前原誠司国土交通相は16日の閣議後会見で、1987年の第4次全国総合開発計画(4全総)で決められた全国1万4000キロの高速道路建設計画について、「最終的には1万4000キロについてどうするんだという見直しは不可避だと思っている」と述べ、縮小する可能性を示唆した。

 さらに「(どこまで無料化するかを含め)すべての高速道路のあり方や運営方法は、年内をめどに整理をして示すことができると思う」と述べた。【位川一郎】

【関連ニュース】
前原国交相:「政治とカネが一番大きい」 支持率低下原因
前原国交相:4党案に修正必要の考え示す 国労不採用問題
個所付け通知:前原国交相を注意 鳩山首相
前原国交相:公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立
トヨタ:リコール07~09年の38件調査…前原国交相

大麻・覚せい剤など、276万人が経験か(読売新聞)
【歴史に消えた参謀】吉田茂と辰巳栄一(1)われは秘密軍事顧問なり(産経新聞)
来週にも谷垣-与謝野会談 邦夫氏は「あわてない、急がない」(産経新聞)
矢刺さった奈良のシカ死ぬ、肺まで傷(読売新聞)
救えなかった命…無念抱え 長崎屋火災から20年、元救助隊長が定年(産経新聞)
AD