競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第91回中山記念:2月26日(日) 中山競馬場
15時45分発走

古馬G2戦ならではの技巧派番組
基本は中山コース巧者が勝ち星を奪取


実績本位で判断をする
中山コースがそれほど特別かというと、驚くまでのコースではない。ただ、フラットではないということで、外国人騎手や馬主から見ると、整備されていない田舎のコースというように映るのではないかと思える。が、何度か書いてきたように[軍馬育成]が目的で日本の競馬は始まっている。そのためにコース特性を出す必要があった。この点は出走各馬の中山コース実績を考えて判断をする。パドックに行って決めるのであれば、腰高の馬を狙うことだ。最後の坂を見事にクリアしてくれることだろう。話は戻る。開幕週ということもあり、前で競馬ができる馬には有利に働く。前が止まらない。逃げ切ることができる。しかし、三分三厘から追い出さなければならない都合もあり、騎手の巧拙もあれば、馬の一完歩も左右する。そのために実績判断を強いられるのである。近走で凡走をしていないこと、距離短縮で臨めること、前々の競馬ができることを中心に、中山コースでの実績を問うて予想を組みたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ネオリアリズム 牡6 57 Mデムーロ
2 2 マイネルミラノ 牡7 56 柴田 大知
3 3 ヴィブロス 牝4 54 内田 博幸
4 4 リアルスティール 牡5 58 戸崎 圭太
5 5 サクラアンプルール 牡6 56 横山 典弘
6 6 ヒラボクディープ 牡7 56 北村 宏司
6 7 アンビシャス 牡5 57 ルメール
7 8 ツクバアズマオー 牡6 56 吉田 豊
7 9 ロゴタイプ 牡7 58 田辺 裕信
8 10 ヌーヴォレコルト 牝6 54 岩田 康誠
8 11 クリールカイザー 牡8 56 石川 裕紀人

●主線はこの二頭の勝ち負け
古豪がここぞとばかりに出走して来た。リアルスティールは勝ち切れない一頭となってしまった。まだ、これからだと言うのにだ。ここで、そろそろ勝ち負けになっていないと行けないだろうと情実的な乗りでもあるが、主軸に据えた。相手が悪かったということよりも、モーリスとは走りが違っていた。今年はどうなのか。対抗にはツクバアズマオーを推す。この馬は大器晩成型なのだろう、ここに来て本格化したようだ。この二連勝はフロックではない強さがあった。ただ、距離適正だろう。2000m戦となるとツラくなるのかもしれない。その点を考えて、安田記念に通用するような馬となってくれれば面白い。
●番手にはこの三頭を挙げる
最内枠に入ったネオリアリズムを▲単穴とした。間隔を開けた方が良いという馬とそうではない馬とがいる。この馬は前者なのだろう。それはなぜなのかは判らないが、詰め過ぎると弾けない。大きな馬格を一走持て余してしまうところがある。それを考えると勝ち負けまでは無理だが、この位置ならというところか。また、ヴィブロスだが陣営としても思い切った出走の仕方をしてきた。秋華賞以来、古豪の番組に敢えて恵量で参戦できるように調整。この番組となった。54キロで走ることができるのは良いことだが、それを活かす走りとなるかということは別問題。興味深さに食指が動いた。そして、アンビシャスを挙げる。休み明けであるからして△連下まで。本来であれば勝ち負けになる馬だ。どこまで走りの感覚を取り戻せるか、勝ち負けは次走に期待をしたい。尤も、鞍上が鞍上なだけに勝ち負けになってしまうかもしれない。
●取捨選択を迷った一頭
ヌーヴォレコルトが精彩を欠いている。一時期のこの馬ではない。海外転戦が効いているのか、そんなに繊細な馬ではなかったはずだ。が、水が合わないということがある。そこから復調するまでには時間が掛かるだろうと思える。取捨選択が難しい。

●捨てちゃえ馬
結果として、前述の迷いを払拭することはできなかったために、ヌーヴォレコルトがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
4 リアルスティール 牡5 58 戸崎 圭太
8 ツクバアズマオー 牡6 56 吉田 豊
1 ネオリアリズム 牡6 57 Mデムーロ
△1 3 ヴィブロス 牝4 54 内田 博幸
△2 7 アンビシャス 牡5 57 ルメール
捨馬 10 ヌーヴォレコルト 牝6 54 岩田 康誠


●結果
【配当】
単勝 1 710円
複勝 1 310円
5 910円
9 440円
枠連 1-5 14,010円
馬連 1-5 14,300円
ワイド 1-5 3,920円
1-9 1,380円
5-9 5,500円
馬単 1-5 22,790円
3連複 1-5-9 52,870円
3連単 1-5-9 315,300円

【着順】 【時計】
1 1 ネオリアリズム 1:47.6 34.3
2 5 サクラアンプルール 1:47.7 33.8
3 9 ロゴタイプ 1:47.8 34.5
4 7 アンビシャス 1:47.8 33.8
5 3 ヴィブロス 1:47.9 34.4
6 8 ツクバアズマオー 1:48.1 34.1
7 10 ヌーヴォレコルト 1:48.1 34.4
8 4 リアルスティール 1:48.3 34.6
9 2 マイネルミラノ 1:48.6 35.6
10 6 ヒラボクディープ 1:48.6 34.4
11 11 クリールカイザー 1:48.8 35.3
AD
いいね!した人

テーマ:

第61回阪急杯:2月26日(日) 阪神競馬場
15時35分発走

1400m戦、マイル路線が有利
前が止まらない展開


基本は距離短縮で臨むが吉
前走が1200m戦から[4-1-1-43]で12.2%、1400m戦で[4-3-5-34]で26.0%、マイル戦で[2-5-4-39]で22.0%。距離短縮で臨むことができる馬が有利であるということがお判りいただけよう。ただ、この番組はこの先がある。ここでムリをする必要がない。どこまで想定していた走りができるかを試すということで参戦してくる馬が多い。馬齢的には五歳馬が優勢で、その力を惜しみなく発揮してくるようだ。牝馬も悪くはないが[0-2-3-25]という結果で、褒められるほどではない。やはり、前走がどうであったかを考えながら予想を組み立てることになりそうだ。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 カオスモス 牡7 56 武 幸四郎
2 2 トーキングドラム 牡7 56 幸 英明
3 3 ブラヴィッシモ 牡5 56 武 豊
4 4 ヒルノデイバロー 牡6 56 古川 吉洋
5 5 ロサギガンティア 牡6 56 四位 洋文
5 6 ムーンクレスト 牡5 56 藤岡 佑介
6 7 シュウジ 牡4 57 川田 将雅
6 8 ミッキーラブソング 牡6 56 松若 風馬
7 9 メドウラーク 牡6 56 フォーリー
7 10 テイエムタイホー 牡8 56 池添 謙一
8 11 ダイシンサンダー 牡6 56 浜中 俊
8 12 ナガラオリオン 牡8 56 国分 優作

●主線はこの二頭の勝ち負け
電撃の7ファロンとは言わないのはなぜか。まあ、いい。主軸にはシュウジを推す。が、昨年の12月24日に行われた阪神C以来であるために、どこまで競馬感が戻ってきているか判らないところがある。そのため、ここではワイド連対までに入ってくる馬として考える。対抗にはロサギガンティアを挙げる。今回もいまひとつかなと思っているのだが、前走でも1200m戦の忙しさに対応できなかったが、最後になって伸び脚を見せた。それがあることで、対抗に据えたということになる。その走りができれば大いに勝ち負けを期待できるところだが、果たしてどうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
マイル戦からの距離短縮で参戦してきたトーキングドラムを▲単穴とした。仕上がりは調教VTRを観る上では悪くはない。自分からハミを取って積極的な競馬を仕掛けているところもあり、興味深い一頭として考えている。が、勝ち負けまではどうかということで、この位置となった次第。また、ブラヴィッシモだが、もしかしたら、寒いのが嫌いなのかと思わせるようなところがある。性格の悪さとは言わないが、ちょっと気に掛かる。それが悪さをしなければワイド連対までなら狙えるのではないかと考える。そして、ダイシンサンダーだが、切れる脚がありながら活かされていない。鞍上の問題かもしれない。馬の性格かもしれない。この辺りは難しいところ。今回は浜中俊騎手が手綱を捌く。それでどのように変わり身を見せるかもまた興味深いところだ。
●取捨選択を迷った一頭
ミッキーラブソングをどう考えるか、五分間ぐらい悩んだ。結果としては難しく、面倒な馬であるという結論に至った。誰がこの馬を走らせることができるのか。いっそのこと、1000m競馬をやらせて、終始、ダッシュをしているという感覚を覚えさせないと駄目なのかもしれない。が、それがいつできるのかということで、今回は大胆な走りを見せてくれるかもしれない。

●捨てちゃえ馬
大胆な走りができるようであれば、いまでなくても尤も前にやっているのではないかと思わせる。ならば、ミッキーラブソングはここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 シュウジ 牡4 57 川田 将雅
5 ロサギガンティア 牡6 56 四位 洋文
2 トーキングドラム 牡7 56 幸 英明
△1 3 ブラヴィッシモ 牡5 56 武 豊
△2 11 ダイシンサンダー 牡6 56 浜中 俊
捨馬 8 ミッキーラブソング 牡6 56 松若 風馬


●結果
【配当】
単勝 2 2,570円
複勝 2 980円
4 600円
12 2,930円
枠連 2-4 12,600円
馬連 2-4 13,090円
ワイド 2-4 2,850円
2-12 14,470円
4-12 8,610円
馬単 2-4 33,100円
3連複 2-4-12 239,760円
3連単 2-4-12 2,483,180円

【着順】 【時計】
1 2 トーキングドラム 1:21.4 35.3
2 4 ヒルノデイバロー 1:21.4 35.3
3 12 ナガラオリオン 1:21.7 35.3
4 3 ブラヴィッシモ 1:21.7 35.9
5 9 メドウラーク 1:21.9 35.4
6 8 ミッキーラブソング 1:22.3 36.3
7 11 ダイシンサンダー 1:22.4 36.3
8 7 シュウジ 1:22.5 36.7
9 5 ロサギガンティア 1:22.7 36.5
10 1 カオスモス 1:22.9 37.4
11 6 ムーンクレスト 1:23.0 37.1
12 10 テイエムタイホー 1:23.2 37.6
AD
いいね!した人

テーマ:

第26回アーリントンカップ:2月25日(土) 阪神競馬場
15時35分発走

マイラーとしての素質が垣間見られる
パワー重視の番組


器用さとパワー
器用さとは間違いなく頭の善し悪しだろう。パワーとは血統だろう。良血馬であればパワーがあるという訳ではなく、パワー血統という話。この点を考えるとこの番組の意味合いも見えてくる気がする。ただ、昨年はちょっと違った。レインボーライン、ダンツプリウスという線の細い馬が中心。流れが変わったのかと思っている。が、その実は阪神コースで行われていることもあって、前残りが多い。つまりは、距離短縮で臨むことができる馬で、前々の競馬ができる馬が可能性が高い。その点を考えながら予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 カロス 牡3 56 池添 謙一
2 2 ディバインコード 牡3 56 柴田 善臣
3 3 キョウヘイ 牡3 57 高倉 稜
4 4 レヴァンテライオン 牡3 57 岩田 康誠
5 5 ジョーストリクトリ 牡3 56 武 豊
5 6 リンクスゼロ 牡3 56 松若 風馬
6 7 ナンヨーマーズ 牡3 56 ルメール
6 8 ペルシアンナイト 牡3 56 Mデムーロ
7 9 ミラアイトーン 牡3 56 武 幸四郎
7 10 スーパーモリオン 牡3 56 幸 英明
8 11 ヴゼットジョリー 牝3 55 川田 将雅
8 12 レッドアンシェル 牡3 56 浜中 俊

●主線はこの二頭の勝ち負け
帯に短したすきに長し。今回のメンバーにはそんなことを感じてしまった。その中でも主軸に据えた馬はキョウヘイとなった。勢いがあるということは良いことだ。それだけでも広いものかもしれない。如何せん切れる脚がない。それが課題となるが、それほどズバ抜けている取り柄を持つ馬がいないこともあって、どうにかなるだろうと判断をした。対抗にはペルシアンナイトを推す。シンザン記念でこの二頭は既に決着が付いているのだが、成長分も見越した上で勝ち負けになる可能性は高いと判断をした。こちらはマイラーだろうと思っているが、まだ、その素養が開花していない荒削りなところがある。果たしてどうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
阪神JFから回ってきたヴゼットジョリーを▲単穴とした。夏場に見せた切れ味がなかったが、その後、どこまで成長したのかは見ものだろう。良血馬だけに気性面での難しさがあるのか、鞍上との呼吸が鍵を握るか。また、ナンヨーマーズだが、悪い訳ではないのだが、決め手が弱いところが気に掛かる。鞍上の手綱捌きでどうにかなればと思っているが、若駒ならではの気性の難しさが出て来るかもしれない。そして、ミラアイトーンを挙げる。抜群の切れ脚で前走を勝った。鞍上が乗り切れるかというところがあるが、開き直って跨がっていればどうにかなるだろうと考える。ワイド連対までなら食い込んでくる可能性は高い。
●取捨選択を迷った一頭
一時はディバインコードが気になる馬となっていたが、最近は、気にならない馬となって来た。が、悪くはないのだ。勝てない理由は相手が強くなっていることにある。もう少し集中力が付けば良いのだろうが、この馬の難しさなのかもしれない。馬齢が進むことによって変わり身を見せる可能性は高い。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではディバインコードが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
3 キョウヘイ 牡3 57 高倉 稜
8 ペルシアンナイト 牡3 56 Mデムーロ
11 ヴゼットジョリー 牝3 55 川田 将雅
△1 7 ナンヨーマーズ 牡3 56 ルメール
△2 9 ミラアイトーン 牡3 56 武 幸四郎
捨馬 2 ディバインコード 牡3 56 柴田 善臣
捨馬 5 ジョーストリクトリ 牡3 56 武 豊


●結果
【配当】
単勝 8 190円
複勝 8 110円
12 240円
2 150円
枠連 6-8 430円
馬連 8-12 920円
ワイド 2-8 240円
2-12 960円
8-12 400円
馬単 8-12 1,050円
3連複 2-8-12 1,720円
3連単 8-12-2 6,020円

【着順】 【時計】
1 8 ペルシアンナイト 1:34.1 34.0
2 12 レッドアンシェル 1:34.6 34.3
3 2 ディバインコード 1:34.8 35.2
4 11 ヴゼットジョリー 1:35.0 35.3
5 5 ジョーストリクトリ 1:35.2 35.3
6 7 ナンヨーマーズ 1:35.4 35.4
7 3 キョウヘイ 1:35.5 35.2
8 9 ミラアイトーン 1:35.7 36.6
9 6 リンクスゼロ 1:35.9 35.6
10 10 マル外スーパーモリオン 1:36.4 36.9
11 1 カロス 1:37.1 38.0
12 4 マル外レヴァンテライオン 1:38.6 39.4
AD
いいね!した人

テーマ:

第34回フェブラリーステークス:2月19日(日) 東京競馬場
15時40分発走

いまの勢いを最優先して考える
順当な出走で臨める馬が好走を果たす


中距離路線を重視
マイル戦である。ダートG1戦と言えばチャンピオンズCで、そこでその速さを見せた馬であればここでの好走も期待できる。ただ、マイル戦にはマイル戦の特性が発揮されるのである。チャンピオンズCの前哨戦となる武蔵野Sで見せた走りがここで再現できるのであれば侮れないと私は考えている。ステップには東京大賞典、東海S、根岸S、川崎記念の順で戦績が挙げられる。それでもマイル戦の特製はあるということは考えておきたい。一番人気は[4-1-2-3]、二番人気は[1-2-2-5]、三番人気は[2-2-2-4]と上位混戦模様。ダート戦で紛れは打ち消されるはずだが、マイル戦ということで混戦模様が残っているのだろう。馬齢的には四歳馬が[3-3-1-29]で複勝率19.4%、五歳馬が[5-2-3-15]で40.0%、六歳馬が[2-1-4-34]で17.0%、七歳以上が[0-4-2-51]で10.5%という結果。やはり、充実期を迎えた五歳馬が台頭しそうだ。何度か書いてきたが、馬齢の影響が出るのはこの番組当たりからである。明け四歳の「明け」が取れる時期。本来の力以上を発揮するのもこの時期以降である。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サウンドトゥルー せん7 57 柴田 善臣
1 2 ホワイトフーガ 牝5 55 蛯名 正義
2 3 ゴールドドリーム 牡4 57 Mデムーロ
2 4 コパノリッキー 牡7 57 武 豊
3 5 アスカノロマン 牡6 57 和田 竜二
3 6 モーニン 牡5 57 ムーア
4 7 ブライトライン 牡8 57 石橋 脩
4 8 デニムアンドルビー 牝7 55 内田 博幸
5 9 ベストウォーリア 牡7 57 戸崎 圭太
5 10 カフジテイク 牡5 57 津村 明秀
6 11 ノンコノユメ せん5 57 ルメール
6 12 ニシケンモノノフ 牡6 57 横山 典弘
7 13 エイシンバッケン 牡5 57 岩田 康誠
7 14 キングズガード 牡6 57 藤岡 佑介
8 15 ケイティブレイブ 牡4 57 幸 英明
8 16 インカンテーション 牡7 57 藤岡 康太

●主線はこの二頭の勝ち負け
東京コースならカフジテイクを主軸にして問題はないだろうと考える。芝コースを走るかのような末脚は鬼脚そのもの。大いに楽しませてくれる。G1奪取が一番近い馬だろうと思って挙げている。対抗には同枠のベストウォーリアを推す。つまりは、根岸Sの再現となる。であれば、軍配はカフジテイクだ。この二頭の勝ち負けで決まる。
●番手にはこの三頭を挙げる
エイシンバッケンを挙げるとなると完全に根岸Sの再現だ。ただ、この馬もまた、後ろからを持ち味にしている。東京コースの4角を回ってからが勝負所。カフジテイクを追い続けることになるのだろう。また、同枠のキングズガードだが、根岸Sでは4着だった。ここまですべて根岸Sからの馬ではないか。やはり、何だかんだと言ったところで東京コース。前哨戦と覚しき根岸Sが一番近道、無駄が無い。逆にここまで揃うと気持ちが良いだろう。そして、最内枠に入ったサウンドトゥルーを推す。大幅に距離短縮とはなるが、馬自体がハナから飛ばしていくのではないかと思える。大胆な展開となるのではないかと思えるのである。となれば、ワイド連対までならば可能性は高い。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
迷った。正直なところ、三分間ぐらい考えた。が、今回は厳しいのではないかと思えるアスカノロマンだ。調教VTRは4回ほど見直した。チャンピオンズCでの走りが再現できる可能性が少ないように思えてならない。元々、調教駆けする馬ではないこともあって、本番でその強さを発揮するのだが、今回はどうか。難しい一頭である。

●捨てちゃえ馬
非常に悩ましい。捨て切れないところもあるのだが、どうしても積極的な走りができないのではないかと思えてしまうアスカノロマン。ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
10 カフジテイク 牡5 57 津村 明秀
9 ベストウォーリア 牡7 57 戸崎 圭太
13 エイシンバッケン 牡5 57 岩田 康誠
△1 14 キングズガード 牡6 57 藤岡 佑介
△2 1 サウンドトゥルー せん7 57 柴田 善臣
捨馬 5 アスカノロマン 牡6 57 和田 竜二


●結果
【配当】
単勝 3 500円
複勝 3 180円
9 180円
10 150円
枠連 2-5 470円
馬連 3-9 1,470円
ワイド 3-9 550円
3-10 530円
9-10 430円
馬単 3-9 2,520円
3連複 3-9-10 2,140円
3連単 3-9-10 9,240円

【着順】 【時計】
1 3 ゴールドドリーム 1:35.1 35.6
2 9 ベストウォーリア 1:35.1 35.7
3 10 カフジテイク 1:35.2 34.9
4 13 エイシンバッケン 1:35.4 35.4
5 12 ニシケンモノノフ 1:35.6 36.4
6 15 ケイティブレイブ 1:35.6 36.3
7 11 ノンコノユメ 1:35.7 36.0
8 1 サウンドトゥルー 1:35.7 35.8
9 2 ホワイトフーガ 1:35.9 36.6
10 7 ブライトライン 1:36.0 36.3
11 14 キングズガード 1:36.0 36.3
12 6 モーニン 1:36.1 36.6
13 16 インカンテーション 1:36.5 37.5
14 4 コパノリッキー 1:36.5 37.3
15 5 アスカノロマン 1:36.6 37.2
16 8 デニムアンドルビー 1:36.7 36.8
いいね!した人

テーマ:

第51回小倉大賞典:2月19日(日) 小倉競馬場
15時20分発走

波乱傾向が高い重賞番組のひとつ
トップハンデも侮れない


ハンデ戦ではあるが重斤量でも問題ない
ダート戦なのかと思えるような一番人気の戦績[1-2-2-5]。重ハンデであっても好走を果たすと言うことも手伝っている。実際に、トップハンデは[4-3-1-11]と侮れない戦績を残している。いずれも勢いがあればこそのことであり、その勢いは馬齢にも出ており、四歳馬が[2-2-2-20]で複勝率が23.0%、五歳馬が[3-3-3-34]で20.9%、六歳馬が[1-1-3-32]で13.5%、七歳以上は[4-4-2-41]で19.6%という結果。馬齢と斤量が必ずしも一致しているわけではないから往年の名馬であれば、七歳となってもこの番組で好走をするということもある。いわば、馬柱を見て、この点は判断しなければならないところだ。ただ、勢いがなければならない。それがあるかないか、近走の戦績と上がり時計で判断するしかない。ここ三年は六歳、七歳、八歳が勝ち負けになっている。それらは偶々のことではあるが、出走メンバーによってはそうなるということとして考えておく必要がある。それらの点を踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 レッドソロモン 牡5 56 加藤 祥太
1 2 ストロングタイタン 牡4 54 北村 友一
2 3 ダノンメジャー 牡5 55 小牧 太
2 4 コスモソーンパーク 牡9 55 丹内 祐次
3 5 クランモンタナ 牡8 56 松若 風馬
3 6 マイネルハニー 牡4 56 柴田 大知
4 7 マルターズアポジー 牡5 56 武士沢 友治
4 8 ベルーフ 牡5 57 フォーリー
5 9 パドルウィール 牡6 55 松山 弘平
5 10 ケイティープライド 牡7 52 鮫島 克駿
6 11 クラリティスカイ 牡5 57.5 田辺 裕信
6 12 フルーキー 牡7 57.5 浜中 俊
7 13 スピリッツミノル 牡5 55 吉田 隼人
7 14 ヒストリカル 牡8 57 高倉 稜
8 15 ダコール 牡9 58 丸山 元気
8 16 ロードヴァンドール 牡4 54 太宰 啓介

●主線はこの二頭の勝ち負け
この番組も多頭数で行われることになった。狭い小倉コースが更に狭くなるのではないかと思えてしまう。その中で主軸に据えたのはフルーキーだ。勝ち負けになってこの番組に参戦してきた訳ではないのだが、このメンバーを相手にしたら好走できるだろうと判断をした。ただ、0.5キロの重さが余計だ。これがどう影響するか。しかし、ワイド連対までには入ってくる、はず。対抗にはベルーフを挙げる。この手合いの馬はきちんと勝ち負けになっていないと次に繋がらない。それを果たしてこの番組に臨んできた。逆を言えば、春が終わるまで、疲れが溜まらずに持つのかというところが気に掛かる。この両頭が勝ち負けになると考えているが、一難ありそうでもある。
●番手にはこの三頭を挙げる
クラリティスカイがAJCCでは思ったような走りとならなかった。それが実力なのかと思いきや、調教VTRでは抜群の走りを見せている。本来だったら対抗ぐらいまでには推し挙げたい一頭だが、やはり、不安定なところがあるため▲単穴までとした。また、ストロングタイタンは中山金杯で期待されるものの不甲斐ない結果に終わってこの番組に来た。仕上がりは悪くないように思える。ただ、馬格がある馬だけに、馬場が緩いと前肢の力が足りなくなるのではないかと思えるのである。そのために疲れが早く出る。事実かは謎。伸び切れない理由がそれなのではないかと思えるという話。そして、パドルウィールを推す。金鯱賞の切れ脚は見事だった。それが偶々なのか、実力なのかが判断できない馬であることは確かだ。決め手となるのかどうか。それも踏まえて△連下までとした。
●取捨選択を迷った一頭
大外枠に入ったロードヴァンドールだが、決して悪い状態、仕上がりではない。条件戦を面白いように勝ち負けになってこの番組に駒を進めて来た。が、この馬もまた勝ちきれないところがある。今回は相手が強くなる分、どこまでその力を発揮できるのか。控える競馬ができるとまた展開が変わるのだが、どうか。

●捨てちゃえ馬
相手が強くなって、大外で振られてという展開を避けるために、今回も前々の競馬となるだろうロードヴァンドール。マイル戦なら可能性は高いが、1800m戦となると難しさが増すと考えた。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
12 フルーキー 牡7 57.5 浜中 俊
8 ベルーフ 牡5 57 フォーリー
11 クラリティスカイ 牡5 57.5 田辺 裕信
△1 2 ストロングタイタン 牡4 54 北村 友一
△2 9 パドルウィール 牡6 55 松山 弘平
捨馬 16 ロードヴァンドール 牡4 54 太宰 啓介


●結果
【配当】
単勝 7 780円
複勝 7 320円
14 390円
11 350円
枠連 4-7 2,220円
馬連 7-14 9,790円
ワイド 7-11 1,990円
7-14 3,500円
11-14 3,070円
馬単 7-14 14,190円
3連複 7-11-14 34,780円
3連単 7-14-11 141,970円

【着順】 【時計】
1 7 マルターズアポジー 1:45.8 36.5
2 14 ヒストリカル 1:46.1 35.9
3 11 クラリティスカイ 1:46.2 36.3
4 16 ロードヴァンドール 1:46.2 36.8
5 2 ストロングタイタン 1:46.3 36.4
6 12 フルーキー 1:46.3 36.1
7 1 レッドソロモン 1:46.6 36.4
8 13 スピリッツミノル 1:46.7 36.4
9 4 コスモソーンパーク 1:47.0 36.5
10 15 ダコール 1:47.0 35.8
11 3 ダノンメジャー 1:47.0 37.3
12 8 ベルーフ 1:47.0 36.4
13 5 クランモンタナ 1:47.1 36.8
14 10 ケイティープライド 1:47.7 37.8
15 9 パドルウィール 1:47.8 37.8
16 6 マイネルハニー 1:47.9 38.5
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。