横浜市鶴見区の鶴見川で10日、身元不明の女性の遺体が見つかった事件で神奈川県警は11日、司法解剖の結果、死因はくも膜下出血と発表した。頭部に複数回殴られたような傷があり、殺人・死体遺棄事件として横浜水上署に捜査本部を設置した。5月上旬に死亡したとみられる。遺体には重しとしていかりがロープでくくりつけられていた。

捜査本部によると、両手両足に皮下出血の跡もあった。女性は60~80歳代で身長約140センチ。白髪交じりで約3センチの短髪。腹部に胃を全摘出した手術痕(縦18センチ)があった。

遺体はきんちゃく形の紺色ポリ袋(深さ80センチ、幅40センチ)にひざを折りたたんだ状態で入れられており、首の部分で絞って頭部が露出していた。【中島和哉】

【関連ニュース】
鶴見川女性遺体:いかりで沈める 遺棄容疑で捜査
遺体発見:身元不明の女性、袋に入れられ 横浜の鶴見川に
死体遺棄:鶴見川に女性遺体 袋の中、おもり付けられ--横浜

千葉のクジャク、“写真判定”で飼い主判明(読売新聞)
<訃報>八角道夫さん86歳=元新和海運社長(毎日新聞)
八重桜、色鮮やかに=秋田県井川町〔地域〕(時事通信)
魚焼きグリル火元 9割は不注意原因 消し忘れ、油汚れ…火災5年間で 241件(産経新聞)
日医連、民主候補の安藤氏推薦を決定(医療介護CBニュース)
AD