国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在している野口聡一宇宙飛行士(45)が23日、ISSとドッキング中のスペースシャトル「アトランティス」の乗組員らと共に記者会見し、5カ月間にわたる宇宙生活を「終わってみればあっという間だった」などと振り返った。

【写真特集】野口宇宙飛行士:サンタ姿でISS入り…長期滞在スタート

 野口さんは昨年12月21日、ロシアのソユーズ宇宙船で飛び立ち、同23日にISSに移った。日本人宇宙飛行士として最も長い5カ月間の任務を終え、6月2日に同宇宙船で帰還する予定。

 会見で体調を尋ねられた野口さんは「あと2~3カ月いても大丈夫と思う」と笑顔で報告。「ソユーズでの帰還に不安はない。帰ったら、まずは家族とゆっくり過ごしたい」と語った。【須田桃子】

【関連ニュース】
【写真特集】日本の主な宇宙開発
【オーロラの写真も】野口聡一飛行士:宇宙からオーロラ撮影
【写真特集】野口聡一さん:和服で書き初め ISSで正月行事
【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ」系宇宙飛行士に 山崎直子さんの軌跡

安全機能の搭載義務化=使い捨てライター、来夏にも規制―子供の火遊び対策・経産省(時事通信)
【いきいき】NPO法人「ノーベル」代表理事・高亜希さん(産経新聞)
小沢氏、参院選へ支持要請=郵政法案成立を約束、局長総会出席(時事通信)
<エベレスト>13歳と50歳の世界記録誕生(毎日新聞)
神戸児童連続殺傷13年 子供への思い変わらず(産経新聞)
AD