日本民間放送連盟(民放連)の会長に、広瀬道貞・テレビ朝日顧問の3選が2日、内定した。任期は4月1日から2年。3月18日の定時総会で正式決定する。

 2日開かれた会長推薦委員会(7人)が全会一致で指名し、広瀬氏が受諾した。任期中の11年7月にテレビが地上デジタル放送に完全移行することから、過去2期、地デジ対策に取り組んできた広瀬氏の続投で意見がまとまったという。

 広瀬氏は大分県出身。慶応大法学部卒業後の1958年に朝日新聞社入社。大阪本社代表、専務などを歴任。98年テレ朝副社長。同社社長、会長などを経て09年6月から顧問。06年4月から2期連続で民放連会長を務めている。

【関連ニュース】
脅迫容疑:民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも
民放連:総務相の「関係者」報道批判に会長が「疑問」
テレビ朝日(9409)は後場に急伸 スポット収入の回復基調で通期利益予想を上方修正
テレビ朝日(9409) バラエティ番組を武器に、広告単価の高い若年層の視聴者獲得が順調。(シティグループ証券)

船田前議員、新潮社を提訴=不倫疑惑報道は名誉棄損-宇都宮地裁(時事通信)
<黒澤明記念館>建設資金調達の報告 財団がキャンセル(毎日新聞)
「普天間」打開へ直談判 米国務次官補 小沢氏の腹探る(産経新聞)
陸山会土地購入 小沢氏意向で預金担保 6年に開始 「原資」隠す意図か(産経新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う(毎日新聞)
AD