レバレッジ勉強法/本田 直之
¥1,365
Amazon.co.jp

昨日のレバレッジシンキングに続き、本日はレバレッジ勉強法を読んだ。

レバレッジ(てこ)を聞かせた勉強法で少ない時間で大きな効果を
得るためのいくつかの方法が示されている。

内容はわかり易く、いますぐに実践できそうなことが多い、
勝間氏のほんとどうようとてもわかりやすい。
わかりやすいのがヒットの理由であろう。
勝間氏の著作よりは熱さ(暑苦しさ?)が少なく、
淡々と述べられている特徴がある気がする。

いくつかは知らず知らずのうちにやっていることもあるだろう、
ただそれをレバレッジ勉強法と名付けて、
万人に紹介できるところがこの著者のすごさである。

最近のビジネス書とそう突飛なところはなく、
やはりタスクの仕組み化が重要と述べられている。

こういう本の楽しみは、この本でも後半にあるが、
著者が実際にどんなデジタル機器、文房具を使用しているのかである。
こういうのを見るのも、こういう本を読む楽しみの一つである。。
AD