K-popedia

Super Juniorを追えよ♥


テーマ:

【特派員Kレポ】東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代出演『江南フェスティバル』10/7レポ (2/2)


10月7日ソウル江南区COEX前永東大路で、COEX特設ステージで開かれた「2012江南フェスティバルK-POPコンサート(韓流フェスティバル)が開催された様子のレポが、特派員スタッフKから届きました!その2です。

【特派員Kレポ】東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代出演『江南フェスティバル』レポ(その2) ~いよいよ待ちに待ったライブ、豪華なステージに熱狂~

kannam1.jpg

そしていよいよ待ちに待ったライブスタートです。
今回の出演者のライブを見るのは初めてだったので、どのグループもすごく楽しみにしていました。
ライブの構成が、少女時代→SUPER JUNIOR→東方神起→少女時代→SUPER JUNIOR→東方神起という順番になっていたので、スピード感があって飽きさせないステージでした。

まずは、少女時代です。
最初に出てきたときは、白の衣装でばっちり決めていて、キレイなお姉さま、という感じでしたが、反対に2回目に出てきたときは、白いTシャツにシーンズというキュートなスタイルで女の私でもドキッとしてしまいました。
「GENIE」や「Gee」などヒット曲ばかりだったので、すごくお得な気分になりました。
そして、私の後ろのほうからは、熱狂的な男子ファンが(それも一人で!)大声でコールをしていて、その迫力に圧倒されつつもついつい笑ってしまいました。

続いてSUPER JUNIORです。
今回のステージはメインのステージ、中間のステージ、手前のステージととても長い作りになっていて、曲によってメンバーがいる位置が変わります。メインのステージには大きなビジョンがあり、そこから「SUPERMAN」で登場してきたのですが、映像も使って凝った登場になっていて、無料でここまでやるなんてすごい!と思ってしまいました。
途中、MCもありましたが、VIP席にいる江南区長までもいじり、江(カン・강)と南(ナム・남)であいうえお作文をするというSUPER JUNIORらしさがよく出ていたMCでした。
2回目に出てきた時は、全員が手前のステージまで来てくれて、肉眼で全員の顔をはっきり確認することができました。
メンバー同士で絡んだり、和気あいあいとしている姿は、すごくかわいらしく、パフォーマンスは格好よく、という感じで、ギャップに弱い女子に人気があるのがよくわかりました。こちらも、ヒット曲ばかり、「Sorry Sorry」、「Sexy Free & Single 」、 「Mr Simple」、「Miracle」、「美人」など楽しませてくれました。

そして、いよいよ東方神起の登場です。
さすが、完璧なステージです。
普段テレビ番組などではかわいらしい印象が強かったのですが、ステージは本当に男らしく、ダンスも完璧で見とれてしまいました。
新曲「Catch Me」で話題になっている『龍ダンス』も見ることができました。
その『龍ダンス』の時の衣装ですが背中がパックリ開いていて、ちょっとびっくりしてしまいました。
K-POPでは、わりとこういう大胆な衣装が多くて、見ているこちらのほうが恥ずかしくなってしまいますよね。(でも、もちろん見ます!)
東方神起は残念ながらメインのステージから移動することはなかったのですが、花火の演出などもあって、独特の世界観を醸し出していました。曲は、「Catch Me」とカンバックステージで披露している「I Don't Know 」をはじめ、「why?」、「MAXIMUM」、「Rising Sun」。

こんな豪華なメンバーでその上無料で、2時間たっぷり楽しんでしまいました。
韓国に来たら絶対に見たい!と思っていた3組を1日で制覇してしまい、夢のようなひと時を過ごすことができました。
途中、危険な目にも遭いましたが、9時間並んだ甲斐がありました。(完)

豪華なライブですねぇ。2時間やってくれて、無料ライブとは・・・、たしかに並んだ甲斐があるステージでしたね。

←前頁へ (その1)

♪「2012江南フェスティバルK-POPコンサート セットリスト

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

【特派員Kレポ】東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代出演『江南フェスティバル』 10/7レポ (1/2)

10月7日ソウル江南区COEX前永東大路で、COEX特設ステージで開かれた「2012江南フェスティバルK-POPコンサート(韓流フェスティバル)が開催された様子のレポが、特派員スタッフKから届きました!

【特派員Kレポ】東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代出演『江南フェスティバル』レポ(その1) ~いざ「江南フェス」へ、9時間並び、根性の観戦記録~

kannnam2.jpg

『江南フェスティバル』の最終日、10月7日にK-POPコンサートが行われるということで行って来ました。

東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代というプチSMTOWN LIVEのような出演者の上に無料ということで、行列は必至の覚悟で挑みました。
とはいえ、少し寝坊してしまい、現地に着いたのは、午前10時半頃でした。

COEX前という情報しかなかったため、三成の駅を出て少し迷ってしまったのですが、何となく人が集まっていそうなところに向かいました。
COEX前はすごく広い道路で、片側6車線くらいあるような道路なのですが、その片側6車線を通行止めにして、会場が作られていました。というわけで、ライブは普段、車が通っている道路上で見ることになります。日本ではあまり考えられない光景ですよね。

5000人限定という情報があったので、もうすごい行列かも?と思ったのですが、思ったほどの人はいなく、無事に列に並ぶことができました。
コンサートの開始は19時なので、9時間近く並ばなくてはいけないのですが、友達が来られなくなってしまい、韓国語もあまりよくはわからない状態でどうしようかと途方にくれていたら、ラッキーなことに隣に並んだ方が日本人で、ご一緒させてもらうことになりました。
13時ごろから少しずつ人数が数えられたり、整列しなおしたりしたりして、リストバンドが配布されたのですが、私は15時ごろになってやっとリストバンドをもらえました。

もらったリストバンドは『A』で一応ステージを直接見られる区域に入れるということでした。
それ以降の『B』『C』のリストバンドだと、大きなビジョンを挟んでの鑑賞になってしまうようです。

途中、リハーサルのためにSUPER JUNIORが出てくるという場面もありました。
屋外のため、何の仕切りもないので、リハーサルの様子は丸見えです。
こういう空間じゃないと、リハーサルを見る機会なんてないですよね。

そして、こういう屋外のイベントにつきものの屋外用トイレですが、ちょっとびっくりしました。
日本では、一人用の個室になったが何個も並んでいる、というのが普通ですが、韓国の屋外用トイレは大きくて、扉を開けると中に個室が4個ほどあります。安定性もいいし、数が多いのであまり待つこともなく、快適でした。

そして、開演1時間を切ったところで事件は起こりました。
どこからともなく「キャー」という歓声が上がり、みんなが走り始めたのです。それも整列を全く無視して。
会場への入り口は人が押し寄せて、一時騒然となりました。
将棋倒しが起こるんじゃないかというくらい人がぎゅうぎゅうになってしまい、スタッフが大声で(恐らく)「下がってください。」と言っているのに、後ろからどんどん人が押し寄せてくるため、下がることもできず、死の恐怖を感じました。
警察官まで投入されて、後ろに押し戻す、ということを試みていましたが、全く効果がありませんでした。
それでも『A』のリストバンドを持っている人たちは腕を上げで「自分は『A』だ。」と主張して、やっと少しずつ中に入ることができ、私も何とか、ビジョンより前の区域に入ることができたのですが、隙を見て『B』や『C』の人、さらにはリストバンド自体持っていない人まで入っていて、ちょっと不快な気分になってしまいました。(つづく)

しかし、ライブ会場が、片側6車線を通行止めにしてつくられていたとは、驚きですね~!
やはり、無料ライブというのは、それなりに見るまでが大変な苦労ですね。

→次頁へ  (いよいよライブへ)

♪「2012江南フェスティバルK-POPコンサート セットリスト

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
現代自動車がSMエンターテインメントとコラボアルバム「PYL Younique Album Vol.1 with S.M.ENTERTAINMENT」を制作し、ベロスター、i30、i40のテーマ曲3曲を公開する。

 今回のアルバムは、個性的でユニークなライフスタイルを楽しむ現代自動車のPYL(Premium Younique Lifestyle)の顧客に向け、披露するもの。

 16日、主要音楽サイトで初公開されたBoAの「LOOKIN」はi40のテーマ曲。自由で豊かなサウンドが際立つエレクトロニックポップ系のナンバーだ。

 また、17日にはセントラルシティー(ソウル市瑞草区)のミレニアムホールで行われる「PYLオート・ランウェイショー」で、少女時代のジェシカが歌うi30のテーマ曲「My Lifestyle」も公開。ショーにはBoA、ジェシカが出演する。

 このほか、少女時代のヒョヨン、SUPER JUNIORのウニョク、SHINeeのテミンらSMエンターテインメント所属のアーティスト6人が「ユニークユニット」を結成。彼らが歌うベロスターのテーマ曲「MAXSTEP」のミュージックビデオのティーザー映像も17日の同ショーで初公開する予定だ。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
新鋭アイドルグループ24K(ツーフォーケー)が日本有線チャートに登場した。

24Kのデビューアルバム「パリワ」が日本の有線ヒットK-POP総合チャートで9位に入り、新韓流の主役に浮上している。ヒットK-POP有線総合チャートは、K-POPの日本語曲と韓国語曲を対象に、有線音楽放送でのオンエア状況など、多様な要素を独自に集計する週間総合チャート。発売直前または直後の話題の曲を選別したチャートだ。

まだ日本で公式的な活動を一度もしていない24Kが2AM、BOYFRIEND、T-ARA(ティアラ)、少女時代、ORANGE CARAMEL、キム・ギュジョン、ソ・イングクに続いて9位に入った。新人グループでは唯一のベスト10入りで、注目を集めている。

所属事務所側は「24Kが10位内に入った日本有線チャートは、各種放送チャンネルや視聴者のリクエストに基づいて集計される日本3大チャートの一つで、音盤販売だけでなく現地の反応が分かるという点で意味深い」とし「日本国内の反応のためか、現地の会社から問い合わせの電話も入り始めている」と伝えた。

24Kは国内音盤チャート「教保ホットトラックス」の9月の音盤販売順位でも6位に入った。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
SUPER JUNIOR イトゥクにMighty Mouth サンチュ、10月は男性歌手の軍入隊ラッシュ
写真=マイデイリー DB
10月を迎えて、男性歌手たちが国防義務に臨むために入隊、入所している。

男女混成グループ8eightのイ・ヒョン(29)が8日午後1時、忠清南道(チュンチョンナムド)論山(ノンサン)訓練所に入所した。イ・ヒョンは5週間の起訴軍事訓練を受けた後、21ヶ月間陸軍として現役服務する。

イ・ヒョンはバラードグループ2AMのチャンミンとプロジェクトグループHomme(オム)を結成しながら活動の幅を広げ、最近はSBSドラマ「紳士の品格」のOST「胸がしびれるのが」で大きな人気を得て、次世代ボーカリストとして多くの人から愛された。

さらに、25日にはロックバンドTRAXのJoungmo(27、本名:キム・ジョンモ)が忠清南道論山の陸軍訓練所に入所し、4週間の基礎軍事訓練を受ける。その後、Joungmoは23ヶ月間の公益要員として服務する。

TRAXの所属事務所SMエンターテインメント側の関係者は、「Joungmoが昨年から軍服務を計画し、身体検査を実施した結果、脊椎側湾症で公益として勤務することになった。訓練を受けて勤務も誠実に行う予定だ」と明かした。

10月30日には、グループSUPER JUNIORのイトゥク(29、本名:パク・ジョンス)とヒップホップデュオMighty Mouthのサンチュ(30、本名:イ・サンチョル)が入隊する。歌謡界の先輩と後輩である二人は、同日に同じ場所に入隊し、軍の同期になる。また、イトゥクとサンチュは現役軍服務に対する意志が強く、それぞれ腰と肩の治療に励んでいたことがわかった。

イトゥクは、2007年にスケジュールを終えて帰宅する最中に発生した大型交通事故により、以前から患っていた腰のヘルニアの症状が悪化したが、継続的な治療を行い、予定通りに現役で入隊することになった。

サンチュは持病である肩の痛みの治療に専念し、最近の身体検査で3級の判定を受け、現役での軍服務が可能になった。

記者 : チェ・ジエ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

SMエンターテイメントの所属アーティストらのスカウト時の秘話が話題となっている。

最近、韓国のオンラインコミュニティ掲示板には、「SMのキャスティング秘話」というタイトルで、所属アーティストらのスカウト時についての秘話が公開された。

この情報によると、東方神起チャンミン はバトミントンをしていた際に、その容姿が目に止まって声を掛けられた。また、SUPER JUNIORカンイ ンはテーマパークで象列車に乗っていた時に発掘され、少女時代ソヒョン は地下鉄に乗っていた時にマナージャーの目に止まり、スカウトされたという。


特に、笑い誘った秘話は、EXO-Kセフン 。屋台で韓国の餅料理「トッポギ」を食べていた際にマネージャーから話し掛けられたが、30分にわたって逃亡し抵抗したという。

アメリカ生れで、また実の姉妹として知られる少女時代のジェシカf(x)クリスタル は、家族で韓国を訪れていた際に、最初はクリスタルに目が留められ、その後の両親とSM間の会談時にジェシカも居合わせたため、一緒にスカウトされた。

少女時代のサニー は、SMエンターテイメントの創設者で会長であるイ・スマンの姪だが、スカウト時にはそれは分からず、スカウト後に判明したなど、様々な秘話が注目を集めた。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
韓国SBS新月火ドラマ『ドラマの帝王』(脚本:チャン・ハンジュン、イ・ジヒョ、演出:ホン・ソンチャン)の主人公チョン・リョウォン&チェ・シウォン(SUPER JUNIOR )が注目を集めている。

 『ドラマの帝王』は、とにかく金にならなければならないと主張する外注制作会社代表アンソニー・キム(キム・ミョンミン)と、ドラマは人間愛だと主張する新人作家イ・コウン(チョン・リョウォン)、そして個性満点のトップスター俳優カン・ヒョンミン(チェ・シウォン)が繰り広げるドラマ制作記をコミカルに描いた作品。

 チョン・リョウォンとチェ・シウォンは、それぞれ個性の強いキャラクターを演じながらお茶の間に興味深いストーリーを届ける予定。

 そんな二人が、今回公開された写真で仲良さそうに何やら会話を交わしていて、見る者の視線を集中させている。

 スタッフによれば、二人は実際にも写真のようにとても仲が良いのだそう。

 最近ヤンピョンで行われた撮影で二人は息ピッタリの演技を披露、出会いのシーンを完璧に演じ、休み時間にも冗談を言い合うなど和気藹々とした雰囲気の中撮影が進められたという。

 これに関係者は、「普段の二人はとても仲の良い兄妹のようだ。だが、作品の中ではユニークな関係をお見せする予定なので是非期待して欲しい」と伝えた。

 この写真を見たネットユーザーらは、「二人、意外とよく似合うね!」「本物のカップルみたい!」「ドラマの帝王、期待してるよ!」などと熱い反応を示した。

 なお、『サイン』を演出、共同執筆したチャン・ハンジュン作家、『笑って、母さん』、『イケメンですね』を演出したホン・ソンチャンPDがタッグを組んだ作品ということでも注目を浴びている新ドラマ『ドラマの帝王』は、『神医』の後続作として来る11月よりスタートする。(翻訳:宮本りさ)

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

T-ARA所属事務所、新ガールズグループ結成「第2のSee Yaに」

2012/10/10(Wed) 07:59



ガールズグループT-ARAが所属するCOREコンテンツメディアのキム・グァンス代表が“第2のSee Ya”を11月にデビューさせる。

COREコンテンツメディアは「キム・グァンス代表が、今度はsgWANNABE+とSee Yaを足したような歌唱力を兼ね備えた4人組みの女性グループを結成し、11月11日にデジタルシングルを公開する」と明らかにした。キム・グァンス代表は、2004年にデビューしたボーカルグループsgWANNABE+と女性R&BグループSee Yaなどをプロデュースし、人気グループに育て上げた。

所属事務所側は「sgWANNABE+とSee Yaの長所だけを集めて誕生させた新しい女性4人組みグループは、10代後半から20代前半のメンバーで構成されていて、4人全員がラップ、歌唱力を兼備している」と紹介した。続けて「第2のSee Yaは最高の株価をあげている作曲家イダンヨプチャギとコンビを組んで新しいジャンルの音楽を作る」と抱負を伝えた。

第2のSee Yaと呼ばれているこのグループのチーム名とメンバーは後日公開される予定。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
写真=TVレポート
SMエンターテインメント所属アーティストたちのスカウトに対する裏話が話題になっている。

最近、あるオンラインコミュニティの掲示板には「SMスカウトの裏話」というタイトルで数枚の写真と文章が掲載された。

これによると、最も劇的に芸能人の道を歩み始めたスターは東方神起のチャンミンだという。スカウトされた当時、バドミントンをしていたというチャンミンは、優れたルックスを認められ、東方神起のメンバーとしてデビューすることになった。

SUPER JUNIORのカンインは友人と遊園地で遊んでいる最中に、少女時代のソヒョンも道を歩いている途中にマネージャーにスカウトされたラッキーなケースである。

新人グループEXO-KのメンバーSE HUNは屋台でスカウトされたが、マネージャーを避けて30分間逃げたというユニークなエピソードの持ち主である。

これに対してネットユーザーは「やはり第一条件はルックスってわけか」「できる人はできると思う」「オーディション出身の比率も気になる」「スカウトは外見でするけど、歌の実力も見るんじゃない?」など、様々な反応を見せた。

記者 : チャン・ミンソク

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

東方神起、スーパージュニア、少女時代出演「2012江南フェスティバルKpopコンサート」に2万人!

7日午後、ソウル江南区COEX前永東大路で、COEX特設ステージで開かれた「2012江南フェスティバルK-POPコンサート(韓流フェスティバル)。

韓流のメッカとして浮上しているソウル江南区が主催する「2012江南フェスティバル」が今月2日に開幕し、盛況のうちに開催される中、少女時代、SUPER JUNIOR、東方神起など韓流スターが総出動して注目を集めた。江南区広報大使少女時代とSUPER JUNIOR、そして東方神起などSMエンターテイメント代表歌手が総出演した今回の行事は、中国、日本、台湾など5千人の外国人をはじめとする国内外観覧客約2万人が殺到した。

今年で6回目となる江南フェスティバルは、 "江南(カンナム)、ファッションの中心"をモットーに10月2日から7日までCOEX近隣で行われ、江南新進ファッションデザイナーコンテスト、市民ファッションモデル、デザイナー、ファッションショー、トレンドファッションショー、国際ファッションショー、ファッションマーケットなどで構成された。(OSEN)

このコンサート、無料だったので、大変な人になったようですね。東方神起は、新曲の「catch me」「I don't know」はじめ5曲、スーパージュニアは、「Superman」で登場、ヒット曲「Sorry Sorry」「Sexy, Free & Single」など8曲、少女時代は「Oh!」「Gee」など8曲披露したようで、豪華なステージとなったようです。

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード