競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第131回目黒記念:5月28日(日) 東京競馬場
17時00分発走

ハンデ戦らしからぬハンデ戦
距離が阻む軽量馬の力不足


ここ五年に軽量馬の入着無し
距離が長くなるとどうしても力が無い馬は馬群に沈むことになる。それはこの番組に参戦してきた軽量ハンデの馬ということになる。逆に自斤量から2キロ減となれば恵量馬ということで斤量に恵まれた馬ということになる。一番人気は[2-4-1-3]、二番人気は[0-1-1-8]、三番人気は[2-0-1-7]となっている。上位人気は[4-5-3-18]で40%という結果。馬齢別には四歳馬が[3-2-4-24]で複勝率が27.2%、五歳馬が[2-7-3-29]で29.2%、六歳馬以上が[5-0-3-86]で8.5%という結果で、充実期を迎えた五歳馬が強いという他の番組と傾向に変わりはない。となれば、この先は距離適正ということになるだろう。スタミナは馬格、実績で距離を考える。そして、東京コースという追われて伸びることができる二の足を持っているかというところが鍵となる。それらを合わせて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 モンドインテロ 牡5 56.5 内田 博幸
1 2 ヴォルシェーブ 牡6 56.5 戸崎 圭太
2 3 サラトガスピリット 牡5 54 四位 洋文
2 4 カフジプリンス 牡4 55 岩田 康誠
3 5 アルター せん5 55 柴山 雄一
3 6 シルクドリーマー 牡8 53 石川 裕紀人
4 7 ウムブルフ 牡4 55 Mデムーロ
4 8 ラニ 牡4 56 武 豊
5 9 ハッピーモーメント 牡7 54 川田 将雅
5 10 トルークマクト 牡7 54 蛯名 正義
6 11 マイネルサージュ 牡5 55 柴田 大知
6 12 フェイムゲーム せん7 58 ルメール
7 13 ヒットザターゲット 牡9 57.5 大野 拓弥
7 14 ムスカテール 牡9 56 吉田 豊
7 15 ワンアンドオンリー 牡6 58 横山 典弘
8 16 メイショウカドマツ 牡8 55 藤岡 佑介
8 17 レコンダイト 牡7 55 松山 弘平
8 18 クリプトグラム 牡5 56 福永 祐一

●主線はこの二頭の勝ち負け
充実期を迎えた馬がどこまで力を発揮することができるかというのが、この番組の面白いところ。主軸には下馬評通り、ラニを挙げる。勝ち切れずにここまで来ているが、3着までなら入ってくる可能性が高いという推し方。言い訳がましいが、そういう主軸の決め方も必要だ。対抗にはアルターを挙げる。勝ってこの番組に駒を進めて来たことは好材料。勢いがあるうちにきちんともう一勝しておきたいというところだろう。良血馬だけに好走を期待したい。
●番手にはこの三頭を挙げる
サラトガスピリットを▲単穴とした。マイルハーフで34.2秒の末脚で勝ち星を奪取。その勢いでここに参戦。しかも、1キロ減。好走を果たしてくれるのではないかと期待を寄せる。また、最内に入ったモンドインテロを推す。56.5キロのテン5ハンデがハンデ戦の妙味を引き出すのではないかと思える。それがなければ▲単穴でも良かったが、結果として△連下まで。そして、同枠のヴォルシェーブを推す。こちらは東京コースでのマイルハーフを勝ってこの番組に駒を進めて来た。同じくテン5ハンデでの参戦。微妙な走りになるかと思うが、ワイド連対ならばどうにか食い込んでくるのではないかと思わせる。諸賢の考えは如何だろうか。
●取捨選択を迷った一頭
フェイムゲームがすっかり勝ち星から遠離ってしまっている。競走馬としての終焉を迎えつつあるのかと思わせる。悪くはないのだが、58キロとなるとさらに難しさに拍車が掛かる。決め手が足りない。また、同様なことが言えるワンアンドオンリーだが、この馬も勝ち負けから遠離ってしまっている。この二頭がここで奮起、勝ち負けという夢も見たいところだがどうか。

●捨てちゃえ馬
無い物ねだりという言葉がある。歴戦の名馬であっても不調な時がある。それを勝ち負けになれというのは情実馬券に他ならない。となれば、ここでは歴戦の名馬二頭、フェイムゲームワンアンドオンリーが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 ラニ 牡4 56 武 豊
5 アルター せん5 55 柴山 雄一
3 サラトガスピリット 牡5 54 四位 洋文
△1 1 モンドインテロ 牡5 56.5 内田 博幸
△2 2 ヴォルシェーブ 牡6 56.5 戸崎 圭太
捨馬 12 フェイムゲーム せん7 58 ルメール
捨馬 15 ワンアンドオンリー 牡6 58 横山 典弘


●結果
【配当】
単勝 12 1,910円
複勝 12 540円
2 150円
9 890円
枠連 1-6 1,840円
馬連 2-12 3,450円
ワイド 2-9 2,030円
2-12 1,220円
9-12 10,530円
馬単 12-2 9,130円
3連複 2-9-12 41,190円
3連単 12-2-9 316,940円

【着順】 【時計】
1 12 フェイムゲーム 2:30.9 33.9
2 2 ヴォルシェーブ 2:31.0 34.3
3 9 ハッピーモーメント 2:31.3 35.2
4 18 クリプトグラム 2:31.5 35.0
5 17 レコンダイト 2:31.5 35.0
6 6 シルクドリーマー 2:31.6 35.5
7 4 カフジプリンス 2:31.7 34.6
8 1 モンドインテロ 2:31.7 35.3
9 7 ウムブルフ 2:31.7 35.4
10 15 ワンアンドオンリー 2:31.8 34.0
11 3 サラトガスピリット 2:31.9 34.7
12 11 マイネルサージュ 2:32.1 36.2
13 13 ヒットザターゲット 2:32.3 34.8
14 14 ムスカテール 2:32.4 35.1
15 10 トルークマクト 2:32.4 35.3
16 5 アルター 2:32.6 35.2
17 8 ラニ 2:33.2 35.5
18 16 メイショウカドマツ 2:33.6 37.8
AD
いいね!した人

テーマ:

第84回日本ダービー(東京優駿):5月28日(日) 東京競馬場
15時40分発走

頂点を求めて走る三歳馬
展開の機微より距離適正を考える


馬のスタミナとは馬格にある
スタミナ。これを調べると精力、持久力という意味が出てくる。ターフやダートで走っている時は後者、繁殖に回ってからは前者ということで、いつになってもスタミナとは縁が切れないようだ。この番組は三歳馬の頂点に立つことを意味する。その頂点を目指す馬である以上、相応しい走り、内容を持っていて欲しい。そのため、上位人気からダービー馬が出ることが多い。一番人気は[4-1-2-3]、二番人気は[1-1-0-8]、三番人気は[4-1-1-4]、六番人気以降は9頭、そのうち二桁人気が4頭と、上位人気の強さは感じさせるものの、荒れる傾向も顕著となっている。圧倒的な強さというものが存在する時は別だ。が、同じ三歳馬、成長度合いや馬格によって勝ち負けが大きく変わる。ステップとしては、皐月賞[7-6-5-61]で複勝率が26.8%、京都新聞杯が[1-1-1-19]で13.6%、NHKマイルCが[1-1-1-28]で9.6%、青葉賞が[0-2-2-23]で14.8%、プリンシパルSが[0-0-1-11]で8.3%という結果。皐月賞はG1戦である。然るに、当然の如く勝ち上がってきた馬たちの戦いだ。その差が出ている。距離との関係性、番組としての格と、さまざまな要因が絡んでくる。二桁人気が連に絡んだ時は当たればデカいが、外れる可能性もまたデカい。これが難しいところ。やはり、馬の実績を問うことが一番だろう。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ダンビュライト 牡3 57 武 豊
1 2 アメリカズカップ 牡3 57 松若 風馬
2 3 マイスタイル 牡3 57 横山 典弘
2 4 スワーヴリチャード 牡3 57 四位 洋文
3 5 クリンチャー 牡3 57 藤岡 佑介
3 6 サトノアーサー 牡3 57 川田 将雅
4 7 アルアイン 牡3 57 松山 弘平
4 8 トラスト 牡3 57 丹内 祐次
5 9 マイネルスフェーン 牡3 57 柴田 大知
5 10 ベストアプローチ 牡3 57 岩田 康誠
6 11 ペルシアンナイト 牡3 57 戸崎 圭太
6 12 レイデオロ 牡3 57 ルメール
7 13 カデナ 牡3 57 福永 祐一
7 14 ジョーストリクトリ 牡3 57 内田 博幸
7 15 ダイワキャグニー 牡3 57 北村 宏司
8 16 キョウヘイ 牡3 57 高倉 稜
8 17 ウインブライト 牡3 57 松岡 正海
8 18 アドミラブル 牡3 57 Mデムーロ

●主線はこの二頭の勝ち負け
皐月賞馬アルアインをどう考えるかで、大きく馬券が変わってくる。主軸にはアドミラブルを推す。距離が長くなった時にその力を発揮できる馬だと考える。良血馬で、そのタフさが溢れているようなところがある。馬格も十分。主軸で良い。対抗には最内枠のダンビュライトを挙げる。ブロンズコレクターであったのは距離に課題があったと考える。このマイルハーフではその力を惜しみなく発揮することができるだろう。勝負所はいつものようにダラダラ坂を上がり切ったラスト250m。ここでどこまで力を発揮することができるかに掛かる。
●番手にはこの三頭を挙げる
アルアインは▲単穴までとした。正直、馬の良さもあるのだが、騎手の巧拙が出ると思う。そこが松山弘騎手には申し訳ないが、馬の力を出し切れないのではないかと思える。それとも稀代のスターとなるか、それはそれで見ものではある。また、ペルシアンナイトだが、良い仕上がり具合できている。調教VTRでもしっかりハミを取って、自分から競馬をしようとしていることが伝わってきた。が、限界が襲うのである。どちらかと言えば2000m戦までの馬ではないかと思っている。それがこの距離でどこまで力を出せるか難しいところ。ワイド連対までならと△連下までとした。そして、皐月賞では明らかに距離が短かったと思わせたスワーヴリチャードを挙げる。成長が著しいこの時期にそれが重なってしまった結果が前走である。ここではそれが払拭されてワイド連対ならば入ってくるのではないかと期待をさせる。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
どの馬も捨て難い。可能性はみんな同じとは言うものの、ウインブライトがまさにそれ。悪くはないのだが、馬格がない。多頭数になった時には出て来ることができない。それが前走でも明らかになった。外海を回らせるほどスタミナがない。となると、ここではどうか。迷わせる。

●捨てちゃえ馬
やはり、武器となるものがないとダービーは勝てない。騎手と馬とのバランスが保たれてこそ、その力が発揮される。ここではウインブライトが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
18 アドミラブル 牡3 57 Mデムーロ
1 ダンビュライト 牡3 57 武 豊
7 アルアイン 牡3 57 松山 弘平
△1 11 ペルシアンナイト 牡3 57 戸崎 圭太
△2 4 スワーヴリチャード 牡3 57 四位 洋文
捨馬 17 ウインブライト 牡3 57 松岡 正海


●結果
【配当】
単勝 12 530円
複勝 12 180円
4 200円
18 150円
枠連 2-6 1,180円
馬連 4-12 1,620円
ワイド 4-12 650円
4-18 490円
12-18 470円
馬単 12-4 2,860円
3連複 4-12-18 2,220円
3連単 12-4-18 11,870円

【着順】 【時計】
1 12 レイデオロ 2:26.9 33.8
2 4 スワーヴリチャード 2:27.0 33.5
3 18 アドミラブル 2:27.2 33.3
4 3 マイスタイル 2:27.2 34.1
5 7 アルアイン 2:27.2 33.7
6 1 ダンビュライト 2:27.3 33.8
7 11 ペルシアンナイト 2:27.4 34.0
8 8 トラスト 2:27.5 34.2
9 10 ベストアプローチ 2:27.6 33.7
10 6 サトノアーサー 2:27.6 33.4
11 13 カデナ 2:27.7 33.5
12 16 キョウヘイ 2:27.8 33.5
13 5 クリンチャー 2:28.1 34.3
14 15 ダイワキャグニー 2:28.1 34.4
15 17 ウインブライト 2:28.4 34.8
16 9 マイネルスフェーン 2:28.5 34.4
17 2 アメリカズカップ 2:28.5 34.7
18 14 ジョーストリクトリ 2:28.9 34.9
AD
いいね!した人

テーマ:

第19回京都ハイジャンプ:5月27日(土) 京都競馬場
13時50分発走

疲れもなくきちんと走れる馬を探す
距離適正が第一条件

 

休み明け二走目の馬
昨年はオープン戦に参戦していた馬三頭がワイド連対までに揃って入った。重賞戦線で勝ち負けになった馬が連に絡んでこなかったということも珍しいだろう。やはり、この番組の前となると中山GJがあるために、どうしてもそこで力を奪われてしまう。結果、中山GJに参戦した馬でこの番組に参戦した場合は[0-0-1-8]という結果。阪神SJに参戦し、二ヶ月半ほど開いた馬であると[1-1-0-3]、更に中9週となると[3-3-0-7]と戦績が上がる。どこまで力を出すことができるか、やはり、溜まった疲れはない方が良いということになりそうだ。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

 


●出馬表

馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 マイネルゼーラフ 牡6 60 草野 太郎
2 2 アズマタックン 牡4 59 白浜 雄造
3 3 クリノダイコクテン 牡6 60 植野 貴也
4 4 スズカプレスト 牡5 60 北沢 伸也
5 5 テイエムシシーポス 牡7 60 黒岩 悠
6 6 ミヤジタイガ 牡7 60 小坂 忠士
6 7 アロヒラニ 牡8 60 石神 深一
7 8 マドリードカフェ 牡6 60 熊沢 重文
7 9 テイエムオペラドン 牡8 60 中村 将之
8 10 ルペールノエル 牡7 60 高田 潤
8 11 ワンダフルワールド 牡6 60 難波 剛健

 

●主線はこの二頭の勝ち負け
実績上位のマドリードカフェを主軸に据えた。ただ、前走での勝ち星は59キロでのさんせんだった。引っ掛かるとすればそのところ。60キロで3930mをどう走ることができるかということが課題だろう。鞍上の熊沢重騎手がどうにか凌いでくれることに期待したい。対抗にはアズマタックンを推す。悪くはない。相手が強くなる分、どこまで走ることができるかということは主軸と同じ。ただ、今回は内枠での展開。自在性を持つこの馬に期待をしたい。

 

●番手にはこの三頭を挙げる
距離適正ということを考えると▲単穴に据えて大丈夫かと思うところもあるのだが、スズカプレストを据えた。飛越の巧さは評価できる。長丁場になった時にそれが活かせるのであれば、今後にも期待ができるだろう。また、ルペールノエルだが、大舞台では荷が勝ち過ぎた。このメンバーの中では一番の距離実績を持っている。が、それだけでは勝てないのが障害戦のこの距離。微妙な駆け引きをベテラン高田潤騎手が押してくれれば好走の期待は高まる。そして、クリノダイコクテンを推す。距離に課題があるかなと思っているところもあるのだが、前走も決して悪い内容ではなかった。展開の機微に差を付けられたというところがある。それを考えれば、ここでは互角に渡り合えるのではないかと判断をした。
●取捨選択を迷った一頭
大外枠に入ったワンダフルワールドだが、気力がないという訳ではないのだろうが、どこか本気になっていないような走りだった。前走の動画を観て、それが頷ける。競走馬としての役目を果たし切れていない。こういう馬に限って、ひょんなことでその能力を発揮するのである。取捨選択を迷わされる一番の理由だ。

 

●捨てちゃえ馬
やはり、自分から競馬ができないと、その勝ち負けは遠離る。ここではワンダフルワールドが要らない。故に捨てる!!

 

 

 

●今週の買い目!!鬼結!!

 

 

鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 マドリードカフェ 牡6 60 熊沢 重文
2 アズマタックン 牡4 59 白浜 雄造
4 スズカプレスト 牡5 60 北沢 伸也
△1 10 ルペールノエル 牡7 60 高田 潤
△2 3 クリノダイコクテン 牡6 60 植野 貴也
捨馬 11 ワンダフルワールド 牡6 60 難波 剛健

 


 

AD
いいね!した人

テーマ:

第78回オークス(優駿牝馬):5月21日(日) 東京競馬場
15時40分発走

マイルハーフという距離が課題
桜花賞とは全く性質が違う番組


強い牝馬とは何かを問う
何度か書いてきたが、競馬は最後の直線が勝負である。同じ負荷を掛けて、最後の直線でどこまで力を発揮することができるかを競うのが競馬なのである。そのために、距離適正ということもさることながら、きちんと力を出すことができる素直さが肝心である。騎手のゴーサインを待って力を出すことができること。言葉にしてしまうと簡単な話となるが、それが体力的に、性質としてどうなのかと問われることになる。それがこの番組なのである。一番人気は[3-3-1-3]、二番人気は[1-3-1-5]、三番人気は[2-0-1-7]という結果。六番人気以降が8頭、二桁人気は僅かに1頭という結果。上位人気の強さは評価できるものがある。が、三歳牝馬である。ステップとしては、断然、桜花賞ではある。が、それは馬の完成度であって、展開を考えると桜花賞との連携は希薄になると思えてならない。そのため、次の忘れな草賞、フローラS、スイートピーSという番組を有力視した方が良いのではないかと思える。が、これもまた、馬自体の強さの問題があるので一概には言えない。それらの点を考えて、番組の予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 モズカッチャン 牝3 55 和田 竜二
1 2 ソウルスターリング 牝3 55 ルメール
2 3 フローレスマジック 牝3 55 戸崎 圭太
2 4 ミスパンテール 牝3 55 四位 洋文
3 5 モーヴサファイア 牝3 55 北村 友一
3 6 ハローユニコーン 牝3 55 田辺 裕信
4 7 ディアドラ 牝3 55 岩田 康誠
4 8 ホウオウパフューム 牝3 55 松岡 正海
5 9 ディーパワンサ 牝3 55 内田 博幸
5 10 ブラックスビーチ 牝3 55 北村 宏司
6 11 レッドコルディス 牝3 55 吉田 豊
6 12 ブラックオニキス 牝3 55 大野 拓弥
7 13 レーヌミノル 牝3 55 池添 謙一
7 14 リスグラシュー 牝3 55 武 豊
7 15 ヤマカツグレース 牝3 55 横山 典弘
8 16 アドマイヤミヤビ 牝3 55 Mデムーロ
8 17 カリビアンゴールド 牝3 55 田中 勝春
8 18 マナローラ 牝3 55 蛯名 正義

●主線はこの二頭の勝ち負け
桜花賞では際どく負けたリスグラシューを主軸に据えた。レーヌミノルにしてやられたというところがある。が、伸び脚が悪かった訳ではない。馬格が足りない分、割って出て来ることができなかったというところだろう。それを考えるとここではまた同じことが起きるとも限らない。が、そこは鞍上の力だ。どう走らせれば良いかを分かる天才武豊が手綱を捌く。この点では期待をしたい。対抗にはソウルスターリングを挙げる。どちらが勝ち星を奪取するか、実に微妙なところではあるが、筋肉の柔らかさでは互角。馬格では後者、バネというところでリスグラシューというところに思える。どちらが勝ち星を奪取するか微妙ではあるが、この二頭の勝ち負けと考えている。
●番手にはこの三頭を挙げる
伊達や酔狂で桜花賞馬は生まれない。ただ、距離が延びることによって、他馬よりも好走する可能性は高いものの、追われてどこまで伸びるかとなるとレーヌミノルは▲単穴までだろうと判断をした。悪くはないのだが、決め手が希薄になる。距離適正だけがそのトゲとなった。また、最内枠に入ったモズカッチャンだが、鞍上の和田竜騎手が虎視眈々と狙っている。あわよくばというところもあるが、実力はある。悪くはない。多頭数、最内枠、それらの難点をこなせれば勝ち負けにさえなる可能性がある。が、思うように行かないのが競馬だ。そして、ブラックスピーチを推す。抜群の切れ脚でスイートピーSを勝ってこの番組に駒を進めた。手応えは十分。距離は未出走ながらも、十分に走ることができる馬格を感じさせる。ワイド連対ならあり得るだろう。可能性を感じさせる一頭として注目したい。
●取捨選択を迷った一頭
中途半端な走りが続いているフローレスマジックだが、勝ち切れない番組が続いてしまった。相手に合わせるような走り癖があるように思える。それがなくなれば、もう少し伸びるのだろうが、意外に神経が図太いのかもしれない。そう考えると、ここでの取捨選択は厳しくなる。どこまで走ることができるのか、注目はする。

●捨てちゃえ馬
やはり、展開に左右される走りをしているうちは勝ち星を奪取することができないだろうと判断をした。そのために、ここではフローレスマジックが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
14 リスグラシュー 牝3 55 武 豊
2 ソウルスターリング 牝3 55 ルメール
13 レーヌミノル 牝3 55 池添 謙一
△1 1 モズカッチャン 牝3 55 和田 竜二
△2 10 ブラックスビーチ 牝3 55 北村 宏司
捨馬 3 フローレスマジック 牝3 55 戸崎 圭太


●結果
【配当】
単勝 2 240円
複勝 2 130円
1 350円
16 190円
枠連 1-1 2,280円
馬連 1-2 2,290円
ワイド 1-2 830円
1-16 1,680円
2-16 370円
馬単 2-1 2,790円
3連複 1-2-16 4,600円
3連単 2-1-16 20,130円

【着順】 【時計】
1 2 ソウルスターリング 2:24.1 34.1
2 1 モズカッチャン 2:24.4 34.1
3 16 アドマイヤミヤビ 2:24.8 33.9
4 7 ディアドラ 2:24.8 33.9
5 14 リスグラシュー 2:24.9 34.2
6 3 フローレスマジック 2:25.0 35.0
7 12 ブラックオニキス 2:25.4 35.1
8 18 マナローラ 2:25.6 34.5
9 10 ブラックスビーチ 2:25.6 35.0
10 4 ミスパンテール 2:25.7 35.6
11 17 カリビアンゴールド 2:25.8 35.3
12 5 モーヴサファイア 2:26.0 35.1
13 13 レーヌミノル 2:26.2 35.8
14 6 ハローユニコーン 2:26.4 34.9
15 11 レッドコルディス 2:26.5 35.3
16 8 ホウオウパフューム 2:26.7 36.1
17 9 ディーパワンサ 2:26.8 35.7
18 15 ヤマカツグレース 2:27.9 37.8
いいね!した人

テーマ:

第24回平安ステークス:5月20日(土) 京都競馬場
15時35分発走

京都1900m戦は外枠の不利はない
実力馬がその力を発揮する


100mの違いが勝敗を明確にする
京都1800m戦はスタート位置の都合で、どうしても外枠が不利になる。その点を考えると100mではあるが位置が変わるだけで、その有利不利がなくなる。距離が長くなれば、当然ながら、馬格の違い、経験則の違い、走りの違いがその内容に現れる。そのために、実力馬がその力を発揮すると考えて良いだろう。アンタレスSでの好走がこの番組に連携することが多いが、実際のところは実力の違いだと考えて良いだろう。どこまできちんと走ることができるか、この先はまだ遠いが、確実さを考えて走ることができる馬を考えてみたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 マイネルバイカ 牡8 56 岩田 康誠
1 2 タガノエスプレッソ 牡5 56 北村 友一
2 3 コパノチャーリー 牡5 56 松若 風馬
2 4 クリソライト 牡7 58 武 豊
3 5 ピオネロ 牡6 56 石橋 脩
3 6 クリノスターオー 牡7 56 幸 英明
4 7 アスカノロマン 牡6 57 和田 竜二
4 8 リーゼントロック 牡6 56 中谷 雄太
5 9 グレイトパール 牡4 56 川田 将雅
5 10 ロワジャルダン 牡6 56 浜中 俊
6 11 ロンドンタウン 牡4 57 松山 弘平
6 12 マイネルクロップ 牡7 56 岡部 誠
7 13 ラストインパクト 牡7 57 四位 洋文
7 14 ドリームキラリ 牡5 56 黛 弘人
8 15 グレンツェント 牡4 58 ルメール
8 16 ケイティブレイブ 牡4 58 福永 祐一

●主線はこの二頭の勝ち負け
破竹の勢いとでも言えば良いのだろうか、グレイトパールは四連勝でこの番組にのっぞんできた。しっかりした馬格を持ち、ダート馬としての力強さを感じさせる走りに勝って当然と思わせるものがある。距離適正も問題ない。実績に裏付けられた走りが期待できるだろう。対抗には大外枠に入ったケイティブレイブを推す。この馬もまた力強さでは負けない馬だ。如何せん、馬格は劣るものの、500キロ超級の馬であるため、何ら問題はないと考える。課題を挙げるとすれば、速い流れの展開は苦手としているのかもしれない。そんなことを思わせる走りでもある。が、この両頭が勝ち負けになることは間違いない。
●番手にはこの三頭を挙げる
休み明けは強いクリソライトが二走目でどのような走りを見せるか、ちょっと期待をして見たい。ゴールドアリュール産駒で、ダート馬の申し子のようなところもある。自分で競馬ができるところが強みではあるが、やはり、七歳。ここでは▲単穴までとした。また、隣に入ったピオネロだが、ケイティブレイブには0.3秒開けられて2着となった前走、決して悪い内容ではなかった。追われて伸び切れなかったというところが気に掛かる。悪くはない。が、決して収まりの良い走りとなるかというとまた難しい一頭だろう。そして、コパノチャーリーを挙げる。条件戦を勝ったばかりの馬ではあるが、この番組で勝ち負けを狙うよりも紛れの可能性を考えている。展開次第ではワイド連対に食い込んでくるのではないかと思える一頭である。その走り、どうか。
●取捨選択を迷った二頭
不調続きのアスカノロマンをどう考える。悪くはないのだが、勝ち切れないということはこの馬にとっては悪いことなのである。ここでも伸び切れずに馬群に沈んでしまうのか。その難しさを考えるとここでの取捨選択も難しくなる。それはグレンツェントにも言えることで、休み明けで好走できるかと思ったところが展開の機微で伸び切れずに馬群に沈んだ。ルメール騎手を以てしてもその結果。ここでは汚名返上と生きたいところだろうが、合点がいくような走りができるか疑問が残る。

●捨てちゃえ馬
やはり、距離の壁というのは結構大きなものがある。ダート戦はそれが如実に出る。今回は前述のように、アスカノロマングレンツェントがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
9 グレイトパール 牡4 56 川田 将雅
16 ケイティブレイブ 牡4 58 福永 祐一
4 クリソライト 牡7 58 武 豊
△1 5 ピオネロ 牡6 56 石橋 脩
△2 3 コパノチャーリー 牡5 56 松若 風馬
捨馬 7 アスカノロマン 牡6 57 和田 竜二
捨馬 15 グレンツェント 牡4 58 ルメール


●結果
【配当】
単勝 9 250円
複勝 9 150円
4 430円
1 2,290円
枠連 2-5 1,420円
馬連 4-9 2,480円
ワイド 1-4 17,190円
1-9 7,120円
4-9 1,050円
馬単 9-4 3,490円
3連複 1-4-9 96,220円
3連単 9-4-1 236,010円

【着順】 【時計】
1 9 グレイトパール 1:55.7 37.4
2 4 クリソライト 1:56.4 36.3
3 1 マイネルバイカ 1:56.5 37.8
4 5 ピオネロ 1:56.5 37.1
5 16 ケイティブレイブ 1:56.5 38.8
6 2 タガノエスプレッソ 1:56.6 37.3
7 8 リーゼントロック 1:56.9 37.9
8 13 ラストインパクト 1:57.0 37.2
9 7 アスカノロマン 1:57.4 38.5
10 15 グレンツェント 1:57.7 38.6
11 12 マイネルクロップ 1:57.7 38.4
12 11 ロンドンタウン 1:57.8 38.9
13 10 ロワジャルダン 1:58.9 40.6
14 6 クリノスターオー 1:59.6 39.8
15 14 マル外ドリームキラリ 1:59.8 41.1
16 3 コパノチャーリー 2:00.5 42.6
いいね!した人

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。