9日午前9時10分ごろ、福岡市中央区那の津1の福岡競艇場から「海に人の手首がある」と福岡県警博多臨港署に通報があった。捜査員が駆けつけたところ、海上に浮かんだ黒い袋の中から人の両腕が見つかった。競艇場から西に約7キロ離れた能古島(同市西区)で3月15日、同市博多区堅粕、会社員、諸賀礼子さん(32)の胴体の一部が見つかっており、県警は両腕が諸賀さんの可能性もあるとみて関連を調べる。

 県警によると、両腕は肩付近から切断されたような状態。腐敗が激しく、性別は不明。DNA鑑定をして身元の特定を急ぐ。

 競艇場東スタンドの北約150メートルにあるレース場内の海で、水深約50センチから約1メートルに漂っているのを清掃していた男性職員がみつけた。すぐそばにレース場と場外の海を隔てる壁がある。壁には開閉式の門があり、レース開催時以外は開門して場内外の海水が混ざる。

 競艇場によると、門は8日午後4時半から9日午前8時まで開門。この直前の8日午後3時半から午後4時まで、職員らが清掃したが、この時は黒い袋はなかったという。

 こうした状況から、福岡県警は腕が入った袋はレース場外から場内に流れた可能性があるとみて調べている。

 福岡県警は3月16日に死体遺棄事件として博多署に捜査本部を設置。3月31日まで連日、遺体の捜索を続けたが他の部位は発見できなかった。

 県警によると、諸賀さんは3月5日午後7時に勤務先の医薬品卸会社を退社後、行方が分からなくなった。自宅アパートには財布やバッグなどが残されており、いったん帰宅した後、連れ去られて殺害された可能性が高い。遺体の状況から死後に鋭利な刃物で切断されたとみられるが、自宅からは目立った血液反応は出ていなかった。

 現場の福岡競艇場は福岡都市高速1号線の天神北インターチェンジ近く。博多湾に面しており、周辺には商業施設のベイサイドプレイス博多や福岡国際センターなどがある福岡市の中心部。

【関連ニュース】
女性遺体:切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近
能古島切断遺体:尻に複数のあざ 他の部位を捜索
女性遺体:海岸に切断遺体 死後数日~数週間--福岡・能古島
取材ノートから:「無念」に応える /福岡
福岡・能古島の女性遺体:諸賀さん告別式 550人悲しみ新た

スーツケース遺体、33歳の韓国女性か(読売新聞)
阿久根市長派が不信任案…反市長派、挑発に乗らず?(読売新聞)
小沢氏、地元岩手・奥州市で両親の「しのぶ会」(産経新聞)
和解に向け面談を再要請―B型肝炎原告団(医療介護CBニュース)
診療所の病床、1年間で6000床減-1月末概数(医療介護CBニュース)
AD