競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第30回根岸ステークス:1月31日(日) 東京競馬場
15時45分発走

凡走馬は要らない
実績で考える


例年ならば四歳馬は苦戦
明け四歳はまだ三歳と同じ。馬格がしっかりしていても筋肉量が違う。だから、五歳、六歳がここでは活躍する。過去10年、四歳馬は[1-1-1-18]、五歳馬は[3-6-2-21]、六歳馬は[4-3-2-35]、七歳以上[2-0-5-56]という結果。やはり、馬たちの正月はフェブラリーSなのである。人気別には、一番人気が[2-3-0-5]、二番人気が[1-1-0-8]、三番人気が[0-2-1-7]と、上位人気が[3-6-1-20]という結果で、なんともいただけない。それはこの番組が短距離戦であることもある。紛れがあるのである。そのために、先行力、近走の戦績が肝心。加えて東京コースの長い直線。この辺りも実績が欲しいところだ。それらを踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 レッドファルクス 牡5 56 吉田 豊
1 2 グレープブランデー 牡8 58 ヴェロン
2 3 アドマイヤロイヤル 牡9 56 石川 裕紀人
2 4 マルカフリート 牡10 56 石橋 脩
3 5 キョウエイアシュラ 牡9 56 三浦 皇成
3 6 アンズチャン 牝5 54 横山 典弘
4 7 サトノタイガー 牡8 56 吉原 寛人
4 8 タールタン 牡8 56 ルメール
5 9 タガノトネール せん6 57 田辺 裕信
5 10 アドマイヤサガス 牡8 56 国分 恭介
6 11 プロトコル 牡5 56 柴田 大知
6 12 シゲルカガ 牡5 57 藤岡 康太
7 13 シンキングマシーン せん7 56 柴山 雄一
7 14 サクラエール 牡5 56 池添 謙一
8 15 モーニン 牡4 55 戸崎 圭太
8 16 レーザーバレット 牡8 57 ベリー

●主線はこの二頭の勝ち負け
しっかり降った雨のあと、脚抜けは良いのだが、足元を気にしてしまう馬が多い。これはダートでも同じ。芝なら殊更。その中で主線としたのはタガノトネール。重馬場でもきちんと走るということがある。距離適正も合っている。切れる脚がある訳ではないが長く良い脚が使えるところが大きな取り柄だろう。間隔が開いたことはあるが、重馬場での走りとなればそれほどのハンデではない。そう考えて主軸とした。対抗にはモーニンを挙げる。どちらかと言えば雨が苦手なのかもしれないが、武蔵野S以来での出走はタガノトネールと一緒。ここでまた雌雄を決することになるか。
●番手にはこの三頭を挙げる
勢いがなければ勝ち負けは難しい。やたらと勝ち負けになっているサクラエールを▲単穴にした。悪くはない走りを期待させる一番の理由は、この1400m戦という距離での戦績。これ以上でも以下でもない走り。実に興味深いところがある。仮説を立てた走りができればと思うが、どこまで走ることができるのか。また、明け10歳となったマルカフリートが未だに元気だ。侮れない一頭として挙げておく。重馬場はそれほど得意ではないが、ワイド連対までなら狙えるのではないかと思う。そして、重馬場巧者であるアンズチャンの紛れを狙うということで挙げてみた。どこまで走ることができるのか、相手が強い分、ここは微妙なところがあるが、興味深い一頭として考えている。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った二頭
勝ってこの番組に駒を進めてきたルメール騎手が手綱を捌くタールタンであるが、どうしても斑気があることが気になって仕方がない。重馬場も得意という方ではない。ただ、勝ってこの番組に駒を進めてきたことだけが拠り所。また、プロトコルなのだが、兎に角、重馬場が苦手。良馬場であればきちんと走れるのだろうが、緩んでぬかる重馬場ではその持てる力が発揮できないのではないかと考えた。思った以上に重馬場となっていることだろう。

●捨てちゃえ馬
やはり、ダート戦は馬場条件で順位が大きく違って来る。それを考えると前述のように、タールタンプロトコルがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
9 タガノトネール せん6 57 田辺 裕信
15 モーニン 牡4 55 戸崎 圭太
14 サクラエール 牡5 56 池添 謙一
△1 4 マルカフリート 牡10 56 石橋 脩
△2 6 アンズチャン 牝5 54 横山 典弘
捨馬 8 タールタン 牡8 56 ルメール
捨馬 11 プロトコル 牡5 56 柴田 大知


●結果
【配当】
単勝 15 220円
複勝 15 130円
8 280円
2 660円
枠連 4-8 1,120円
馬連 8-15 1,330円
ワイド 2-8 3,820円
2-15 1,340円
8-15 530円
馬単 15-8 1,850円
3連複 2-8-15 11,480円
3連単 15-8-2 34,400円

【着順】 【時計】
1 15 モーニン 1.22.0 35.4
2 8 タールタン 1.22.1 35.1
3 2 グレープブランデー 1.22.4 35.7
4 9 タガノトネール 1.22.6 36.1
5 6 アンズチャン 1.22.8 34.4
6 11 プロトコル 1.22.9 35.6
7 16 レーザーバレット 1.23.0 35.5
8 4 マルカフリート 1.23.2 36.0
9 10 アドマイヤサガス 1.23.3 35.6
10 1 レッドファルクス 1.23.3 36.6
11 5 キョウエイアシュラ 1.23.3 35.9
12 3 アドマイヤロイヤル 1.23.6 35.5
13 7 サトノタイガー 1.23.6 35.5
14 14 サクラエール 1.23.6 35.8
15 12 シゲルカガ 1.24.0 37.6
16 13 シンキングマシーン 1.24.8 37.1
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第21回シルクロードステークス:1月31日(日) 京都競馬場
15時35分発走

流れは淀にあり
紛れはここにある


ハンデ戦ならではの荒れ模様
ちょっと待てと言うぐらい、この番組は紛れが多い。一番人気が[2-1-1-6]、二番人気が[3-1-0-6]、三番人気は[2-2-0-6]ということで、上位人気は[7-4-1-18]という結果。上位人気の推されている理由が判らないと言っても過言ではない。しかし、淀短距離Sとの連携は深く、出走馬は[3-4-3-33]、入着級は[2-4-3-16]という結果を残している。京都コースと相性が良いという特性が見えてくる。ここはマーク。また、四歳馬[1-2-1-30]、五歳馬[5-2-3-21]、六歳馬[4-4-3-31]、七歳以上[0-2-3-49]という結果。馬齢的にはやはり、明け四歳よりも実績上位の五歳、六歳を考えるべきということだ。課題となるのは近走の上がり時計を考えたい。勢いがあるかないかの判断をする。勢いがなければ短距離戦は勝てない。その点を踏まえて予想を組み立てたい。

●出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ダンスディレクター 牡6 57 浜中 俊
1 2 メイショウツガル 牡8 53 鮫島 良太
2 3 リトルゲルダ 牝7 54 松山 弘平
2 4 ヤマニンプチガトー 牝7 51 村田 一誠
3 5 サトノルパン 牡5 57.5 和田 竜二
3 6 セカンドテーブル 牡4 54 水口 優也
4 7 ワキノブレイブ 牡6 55 小牧 太
4 8 ローレルベローチェ 牡5 56 中井 裕二
5 9 ヒルノデイバロー 牡5 54 岩田 康誠
5 10 アクティブミノル 牡4 56 武 豊
6 11 アースソニック 牡7 57 川田 将雅
6 12 ヤサカオディール 牝7 51 小崎 綾也
7 13 ニンジャ 牡7 53 古川 吉洋
7 14 セイコーライコウ 牡9 56 秋山 真一郎
8 15 ネロ 牡5 57 内田 博幸
8 16 ビッグアーサー 牡5 57 Mデムーロ

●主線はこの二頭の勝ち負け
きちんと走れるかということ、ハンデ戦であること。どう考えてもすんなり収まる訳がない番組だ。重馬場は初挑戦となったローレルベローチェを主軸に据えた。悪くともワイド連対までには入ってくるのではないかと考えてのこと。難しさは募るが、勢い自体はある。下手な結果にはならないだろうと判断した。対抗には大外枠に入ったビッグアーサーを推す。きちんと走ることができれば外枠に入ったこともまた活かすことができるだろう。重馬場でもきちんと走るというところを取り上げている。どこまで走れるのか、実に興味深い。
●番手にはこの三頭を挙げる
最内枠に入ったダンスディレクター。勝ち負けになってこの番組に臨んできた。距離適正から考えてもこの距離が一番良いのだろう。ただ、今回は最内枠に入ったこともあって、どうしても揉まれやい。小柄な馬体が影響を受けることも大いにある。その点は考えておきたい。また、アースソニックは良馬場であればというところもあるのだが、意外に重馬場でも対応できる力がある。それができるのであれば、生来、力はある馬だけに侮れない。ただ、今回は切れる脚が発揮できる状態ではない。前々の競馬ができれば良いのだが、どうなるか。そして、ヒルノデイバローを推す。この馬も重馬場は初挑戦となるが、ダート特性があってこの番組に転戦してきた。それが功を奏すのではないかと期待を寄せた。が、なぜ、この時期に芝に転戦なのかと興味深さもある。
●取捨選択を迷った二頭
サトノルパンも重馬場が初挑戦となる。稍重ではそれなりの戦績があるものの、それ以上の馬場状態となるとどこまで力が出せるのかと疑ってしまう。微妙に馬場の影響を受けやすい馬だったような印象がある。それがなければ好走も期待できるところだが、諸賢の考えは如何だろうか。また、外枠のネロであるが、この馬も勝ち負けになって参戦して来ているのだが、相手が強くなった分、勢いだけでは難しいのではないかと考える。勢いがないよりは良いのだが、どこまで走ることができるのか。取捨選択が難しい二頭である。

●捨てちゃえ馬
やはり、武器らしい武器となるものがなければ、紛れが多い短距離戦では勝ち負けが難しくなる。それを考えると重馬場の巧拙を考えて、サトノルパンネロがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 ローレルベローチェ 牡5 56 中井 裕二
16 ビッグアーサー 牡5 57 Mデムーロ
1 ダンスディレクター 牡6 57 浜中 俊
△1 11 アースソニック 牡7 57 川田 将雅
△2 9 ヒルノデイバロー 牡5 54 岩田 康誠
捨馬 5 サトノルパン 牡5 57.5 和田 竜二
捨馬 15 ネロ 牡5 57 内田 博幸


●結果
【配当】
単勝 1 440円
複勝 1 200円
8 430円
7 1,230円
枠連 1-4 2,210円
馬連 1-8 2,440円
ワイド 1-7 3,000円
1-8 990円
7-8 7,950円
馬単 1-8 4,290円
3連複 1-7-8 46,300円
3連単 1-8-7 161,190円

【着順】 【時計】
1 1 ダンスディレクター 1.07.9 33.3
2 8 ローレルベローチェ 1.08.1 34.4
3 7 ワキノブレイブ 1.08.4 33.7
4 6 セカンドテーブル 1.08.4 34.1
5 16 ビッグアーサー 1.08.5 33.4
6 5 サトノルパン 1.08.5 33.6
7 9 ヒルノデイバロー 1.08.6 32.6
8 4 ヤマニンプチガトー 1.08.7 33.5
9 15 ネロ 1.08.8 34.3
10 3 リトルゲルダ 1.08.8 33.9
11 11 アースソニック 1.08.9 33.6
12 2 メイショウツガル 1.09.0 33.6
13 12 ヤサカオディール 1.09.0 33.4
14 13 ニンジャ 1.09.2 33.8
15 14 セイコーライコウ 1.09.4 34.6
16 10 アクティブミノル 1.09.8 35.3
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第57回アメリカジョッキークラブカップ:1月24日(日) 中山競馬場
15時35分発走

ウォームアップ番組か、挑戦番組か
前走の走りを考えさせられる2200m戦


距離と中山コース適性が鍵
有馬記念はあなたの夢が走る番組であって、天皇賞・秋とは話がちょっと違ってくる。この番組はこの時期の馬にとっては十分に長距離戦である。その点を考えると、有馬記念で頑張ってしまった馬がここに出走してくることは、まず少ない。しかし、その戦果は[4-2-1-11]ということで悪くはない。しかし、この番組での一番人気は[2-0-0-8]と不調。有馬記念との連係性が希薄であることが窺える。鍵は距離と中山コース。長距離系のスタミナが求められることと、中山コースの特殊性を乗りきっている馬であることが求められる。いわば、中山巧者であること。パドックで腰が上向きになっている馬が基本的には合っている。それに距離適正。この二つが鍵を握る。近走を合わせ見て、それらを踏まえて予想を組み立てたい。

出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 マイネルフロスト 牡5 56 松岡 正海
1 2 アップルジャック 牡8 56 原田 和真
2 3 ディサイファ 牡7 57 武 豊
2 4 ショウナンマイティ 牡8 56 コントレラス
3 5 クランモンタナ 牡7 56 三浦 皇成
3 6 サトノラーゼン 牡4 56 ベリー
4 7 ショウナンバッハ 牡5 56 戸崎 圭太
4 8 ステラウインド 牡7 56 蛯名 正義
5 9 ライズトゥフェイム 牡6 56 石川 裕紀人
5 10 ルルーシュ 牡8 56 柴田 善臣
6 11 スーパームーン 牡7 56 ルメール
6 12 フラガラッハ 牡9 56 高倉 稜
7 13 ヤマニンボワラクテ せん5 56 藤懸 貴志
7 14 スズカデヴィアス 牡5 56 藤岡 康太
8 15 マイネルディーン 牡7 56 大野 拓弥
8 16 マイネルメダリスト 牡8 56 柴田 大知

●主線はこの二頭の勝ち負け
主軸にはマイネルフロストを挙げる。冬場は芦毛が良く走るという話ではないが、金杯で勝ち負けになって、ここを待ってこの番組に出走してきた馬だ。好走を期待せずにはいられまい。切れる脚もそこそこある。ただ、そえrが中山向きだから戦果に繋がらないだけのこと。本来であれば、もっと上を狙えて良いはずなのだが、踊り場でくすんでいる。対抗にはスーパームーンを挙げる。この馬もどちらかと言えば「くすみ」組かもしれない。ただ、好走をしてこの番組に参戦してきたことが唯一の頼り。それ以外の数字的な部分はそうそう褒められるものではない。共に1ファロンの距離が延びることがどうなるかというところもあるが好走を期待する。
●番手にはこの三頭を挙げる
勝ち切れないディサイファだが、どうしても他の馬に足並みを合わせてしまうところがある。要は自分で競馬が作れないのである。それが2着続きというところだろう。ただ、積極的な競馬ができるのはラストの1ファロンだけというような走りにも課題がある。そこをどこまで言い聞かせられるか。また、クランモンタナも良血馬であるのだが花が咲かない一頭。今年で七歳馬。そろそろタイトルを奪取したいところだが、このあたりなのかもしれない。が、展開が鍵を握るために、どうしてもこれまでの戦果通りの結果になりそうでもある。難しい一頭だ。そして、ヤマニンボワラクテを推す。条件戦を勝ち上がってきて、この番組で通用するかというところもあるが、いまの勢いであればワイド連対までには入ってくるのではないだろうかと思える。となれば、夏までは期待できる一頭だ。
●取捨選択を迷った二頭
サトノラーゼンが難しい位置にいる。休み明け、菊花賞以来、悪くはないのだが、簡単に本番での走りが蘇るとは思えない。つまり、この段では勝ち負けを狙っていないのではないかということだ。この先の展開を見越しての試走。それであれば、勝ち負けに拘らずに走るのではないかというところもある。名馬ならではの一考か。また、ライズトゥフェイムだが、不器用さ丸出しの馬であるが、切れる脚があるために人気になりそうだ。長めの追い出しができるのだろうか。それができればここでの勝ち負けも狙える一頭となるが、果たしてどうか。迷わせられる。

●捨てちゃえ馬
勝ち切れずに5着となった菊花賞。距離に課題があったと思えるサトノラーゼン。終いの脚だけでどうにか勝ち負けになってきたライズトゥフェイム。どちらも癖が強い馬だけに嵌まれば結果に繋がる。嵌まらないからこの番組に出走して来たのである。と考えて、この二頭はここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
1 マイネルフロスト 牡5 56 松岡 正海
11 スーパームーン 牡7 56 ルメール
3 ディサイファ 牡7 57 武 豊
△1 5 クランモンタナ 牡7 56 三浦 皇成
△2 13 ヤマニンボワラクテ せん5 56 藤懸 貴志
捨馬 6 サトノラーゼン 牡4 56 ベリー
捨馬 9 ライズトゥフェイム 牡6 56 石川 裕紀人


●結果
【配当】
単勝 3 500円
複勝 3 180円
11 220円
7 310円
枠連 2-6 1,750円
馬連 3-11 1,800円
ワイド 3-7 1,260円
3-11 740円
7-11 1,210円
馬単 3-11 3,360円
3連複 3-7-11 6,350円
3連単 3-11-7 30,540円

【着順】 【時計】
1 3 ディサイファ 2.12.0 34.9
2 11 スーパームーン 2.12.2 35.0
3 7 ショウナンバッハ 2.12.2 34.5
4 1 マイネルフロスト 2.12.3 34.9
5 13 ヤマニンボワラクテ 2.12.3 35.2
6 14 スズカデヴィアス 2.12.5 35.9
7 15 マイネルディーン 2.12.7 35.1
8 12 フラガラッハ 2.12.8 34.9
9 8 ステラウインド 2.12.9 35.5
10 6 サトノラーゼン 2.13.0 36.2
11 9 ライズトゥフェイム 2.13.1 35.8
12 16 マイネルメダリスト 2.13.2 36.6
13 5 クランモンタナ 2.13.5 36.6
14 2 アップルジャック 2.14.5 36.5
15 10 ルルーシュ 2.18.6 41.8
中止 4 ショウナンマイティ -
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第33回東海ステークス:1月24日(日) 中京競馬場
15時25分発走

一番人気が好走を果たす中京コース
課題は距離適正と近走戦績


中京コース四年目のこの番組
京都開催の平安Sと入れ替わって、この時期での開催という考え方で臨む。馬にとっては番組の名称変更は関係ない。最も関係あるのはコース適性だろう。京都コースに比べれば、小回りであるために、力を出すポイントが限られる。その点の違いは、器用さとして考える。要は中京コース実績がどの程度なのかというところで考えれば良い。以前のように2100m戦であるとなると、距離の課題が如実になる。が、1800m戦である以上、そこらの番組とそれほど変わりはない。また、この三年は二桁人気が飛び込むというような波乱はないが、六番人気以降が飛び込んできている。14年はマイネルパイカ、昨年はグランドシチー。前者は勝ってこの番組に臨んできた。後者は14年の2着馬。この連係性が顕著な番組であるという印象はある。どこまでなのかは謎としても興味深い考え方だ。それらを含めて予想を組み立てたい。

出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ライドオンウインド 牡4 55 勝浦 正樹
2 2 イッシンドウタイ 牡7 56 丸山 元気
3 3 スターバリオン 牡7 56 北村 友一
4 4 ダブルスター 牡7 56 吉田 隼人
5 5 ロワジャルダン 牡5 56 浜中 俊
5 6 アスカノロマン 牡5 56 太宰 啓介
6 7 インカンテーション 牡6 56 内田 博幸
6 8 ローマンレジェンド 牡8 57 岩田 康誠
7 9 グランドシチー 牡9 56 津村 明秀
7 10 モンドクラッセ 牡5 56 田辺 裕信
8 11 ナリタポセイドン 牡7 56 松田 大作
8 12 ストロングサウザー 牡5 56 幸 英明

●主線はこの二頭の勝ち負け
天候はどこまで崩れるのだろうか。雪なのだから、中途半端に開催せず、いっそのこと中止にしてしまえば良いのにと思っている。そんな天候の下、主軸に据えた馬はロワジャルダンだ。悪くない仕上がり、勢いが出てきている。流石にG1戦は荷が勝ち過ぎたのだろうが、この番組であれば、多少、相手が強くても好走を果たせると考えている。対抗には同枠のアスカノロマンを推す。1ファロン短縮でこの番組に臨んできたことを評価してのこと。どこまで走ることができるかは天候次第と井内頃もあるが、順当に走ることができればこの二頭が勝ち負けになる。
●番手にはこの三頭を挙げる
前走では力がないのかと思わせたが、脚があればきちんと走ることができるはず。モンドクラッセを▲単穴とした。しっかりした馬格があることもあり、今回は逃げ切れるはずだ。が、流石に相手が強いということもあってこの位置になった次第。また、八ヶ月ぶりの出走となるインカンテーションも待ち望んでこの番組に参戦してきた。どこまで走ることができるか興味をそそられる。56キロで出走できることもまた好材料だろう。そして、ローマンレジェンドを挙げる。間違えばワイド連対に絡んでくることができる馬だ。ただ、確かに馬齢が進んだことで覇気が感じられなくなってきた。この先に繋げるためにここは試走と考えているのだろう。侮れない一頭だ。
●取捨選択を迷った二頭
挙げた馬以外は殆ど捨馬になるのだが、悪くはないのだが武器らしい武器がないことで、ここでの取捨選択を迷わされたイッシンドウタイ。もう少しどうにかならないものかと思っているのだが、全体が緩い感じがする調教VTR。それが殊更迷わせる。また、グランドシチーだが、この番組では良績を挙げながらもまだ参戦して来ている。この馬もまた次に繋げるための試走なのだろう。どこまで校長が戻ってきているのか確かめたいことは確かだ。

●捨てちゃえ馬
やはり、前述の二頭、イッシンドウタイグランドシチーはここでの勝ち負けはないと判断をした。が、転校次第ではと思わせるところも残っていることは確かだ。が、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
5 ロワジャルダン 牡5 56 浜中 俊
6 アスカノロマン 牡5 56 太宰 啓介
10 モンドクラッセ 牡5 56 田辺 裕信
△1 7 インカンテーション 牡6 56 内田 博幸
△2 8 ローマンレジェンド 牡8 57 岩田 康誠
捨馬 2 イッシンドウタイ 牡7 56 丸山 元気
捨馬 9 グランドシチー 牡9 56 津村 明秀


●結果
【配当】
単勝 6 670円
複勝 6 170円
10 150円
5 130円
枠連 5-7 390円
馬連 6-10 1,290円
ワイド 5-6 360円
5-10 310円
6-10 430円
馬単 6-10 3,010円
3連複 5-6-10 1,120円
3連単 6-10-5 8,200円

【着順】 【時計】
1 6 アスカノロマン 1.51.9 36.7
2 10 モンドクラッセ 1.52.2 37.1
3 5 ロワジャルダン 1.52.8 37.2
4 4 ダブルスター 1.53.2 37.8
5 9 グランドシチー 1.53.4 37.4
6 8 ローマンレジェンド 1.53.5 37.7
7 2 イッシンドウタイ 1.53.5 37.6
8 12 ストロングサウザー 1.53.6 38.3
9 11 ナリタポセイドン 1.53.9 37.1
10 3 スターバリオン 1.53.9 37.7
11 7 インカンテーション 1.54.1 38.6
12 1 ライドオンウインド 1.56.1 40.3
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第63回日経新春杯:1月17日(日) 京都競馬場
15時45分発走

距離適正が鍵を握る
侮れないハンデ戦


上位人気陣が比較的活躍
一番人気[1-3-2-4]で複勝率60%、二番人気[4-1-0-5]で50%、三番人気[1-3-0-6]で40%。ちょっと頼りない上位人気ではあるが、決して悪いという状態ではない。ただ、二桁人気が5/30頭という結果。ハンデ戦のマイルハーフであるために、意外なところから勝ち負けになることがある。恵量馬なのか、軽量馬なのか、その判断が難しい。が、自斤量との比較3キロまでというところだ。極端な恵量ハンデは牝馬の活躍。偶に牡馬が絡んでくることもあるが、それでもそれなりの実績が無いことには勝ち負けまでにはならない。逆に57キロ以上の斤量で参戦した馬も好走することが難しくなっている。その意味では条件戦を勝ったばかりの馬が好走することもある。このように好走条件をいくつか絞り出すことで、そこに絡む馬の好走が期待できるようになる。その点を踏まえてこの番組の予想を組み立てたい。

出馬表
馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 レーヴミストラル 牡4 56 川田 将雅
2 2 コスモロビン 牡8 54 国分 優作
3 3 アドマイヤフライト 牡7 56 岩田 康誠
4 4 シャドウダンサー 牡5 54 藤岡 康太
5 5 ダービーフィズ 牡6 57 浜中 俊
5 6 プロモントーリオ 牡6 55 Mデムーロ
6 7 シュヴァルグラン 牡4 54 ルメール
6 8 ダコール 牡8 58 小牧 太
7 9 ベルーフ 牡4 56 マクドノー
7 10 サトノノブレス 牡6 58 武 豊
8 11 メイショウウズシオ 牡9 52 秋山 真一郎
8 12 メイショウカンパク 牡9 53 古川 吉洋

●主線はこの二頭の勝ち負け
勢いづいているなあと思ったら六歳馬。土を付けて転がり込んできたが、プロモントーリオを主軸に据えた。悪くはない。力強さもある。ここいらが正念場というところなのかもしれないが、きちんと走ることができれば勝ち負けになると判断をした。今回は少頭数だから、それほど問題はないだろう。対抗には隣のシュヴァルグランを推す。この四戦は見事な走りが続いて、ここまで一気に上り詰めてきた。鍵は切れる脚である。上がり時計にパンチがない。これでも巧く走ることができれば勝ち負けになるはずだと考えた。この両頭に期待を寄せたい。
●番手にはこの三頭を挙げる
58キロでどこまで対応できるかというところもあるが、サトノノブレスを▲単穴とした。馬自体に何の問題もないのだが、58キロという斤量が難しいのである。この斤量でどこまで走れるのか。また、最内に入ったレーヴミストラルを推す。金鯱賞では最後だけの競馬となってしまったが、結果として届かずで終わって、しかも8着。展開が読み切れなかったのか、挟まれたがための結果か。それを払拭するべく、鞍上、陣営も考えていることだろう。期待を寄せる。そして、ベルーフを挙げる。ストレスが相当貯まっていたのか、除外となってこの番組に臨んできた。多くはここでもその可能性を見せることとなるが、前走の調整をここで成すということになるだろうと考えた。侮れない三頭として考える。
●取捨選択を迷った一頭
アドマイヤフライトだが、思った以上に伸び脚を欠いて、四ヶ月半も立ってしまった。どこまで走れるのか難しいところではあるが、決して勝ち負けにならないような馬ではない。何が足りないのか分からないが、調教VTR自体では何ら問題がない。幸いにも少頭数での番組。それが活かせれば好走も期待できるか。

●捨てちゃえ馬
決して相手は待ってくれない。それどころか抜かさなければ勝てない。それがいまのアドマイヤフライトにはできないのではないかという結論になった。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
6 プロモントーリオ 牡6 55 Mデムーロ
7 シュヴァルグラン 牡4 54 ルメール
10 サトノノブレス 牡6 58 武 豊
△1 1 レーヴミストラル 牡4 56 川田 将雅
△2 9 ベルーフ 牡4 56 マクドノー
捨馬 3 アドマイヤフライト 牡7 56 岩田 康誠


●結果
【配当】
単勝 1 470円
複勝 1 150円
7 110円
10 210円
枠連 1-6 520円
馬連 1-7 510円
ワイド 1-7 230円
1-10 640円
7-10 410円
馬単 1-7 1,260円
3連複 1-7-10 1,400円
3連単 1-7-10 6,550円

【着順】 【時計】
1 1 レーヴミストラル 2.25.9 33.1
2 7 シュヴァルグラン 2.26.2 34.0
3 10 サトノノブレス 2.26.2 34.3
4 8 ダコール 2.26.3 34.6
5 9 ベルーフ 2.26.3 34.0
6 6 プロモントーリオ 2.26.4 34.2
7 12 メイショウカンパク 2.26.6 34.1
8 3 アドマイヤフライト 2.26.7 34.2
9 11 メイショウウズシオ 2.26.7 35.9
10 2 コスモロビン 2.26.7 34.0
11 4 シャドウダンサー 2.26.7 34.6
12 5 ダービーフィズ 2.26.8 34.7
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。