競馬予想:予想師・紀伊國屋のJRA重賞予想

競馬予想を公開し続けて21年。JRA重賞予想を行なう鬼才の予想師・紀伊國屋のコンテンツ。
狙いは三連複、軸馬は二頭、予想は三点、都合5頭で勝負を掛けることを
潔いとする。果たしてどうか、今週は!!


テーマ:
http://jra.jp/news/201103/032301.html

恐れ入りました。
開催変更がこのようになるのは致し方ないのは
百も承知。予想は開催場所の条件に合わせて、
そのデータで見るしかないなぁ。

当たればそれこそ予想師冥利というものか(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第58回毎日杯:3月27日 阪神競馬場・12R

篩に掛けられて残る馬こそ真の王者
その図式を調えるための番組


皐月賞とは性質が違う前哨戦
ここでの勝ち負けを制した馬が皐月賞とは比較的連係性がないからだけではない。走りそのもので求められている物が違っているような気がしてならない。内埒沿いに溜まることは判ることで、馬齢戦となれば競走経験が乏しい馬ばかりが出走する。その走りは殊更、その部分が強調される。外目から回ってきて差し競馬を見せるという馬は殆どない。団子状態を切り抜ける馬格と性質がなければこの番組での勝ち負けは厳しい。そのため、この番組での勝ち負けになる必要条件として、近走で凡走に終わった馬の勝ち負けはない。できれば、重賞戦線で勝ち負けになっている馬が有利だ。また、上がり時計にも注目をしたい。前走で負けていても、この上がり時計がモノをいう。特に阪神で好時計を出している馬であれば言うに違わず。この点を考慮して予想を組み立ててみたい。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 ボレアス 牡3 56 藤岡 佑介  
1 2 アルティシムス 牡3 56 秋山 真一郎  
2 3 コティリオン 牡3 56 小牧 太 △2
2 4 スマートリブレ 牡3 56 松山 弘平  
3 5 スマートロビン 牡3 56 武 豊
3 6 レッドデイヴィス せん3 57 浜中 俊
4 7 アストロロジー 牡3 56 岩田 康誠 捨馬
4 8 カグニザント 牡3 56 北村 宏司  
5 9 エチゴイチエ 牡3 56 三浦 皇成 △1
5 10 トキノゲンジ 牡3 56 安藤 光彰  
6 11 デスペラード 牡3 56 後藤 浩輝  
6 12 ユウセン 牡3 56 柴田 善臣 捨馬
7 13 サンビーム 牡3 56 佐藤 哲三  
7 14 トーセンレーヴ 牡3 56 リスポリ
7 15 ゲットハッピー 牡3 56 吉田 隼人  
8 16 カルドブレッサ 牡3 56 川田 将雅  
8 17 リヴェレンテ 牡3 56 四位 洋文  
8 18 サイドアタック 牡3 56 内田 博幸  

●主線はこの二頭の勝ち負け
DI産駒が目立ってきた。この番組だけでも五頭が出走している。良血馬が必ず優秀な産駒を排出する訳ではない。この点は人間も同じだ。そのDI産駒のトーセンレーヴを主線に推す。端的に言ってしまえば総合力の高さと、前走で見せた伸び脚が傑出している。この先の成長が楽しみなところだが、先ずはここをクリアしないことには次へは行けない。相手には同じくDI産駒となってしまったのだがスマートロビンを挙げる。京成杯で惨敗し、アーリントンCではコンマ4秒差で5着。何かが合わなかったのだろう、ここに来ての調整が抜群で、綺麗な完歩ができるようになった。その点ではどの馬よりも可能性が高い馬だと考えて良いだろう。共にDI産駒というところが厭らしいが、ま、そんなもんだ。
●番手にはこの三頭を挙げる
日本の良血馬は未だ他にもいる。アグネスタキオンもその一頭で、ダート、芝共に活躍したことは言うまでもない。その産駒のレッドデイヴィスだが、セン馬となってしまい、牡牝限定のクラシック戦線には参戦できない。対決の場をJCに繋ぐため、勝ち続けるしかないのである。何とも宿命とは斯くありき。シンザン記念で勝った時は強そうに見えたのだが、調教VTRでは脚が上がっていないように思えた。気性面と見え方で番手に下げたのだが、果たしてどうか。また、ネオユニヴァース産駒のエチゴイチエだが、一走しかしていないので、その走りを評価するには至らないが、実に元気、器用、タフという印象を与えてくれた馬だ。積極的な競馬ができることが最大の強みとなっていると思える。そして、またまたDI産駒のコティリオンを挙げる。結果として、五頭出走していながら、三頭が上がった訳だが、その中でまだ花芽を見せつつあるが、まだ見せていない一頭。が、前走では33.3秒の末脚を披露した。この点が切れる脚の素養であると考えて推す。
●取捨選択を迷った二頭
勝ってここに駒を進めてきたアストロロジーだが、距離の壁が伸び脚を阻むような気がしてならない。その勝ったマイル戦でも切れる脚を発揮した訳ではない。が、確実に成長を遂げていることもあり、化ける可能性が見え隠れするから、ここではどうかと思っている。また、京成杯では終いがバタバタになってしまったユウセンだが、新馬戦では実に伸び脚のある走りを見せていた。が、前走ではそれがなくなってしまい、ここに臨んできた。それがどこまで立て直せるかと考えるよりは、ここで穴を開けられるような可能性は低いと判断をした。果たしてどうか。

●捨てちゃえ馬
須く、前述の二頭、アストロロジーユウセンがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 斤量 騎手名
14 トーセンレーヴ 56 リスポリ
5 スマートロビン 56 武 豊
6 レッドデイヴィス 57 浜中 俊
△1 9 エチゴイチエ 56 三浦 皇成
△2 3 コティリオン 56 小牧 太
捨馬 7 アストロロジー 56 岩田 康誠
捨馬 12 ユウセン 56 柴田 善臣
●結果@
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 6 380円 1 6 レッドデイヴィス 1.47.1 33.9
複勝 3 210円 2 3 コティリオン 1.47.1 33.6
6 140円 3 14 トーセンレーヴ 1.47.3 34.3
14 110円 4 9 エチゴイチエ 1.47.5 34.3
枠連 2-3 1,290円 5 7 アストロロジー 1.47.7 34.5
馬連 3-6 2,020円 6 16 カルドブレッサ 1.48.0 34.7
ワイド 3-6 560円 7 2 アルティシムス 1.48.0 34.6
3-14 380円 8 12 ユウセン 1.48.2 34.5
6-14 180円 9 8 カグニザント 1.48.2 34.7
馬単 6-3 3,090円 10 5 スマートロビン 1.48.2 34.6
3連複 3-6-14 1,100円 11 15 ゲットハッピー 1.48.4 35.5
3連単 6-3-14 10,510円 12 1 ボレアス 1.48.6 34.8
  13 4 スマートリブレ 1.48.6 34.8
14 11 デスペラード 1.48.7 35.6
15 10 トキノゲンジ 1.48.7 35.4
16 17 リヴェレンテ 1.48.7 35.5
17 18 サイドアタック 1.48.7 35.4
18 13 サンビーム 1.49.1 36.2
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第41回高松宮記念:3月27日 阪神競馬場・11R

阪神競馬場で行なわれる高松宮記念
先行馬が絶対的に有利となる


これまでと違った流れの決着
中京競馬場の改修工事のために阪神競馬場で行なわれることは、昨年の時点で決定をしていた。そのため、中京コースとは異なった展開を強いられることは間違いない。これまではマイル戦から距離短縮で臨むことが有利と目されていた。が、今年は先行力があり、そのまま力で押し切れる馬が有利となることは自明。その点で考えるとスプリンター特有の脚質が求められる。即ち、力で押し切るような走りだ。過去の高松宮記念のデータはここでは通用しない。阪神の短距離戦での好走馬を中心に予想を組み立てる必要がある。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 レッドスパーダ 牡5 57 横山 典弘 △1
1 2 ショウナンアルバ 牡6 57 蛯名 正義  
2 3 サンダルフォン 牡8 57 武 豊  
2 4 キンシャサノキセキ 牡8 57 リスポリ △2
3 5 ジョーカプチーノ 牡5 57 藤岡 康太 捨馬
3 6 アーバニティ 牡7 57 四位 洋文  
4 7 スプリングソング 牡6 57 池添 謙一 捨馬
4 8 サンカルロ 牡5 57 吉田 豊
5 9 ヘッドライナー せん7 57 幸 英明  
5 10 サマーウインド 牡6 57 福永 祐一  
6 11 シンボリグラン 牡9 57 北村 宏司  
6 12 ビービーガルダン 牡7 57 佐藤 哲三  
7 13 ダッシャーゴーゴー 牡4 57 川田 将雅
7 14 エーシンフォワード 牡6 57 岩田 康誠
8 15 ワンカラット 牝5 55 藤岡 佑介  
8 16 ウエスタンビーナス 牝8 55 柴田 善臣  

●主線はこの二頭の勝ち負け
すべてにおいて展開が違う。逆に言えば、阪神巧者が有利となる。その点で主線はサンカルロを挙げる。確実にその時が来たと言わんばかりの調子でこの番組に臨んできた。いつもなら番手ぐらいに推す馬だが、今回は主線として走りきるだろうことを期待する。相手にはダッシャーゴーゴーを推す。この番組が中京コースで開催されていたら、この本命、対抗は入れ替わっていただろう。が、阪神は4角の狭さもあり、内埒を狙いやすい走りを考えると、外目から力任せに飛んでくる馬が有利と考えた。果たしてどうか。
●番手にはこの三頭を挙げる
G1戴冠馬エーシンフォワードだが、この馬は填まれば強いが、阪神の坂には苦労させられると考えた。そのためにこの位置なのだが、香港での影響がありそうな気配もする。まともに力を発揮すれば勝ち負けに絡むだろうが、それが適うか一抹の不安がある。そのために▲単穴までとした。また、下馬評では今ひとつなのだが、レッドスパーダを推す。この馬も阪神巧者で、先手を取ることができれば前走以上の走りを見せてくれることだろう。流れの速い展開を自ら作ることができれば前残りの可能性もある。そして、キンシャサノキセキを挙げる。齢八歳。きちんと走ったとしても求められる瞬発力を発揮することは難しい馬齢になって来た。その点を考えるとこの位置までが一杯だろう。
●取捨選択を迷った二頭
前日オッズ一番人気のジョーカプチーノだが、この馬は阪神コースの経験が僅かに一走のみ。力任せに走って2着に食い込んできたが、その展開になるとは思えないのである。幅員が狭い阪神コースは前走の京都コースのような訳には行かない。恐らくは掲示板止まりの着順となるだろう。また、良績から遠退いてしまっているスプリングソングだが、阪急杯ではもう少し走れるかと思っていた。が、結果としては4着まで。運が悪かったということも上げられなくはないが、思ったような走りに結びつけるのもその馬の素質と気性。となると多頭数になればその弱点は膨らんでしまう。難しい馬だ。
●捨てちゃえ馬
いずれも名馬であることは間違いない。脚質が似てくれば似てくるほど、勝ち星に繋げることは難しくなる。そのために、前述のジョーカプチーノスプリングソングには、ここでの出番がないと判断をする。故に捨てる!!

●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 斤量 騎手名
8 サンカルロ 57 吉田 豊
13 ダッシャーゴーゴー 57 川田 将雅
14 エーシンフォワード 57 岩田 康誠
△1 1 レッドスパーダ 57 横山 典弘
△2 4 キンシャサノキセキ 57 リスポリ
捨馬 5 ジョーカプチーノ 57 藤岡 康太
捨馬 7 スプリングソング 57 池添 謙一


●結果
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 4 450円 1 4 キンシャサノキセキ 1.07.9 34.0
複勝 4 170円 2 8 サンカルロ 1.08.1 33.3
6 1,380円 3 6 アーバニティ 1.08.1 33.6
8 290円 4 12 ビービーガルダン 1.08.2 33.7
枠連 2-4 1,800円 5 1 レッドスパーダ 1.08.4 34.5
馬連 4-8 2,370円 6 2 ショウナンアルバ 1.08.5 33.7
ワイド 4-6 3,900円 7 7 スプリングソング 1.08.5 33.4
4-8 780円 8 11 シンボリグラン 1.08.6 33.7
6-8 6,730円 9 14 エーシンフォワード 1.08.7 34.0
馬単 4-8 3,970円 10 5 ジョーカプチーノ 1.08.9 34.7
3連複 4-6-8 33,730円 11(4) 13 ダッシャーゴーゴー 1.08.2 34.5
3連単 4-8-6 129,290円 12 9 ヘッドライナー 1.09.1 35.5
  13 3 サンダルフォン 1.09.1 33.8
14 10 サマーウインド 1.09.2 34.5
15 15 ワンカラット 1.09.6 35.6
中止 16 ウエスタンビーナス -
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第25回フラワーカップ:3月26日 阪神競馬場:12R

頑張れ日本!! 頑張れ牝馬!!
その強さだけが光を灯す


名牝誕生の舞台裏
時間が経つに連れて、その被害の大きさに誰もが驚いている大地震。隠蔽するかのような偏った情報しか出てこない福島原子力発電所問題。それでもこうして呑気に競馬ができるというのはまだ幸せなのだろう。JRA経由だけではない。義援金は送っている。諸兄もお願いしたい。
前哨戦として、最もクラシック戦線で活躍した馬を排出している番組と言っても過言ではない。桜花賞の前哨戦なのであるが、性質は秋華賞の傾向が強い。要は、勢いづいた先行馬が止まらない。そのままゴールを目指すような速い展開になる。それを耐えられる馬、堪えられる馬が勝ち負けになる。そのためには前々の競馬ができなければ話にならない。だからこそ、余計に強く見える。その強さが希望を与えてくれる。そんな番組だ。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 アフロディーテ 牝3 54 横山 典弘
1 2 マリアビスティー 牝3 54 田中 勝春  
2 3 マヒナ 牝3 54 蛯名 正義  
2 4 クラウンリバー 牝3 54 北村 友一  
3 5 トレンドハンター 牝3 54 岩田 康誠 捨馬
3 6 ヤマノラヴ 牝3 54 的場 勇人  
4 7 サトノフォワード 牝3 54 秋山 真一郎 △1
4 8 シナル 牝3 54 三浦 皇成 捨馬
5 9 セイルアゲン 牝3 54 吉田 隼人  
5 10 ミヤジメーテル 牝3 54 和田 竜二  
6 11 ハブルバブル 牝3 54 リスポリ △2
6 12 ライブインベガス 牝3 54 大庭 和弥  
7 13 バレドクール 牝3 54 柴田 善臣  
7 14 ケイジーシオン 牝3 54 木幡 初広  
7 15 イトククリ 牝3 54 北村 宏司
8 16 メロウメロディ 牝3 54 幸 英明  
8 17 マイネイサベル 牝3 55 松岡 正海
8 18 サトノフローラ 牝3 54 内田 博幸  

●主線はこの二頭の勝ち負け
凡走に終わった二走前と三走前は論外。運が悪かったとしか言いようがない。それを立て直しての前走。惜敗に終わったが、ここでは更に成長したマイネイザベルを見ることができるだろう。切れる脚を持ち、そこそこの馬格を持ち、器用な走りができることは大いなる武器を持っていることに他ならない。それを活かして勝ち負けを狙う。相手にはサクラバクシンオー産駒のイトククリを推す。距離の課題はあるが、恐らくは母系の瞬発力で押し切れるのではないかと思える。ここまでそうして勝ってきた。いわゆる、勝負根性が強い馬なのである。前走は後手を踏んだが、今回はその轍は踏まない。きちんと走れることだけではない、その強さを見せてくれるだろう。
●番手にはこの三頭を挙げる
正直、まだ正体不明である。が、その可能性は光っているアフロディーテを推す。小柄ではあるが、バランスの良い馬であるが、女傑を名乗れる程までに成長できるかは判らないが、綺麗な走りができる馬。そこそこの結果を残せるのではないかと思った。一目惚れか? また、同じく一勝馬、サトノフォワードを推す。どちらかと言えば、まだ気がそぞろのところがあるが、良血馬だけに、その走りはオーラとまでは言わないが、研ぎ澄まされた走りがきちんとできている。前肢の上がり具合、後肢の蹴り具合、トモの張りとバランスが良いのである。期待したいところだ。そして、DI産駒のハブルバブルを推す。前奏は掛かってしまった。気持ちが先行して、競走が後から付いていったという感じがした。そのアンバランスを払拭できるのではないかと思える調教VTRだった。ここでの仕上げではなく、この先の走りを見せてくれることだろう。
●取捨選択を迷った二頭
難しいなあと思わせたのがキングカメハメハ産駒のシナルであった。悪くはないのである。馬格もきちんとしている。が、何かが足りない。というか、総合力が低いのかも知れない。これまでは運が良かった。が、グレードが上がるに連れて、引き離されていく。そんな感じなのである。また、ダートからの転戦も決して悪くないのだが、トレンドハンターが難解だ。悪くはない。が、ダート適正と芝の適正では腱先の状態が明らかに違う。ダートで良績を挙げている馬が芝で良績を挙げられるとは思えないのである。諸兄の考えは如何だろうか。

●捨てちゃえ馬
須く、前述のようにシナルトレンドハンターがここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 斤量 騎手名
17 マイネイサベル 55 松岡 正海
15 イトククリ 54 北村 宏司
1 アフロディーテ 54 横山 典弘
△1 7 サトノフォワード 54 秋山 真一郎
△2 11 ハブルバブル 54 リスポリ
捨馬 5 トレンドハンター 54 岩田 康誠
捨馬 8 シナル 54 三浦 皇成


●結果@
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 5 860円 1 5 トレンドハンター 1.47.0 35.0
複勝 3 370円 2 11 ハブルバブル 1.47.2 35.6
5 270円 3 3 マヒナ 1.47.6 35.4
11 160円 4 17 マイネイサベル 1.47.6 36.4
枠連 3-6 1,550円 5 12 ライブインベガス 1.47.6 35.5
馬連 5-11 1,740円 6 8 シナル 1.47.7 36.3
ワイド 3-5 1,720円 7 18 サトノフローラ 1.47.7 36.6
3-11 800円 8 7 サトノフォワード 1.47.8 36.1
5-11 660円 9 6 ヤマノラヴ 1.48.0 36.4
馬単 5-11 4,170円 10 16 メロウメロディ 1.48.3 36.0
3連複 3-5-11 6,180円 11 9 セイルアゲン 1.48.3 36.9
3連単 5-11-3 34,770円 12 15 イトククリ 1.48.3 37.2
  13 13 バレドクール 1.48.4 36.5
14 2 マリアビスティー 1.48.6 36.7
15 10 ミヤジメーテル 1.48.7 37.3
16 14 ケイジーシオン 1.49.4 38.0
17 1 アフロディーテ 1.49.5 37.5
18 4 クラウンリバー 1.49.6 37.5
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

第60回スプリングステークス:3月26日 阪神競馬場:11R

例年とは異なる意味合いを持つこの番組
この番組だけで勝つことを考えるべき


1952年の創設当時は東京だった
私が生まれる前のことだ。記憶にない。中山競馬場で開催できないために阪神競馬場に持ってきたのは皐月賞を中山競馬場で行ないたいという気持ちがあったからだろうと信じたい。が、結果、東京競馬場での皐月賞となる。何ともおかしな感じがする。いっそ、ダービーと比較するためにこのまま東京開催にしたらどうか。それなら重賞はすべて東京でやれば良い。飲み屋での莫迦話。
意味合いが違う。だから、この番組だけ、先を考えずにこの番組で勝つ馬だけを考える。データも役に立たない状態であることも手伝って、外枠有利とだけ記しておくか。

馬名 性齢 斤量 騎手名 鬼結
1 1 ショウナンパルフェ 牡3 56 蛯名 正義 捨馬
1 2 ホッコーガンバ 牡3 56 江田 照男  
2 3 エイシンオスマン 牡3 56 後藤 浩輝  
2 4 ゴールドブライアン 牡3 56 浜中 俊 捨馬
3 5 アドマイヤサガス 牡3 56 小牧 太  
3 6 オルフェーヴル 牡3 56 池添 謙一 △1
4 7 ベルシャザール 牡3 56 安藤 勝己
4 8 ニジブルーム 牡3 56 北村 友一  
5 9 タガノロックオン 牡3 56 川田 将雅  
5 10 ギリギリヒーロー 牡3 56 藤岡 佑介  
6 11 グランプリボス 牡3 56 岩田 康誠
6 12 スーサングレート 牡3 56 和田 竜二  
7 13 ダブルオーセブン 牡3 56 戸崎 圭太  
7 14 リフトザウイングス 牡3 56 武 豊 △2
7 15 ステラロッサ 牡3 56 リスポリ  
8 16 トーセンマルス 牡3 56 吉田 豊  
8 17 リベルタス 牡3 56 福永 祐一
8 18 サトノオー 牡3 56 三浦 皇成  

●主線はこの二頭の勝ち負け
朝日杯FSを勝って、今年の初戦となるグランプリボスを推す。調教VTRを見る上では八分ぐらいのデキか。それでも悪くはない。きちんと前肢が上がっており、ハミを取り、やる気十分の走り姿だった。重め残りは否めない。仕方がない。が、これまで通りの競馬ができれば勝ち負け必至。主軸に推して良いだろう。相手はディープインパクト(以下DI)産駒のリベルタスを推す。しっかりした馬格をきちんと大きく見せて走る姿は、小柄な馬格であった親父の良いところ取りをしたのではないかと思えるほどだ。が、筋肉量が違うことと、親父の素軽さがない。顕彰馬にはならないだろうが、未来は明るい。そんなところか。が、ここでの勝ち負け次第だが、良い馬になるだろう予見はある。
●番手にはこの三頭を挙げる
共同通信杯では惜敗に終わったベルシャザールだが、展開が悪かった。もう少し早めに動いていれば良かったのだが、怺えさせ過ぎてしまった。それが敗因。デムーロ騎手らしくないと言ってしまえばそれまでだが、距離が持たないだろうと思ったのだろう。それで馬がやる気をなくした。アンカツに変わってそれがどうなるか。また、勝ち切れない父の血脈を受け継いだかオルフェーヴルを推す。きさらぎ賞での勝ち負けは余り関係ない。シンザン記念の方が意味がある。ここ三戦はいずれも33秒台の末脚を見せている。陣営がそれに甘んじているようであれば、今回も勝ち負けは難しいだろうが、積極的な競馬することに心懸ければ、侮れない一頭だろう。そして、リフトザウイングスを推す。ここで良績に繋がらない走りをするようであれば、この馬はそれほど強くはならない。気紛れに勝つ程度の馬で終わってしまう可能性が高い。なぜか。気が勝ってしまっているのだろう。頭が良いのである。それをユタカが目覚めさせることができれば勝ち負けになる可能性は高くなる。果たしてどうか。
●取捨選択を迷った二頭
最内枠に入ったショウナンパルフェだが、忙しい競馬ができない馬なのではないかと思えるのである。本来はマイラーではないかと。しかし、前走の2000m戦では見事に勝ち星を挙げた。が、時計は平凡。評価ができない。が、化けそうな気配がある。それが気になった。また、この先の番組を考えているのか、2000m戦を中心に走り続けてきたゴールドブライアンだが、今ひとつ何かが足りない。端的に言ってしまえば前肢の発育が追いついていないというところが気になる。まだまだ発展途上。バランスが悪いのである。さて、どうなることやら。

●捨てちゃえ馬
前述の通り、ショウナンパルフェは内枠に入ったことと、忙しい競馬を嫌う傾向があるのではないかというところ。また、ゴールドブライアンはバランスの悪さが気になってしまったこと。このことから、この二頭はここでは要らない。故に捨てる!!


●今週の買い目!!鬼結!!
鬼結 馬名 斤量 騎手名
11 グランプリボス 56 岩田 康誠
17 リベルタス 56 福永 祐一
7 ベルシャザール 56 安藤 勝己
△1 6 オルフェーヴル 56 池添 謙一
△2 14 リフトザウイングス 56 武 豊
捨馬 1 ショウナンパルフェ 56 蛯名 正義
捨馬 4 ゴールドブライアン 56 浜中 俊


●結果
【配当】 【着順】 【時計】
単勝 6 470円 1 6 オルフェーヴル 1.46.4 34.3
複勝 6 190円 2 7 ベルシャザール 1.46.5 34.6
7 200円 3 15 ステラロッサ 1.46.6 34.3
15 400円 4 11 グランプリボス 1.46.6 35.0
枠連 3-4 1,360円 5 3 エイシンオスマン 1.47.0 34.9
馬連 6-7 1,420円 6 1 ショウナンパルフェ 1.47.1 35.1
ワイド 6-7 510円 7 2 ホッコーガンバ 1.47.2 35.5
6-15 1,070円 8 4 ゴールドブライアン 1.47.3 35.1
7-15 1,330円 9 18 サトノオー 1.47.4 35.0
馬単 6-7 2,940円 10 13 ダブルオーセブン 1.47.5 35.1
3連複 6-7-15 6,030円 11 8 ニジブルーム 1.47.5 35.2
3連単 6-7-15 28,270円 12 10 ギリギリヒーロー 1.47.7 35.1
  13 17 リベルタス 1.47.8 35.9
14 16 トーセンマルス 1.48.0 35.3
15 14 リフトザウイングス 1.48.0 35.7
16 5 アドマイヤサガス 1.48.2 36.2
17 9 タガノロックオン 1.48.2 36.4
18 12 スーサングレート 1.48.3 36.6
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。