飲酒運転と知りながら友人の車に同乗していたとして、長崎県警は17日、浦上署地域課巡査岩本敬祐容疑者(20)=長崎市横尾=を道路交通法違反(車両同乗の禁止)容疑で逮捕した。県警によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、岩本容疑者は15日午前1時半ごろ、諫早市八坂町の市道で、酒気帯びで運転していた友人(20)=道交法違反で現行犯逮捕=の乗用車に同乗していた疑い。
 県警監察課によると、岩本容疑者は中学の同級生2人と諫早市内の飲食店で飲酒。近くの駐車場から出る際に、友人が当て逃げ事故を起こした。岩本容疑者は発覚を恐れ、現場から一人で逃走。15日は普段通り出勤したが、友人の供述から関与が浮上した。 

【関連ニュース】
連休中の交通事故死111人=65歳以上が半数超
飲酒運転の巡査、懲戒免職=「5回ほどやった」
酒気帯び運転で教諭免職、処分取り消し=裁量権乱用と認定
内部文書が大量流出=関係者名簿など1万人分以上
死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減

浜教組、教科書不使用指示 なお「思想闘争」 ゆがむ歴史教育(産経新聞)
「望まれる在宅看取りの条件」、ケアマネらが勉強会(医療介護CBニュース)
首相動静(5月16日)(時事通信)
<名古屋市>全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長(毎日新聞)
出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)
AD