競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:

第62回ラジオNIKKEI賞:6月30日(日) 福島競馬場
発走15:45

三歳限定のハンデ戦は斤量重視
55キロ以上の斤量馬はアテにできない


実績よりも走りを重視
昔は「残念ダービー」と言われた番組。しかし、06年からハンデ戦となった番組で、データ自体は7年間のみを対象とする。対象馬は21頭となる。トップハンデが連に絡んだのは06年のトウショウシロッコだけ。あとは辛うじてワイド連対に絡むぐらいで、その実力と斤量、馬齢の関係が如実に出る。即ち、斤量の重い馬はきちんとした実力がないことには勝ち負けになりにくいということだ。一番人気は[0124]、二番人気は[3211]、三番人気は[1105]、総じて上位人気が不振である。昨年も二桁人気が3着に入り、荒れた。しかし、一昨年は上位人気陣が3頭で結果を出したために堅い配当となった。ここで言えるのは、1800m戦という距離実績をどう考えるかというところだろう。その上で斤量をどう考えるかということで、この番組の予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 サンブルエミューズ 牝3 54 蛯名 正義  
1 2 ブリリアントアスク 牝3 50 武士沢 友治  
2 3 アドマイヤドバイ 牡3 54 池添 謙一 捨馬
2 4 カシノピカチュウ 牡3 55 西田 雄一郎  
3 5 カフェリュウジン 牡3 53 柴田 善臣  
3 6 ナンシーシャイン 牝3 54 大野 拓弥  
4 7 フラムドグロワール 牡3 56 田辺 裕信
4 8 ダイワストリーム 牝3 51 嶋田 純次
5 9 シャイニープリンス 牡3 56 和田 竜二  
5 10 ダイワブレイディ 牡3 53 柴田 大知  
6 11 ケイアイチョウサン 牡3 54 横山 典弘  
6 12 ミエノワンダー 牡3 55 田中 勝春 △2
7 13 ガイヤースヴェルト 牡3 56 内田 博幸 △1
7 14 ダービーフィズ 牡3 54 吉田 豊  
8 15 インプロヴァイズ 牡3 54 戸崎 圭太
8 16 シンネン 牡3 54 松岡 正海  

●主線はこの二頭の勝ち負け
トップハンデが56キロ、最軽量が51キロ。僅かに5キロの差ではあるが、この5キロの差が大きく影響しそうな気がする番組だ。その点も手伝って、主軸に据えた馬はインプロヴァイスだ。1800m戦でどこまで対応できるかは未知数に近いものがある。が、この馬は勢いがある。もしかしたら、夏馬なのかも知れない。それが手伝って主軸となった。対抗には51キロの恵量で出走できることになったダイワストリームを挙げる。比較的しっかりとした馬格を持ちながら、この斤量で出走でき、勝ち負けに絡めない馬だとしたら、出直すしかないだろう。そのぐらい好走をしても良いと言えるだろう。
●番手にはこの三頭を挙げる
春の重賞戦線を好走しながらも、結果に繋げることができなかったフロムドグロワール。何が難しくしているのか。距離なのか、斤量なのか。本来なら、この番組で勝ち負けになっても良いだろう馬だが、結果を伴わない。走れないということなのか。走らない馬なのか。見極めが難しいが、ここでは▲単穴までだが推す。また、やや間隔が開いたものの、きちんと走ることができるようになったガイヤースヴェルトを推す。ここまで僅か4戦。少ないぐらいのキャリアだ。そろそろ他馬と肩を並べて走るようになっても良いだろう馬だ。切れる脚を見せていないが、前々の競馬ができる強さがここでは活きる。それを自分のペースで走ることができれば結果に繋げることができるはずだ。そして、ミエノワンダーを挙げる。やはり、間隔が開いた分、好走に繋げることは簡単ではないだろうかも知れないが、逆に疲れが取れたのではないかと思える調教VTRだった。その走りを活かすことができれば、ここでの好結果も期待できるのではないかと思える。
●取捨選択を迷った二頭
勝ってこの番組に駒を進めてきたアドマイヤドバイだが、以前に比べて前肢の力が付いてきたのではないかと思える。どうしてもアンバランスな走りが気になっていた一頭であったのだが、調教VTRを観る上ではそれが解消しているように思える。が、まだ本物ではないのか。それもまた微妙なところだ。難しい一頭である。

●捨てちゃえ馬
馬齢戦は今、この瞬間にどこまで力が出せるかというところで勝ち負けが決まってしまう。可能性が高い馬が好走に繋がるためには、経験が必要となる。悪くはないのだが、アドマイヤドバイは、やはり、要する見ることにした。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
15 インプロヴァイズ 牡3 54 戸崎 圭太
8 ダイワストリーム 牝3 51 嶋田 純次
7 フラムドグロワール 牡3 56 田辺 裕信
△1 13 ガイヤースヴェルト 牡3 56 内田 博幸
△2 12 ミエノワンダー 牡3 55 田中 勝春
捨馬 3 アドマイヤドバイ 牡3 54 池添 謙一


●結果
【配当】
単勝 11 2,280円
複勝 11 620円
4 920円
3 310円
枠連 2-6 1,840円
馬連 4-11 40,460円
ワイド 3-4 3,560円
3-11 2,950円
4-11 9,530円
馬単 11-4 73,450円
3連複 3-4-11 111,170円
3連単 11-4-3 917,500円

【着順】 【時計】
1 11 ケイアイチョウサン 1.47.9 34.3
2 4 カシノピカチュウ 1.47.9 34.7
3 3 アドマイヤドバイ 1.48.0 35.0
4 7 フラムドグロワール 1.48.0 35.2
5 9 シャイニープリンス 1.48.2 35.4
6 14 ダービーフィズ 1.48.2 34.9
7 8 ダイワストリーム 1.48.2 35.2
8 16 シンネン 1.48.2 34.8
9 6 ナンシーシャイン 1.48.3 35.6
10 15 インプロヴァイズ 1.48.3 35.4
11 12 ミエノワンダー 1.48.4 35.2
12 10 ダイワブレイディ 1.48.4 35.6
13 2 ブリリアントアスク 1.48.6 35.0
14 5 カフェリュウジン 1.48.6 35.5
15 13 ガイヤースヴェルト 1.48.7 35.6
16 1 サンブルエミューズ 1.48.8 35.3
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第49回CBC賞:6月30日(日) 中京競馬場
発走15:35

一番人気は不振
ハンデ戦ならではの斤量重視


56キロ以上の牡馬は苦戦
05年までは別定戦だった。しかも、G2戦であったにも関わらず、06年から現在の施行条件となった。10年は京都開催、11年は阪神開催と、データ的には隙間が見える。11年に一番人気が勝ち、昨年は3着に食い込んできた。それまでは一番人気は全く好走しておらず、一番人気が不振という番組だった。この番組はハンデ戦になってから、55キロが[3-1-2-15]、56キロが[1-1-1-11]、57キロが[1-0-0-9]、57.5キロ以上が[2-1-2-7]と斤量が重くなると、それなりの実績がないと勝ち負けにならない番組である。馬齢的には4歳馬が連に絡んでいることが多いが、これは斤量格差もあるためにあまり宛にはできないデータだろう。函館スプリントSと開催順が入れ替わったことで、この番組の重みさえも感じられないものとなってしまったが、短距離実績のある馬を中心に、距離短縮で臨む馬を睨みながら予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 バーバラ 牝4 53 浜中 俊  
2 2 ダイシンプラン 牡8 52 熊沢 重文  
3 3 ボストンエンペラー 牡5 53 高倉 稜  
3 4 サドンストーム 牡4 56 川田 将雅 △1
4 5 ザラストロ 牡3 51 武 豊 △2
4 6 ザッハトルテ 牝6 52 松山 弘平 捨馬
5 7 アイラブリリ 牝4 53 幸 英明  
5 8 ウインドジャズ 牡6 53 小坂 忠士  
6 9 ヘニーハウンド 牡5 56 藤岡 康太
6 10 エーシンダックマン 牡6 56 太宰 啓介  
7 11 キョウワマグナム 牡6 55 北村 友一  
7 12 ハクサンムーン 牡4 57.5 酒井 学
8 13 ヤマカツハクリュウ 牡6 55 鮫島 良太  
8 14 マジンプロスパー 牡6 58 福永 祐一

●主線はこの二頭の勝ち負け
短距離戦は順調なローテーションの中で走らされることがベターだ。高松宮記念で惜敗したハクサンムーンを主軸に据える。この時期が一番良い時なのかも知れない。そのぐらい調子を上げている。課題となるのは先行力だ。どこまで前走の疲れが残っているか。きちんと走ることができれば、このメンバーを相手にして苦労することはない。勝たなくても連対を果たす実力はある。対抗にはヘニーハウンドを推す。しっかりした馬格がここでも好走を期待させるのだが、このところの戦績を考えると勝ち負けは難しいだろう。がワイド連対までなら確実に入ってくる一頭だ。その点を考えて対抗に推し挙げた。
●番手にはこの三頭を挙げる
本来だったらマジンプロスパーは対抗ぐらいまでに推し挙げても良い。が、今回はしっかりと見込まれて58キロで出走となった。この斤量では難しくなる。これが57キロであればと思うところだが、ワイド連対までならどうにか絡んでくるだろう。課題は前々の競馬ができるかということだ。前走並みの走りができれば好結果も期待できる。また、サドンストームだが、勝ってこの番組に駒を進めてきたことは是としても、疲れが溜まると好走できないことは他の馬でも一緒だが、この馬は特にその部分が敏感だ。前走の反動がなければワイド連対に絡む可能性がある。そして、51キロで出走できるザラストロを挙げる。ユタカが手綱を執ることも理由のひとつだ。走りを控えさせるとどうしても掛かる癖がある。それが距離を縮めることでどのような結果を残すことができるか興味深いところ。行けるだけ行くとなると、今までのものと違った走りとなるだろう。その点に期待をしたい。
●取捨選択を迷った二頭
ザッハトルテをどう考えるかで悩んだ。悪くはない。が、決め手となる良さがない。その状態の中で、どこまで走ることができるのか、それが課題である。52キロという恵量は大いに魅力だ。しかし、それが武器となるのか。武器があるのかないのか、微妙なところでどこまできちんと走ることができるのか。難しい一頭だ。

●捨てちゃえ馬
結果としては、展開の機微に操られる可能性が高いと思われるザッハトルテは、ここでの好走を期待することは難しいと判断をした。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
12 ハクサンムーン 牡4 57.5 酒井 学
9 ヘニーハウンド 牡5 56 藤岡 康太
14 マジンプロスパー 牡6 58 福永 祐一
△1 4 サドンストーム 牡4 56 川田 将雅
△2 5 ザラストロ 牡3 51 武 豊
捨馬 6 ザッハトルテ 牝6 52 松山 弘平


●結果
【配当】
単勝 14 360円
複勝 14 140円
12 190円
4 170円
枠連 7-8 790円
馬連 12-14 980円
ワイド 4-12 660円
4-14 420円
12-14 400円
馬単 14-12 1,910円
3連複 4-12-14 1,980円
3連単 14-12-4 8,000円

【着順】 【時計】
1 14 マジンプロスパー 1.08.0 33.3
2 12 ハクサンムーン 1.08.0 33.8
3 4 サドンストーム 1.08.4 32.9
4 6 ザッハトルテ 1.08.6 33.7
5 1 バーバラ 1.08.6 33.9
6 9 ヘニーハウンド 1.08.8 33.4
7 5 ザラストロ 1.08.8 33.1
7 11 キョウワマグナム 1.08.8 33.5
9 8 ウインドジャズ 1.08.8 33.1
10 7 アイラブリリ 1.09.0 34.2
11 2 ダイシンプラン 1.09.1 33.9
12 10 エーシンダックマン 1.09.1 34.8
13 13 ヤマカツハクリュウ 1.09.1 33.6
14 3 ボストンエンペラー 1.09.6 34.8
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第54回宝塚記念:6月23日(日) 阪神競馬場
15時40分

お釣りの有馬、実力の宝塚
押しも押されぬ三強対決


2200m戦という距離が鍵
マイルハーフではなく、1ファロン短い。2000m戦ではなく、1ファロン長い。この僅か1ファロンが馬によって異なる。一番人気は[3-3-1-3]と比較的信頼できる結果を残している。特にこの5年はワイド連対まで含めれば、確実に絡んできている。鍵となるのは前述のように、その馬にとって、この番組が1ファロン長いのか、短いのかということ。マイルハーフで勝ち負けになっていても、スピードがなければここでの勝ち負けにならない。また、2000m戦で好走していても、1ファロン長いことで垂れてしまう可能性もある。前哨戦と目されていた金鯱賞と鳴尾記念が入れ替わった昨年、実際には影響がないことが証明された。考え方としては、名称変更となろうが、鳴尾記念が前哨戦、そこを跨ぐかのように天皇賞・春、ヴィクトリアマイルが絡んでくる。G1戦である以上、総合的な力の強さが勝敗を分ける。そのことを軸に据えて予想を組み立てる必要があるだろう。が、今年は三強対決で間違いはないだろう。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 ヒットザターゲット 牡5 58 福永 祐一  
2 2 タニノエポレット 牡6 58 浜中 俊  
3 3 フェノーメノ 牡4 58 蛯名 正義
4 4 ダノンバラード 牡5 58 川田 将雅 △2
5 5 シルポート 牡8 58 酒井 学  
6 6 トーセンラー 牡5 58 武 豊 △1
6 7 スマートギア 牡8 58 松山 弘平  
7 8 ナカヤマナイト 牡5 58 柴田 善臣 捨馬
7 9 ローゼンケーニッヒ 牡4 58 ウィリアムズ 捨馬
8 10 ゴールドシップ 牡4 58 内田 博幸
8 11 ジェンティルドンナ 牝4 56 岩田 康誠

●主線はこの二頭の勝ち負け
主軸には更に成長したと思えるフェノーメノを据える。対抗には56キロの壁を乗り越えることができるだろうジェンティルドンナを推す。この二頭に絞ったのは、ゴールドシップの天皇賞・春での失敗にある。鞍上が悪いとは言わない。が、馬がすっかり走る気をなくしてしまった。そこに力を付けて来ている正道を行くフェノーメノが勝ち、巻き返しを図りたいゴールドシップだが、どこまでその実力が出せるのか難しいだろうと判断をした結果だ。三強対決であることは間違いない。この三頭の三連複、三連単を買っても、それほどの妙味はないだろう。堅い決着となればこの三頭だが、走ってみなければ判らない。それが競馬だ。
●番手にはこの三頭を挙げる
前述のように、今回はゴールドシップが▲単穴までとなった。巻き返しの可能性も高いが、その点で考えていけば、牡馬同士の決着となるだろう。56キロのジェンティルドンナがどこまで走れるかということについては些か懐疑的である。が、ゴールドシップが巻き返せるかというところに疑問があり、この位置となった。また、△連下に据えるには勿体ない程の馬だが、トーセンラーを挙げる。春天で好走することができたことは実力評価として適正だろうが、ここでの展開となると難しいものがある。阪神コースでの好走がない。どこまでその馬を信頼できるかというところだが、△連下に置いておくというところまでだ。鞍上のユタカにしても、恐らく、ワイド連対までではないかと考えているのではないだろうか。勿論、勝ち負けにまで食い込みたいところだが、馬格の課題が残る。それを払拭する何かが無いと、ここでの勝ち負けは厳しいだろう。そして、迷ったのだが、ダノンバラードを推すことにした。良血馬でありながら、未だそれが開花しない。なぜなのだろうか。今回は少頭数での番組となる血脈で考えれば6頭立てと言っても良い。天才肌であった父系の血がここで活きればワイド連対までならある馬だ。
●取捨選択を迷った二頭
ローゼンケーニッヒが勢いづいている。鞍上のウィリアムズ騎手に期待をしたいところだが、この番組はそういう番組ではないだろうと考えている。58キロで走ったことがない馬であると、その力が見えないのである。好走できるかも知れないが、全く歯が立たないかも知れない。その馬と同枠に入ったナカヤマナイトだが、阪神コースではまるで通用しないかのような走りが続いている。中山コースに似ていなくもないのだが、ダメだ。それを考えるとここでの好走はあるのだろうかと考えてしまう。諸賢の考えは如何だろうか?

●捨てちゃえ馬
やはり、どう考えても三強対決だ。ゴールドシップがどこまで巻き返してくるか、トーセンラーも侮れない。ナカヤマナイトローゼンケーニッヒがここで絡んでくるような出番はないだろう。そのため、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
3 フェノーメノ 牡4 58 蛯名 正義
11 ジェンティルドンナ 牝4 56 岩田 康誠
10 ゴールドシップ 牡4 58 内田 博幸
△1 6 トーセンラー 牡5 58 武 豊
△2 4 ダノンバラード 牡5 58 川田 将雅
捨馬 8 ナカヤマナイト 牡5 58 柴田 善臣
捨馬 9 ローゼンケーニッヒ 牡4 58 ウィリアムズ


●結果
【配当】
単勝 10 290円
複勝 10 140円
4 370円
11 120円
枠連 4-8 2,560円
馬連 4-10 5,150円
ワイド 4-10 850円
4-11 860円
10-11 210円
馬単 10-4 6,180円
3連複 4-10-11 2,910円
3連単 10-4-11 23,420円

【着順】 【時計】
1 10 ゴールドシップ 2.13.2 35.2
2 4 ダノンバラード 2.13.8 36.2
3 11 ジェンティルドンナ 2.13.8 35.9
4 3 フェノーメノ 2.13.9 35.8
5 6 トーセンラー 2.14.2 36.1
6 8 ナカヤマナイト 2.14.4 36.0
7 9 ローゼンケーニッヒ 2.14.5 35.8
8 7 スマートギア 2.14.8 36.0
9 2 タニノエポレット 2.15.4 36.7
10 5 シルポート 2.15.4 40.2
11 1 ヒットザターゲット 2.15.6 37.1
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第15回東京ジャンプステークス:6月22日(土) 東京競馬場
発走14時00分

どこまで馬場が回復しているか
前々の競馬ができる馬が有利


距離適正が課題
08年にはJG2戦だったが、09年からJG3戦となり、12年からこの距離となったこの番組。障害戦としては短い部類に位置付けられる。しかも、東京コースはご存知のようにフラット。前々の競馬をきちんとできて、飛越で間違いがなければ勝ち負けになる。いわば、距離適正が鍵。となれば、これまでの実績で評価することが一番。加えて近走の展開、結果。ただ、この番組が興味深いことは京都ハイジャンプで凡走に終わった馬が巻き返していること。いわば、障害戦としての潜在能力がどこまであるのかというところで勝負が決する可能性が高いということだろう。その点を加味して、予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 メイショウヨウドウ せん5 60 西谷 誠 △2
2 2 コブラボール 牡9 60 金子 光希  
3 3 ハイローラー 牡7 60 平沢 健治
3 4 コウエイキング せん5 60 植野 貴也  
4 5 ビービーマイセン 牡4 60 山本 康志  
4 6 ジェットストリーム 牡5 60 浜野谷 憲尚  
5 7 ティンバーウルフ 牡6 60 大江原 圭  
5 8 アポロマーベリック 牡4 60 草野 太郎  
6 9 モズハリケーン 牡5 60 林 満明 △1
6 10 ハクサン 牡7 60 高野 和馬
7 11 カピターノ 牡9 60 上野 翔  
7 12 ティアップブレイズ 牡5 60 五十嵐 雄祐  
8 13 タマモユニヴァース 牡7 60 北沢 伸也 捨馬
8 14 スナークスペイン 牡6 60 小坂 忠士

●主線はこの二頭の勝ち負け
勝ってこの番組の駒を進めてきたスナークスペインを主軸に据えた。前々の競馬ができて、上がり時計が一番時計。これならばこの番組でも問題はあるまい。しかも、2キロ減での出走となる。前走を越える走りを期待できる。対抗には京都ハイジャンプで2着に終わったハイローラーを推す。価値倦ねているわけではないのだろうが、どうしても勝てずにここまで来てしまった。馬場状態の影響も出るかも知れない中で、確実に力を出せる馬を考えればこの馬だ。
●番手にはこの三頭を挙げる
対抗に据えるのはどちらかと思った馬がハクサンだった。中山GJを7着であったことも理由のひとつだが、馬格の小ささが気になる馬だ。それでも好走しているのだから文句の付けようはないのだが、馬場の状態を考えると小柄さが弱味になってしまいそうな気がしてならない。また、モズハリケーンも悪くはないのだが、決め手を欠くような走りが続いている。鞍上の問題ではあるまいが、林満騎手が手綱を執ることで、前走よりは好走が期待できると判断をした。そして、メイショウヨウドウを挙げる。価値倦ねている馬ではあるが、一番時計を出せる実力を持っていることを評価すると、きちんと走ることができればという鱈レバではあるが、△連下までならどうにかなるだろうと判断をした。いかがなものだろうか。
●取捨選択を迷った二頭
タマモユニヴァースが長期休養明けで3着に漕ぎ着けた。大切に育てられているのだろうことが窺える。きちんと走ることができればというところだが、長期休養明けで好走をしてしまうと、その反動が出やすい。この馬が勝ち負けに食い込むことを考えるよりも、他の馬が勝ち負けになることを考えた方が良いのではないだろうか。諸賢の考えは如何に?

●捨てちゃえ馬
結果として、やはり、ここではタマモユニヴァースが勝ち負けにまで、またはワイド連対までになることができないだろうと判断をした。然るに、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
14 スナークスペイン 牡6 60 小坂 忠士
3 ハイローラー 牡7 60 平沢 健治
10 ハクサン 牡7 60 高野 和馬
△1 9 モズハリケーン 牡5 60 林 満明
△2 1 メイショウヨウドウ せん5 60 西谷 誠
捨馬 13 タマモユニヴァース 牡7 60 北沢 伸也


●結果
【配当】
単勝 8 890円
複勝 8 270円
14 160円
10 330円
枠連 5-8 1,400円
馬連 8-14 1,970円
ワイド 8-10 2,450円
8-14 750円
10-14 750円
馬単 8-14 4,780円
3連複 8-10-14 8,550円
3連単 8-14-10 55,080円

【着順】 【時計】
1 8 アポロマーベリック 3.27.9 13.4
2 14 スナークスペイン 3.28.0 13.4
3 10 ハクサン 3.28.7 13.4
4 3 ハイローラー 3.28.9 13.4
5 2 コブラボール 3.29.6 13.5
6 1 メイショウヨウドウ 3.30.1 13.5
7 13 タマモユニヴァース 3.30.3 13.5
8 6 ジェットストリーム 3.31.0 13.6
9 9 モズハリケーン 3.31.0 13.6
10 5 ビービーマイセン 3.31.5 13.6
11 11 カピターノ 3.31.5 13.6
12 4 コウエイキング 3.32.7 13.7
13 7 ティンバーウルフ 3.32.7 13.7
14 12 ティアップブレイズ 3.32.8 13.7
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第18回ユニコーンステークス:6月16日(日) 東京競馬場
発走15時45分

一番人気が好走している番組
実力通りの結果に繋がりやすい


一番人気が好走している
ダービー開催週から2週間後になっての開催。開催時期、距離と固定となったが、今回のようなこともある。この番組は一番人気が[7-1-0-2]と優秀であるが、休み明け、初ダートということでなければ、そこそこ信頼できる。ただ、ダートでの実績が問われることになるため、前述のようにダート番組に転戦したということになると、その限りではない。課題としてはきちんと走れることにある。騎手の指示を聞くことができるかということが一番の課題だ。その実績があれば一番人気は信頼できる。ただ、何はともあれ、三歳馬である。これは成長がどうかというところも加味しなければならない。それらを含めて予想を組み立てたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 エーシンレンジャー 牡3 56 石橋 脩 捨馬
2 2 ショウナンダイラ 牡3 56 柴田 大知  
2 3 サマリーズ 牝3 54 内田 博幸  
3 4 サウンドトゥルー 牡3 56 大野 拓弥 △1
3 5 タッチザターゲット 牡3 56 田中 勝春  
4 6 ベストウォーリア 牡3 56 戸崎 圭太
4 7 チャーリーブレイヴ 牡3 56 ウィリアムズ
5 8 ヴァンフレーシュ 牝3 54 吉田 豊  
5 9 クロムレック 牡3 56 福永 祐一  
6 10 ノウレッジ 牡3 56 蛯名 正義  
6 11 コンプリートゲーム 牡3 56 的場 勇人  
7 12 サウンドリアーナ 牝3 54 武 豊
7 13 ミヤジマッキー 牡3 56 柴田 善臣  
8 14 ケイアイレオーネ 牡3 56 幸 英明  
8 15 ベリートゥベリー 牡3 56 横山 典弘 △2

●主線はこの二頭の勝ち負け
四ヶ月の休み明けながらも鞍上にウィリアムズ騎手を迎えたことから、主軸にはチャーリーブレイヴを据えた。この番組を狙って参戦してきたことは間違いなく、早めに1勝を挙げておきたいこともあるだろうことで、勝ちに来たと考えて良い。休み明けでは混戦模様となる番組で、きちんと走ることは難しいことは確かだが、それを見越した鞍上ということで行けると考える。対抗には同枠のベストウォーリアを推す。この3戦、きちんと勝ち負けになってこの番組に臨んできた。東京コースでの実績もあり、好走することができると考えた。伸びる脚を活かすことができれば勝ち星もあり得る。
●番手にはこの三頭を挙げる
勝ってこの番組に駒を進めてきたサウンドリアーナを▲単穴にした。桜花賞での敗退がダート路線に変更させた感があるが、芝の適正を残しつつ、ダート戦で頑張るということに方針変更したんだろう。勝てば官軍、賞金は稼げた方が良い。また、同じく切れる脚を持つサウンドトゥルーを推す。500万条件を勝ち切れずに、齷齪しながら、やっと勝ち星を挙げた前走、ここでも勝てないだろうが好走は期待できると参戦したはずだ。決してつまらない走りを見せないだろう。そして、大外枠に入ったベリートゥベリーを挙げる。一番時計を刻みながらも勝ちきれずにここにいる。今回はマイル戦。前走と同じように、きちんと走ることさえできれば、終いの脚を活かして、勝ち負けになるかも知れない。東京コース向きの馬だけに侮れない一頭だ。
●取捨選択を迷った二頭
最内枠にエーシンレンジャーだが、どうしても勝ち切れないでここに参戦してきた。悪くはない仕上がりであることは調教VTRからも十分に窺える。しかし、勝てない。しかも、今回は距離が延びてしまう。展開の機微はあるにしても、好材料が揃ったとは言えないだろう。気になる一頭ではあるが展開に頼ることを考えると如何なものか。

●捨てちゃえ馬
結果として、前述のように、ここではエーシンレンジャーの勝ち切れ無さを考えて、ここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 性齢 斤量 騎手名
7 チャーリーブレイヴ 牡3 56 ウィリアムズ
6 ベストウォーリア 牡3 56 戸崎 圭太
12 サウンドリアーナ 牝3 54 武 豊
△1 4 サウンドトゥルー 牡3 56 大野 拓弥
△2 15 ベリートゥベリー 牡3 56 横山 典弘
捨馬 1 エーシンレンジャー 牡3 56 石橋 脩
●結果
【配当】
単勝 6 690円
複勝 6 160円
12 130円
4 370円
14 860円
枠連 4-7 280円
馬連 6-12 950円
ワイド 4-6 930円
4-12 620円
6-12 300円
6-14 3,170円
12-14 1,850円
馬単 6-12 2,710円
3連複 4-6-12 2,860円
6-12-14 11,710円
3連単 6-12-4 14,950円
6-12-14 52,900円

【着順】 【時計】
1 6 ベストウォーリア 1.36.0 35.0
2 12 サウンドリアーナ 1.36.2 34.9
3 4 サウンドトゥルー 1.36.5 35.4
3 14 ケイアイレオーネ 1.36.5 35.7
5 5 タッチザターゲット 1.36.5 35.2
6 15 ベリートゥベリー 1.36.6 35.2
7 13 ミヤジマッキー 1.36.7 35.6
8 7 チャーリーブレイヴ 1.36.8 35.7
9 9 クロムレック 1.36.9 36.3
10 3 サマリーズ 1.37.3 36.7
11 11 コンプリートゲーム 1.37.3 36.6
12 10 ノウレッジ 1.37.4 36.6
13 1 エーシンレンジャー 1.37.5 36.6
14 2 ショウナンダイラ 1.37.7 36.5
15 8 ヴァンフレーシュ 1.37.9 37.3


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。