埼玉県飯能市の山中で、マルチーズなど約100匹の犬の死骸(しがい)が見つかったことが6日、県警への取材で分かった。衣服を身に着けた犬が多く、県警はペット処理業者による不法投棄の可能性が高いとみて、廃棄物処理法違反容疑で捜査している。 

【関連ニュース】
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑
粗大ごみを無許可処分=容疑で会社社長ら8人逮捕
産廃運搬会社社長を逮捕=70トン不法投棄容疑
産廃220トン不法投棄=処分業者ら逮捕

与謝野・平沼新党 鳩山邦夫氏外れる 5人で発足(毎日新聞)
牛肉輸入協議再開へ 日米合意 米「段階的に緩和を」(産経新聞)
無資格で債務整理、大阪の司法書士法人を告発(読売新聞)
飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
<雑記帳>宮本亜門さん、神奈川芸術劇場の初代芸術監督に(毎日新聞)
AD