競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第60回京阪杯:11月29日(日) 京都競馬場
16時15分発走

来年を見据えたスプリント番組
力を出し切れるかが鍵


馬場状態を考えた上で決め込む
この時期は思った以上に馬場状態が悪くなる。単に荒れているだけではない。降雨、曇天と馬場が緩む可能性が極めて高い。そのために思ったような走りができないということは間違いない。しかも、短距離戦で紛れも多い。普通に走っても紛れが多くなる可能性が高いにも関わらず、難しさに拍車が掛かる。スプリンターズS→スワンS→マイルCSという短距離戦線の番組がある。その中で戦って来た馬の中でどこまで走ることができるかというところが鍵。力強い疾苦ができるのであれば可能性は広がるが、思ったような走りがしづらい状況。ここではスワンSとの関連性が一段と高くなる。力を余して、不甲斐なくもという言い訳が付いた走りしかできなかった馬が好走を果たすこともある。同様に、1600万条件戦を勝ち負けになった馬が擡頭することもある。課題は紛れ、距離適正、近走での上がり時計。これらの点を踏まえて予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ベルカント 牝4 55 武 豊
2 2 サトノルパン 牡4 56 和田 竜二
2 3 ワキノブレイブ 牡5 56 松若 風馬
3 4 ビッグアーサー 牡4 56 藤岡 康太
3 5 レンイングランド 牡3 55 菱田 裕二
4 6 エイシンブルズアイ 牡4 56 ボウマン
4 7 アミカブルナンバー 牝6 54 勝浦 正樹
5 8 スマートギア 牡10 57 太宰 啓介
5 9 アースソニック 牡6 56 アッゼニ
6 10 ウイングザムーン 牝6 54 秋山 真一郎
6 11 メイショウツガル 牡7 56 酒井 学
7 12 コパノリチャード 牡5 58 古川 吉洋
7 13 ベルルミエール 牝4 54 川島 信二
8 14 サドンストーム 牡6 56 国分 優作
8 15 フミノムーン 牡3 55 幸 英明

●主線はこの二頭の勝ち負け
水を得た魚よろしく、短距離であればいまのこの馬に任せろと言わんばかりの勢いで参戦して来たビッグアーサー。馬主であれば笑いが止まらないと言う状態だろう。問題なく勝ち負けになる一頭として挙げる。対抗には最内枠に入ったベルカントを推す。迷ったのだが、スプリンターズSは展開が悪かった。同じ轍を踏まないと判断をした。比較的多頭数ではあるが、どうにかなるはずだ。
●番手にはこの三頭を挙げる
休み明けでもその強さが健在であると証明したエイシンブルズアイ。条件戦を勝ったばかりでの参戦だが、短距離戦はそのようなことは関係ない。勢いがなければ勝ち負けになることができない。そう考えると▲単穴までなら行けるだろうと推す。また、内枠に入ったことで展開に難しさが出てきたサトノルパンを挙げる。悪き華井のだが、生来の不器用さが出てしまう馬だ。それがなければもっと上のクラスにいただろうと思う。が、それができない。ここに来て突然できるとも限らないが、鞍上に期待をしたい。そして、ジリ脚ながら、終いの競馬が上手になったと思えるアースソニックを挙げる。少々無理な展開であっても、自分をそのペースに合わせていくことができるようになった。競馬が上手になったと言っても良い。その走りが今回も発揮されれば良いのだが、果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
悪くはないのだが良くはない。しかし、切れる脚があるために魅力を感じさせるウイングザムーン。良血馬なのだが、どこで花開くのかと思っていたら、もう六歳である。そろそろ繁殖に上がらせるかと陣営も考えているかもしれない。いまひとつの爆発力が欲しいところ。いや、切れる脚があるのだから展開か。難しい一頭である。

●捨てちゃえ馬
武器らしい武器がないことで、ここではウイングザムーンが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
4 ビッグアーサー 牡4 56 藤岡 康太
1 ベルカント 牝4 55 武 豊
6 エイシンブルズアイ 牡4 56 ボウマン
△1 2 サトノルパン 牡4 56 和田 竜二
△2 9 アースソニック 牡6 56 アッゼニ
捨馬 10 ウイングザムーン 牝6 54 秋山 真一郎


●結果
【配当】
単勝 2 1,560円
複勝 2 270円
4 110円
9 290円
枠連 2-3 970円
馬連 2-4 990円
ワイド 2-4 440円
2-9 2,300円
4-9 460円
馬単 2-4 3,860円
3連複 2-4-9 3,710円
3連単 2-4-9 33,650円

【着順】 【時計】
1 2 サトノルパン 1.07.4 33.1
2 4 ビッグアーサー 1.07.4 32.8
3 9 アースソニック 1.08.0 33.2
4 1 ベルカント 1.08.1 34.1
5 6 エイシンブルズアイ 1.08.1 33.8
6 3 ワキノブレイブ 1.08.3 34.2
7 7 アミカブルナンバー 1.08.3 33.5
8 10 ウイングザムーン 1.08.4 33.8
9 13 ベルルミエール 1.08.5 33.2
10 14 サドンストーム 1.08.7 33.3
11 15 フミノムーン 1.08.7 34.4
12 11 メイショウツガル 1.08.7 33.6
13 5 レンイングランド 1.08.9 34.3
14 12 コパノリチャード 1.09.4 35.2
15 8 スマートギア 1.09.7 34.6
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第35回ジャパンカップ:11月29日(日) 東京競馬場
15時40分発走

地の利を生かした日本馬が強い
最強馬を目指して勝ち星を紡ぐ


天皇賞・秋が前哨戦となる
日本馬の戦績が[9-10-9-97]で複勝率22.4%、外国馬が[1-0-1-41]で複勝率4.7%と、如何に地の利がある馬が有利であるかがお判りいただけると思う。用心しなければならない外国馬はサンクルー大賞、BCフィリー&メアターフ、BCターフで好走を果たした馬。そうでなければあまり期待をする必要はない。日本馬は最もタフな番組である天皇賞・秋で好走を果たした馬ということになり、今年であればラブリーデイ、ステファノス、イスラボニータ。ただ、馬齢的には四歳馬が圧倒的に有利で[5-4-2-19]で複勝率が36.7%、三歳馬は[2-3-2-18]で28.0%、五歳馬は[2-2-3-31]で同18.4%。使い減りしていなければ五歳馬でも対応ができるだろうが、疲弊度が高いとその限りではない。実際に昨年は五歳馬が勝てなかったが、2~4着までに入り、1着が四歳馬、5着に三歳馬という結果。一昨年は三歳牝馬のデニムアンドルビーが2着となり、牝馬のワンツー、十一番人気の七歳馬トーセンジョーダンが3着入線して波乱となった。意外な結果を取り上げると驚く結果となるのは当たり前で、順当に駒を進めればという話で考えれば、この番組までは力強く疾駆できる状態を保てなければならない。それらを含めて予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ラブリーデイ 牡5 57 川田 将雅
1 2 トリップトゥパリス せん4 57 ベリー
2 3 ワンアンドオンリー 牡4 57 内田 博幸
2 4 ジャングルクルーズ せん6 57 北村 宏司
3 5 ペルーサ 牡8 57 ルメール
3 6 ラストインパクト 牡5 57 ムーア
4 7 ショウナンバッハ 牡4 57 戸崎 圭太
4 8 イラプト 牡3 55 パスキエ
5 9 ダービーフィズ 牡5 57 田辺 裕信
5 10 サウンズオブアース 牡4 57 Mデムーロ
6 11 ミッキークイーン 牝3 53 浜中 俊
6 12 ゴールドシップ 牡6 57 横山 典弘
7 13 ヒットザターゲット 牡7 57 小牧 太
7 14 イトウ 牡4 57 ミナリク
7 15 ショウナンパンドラ 牝4 55 池添 謙一
8 16 カレンミロティック せん7 57 蛯名 正義
8 17 アドマイヤデウス 牡4 57 岩田 康誠
8 18 ナイトフラワー 牝3 53 シュタルケ

●主線はこの二頭の勝ち負け
やはり、天皇賞・秋を勝って、この番組に駒を進めてきたことは偉業である。正当に評価するべきだろう。しかし、どうしても腑に落ちない何かがある。その何かがなんであるのかが判らない。ワイド連対までに入ってくるだろうということで、ラブリーデイを主軸に据えた。対抗にはゴールドシップを挙げる。これまで挨拶もロクにできなかった輩が、きちんと成長して挨拶ができるようになった、ぐらいな感じの馬だ。それだけの強さはあるが、それが気分ひとつで様変わり。どこまでアテにして良いのか分からないために対抗とした。
●番手にはこの三頭を挙げる
三歳牝馬は恵量で出走できる。が、2400mは既にオークスで経験済み。三歳牝馬同士だから勝てた。が、恵量を活かすことができればワイド連対ぐらいには入ってくる可能性がある。その点を考えてミッキークイーンを▲単穴とした。また、追われて伸びる脚を活かすことができればと、調教VTRでは良く見えたヒットザターゲットを挙げる。難しい馬齢になって来たが、最後だけの競馬をきちんと見せてくれれば良い。中間は馬群の中で押さえていれば力を貯められる。綺麗なまでの終いの競馬を見せて欲しい。そして、ショウナンパンドラを挙げる。惜しくも4着となった天皇賞・秋だったが、この番組でもワイド連対までならどうにかなるのではないかと思わせる。それを考えて△連下に推す。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った一頭
最初から外国馬は要らないと判断をしている。一時、イトウに食指が動いたが、やはり、このレベルでは無理だと判断をした。そのことは記しておく。迷っているのはショウナンバッハだ。勝ってこの番組に駒を進めてきた。ラビット訳として参戦して来たかと考えた。が、馬柱を見て思ったのだが、きちんとした走りができる馬である。侮れない存在ではないか。ラビットが狼になる可能性があると思えた。

●捨てちゃえ馬
成長過程には色々あるもので、ショウナンバッハもその一過性のものに近いと考え直した。ここで見誤ったということであれば、それはそれ、所詮は素人であるから仕方がない。が、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
1 ラブリーデイ 牡5 57 川田 将雅
12 ゴールドシップ 牡6 57 横山 典弘
11 ミッキークイーン 牝3 53 浜中 俊
△1 13 ヒットザターゲット 牡7 57 小牧 太
△2 15 ショウナンパンドラ 牝4 55 池添 謙一
捨馬 7 ショウナンバッハ 牡4 57 戸崎 圭太


●結果
【配当】
単勝 15 920円
複勝 15 220円
6 380円
1 130円
枠連 3-7 6,230円
馬連 6-15 10,160円
ワイド 1-6 890円
1-15 410円
6-15 1,960円
馬単 15-6 18,510円
3連複 1-6-15 6,350円
3連単 15-6-1 53,920円

【着順】 【時計】
1 15 ショウナンパンドラ 2.24.7 33.9
2 6 ラストインパクト 2.24.7 33.9
3 1 ラブリーデイ 2.24.8 34.3
4 4 ジャングルクルーズ 2.25.0 33.9
5 10 サウンズオブアース 2.25.0 34.4
6 8 イラプト 2.25.0 34.5
7 3 ワンアンドオンリー 2.25.0 34.6
8 11 ミッキークイーン 2.25.0 34.2
9 9 ダービーフィズ 2.25.1 34.4
10 12 ゴールドシップ 2.25.1 34.5
11 18 ナイトフラワー 2.25.2 34.2
12 7 ショウナンバッハ 2.25.2 33.7
13 13 ヒットザターゲット 2.25.3 34.0
14 2 トリップトゥパリス 2.25.3 34.4
15 16 カレンミロティック 2.25.3 35.9
16 17 アドマイヤデウス 2.25.9 35.9
17 5 ペルーサ 2.26.1 35.5
18 14 イトウ 2.29.1 38.7
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第2回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス:11月28日(土) 京都競馬場
15時45分発走

スピードよりもタフさ
一番人気が意外に強い


二歳馬の2000m戦を考える
1800m戦であってもタフさを求められるにも関わらず、更に1ファロンの距離延長となって2000m戦である。そのため、長い距離をきちんと走ることはもちろんなのだが、それだけの根拠が無ければならない。基本的には淡々とした流れになる。時計も2分程度。その上で上がり時計の勝負になるために、前々で競馬を展開した馬が有利になる。が、まだ二歳馬である。力尽きることが極めて多い。逆に考えれば、自分のペースで如何に走れるかということになる。結果、それが勝ち負けに繋がるものとなればという展開。一番人気が[5-2-2-1]、二番人気が[1-2-1-6]、三番人気が[0-0-2-7]という結果。つまりは、誰もが思うところが人気を博し、その期待に応えているというところ。強い先行馬がいたら、穴目になる可能性はある。その点も踏まえて予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 リスペクトアース 牡2 55 戸崎 圭太
2 2 ケルフロイデ 牡2 55 Mデムーロ
3 3 アドマイヤエイカン 牡2 55 岩田 康誠
4 4 ドレッドノータス 牡2 55 武 豊
5 5 ウインクルサルーテ 牝2 54 秋山 真一郎
5 6 キャノンストーム 牡2 55 川田 将雅
6 7 ダンツプリウス 牡2 55 和田 竜二
6 8 ウインテンダネス 牡2 55 加藤 祥太
7 9 オンザロックス 牡2 55 アッゼニ
7 10 ジョルジュサンク 牡2 55 幸 英明
8 11 ロライマ 牡2 55 ルメール
8 12 コパノミライ 牝2 54 北村 友一

●主線はこの二頭の勝ち負け
三ヶ月の休み明けでの参戦となったアドマイヤエイカンを主軸に据えた。所詮は逃げ切りがちで、二走目がその自在性を発揮しての勝ち星。どちらも展開に左右されない強さをしっかりと見せてくれた。大いに期待できる二歳牡馬ではないかと判断をした。逆に言えば、この時点ではアタマ差ひとつ抜け出ている。潜在能力の高さなのか、調教なのか、その背景に強さが潜んでいる。対抗には隣のケルフロイデを推す。新潟コースでも、福島コースでも、道悪などは関係なく、きちんと走っての勝ち星。どちらかと言えば秀才肌というところか。悪くはない。好勝負を見せてくれるのではないかと期待する。
●番手にはこの三頭を挙げる
夏前にデビューして、やっとここまで来た感じがあるダンツプリウスだが、嵌まればしっかりとした脚を見せてくれるだけに、どこまで期待をして良いのかというところが疑問。ワイド連対ならばと▲単穴に推す。また、外枠のロライマを推す。僅か一戦でその頭角を見せたように、まだ荒削りのところが大半だが、鞍上が巧く捌いてくれるのではないかと期待をする。不器用な馬だとどこまで走れるか課題が残る。そして、最内枠に入ったリスペクトアースを挙げる。この馬もまた僅か一走でこの番組に参戦してきた。切れる脚もある、2000m戦も経験済み。その走りの良さに期待をしたい。
●取捨選択を迷った一頭
休み明けで8着。二走目でどうなるのか。小柄な馬格であるために思ったような走りができないのではないかと思えているウインクルサルーテ。どこまで走れるのか分からないが、妙に気になっている馬だ。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
やはり、馬格がないと壁を出ていくことができない。かと言って、先手を取りに行くような走りでも無い。完成度の観点からもどうか。前述のように、ここではウインクルサルーテが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
3 アドマイヤエイカン 牡2 55 岩田 康誠
2 ケルフロイデ 牡2 55 Mデムーロ
7 ダンツプリウス 牡2 55 和田 竜二
△1 11 ロライマ 牡2 55 ルメール
△2 1 リスペクトアース 牡2 55 戸崎 圭太
捨馬 5 ウインクルサルーテ 牝2 54 秋山 真一郎


●結果
【配当】
単勝 4 600円
複勝 4 210円
1 240円
3 140円
枠連 1-4 2,660円
馬連 1-4 2,330円
ワイド 1-3 470円
1-4 860円
3-4 400円
馬単 4-1 4,220円
3連複 1-3-4 2,000円
3連単 4-1-3 14,300円

【着順】 【時計】
1 4 ドレッドノータス 2.01.3 34.0
2 1 リスペクトアース 2.01.3 34.2
3 3 アドマイヤエイカン 2.01.5 33.9
4 10 ジョルジュサンク 2.01.5 33.7
5 2 ケルフロイデ 2.01.6 34.1
6 11 ロライマ 2.01.7 33.7
7 5 ウインクルサルーテ 2.01.7 33.9
8 6 キャノンストーム 2.01.8 34.2
9 7 ダンツプリウス 2.02.0 34.6
10 9 オンザロックス 2.02.1 34.4
11 8 ウインテンダネス 2.02.8 35.2
12 12 コパノミライ 2.03.4 35.4
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第20回東スポ杯2歳ステークス:11月23日(月祝) 東京競馬場
15時25分

基本は長く良い脚が使えること
距離適正はやはり問われるか


素養が肝心。新馬戦勝ちでも問題ない
二歳馬の1800m戦は相当に力が必要となる。実績があれば良いが、それだけでは頼りない。東京コースを走っていることが付け加わればなお好条件となる。競走実績はどうしても少なくなるが、少ないながらも多頭数で走ったことがある馬とそうでない馬とでは差が付いてしまう。馬が小心者であることの証明だ。基本は距離適正があった方が良い。しかし、それは実績でしか判断する材料がない。その点をきちんと考えておきたい。そして、長く良い脚が使えることが必要となる。キャリアではなく、実績。それがない馬は血統でしか分からないだろう。それらを含めて予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 マイネルラフレシア 牡2 55 柴田 大知
2 2 アグレアーブル 牝2 54 岩田 康誠
3 3 ハレルヤボーイ 牡2 55 横山 典弘
4 4 ロスカボス 牡2 55 デムーロ
5 5 ダイワリアクション 牡2 55 北村 宏司
6 6 キラージョー 牡2 55 藤岡 康太
6 7 カミノライデン 牡2 55 柴山 雄一
7 8 レインボーライン 牡2 55 蛯名 正義
7 9 プロディガルサン 牡2 55 戸崎 圭太
8 10 スマートオーディン 牡2 55 武 豊
8 11 タイセイサミット 牡2 55 ムーア

●主線はこの二頭の勝ち負け
園庭で走る子供と同じ二歳戦。その中でもきちんと調教ができているのではないかと思えるスマートオーディンを主軸に据えた。素質の違いを感じさせる上がり時計がそうさせた。切れる脚が無ければ東京コースで勝ち負けになりづらい。その時計も二歳馬では上々の時計だ。共に同じ距離を走って、平均33.4秒。外目に位置取ったことも好材料だ。ただ、降雨となった時にはどうかということが課題になる。対抗には最内枠に入ったマイネルラフレシアを推す。二戦二勝と戦績は上々。新馬戦で見せた32.7秒の上がり時計がモノをいう。ただ、馬格が無い。これがどうか。ワイド連対までには入ってくると考えている。
●番手にはこの三頭を挙げる
混戦模様であるからどの馬が来てもおかしくない。▲単穴には大外枠のタイセイサミットを推す。連対率100%でここまで来たが、いまひとつ時計が平凡。そのために調教がいまひとつなのではないかと思っていること、しかも、馬格が大きなためにまだ四肢を持て余している感がある。それを考えるとここまでか。また、難しさが出ているプロディガルサンを推す。悪くはないのだが、無理が利かないところがある。良血馬だけにきちんと育てていきたいという陣営の思いが伝わってくる。それも含めてこの馬の走りに期待したい。そして、キラージョーを挙げる。稍重ぐらいになればこの馬の本領が発揮されるところだろう。ただ、持ち時計が平凡だが、既に稍重での実績がある。これが鍵だ。どこまで走ることができるか判らないが、その点を考えて推す。
●取捨選択を迷った一頭
天才肌のようでもあるのだが、僅か一戦でその判断がしづらいアグレアーブル。悪くはないのだが、武器らしい武器があるとも判断することができない。その難しさでこの位置となってしまったが、力はあるのではないかと思う。一戦だけの判断では不安だというところだけだ。また、切れる脚はあるのだが、その地力に疑問を持たせてしまった前走だったレインボーライン。悪くはない。勝ち倦ねている理由は調教進捗だけ。力がない訳ではないだけに難しさが拡大されている。どこまで渡り合えるか。

●捨てちゃえ馬
難しいところがあるし、武器らしい武器が無いとなると難しさだけがクローズアップされる。この先は分からないまでも、前述のアグレアーブルレインボーラインがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
10 スマートオーディン 牡2 55 武 豊
1 マイネルラフレシア 牡2 55 柴田 大知
11 タイセイサミット 牡2 55 ムーア
△1 9 プロディガルサン 牡2 55 戸崎 圭太
△2 6 キラージョー 牡2 55 藤岡 康太
捨馬 2 アグレアーブル 牝2 54 岩田 康誠
捨馬 8 レインボーライン 牡2 55 蛯名 正義


●結果
【配当】
単勝 10 700円
複勝 10 190円
9 150円
1 240円
枠連 7-8 700円
馬連 9-10 1,370円
ワイド 1-9 630円
1-10 1,030円
9-10 500円
馬単 10-9 3,220円
3連複 1-9-10 3,590円
3連単 10-9-1 20,880円

【着順】 【時計】
1 10 スマートオーディン 1.49.5 32.9
2 9 プロディガルサン 1.49.7 33.4
3 1 マイネルラフレシア 1.49.7 33.8
4 6 キラージョー 1.49.8 34.0
5 3 ハレルヤボーイ 1.49.9 33.4
6 11 タイセイサミット 1.49.9 33.5
7 2 アグレアーブル 1.50.1 34.0
8 4 ロスカボス 1.50.1 34.1
9 8 レインボーライン 1.50.1 33.7
10 5 ダイワリアクション 1.51.2 35.1
11 7 カミノライデン 1.51.4 34.8
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第32回マイルチャンピオンシップ:11月22日(日) 京都競馬場
15時40分発走

マイラーとしての地力を活かせるかが鍵
天皇賞・秋の出走馬が断然強い


基本は四歳、五歳馬が強さを発揮
一番人気は[3-3-1-2]、二番人気が[1-0-2-7]、三番人気が[1-3-0-6]という結果。前走が天皇賞・秋であった馬が確かに強いことは強い。同じG1番組でも番組の格が違うこともあり、これは致し方ないこと。ただ、六番人気以降であっても[1-2-3-110]という結果。決して荒れない、フロックがないという訳ではない。その中には外国馬が[0-0-2-6]でアウェイであることも手伝って、力を発揮するには至っていない。が、必ずしも弱い訳ではない。微妙な位置付けであることは覚えておきたい。馬齢別は三歳馬が[0-0-2-30]で複勝率6.25%、四歳馬が[3-6-3-22]で同35.3%、五歳馬が[4-3-3-36]が同21.7%、六歳馬[1-0-1-30]で同6.25%、七歳以上が[1-0-0-16]で同5.88%という結果。力を発揮できる馬は、やはり、四歳馬、五歳馬のようで、恵量を活かせるだろう三歳馬に至っても、歴代ではサッカーボーイ、タイキシャトル、アグネスデジタルの三頭。やはり、絶対的なスピードを問われる番組では三歳の活躍は希薄なのかもしれない。それらの観点を含めて予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名
1 1 ヴァンセンヌ 牡6 57 川田 将雅
1 2 ケイアイエレガント 牝6 55 吉田 豊
2 3 レッツゴードンキ 牝3 54 戸崎 圭太
2 4 ダイワマッジョーレ 牡6 57 武 豊
3 5 イスラボニータ 牡4 57 蛯名 正義
3 6 アルマワイオリ 牡3 56 勝浦 正樹
4 7 アルビアーノ 牝3 54 柴山 雄一
4 8 サトノアラジン 牡4 57 ルメール
5 9 レッドアリオン 牡5 57 川須 栄彦
5 10 フィエロ 牡6 57 デムーロ
6 11 カレンブラックヒル 牡6 57 秋山 真一郎
6 12 レッドリヴェール 牝4 55 アッゼニ
7 13 リアルインパクト 牡7 57 ボウマン
7 14 トーセンスターダム 牡4 57 武 幸四郎
7 15 ダノンシャーク 牡7 57 岩田 康誠
8 16 モーリス 牡4 57 ムーア
8 17 ロゴタイプ 牡5 57 浜中 俊
8 18 クラリティスカイ 牡3 56 横山 典弘

●主線はこの二頭の勝ち負け
京都コースのスワンS、東京コースの富士Sが前哨戦と覚しき番組。内容は異なるが追われて伸びることができたのかというところを考えて、富士Sから上がってきたサトノアラジンを主軸に据えた。マイル戦の上がり時計としてはもう少し切れ味が欲しかったが、馬場状態を考えれば33.0秒は上々。そこにマイル戦の勘所を備えさせてこの番組に臨んできたと考えるべきだろう。本来の素質の良さがここで発揮されればと考える。対抗にはスワンSで勝ち負けになったフィエロを挙げる。しっかりした馬格がマイル戦になっても問題ないだろうことを支え、一気に伸びることができれば勝ち負けになる。ただ、上がり時計がいまひとつだ。その点を考えたために対抗までとなった。
●番手にはこの三頭を挙げる
マイル戦は兎に角紛れが多い。展開ひとつで取り返しが付かないことにも、棚ぼたになることもある。そんなことを考えながら、▲単穴に挙げる馬はイスラボニータだ。天皇賞・秋というタフな番組を3着となってこの番組に臨んできた。その番組でも見せたように、相手に合わせてしまうところがある。気の弱さが出ているのではないかと思う。十分に勝ち負けを脅かす能力はあるがそれが発揮できるかはこの課題がある。また、休み明けでなければ好走を期待できるだろうモーリスだが、安田記念以来の出走となってしまったがため△連下となった。どこまで走れるのか。安田記念の走りはフロックではないと思うが、ラスト1ファロンが勝負所。どこまで伸びることができるか。そして、ロゴタイプを挙げる。切り捨てるかとも思ったのだが、この馬がワイド連対までなら食い込んでくるだけの力はある。道悪でも対応できる力がある。それらを考えると侮れない一頭であることは確かだ。
●取捨選択を迷った一頭
スワンSで勝ち星を挙げてこの番組に駒を進めてきたアルビアーノだが、同番組では52キロで出走、今回は54キロと2キロ増。しかも、1ファロンの距離延長。となると、互角に渡り合うことができるかということが疑問となる。三歳牝馬としての能力の高さはあるものの、この番組ではどうか。また、カシオペアSで抜群の走りを見せたトーセンスターダムだが、いまひとつ伸び脚が足りない。距離短縮となることは好材料ではあるが、マイル戦は今回が初めて。その流れに乗ることができるかとなると難しさが出てくるのではないかと思える。諸賢の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
この番組はマイル戦の頂点となる番組だ。それだけの強さが無ければ勝ち負けは無理。好走することも儘ならない。そこで渡り合うことが三歳牝馬にはキツい。武器らしい武器がない馬にもツラい。それを考えて、ここではアルビアーノトーセンスターダムが要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
8 サトノアラジン 牡4 57 ルメール
10 フィエロ 牡6 57 デムーロ
5 イスラボニータ 牡4 57 蛯名 正義
△1 16 モーリス 牡4 57 ムーア
△2 17 ロゴタイプ 牡5 57 浜中 俊
捨馬 7 アルビアーノ 牝3 54 柴山 雄一
捨馬 14 トーセンスターダム 牡4 57 武 幸四郎


●結果
【配当】
単勝 16 570円
複勝 16 210円
10 150円
5 130円
枠連 5-8 1,270円
馬連 10-16 1,780円
ワイド 5-10 300円
5-16 590円
10-16 690円
馬単 16-10 3,400円
3連複 5-10-16 2,000円
3連単 16-10-5 12,000円

【着順】 【時計】
1 16 モーリス 1.32.8 33.1
2 10 フィエロ 1.33.0 33.3
3 5 イスラボニータ 1.33.0 33.0
4 8 サトノアラジン 1.33.0 33.2
5 7 アルビアーノ 1.33.1 33.7
6 3 レッツゴードンキ 1.33.3 34.3
7 14 トーセンスターダム 1.33.3 34.1
8 13 リアルインパクト 1.33.3 33.2
9 17 ロゴタイプ 1.33.4 34.0
10 15 ダノンシャーク 1.33.5 33.1
11 6 アルマワイオリ 1.33.5 33.3
12 18 クラリティスカイ 1.33.6 34.5
13 11 カレンブラックヒル 1.33.7 33.8
14 1 ヴァンセンヌ 1.33.8 33.3
15 12 レッドリヴェール 1.33.9 33.9
16 2 ケイアイエレガント 1.33.9 34.5
17 4 ダイワマッジョーレ 1.34.0 34.4
18 9 レッドアリオン 1.34.2 33.6
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。