙げる
サトノクラウンが好調。確かに手応えのある走りをしている。が、なぜ、勝ち負けになると推さないのかというところを改めて考え見た。宝塚記念でも、天皇賞・秋でも定量戦に悉く負けている。共に58キロだったが、今回は57キロ。この馬だけが57キロではない。そこが危ういところ。そのために、今回は▲単穴までとした。思うに、バネの作りが違うのではないかというところだ。諸賢の考えは如何だろうか? また、ヤマカツエースが悪路でもきちんと走れるようになってきたことを考えて、△連下だが挙げることにした。阪神コースということで、追われて伸びるという展開ができない。4角を回った時にどこにいるかというところが鍵となる。その点を考えると、良くてもワイド連対までだろう。そして、ワイド連対まででも良いから食い込んでこないかと思いながら挙げるロードヴァンドール。しっかりした馬格で、それを活かしながら走ることができる馬だということを感じさせる一頭。仕上がりも悪くない。今回は稍重の馬場になるだろうが、どこまで力を出すことができるか声援を贈りたい。
●取捨選択に迷った一頭
悪路が苦手という訳ではないが、それも手伝ってここでどこまで力を出せるのかと思わせたのがアンビシャスである。悪くはないのだが、余りにも決め手が希薄である。その点を考えると、ここに揃ったメンバーとどこまで競えるかということになる。非常に迷わされる一頭だ。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではアンビシャスが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 キタサンブラック 牡5 57 武 豊
14 マカヒキ 牡4 57 ルメール
7 サトノクラウン 牡5 57 Mデムーロ
△1 13 ヤマカツエース 牡5 57 池添 謙一
△2 8 ロードヴァンドール 牡4 57 太宰 啓介
捨馬 12 アンビシャス 牡5 57 福永 祐一


AD
いいね!した人

テーマ:

第49回ダービー卿チャレンジトロフィー:4月1日(土) 中山競馬場
15時45分発走

マイラーとしての素質と実績を問う
近走実績を優先して考える


中山コース巧者が曲者
上位人気が不振である。一番人気が[2-1-0-7]で、二番人気が[0-1-2-7]、三番人気が[1-0-0-9]という結果。馬齢的には四歳馬が[3-5-2-33]で複勝率が23.2%、五歳馬が[6-2-5-26]で33.3%、六歳馬になると[1-1-2-34]で10.5%、七歳馬以上は[0-2-1-37]で7.5%という結果。五歳馬までの勢いがある馬が勝ち負けになるという考え方が浮き出てくる。ハンデ戦である以上、その傾向はということで見るとトップハンデは[1-1-0-13]で、58キロで昨年2着となったロゴタイプ。そのぐらいの実力がないと勝ち負けは難しいものとなる。マイル戦は紛れが多く、その上でハンデ戦。しかも、中山コースという特性も手伝って予想を難しくしている。ここではマイル戦実績、中山コース実績を考えて予想を組み立てていきたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 シェルビー 牡8 54 田辺 裕信
1 2 クラリティシチー 牡6 55 松岡 正海
2 3 ロジチャリス 牡5 56 内田 博幸
2 4 ショウナンアデラ 牝5 53 蛯名 正義
3 5 キャンベルジュニア 牡5 55 シュタルケ
3 6 コスモソーンパーク 牡9 54 丹内 祐次
4 7 ガリバルディ 牡6 57 池添 謙一
4 8 グランシルク 牡5 55 戸崎 圭太
5 9 シベリアンスパーブ 牡8 54 田中 勝春
5 10 ダイワリベラル 牡6 56 北村 宏司
6 11 マイネルアウラート 牡6 57 柴田 大知
6 12 ロイカバード 牡4 55 横山 典弘
7 13 ショウナンバッハ 牡6 54 柴山 雄一
7 14 サンライズメジャー 牡8 56.5 柴田 善臣
8 15 ダンツプリウス 牡4 56 丸山 元気
8 16 クラレント 牡8 57.5 岩田 康誠

●主線はこの二頭の勝ち負け
キャンベルジュニアが押し出されている。休み明けは走るが、二走目の戦績が乏しい。これはこれで致し方ないことだが、二走目の今回、主軸に据えた。切れる脚がある訳ではない。ただ、勝つべくして勝つ。昨年末の東京コースではもう少し伸びるかと思ったのだが、結果、届かず2着に終わった。そのために前々に押し上げて、前走ではきちんと勝ち星を紡いだ。全幅の信頼を置いてという訳ではない主軸だ。対抗にはグランシルクを挙げる。この馬も線が細いという印象があり、勝ち負けにはなるだろうが、これだけの多頭数。何かあれば馬群に沈む可能性を持っている。しかしながら、しっかりした馬格がここまで連れて来たというところもある。この二頭で勝ち負けになる。
●番手にはこの三頭を挙げる
稍重発表だろうが、重馬場であることは間違いない馬場状態。力が要る馬場だ。そこで超大型のロジチャリスを推す。結果、スタミナは馬格にあるということで、このところの考え方を持っているため、550キロ超えの馬格。侮れない。▲単穴とした。また、ダイワリベラルも線が細い一頭。どうしても勝ちきれずにここにいる。本来であればもう少し戦果を残せる馬だったのではないかと思うのだが、性格の弱さが仇になってる可能性がある馬だ。今回はどうかと思いながら、毎回観ているような気がする。そして、切れる脚が馬場状態によって封じられてしまうだろうが、素地の高さが好走を促すのではないかと思えるロイカバードを挙げる。良馬場で走らせてやることができれば、ここでは好機だったのだろうが、まさに、星の巡り合わせということで、この悪条件の中で走らされることになる。が、好走を期待する一頭だ。
●取捨選択を迷った一頭
馬齢が進んで踏ん張りが利かなくなってきたという一頭がガリバルディだ。勝ち負けになりそうなのだが、もう一踏ん張りがない。ゴール板が近づくと、ここで良いやと諦めてしまうような感がある。前走と同斤量。今回はどこまで走ってくれるのかと期待をする。

●捨てちゃえ馬
やはり、悪路となると後ろから行く馬は不利になる。その点を考えて、今回はガリバルディがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 キャンベルジュニア 牡5 55 シュタルケ
8 グランシルク 牡5 55 戸崎 圭太
3 ロジチャリス 牡5 56 内田 博幸
△1 10 ダイワリベラル 牡6 56 北村 宏司
△2 12 ロイカバード 牡4 55 横山 典弘
捨馬 7 ガリバルディ 牡6 57 池添 謙一


●結果
【配当】
単勝 3 1,110円
複勝 3 240円
5 150円
8 130円
枠連 2-3 1,770円
馬連 3-5 2,070円
ワイド 3-5 750円
3-8 630円
5-8 310円
馬単 3-5 4,820円
3連複 3-5-8 2,100円
3連単 3-5-8 15,660円

【着順】 【時計】
1 3 ロジチャリス 1:34.7 34.6
2 5 キャンベルジュニア 1:34.8 34.4
3 8 グランシルク 1:34.8 33.9
4 11 マイネルアウラート 1:34.8 34.3
5 10 ダイワリベラル 1:34.9 34.1
6 15 ダンツプリウス 1:35.1 34.1
7 9 シベリアンスパーブ 1:35.3 34.6
8 12 ロイカバード 1:35.3 34.4
9 7 ガリバルディ 1:35.3 34.1
10 16 クラレント 1:35.4 35.4
11 2 クラリティシチー 1:35.4 35.1
12 13 ショウナンバッハ 1:35.5 33.8
13 14 サンライズメジャー 1:35.5 34.0
14 6 コスモソーンパーク 1:35.6 35.1
15 1 シェルビー 1:35.7 34.1
16 4 ショウナンアデラ 1:35.8 35.4
AD
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。