競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第90回中山記念:2月28日(日) 中山競馬場
15時45分発走

中山巧者が勝ち負けになりやすい
中山コースの特殊性を考える


開幕週であることを忘れずに
コースの特殊性はこのコンテンツに限らず言われていることだが、3角と4角の間から追わなければならないために、コーナーリングが下手な馬は勝ち負けが難しい。その点は鞍上にも言えること。しかも、開幕週であるために、前々の競馬ができる馬は前残りの傾向が高くなる。どちらかと言えば2000m戦が、中山コースで強いという馬が結果の繋がりそうだ。ただ、そこで問われる器用さ、G2戦ならではのタフさが求められる。それらの点をも考えておかなければならない。近走が駄目でも中山コースに戻ってくると強いという馬が意外に勝ち負けになる。中山コースでなければ、前走に凡走があったとしても問題視する必要はない。ただ、二桁人気までが飛び込んでくるような番組ではないので、その点は過度に捉えない方が良い。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 サトノギャラント 牡7 56 柴山 雄一
2 2 リアルスティール 牡4 55 福永 祐一
3 3 ロゴタイプ 牡6 57 田辺 裕信
4 4 マイネルラクリマ 牡8 56 柴田 大知
5 5 フルーキー 牡6 56 戸崎 圭太
6 6 イスラボニータ 牡5 57 蛯名 正義
6 7 ラストインパクト 牡6 56 ベリー
7 8 レッドレイヴン 牡6 56 柴田 善臣
7 9 ドゥラメンテ 牡4 57 Mデムーロ
8 10 アンビシャス 牡4 55 ルメール
8 11 カオスモス 牡6 56 内田 博幸

●主線はこの二頭の勝ち負け
さすがG2戦だけのことはある。豪華なメンバーが挙って参戦してきた。その中で主軸に据えた馬はリアルスティール。四ヶ月の休み明けだが、抜群に良い仕上がりだと思う。休み明けでもそこそこ走ってくれる馬なので、過度な期待はしないが、ワイド連対には入るだろうと考える。対抗には九ヶ月ぶりになるドゥラメンテを挙げる。どこまで復調しているのかというところに興味をそそられる共に、この先の展開を期待できるのかというところを気にして観てみたい。調教VTRでは一回り大きくなったように見受けたが、その正否は如何だろうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
イスラボニータが不器用だなと思わせたのは天皇賞・秋だった。それでも3着までには食い込んできているのだから文句を言ってはいけない。ただ、その不器用さが休み明けだと出る可能性が高い。そう考えると、ここでの勝ち負けよりもワイド連対までに入ってくることに期待をするという考え方。また、ロゴタイプだが、この馬は中山巧者ということで挙げている。どこまで走ることができるのか。これまでの走りだと、勝ち負けまでは難しいまでも、ワイド連対までなら食い込んでくる可能性があると考えた。そして、ラストインパクトを挙げる。有馬記念では精彩を欠いた。中山コースが苦手なのかもしれない。ここはその先を見ての参戦ということもあり得る。が、同じく侮れない一頭として考えておきたい。
●取捨選択を迷った一頭
フルーキーは悪くない。この馬にとっては忙しい競馬を強いることになるのではないかと思える。それが気懸かりなのである。どこまできちんと対応することができるのか。相手が強くなっている分、中途半端な走りでは勝ち負けにならないだろうと考える。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではフルーキーが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
2 リアルスティール 牡4 55 福永 祐一
9 ドゥラメンテ 牡4 57 Mデムーロ
6 イスラボニータ 牡5 57 蛯名 正義
△1 3 ロゴタイプ 牡6 57 田辺 裕信
△2 7 ラストインパクト 牡6 56 ベリー
捨馬 5 フルーキー 牡6 56 戸崎 圭太


●結果
【配当】
単勝 9 210円
複勝 9 120円
10 160円
2 130円
枠連 7-8 770円
馬連 9-10 800円
ワイド 2-9 230円
2-10 350円
9-10 330円
馬単 9-10 1,100円
3連複 2-9-10 920円
3連単 9-10-2 3,780円

【着順】 【時計】
1 9 ドゥラメンテ 1.45.9 34.1
2 10 アンビシャス 1.45.9 33.6
3 2 リアルスティール 1.46.0 34.1
4 5 フルーキー 1.46.3 34.2
5 8 レッドレイヴン 1.46.3 34.0
6 7 ラストインパクト 1.46.4 35.3
7 3 ロゴタイプ 1.46.6 35.3
8 1 サトノギャラント 1.46.6 34.0
9 6 イスラボニータ 1.46.9 34.9
10 4 マイネルラクリマ 1.47.7 36.3
11 11 カオスモス 1.48.3 37.3
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第60回阪急杯:2月28日(日) 阪神競馬場
15時35分発走

短距離王を狙って虎視眈々
1400m戦で如何に走れるかを問う


実力伯仲だからこそ
距離的背は大切なものとなる。1400m戦、1600m戦とある短距離フェーズ。1200m戦で好時計を出そうと思うと、緩急を付ける間もなく、ファロンを通過していかなければならない。つまり、テンの速さと上がりの速さに開きがあっては勝てないのである。ただ、これがマイル戦に参戦してきたスプリンターは余裕がある。テンが遅い分を上がりでカバーできる時計を打ち出すことができるのである。スプリンターとしては天才的な部分があるか、先のようにファロンタイムが速いかというところが見極める鍵となる。この時期はやはり五歳馬が強い。ただ、複勝率を考えると四歳馬[2-4-6-23]で複勝率34.8%、五歳馬[6-2-2-32]で23.8%、六歳馬以上[3-3-2-72]で10%と極端に落ちる。勢いを取れば五歳馬だが、四歳馬よりも複勝入線が顕著である。この点を考えると天才馬的な四歳馬いない限りは、五歳馬が擡頭するだろうことが窺える。また、特段、牝馬の活躍を考えなくても良いだろう。実績としては[0-2-3-25]という状況。これらの点を踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ダイワマッジョーレ 牡7 56 高倉 稜
1 2 ルルーシュ 牡8 56 杉原 誠人
2 3 ブラヴィッシモ 牡4 56 川田 将雅
2 4 ヒルノデイバロー 牡5 56 四位 洋文
3 5 ミッキーラブソング 牡5 56 小牧 太
3 6 ティーハーフ 牡6 56 池添 謙一
4 7 サドンストーム 牡7 56 武 幸四郎
4 8 マイネルアウラート 牡5 56 丸山 元気
5 9 レッツゴードンキ 牝4 55 岩田 康誠
5 10 ダノンシャーク 牡8 57 ヴェロン
6 11 オメガヴェンデッタ せん5 56 武 豊
6 12 サカジロロイヤル 牡8 56 国分 優作
7 13 ミッキーアイル 牡5 57 松山 弘平
7 14 ゼロス 牡7 56 岩崎 翼
7 15 エールブリーズ 牡6 56 藤岡 康太
8 16 マイネルエテルネル 牡6 56 フォーリー
8 17 タガノブルグ 牡5 56 秋山 真一郎
8 18 ケントオー 牡4 56 和田 竜二

●主線はこの二頭の勝ち負け
切れる脚の走りを覚えてきたのかもしれないと思わせたマイネルアウラートを主軸に据えた。本来であれば、中山コース、阪神コースできちんと勝ち負けになっていて欲しいうまではあるが、自在性を評価して、3着までには入ってくるだろうと考えた。多頭数の展開で、先手を取ることができればこの馬の勝機は堅い。対抗にはミッキーラブソングを挙げる。今回は前走比較2キロ増での出走だが、決して悪い材料ではない。出足の勢いさえ付けば、この馬の前々の競馬ができるはずだ。どこまで走ることができるのか興味をそそられる。
●番手にはこの三頭を挙げる
馬主である野田みずさんの馬、ミッキーの冠を被るミッキーアイルを▲単穴とした。詞狩りは悪くないと思える。積極性を欠いて、ここ暫くは勝機を逃しているが、短距離戦であればこそのこと。決して着順ほど走りが悪い訳ではない。短距離戦ということもあって、ここでは紛れもあるだろうと推す。また、大外枠のケントオーだが、西を中心にここまでやって来た。相手が強くなったが、大外枠を引いて、どこまで走ることができるのか興味をそそられる。△連下ではあるが、侮れない一頭として押さえておきたい。そして、オメガヴェンデッタを挙げる。以前のような前々の競馬をすれば良いのにと思っているのだが、それができていない。鞍上のユタカが巧く捌いてくれることを期待したい。
●取捨選択を迷った一頭
ダノンシャークが良く見えた。勘違いなら問題はないのだが、一発がある馬だけに迷わされる。馬齢と共に確実にズブくなっている。鞍上がルメール騎手であっても駄目であった。どこまで走ることができるのか、期待をさせられるものの難しさを覚える。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ここではダノンシャークが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 マイネルアウラート 牡5 56 丸山 元気
5 ミッキーラブソング 牡5 56 小牧 太
13 ミッキーアイル 牡5 57 松山 弘平
△1 18 ケントオー 牡4 56 和田 竜二
△2 11 オメガヴェンデッタ せん5 56 武 豊
捨馬 10 ダノンシャーク 牡8 57 ヴェロン


●結果
【配当】
単勝 13 380円
複勝 13 170円
11 210円
3 250円
枠連 6-7 1,740円
馬連 11-13 1,510円
ワイド 3-11 910円
3-13 860円
11-13 570円
馬単 13-11 2,660円
3連複 3-11-13 4,070円
3連単 13-11-3 18,050円

【着順】 【時計】
1 13 ミッキーアイル 1.19.9 34.7
2 11 オメガヴェンデッタ 1.20.0 34.3
3 3 ブラヴィッシモ 1.20.0 34.4
4 5 ミッキーラブソング 1.20.0 34.2
4 7 サドンストーム 1.20.0 34.0
6 9 レッツゴードンキ 1.20.1 34.7
7 10 ダノンシャーク 1.20.2 33.9
8 4 ヒルノデイバロー 1.20.2 34.1
9 14 ゼロス 1.20.3 34.2
10 17 タガノブルグ 1.20.6 33.9
11 18 ケントオー 1.20.6 34.5
12 8 マイネルアウラート 1.20.8 35.1
13 6 ティーハーフ 1.20.9 34.5
14 1 ダイワマッジョーレ 1.20.9 34.5
15 2 ルルーシュ 1.21.0 35.2
16 15 エールブリーズ 1.21.4 35.5
17 12 サカジロロイヤル 1.21.6 36.1
18 16 マイネルエテルネル 1.21.7 35.8
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第25回アーリントンカップ:2月27日(土) 阪神競馬場
15時35分発走

三歳馬マイル、実力伯仲
クラシック戦線を狙う馬が挙って参戦


そろそろ区別がされる
クラシック戦線を考える馬は、このあたりでは調整出走をしてこない。きちんと走るべきところを知って参戦してくる。逆に言えば、通用するかしないかを試すためにここに参戦してくる馬が多い。ポジティブに考えられる状況ならば良いが、願う、祈る状態では難しい。それだけ成長が著しい時期になっているから、陣営としても欲目が出て来る。欲目が出れば、我が子可愛さで、よく見えてしまう。その通りに走る馬もいれば、そうでもない馬もいる。その辺りを見極めるのは、条件戦をどう卒業したかである。そうでなければ、近走をどのように走ることができたかである。それは上がり時計と着順、着差で判断をしている。若駒の難しさを難しく考えない秘訣が数字かもしれない。それらの点を考えて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 マディディ 牡3 56 フォーリー
2 2 パールフューチャー 牡3 56 ルメール
2 3 ウェーブヒーロー 牡3 56 和田 竜二
3 4 メイショウカネサダ 牡3 56 酒井 学
3 5 ボールライトニング 牡3 57 福永 祐一
4 6 レインボーライン 牡3 56 Mデムーロ
4 7 シゲルノコギリザメ 牡3 56 太宰 啓介
5 8 ロードブレイド 牡3 56 池添 謙一
5 9 レオナルド 牡3 56 川田 将雅
6 10 アーバンキッド 牡3 56 ベリー
6 11 ヒルノマゼラン 牡3 56 古川 吉洋
7 12 ダンツプリウス 牡3 56 丸山 元気
7 13 ビップライブリー 牡3 56 小牧 太
8 14 オデュッセウス 牡3 56 武 豊
8 15 ロワアブソリュー 牡3 56 ヴェロン

●主線はこの二頭の勝ち負け
三歳戦。そろそろどの陣営もクラシック戦線を意識し始めている。主線には復活の兆しが濃厚なレインボーラインを挙げる。鞍上が巧く乗りこなしてくれるだろうことを期待してのことだが、調教VTRを観る上では、時分から積極的にハミを取って走っているように見えた。それがどこまで力が付いたということになるのか、断言はできないが良くなっていることは確かだ。対抗には最内枠に入ったマディティを推す。好調持続でここまでやって来た。この先については未知数ではあるが、ここでは好走してくれるだろうことを期待したい。
●番手にはこの三頭を挙げる
ボールライトニングも決して悪くはない。しかし、どこか積極性を欠いているようなところがある。時分から競馬ができないところがこの馬の弱点かもしれない。気が弱い。そんな気がしてならない馬である。が、▲単穴とした。また、好走してこの番組に駒を進めて来たアーバンキッドを挙げる。連対率で考えれば100%。見事な戦績である。調教が上手ということかもしれない。前走で見せた伸び脚がどこまで通用するかが鍵だ。そして、ダンツプリウスを推す。こんなところで燻っている馬ではないはずなのだが、なぜか、足踏み状態でこの番組に臨んできた。陣営としても迷っているのではないかと思える。マイラーではないのではないかということ。スプリンターでもない。が、ステイヤーでもない。この距離をきちんと走れなければこの先は一層狭まる。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
ヒルノマゼランだが、決して悪い状態ではない。ただ、戦績を見れば運が良かったのだろう、強い勝ち方がない。体良く勝ち負けになっている。それは長く良い脚を使えるからだろう。だから、最後にきちんと勝ち負けになることができる。ここでどこまでそれが通用するのかが疑問である。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
若駒は武器らしい武器がないと勝ち負けにならない。それを考えて、ここではヒルノマゼランが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
6 レインボーライン 牡3 56 Mデムーロ
1 マディディ 牡3 56 フォーリー
5 ボールライトニング 牡3 57 福永 祐一
△1 10 アーバンキッド 牡3 56 ベリー
△2 12 ダンツプリウス 牡3 56 丸山 元気
捨馬 11 ヒルノマゼラン 牡3 56 古川 吉洋


●結果
【配当】
単勝 6 680円
複勝 6 280円
12 520円
15 470円
枠連 4-7 2,870円
馬連 6-12 5,840円
ワイド 6-12 1,980円
6-15 2,080円
12-15 4,900円
馬単 6-12 10,730円
3連複 6-12-15 33,820円
3連単 6-12-15 194,110円

【着順】 【時計】
1 6 レインボーライン 1.34.1 34.6
2 12 ダンツプリウス 1.34.1 34.6
3 15 ロワアブソリュー 1.34.1 34.1
4 9 レオナルド 1.34.1 34.8
5 10 アーバンキッド 1.34.1 34.6
6 11 ヒルノマゼラン 1.34.2 34.8
7 13 ビップライブリー 1.34.3 34.6
8 5 ボールライトニング 1.34.3 34.6
9 3 ウェーブヒーロー 1.34.4 34.8
10 14 オデュッセウス 1.34.5 34.3
11 1 マディディ 1.34.5 34.5
12 7 シゲルノコギリザメ 1.34.7 35.6
13 4 メイショウカネサダ 1.35.1 35.5
14 2 パールフューチャー 1.35.4 36.0
除外 8 ロードブレイド -
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第33回フェブラリーステークス:2月21日(日) 東京競馬場
15時40分発走

勢いに勝るものは無しのダート戦
実績第一で考えるべき番組


番組の階層構成
ダート戦ではチャンピオンズCとこの番組が肩を並べるのだが、東京大賞典、東海S、川崎記念が絡んでくる。マイル戦であるからこその勢いも問われるだろう。近走で凡走していた馬がここでは勝ち負けになることはない。ただ、昨年のベストウォーリアはチャンピオンズCで11着であったにも関わらず、この番組で3着に食い込んできた。しかも、二ヶ月半の休み明け。実力はあったが、必ずしも好走できる条件ではなかった。そのような馬であっても、食い込んでくるのがマイル戦である。しかし、基本は2000m戦での連対実績、1800m戦での勝ち星などを持っていないことには、ダート番組の頂点を分かつこの番組での勝ち負けは難しい。が、勢いも肝心であるということだ。馬齢的には、四歳馬[3-2-1-30]で複勝率が16.6%、五歳馬が[5-3-2-14]で41.6%と圧倒的、六歳馬[2-1-5-34]で19.0%、七歳以上[0-4-2-51]で10.5%。この頃から五歳馬が本格化して、多少の個体差はあったとしても年末までその成長は続く。あとは馬場状態か。稍重の馬場状態で判断することが良いだろう。それらを併せて、今年初のG1戦線の予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 パッションダンス 牡8 57 三浦 皇成
1 2 ホワイトフーガ 牝4 55 大野 拓弥
2 3 コパノリッキー 牡6 57 武 豊
2 4 アスカノロマン 牡5 57 太宰 啓介
3 5 ベストウォーリア 牡6 57 戸崎 圭太
3 6 ロワジャルダン 牡5 57 横山 典弘
4 7 ノンコノユメ 牡4 57 ルメール
4 8 コーリンベリー 牝5 55 松山 弘平
5 9 モンドクラッセ 牡5 57 田辺 裕信
5 10 グレープブランデー 牡8 57 ヴェロン
6 11 スーサンジョイ 牡4 57 和田 竜二
6 12 マルカフリート 牡10 57 石橋 脩
7 13 タガノトネール せん6 57 柴田 大知
7 14 モーニン 牡4 57 Mデムーロ
8 15 サノイチ 牡5 57 勝浦 正樹
8 16 ローマンレジェンド 牡8 57 内田 博幸

●主線はこの二頭の勝ち負け
チャンピオンズカップで堂々の2着。ノンコノユメを主軸に据えた。今回は1ファロン短いこともあって、思い切り走らせることができるのではないかと思える。鞍上はルメール騎手。鬼に金棒という状態。対抗には昨年の覇者・コパノリッキーを推す。この二戦は不甲斐ない結果となっているが、馬齢が進んだことで張り詰めたものに緩みがあるようなところが見受けられる。気持ちが乗らないのではないかというところ。それをユタカがどこまで追い出せるか。この両頭の一騎打ちになるのではないかと考える。
●番手にはこの三頭を挙げる
牝馬・ホワイトフーガの勢いが止まらない。しっかりした馬体、いわば、グラマラスな馬体が実にバランス良く四肢が動く。これによって期待させるのだが、牡馬の間に入っても決して見劣りしない状態となるだろう。そのために▲単穴とした。また、ベストウォーリアだが、この馬は鉄砲駆けができる馬だ。昨年の3着に食い込んできたことも実力の裏付けとして侮れない存在である。間が開いた方が良い馬というのもいるものだと教えられた。そして、モーニンを推す。根岸Sを勝ってこの番組に駒を進めて来た。力強い走りを引き続き見せてくれるのではないかと期待している。が、正直、相手が強い。デムーロマジックが炸裂ということになれば勝ち負けさえもあるかもしれない。
●取捨選択を迷った一頭
東海S組をどう考えるかというところなのだが、アスカノロマンモンドクラッセの二頭。距離が縮まることは好材料ではあるのだが、番組自体がそれほど良いものではなかったという印象がある。従来通りの番組であれば、推せる二頭ではあるが、非常にそれが難しい。展開ベタという訳ではないだけに、個体能力の違いがあるような気がしてならない。要は東海Sとこの番組の違いをどう考えるかになる。

●捨てちゃえ馬
大胆な発想かもしれないが、今年の東海Sとこの番組が違い過ぎると考えて、アスカノロマンモンドクラッセの二頭がここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 ノンコノユメ 牡4 57 ルメール
3 コパノリッキー 牡6 57 武 豊
2 ホワイトフーガ 牝4 55 大野 拓弥
△1 5 ベストウォーリア 牡6 57 戸崎 圭太
△2 14 モーニン 牡4 57 Mデムーロ
捨馬 4 アスカノロマン 牡5 57 太宰 啓介
捨馬 9 モンドクラッセ 牡5 57 田辺 裕信


●結果
【配当】
単勝 14 510円
複勝 14 180円
7 120円
4 420円
枠連 4-7 530円
馬連 7-14 680円
ワイド 4-7 1,070円
4-14 1,690円
7-14 320円
馬単 14-7 1,510円
3連複 4-7-14 3,820円
3連単 14-7-4 16,010円

【着順】 【時計】
1 14 モーニン 1.34.0 35.2
2 7 ノンコノユメ 1.34.2 34.7
3 4 アスカノロマン 1.34.2 34.9
4 5 ベストウォーリア 1.34.2 35.0
5 6 ロワジャルダン 1.34.3 35.3
6 13 タガノトネール 1.34.5 36.0
7 3 コパノリッキー 1.34.6 35.6
8 9 モンドクラッセ 1.34.7 35.9
9 16 ローマンレジェンド 1.34.8 35.3
10 2 ホワイトフーガ 1.34.9 35.6
11 10 グレープブランデー 1.34.9 35.8
12 11 スーサンジョイ 1.34.9 36.5
13 15 サノイチ 1.35.6 35.9
14 12 マルカフリート 1.36.2 36.2
15 8 コーリンベリー 1.36.8 38.4
16 1 パッションダンス 1.40.9 41.1
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第50回小倉大賞典:2月21日(日) 小倉競馬場
15時20分発走

ハンデ戦、荒れる地方重賞を絵に描く番組
2000m戦巧者を中心に考える


馬は内埒に食い込む
スパイラルカーブを採用された小倉競馬場。もう随分昔の話になったが、そのためもあって以前よりは確実に前残りが増えてきている。1800m戦の場合、距離適正だけがモノを言うのでは無く、4回通るコーナー捌きが課題ともなる。馬はまっすぐ走りたい。それを騎手が御するのである。その前提条件で行われるハンデ戦。トップハンデは[1-3-2-4]と褒められるものではないが、決して悪くはない。ただ、57.5キロ以上になると、極めて連対率が悪くなる。G3戦であるために、そこまでの伸び足を持っていない馬が出走してくるという考え方が妥当だろう。馬齢的には、四歳馬[1-3-2-22]で複勝率が21.4%、五歳馬[3-3-2-32]で20.0%、六歳馬[1-1-3-31]が11.5%、七歳以上[5-3-3-42]が20.7%と、馬個体の戦績に帰依するところが多い。馬齢もあるが、近走の戦績を重視した方が良いということだろう。当然ながら、小倉コース巧者がいる。これは当然侮れない存在となる。それらの点を踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ダコール 牡8 58 小牧 太
1 2 アルバートドック 牡4 55 川田 将雅
2 3 メイショウヤタロウ 牡8 55 秋山 真一郎
2 4 マイネルフロスト 牡5 57 蛯名 正義
3 5 レッドアリオン 牡6 58 川須 栄彦
3 6 ハピネスダンサー 牝5 52 吉田 隼人
4 7 デウスウルト せん8 55 幸 英明
4 8 ケイティープライド 牡6 52 鮫島 克駿
5 9 スマートオリオン 牡6 57.5 横山 和生
5 10 メドウラーク 牡5 55 バルジュー
6 11 ネオリアリズム 牡5 55 岩田 康誠
6 12 タマモベストプレイ 牡6 56 津村 明秀
7 13 メイショウカンパク 牡9 52 古川 吉洋
7 14 テイエムタイホー 牡7 57 藤岡 康太
8 15 コスモソーンパーク 牡8 56 丹内 祐次
8 16 ベルーフ 牡4 56 フォーリー

●主線はこの二頭の勝ち負け
今回は混戦模様であると考えて、小倉巧者を軸とした。最内枠に入ったダコールを主軸に据えたのだが、確かにこのところの不甲斐ない結果はいまひとつ。それをどこまで払拭できるかというところ。58キロの斤量も応えるかもしれない。随分と見込まれたものだと思う。しかし、初斤量ではない。重い分、得意の距離より1ファロン短い。思いきって行くことができるはずだ。対抗にはコスモソーンパークを挙げる。勝ち負けになってこの番組に駒を進めることができたことは好材料。その勢いが消えないうちにここでも勝ち負けになっておきたいと陣営の声が聞こえるようだ。この両頭を中心視とした。
●番手にはこの三頭を挙げる
好走しながらもいまひとつが続いているアルバートドックだが、素材の良さが光っていることもあり、ここでは▲単穴に推し挙げた。距離に関係なく、思い切った走りができれば興味深い馬になるのではないかと思えるのだが、如何だろうか。また、恵量だろうと思える52キロのハピネスダンサーを挙げる。この斤量であればワイド連対までに入ってくることができると考えた。前走は展開が仇となった。今回は多頭数であるために、そこを巧く切り抜けることができれば結果に繋がると思うのだが、どうだろうか。そして、メイショウヤタロウを挙げる。鉄砲駆けができる馬であることもさることながら、思い切った走りを見せてくれるのではないかと調教VTRで思わせた。少なくとも前々の競馬ができることが鍵となる。
●取捨選択を迷った一頭
テイエムタイホーもまた切れる脚を持っている。それをどこまで活かすことができるのかというところで疑問が出てしまった。展開ベタと言ってしまえばそれまでなのだが、力がない訳ではないのに、それが巧く噛み合わない。結果的には不器用なのだろう。だから、迷う。

●捨てちゃえ馬
やはり、不器用さが仇となっているテイエムタイホー。ここでは多頭数も影響して好走できないのではないかと思う。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
1 ダコール 牡8 58 小牧 太
15 コスモソーンパーク 牡8 56 丹内 祐次
2 アルバートドック 牡4 55 川田 将雅
△1 6 ハピネスダンサー 牝5 52 吉田 隼人
△2 3 メイショウヤタロウ 牡8 55 秋山 真一郎
捨馬 14 テイエムタイホー 牡7 57 藤岡 康太


●結果
【配当】
単勝 2 570円
複勝 2 200円
1 260円
11 350円
枠連 1-1 2,760円
馬連 1-2 2,700円
ワイド 1-2 980円
1-11 1,770円
2-11 1,190円
馬単 2-1 4,910円
3連複 1-2-11 8,620円
3連単 2-1-11 45,220円

【着順】 【時計】
1 2 アルバートドック 1.46.7 34.4
2 1 ダコール 1.46.7 34.6
3 11 ネオリアリズム 1.46.8 35.0
4 8 ケイティープライド 1.46.8 34.9
5 6 ハピネスダンサー 1.46.9 35.0
6 16 ベルーフ 1.46.9 35.1
7 5 レッドアリオン 1.47.1 35.7
8 15 コスモソーンパーク 1.47.2 35.6
9 13 メイショウカンパク 1.47.3 35.1
10 4 マイネルフロスト 1.47.4 35.9
11 7 デウスウルト 1.47.4 35.4
12 3 メイショウヤタロウ 1.47.6 35.5
13 12 タマモベストプレイ 1.47.6 36.0
14 10 メドウラーク 1.47.7 36.0
15 14 テイエムタイホー 1.48.4 37.0
16 9 スマートオリオン 1.48.5 37.1
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。