2007-07-08 03:06:06

電脳フォークロア

テーマ:オカルト

軽井沢OWNERS' HILLnahdaの演奏聴いて頂いた方々、
ありがとうございました!
この日の演奏は、世界中同じ日に全ての電灯を消し、
ロウソクの光の下で過ごす「100万人のキャンドルナイト」
というイベントの一環でした。
http://www.candle-night.org/
色とりどりの装飾を施されたロウソクの柔らかな光に
照らされて演奏するのは、独特の幻想的な雰囲気。
非常に稀有な経験となりました。


渋谷SEABIRDでのM3Kの演奏聴いて頂いた方々、
ありがとうございました!
いろいろギミックがあってなかなか気を抜けない
バンドである訳ですが、なんとか無事(?)
盛況の内に終えることができました。


で――最近私は都市伝説にハマってしまっている。


ブログのアクセス解析を見ると、相変わらず
「ニンゲン」を検索して私のブログに辿り着いている
人が多い様である。
かくいう私もそういう怪奇系都市伝説の情報を夜な夜な
ググっていたりする(注:信じている訳ではない)。


そんな中知った「鮫島事件」「牛の首」という
キーワード――。これらはマジで怖い
真相をご存知の方もおられると思いますが、
 興味を持たれた方はググってみて下さい。
 チキンな私は、あえてリンクしません。


これら以外に、こんなのもあった。
西条八十「トミノの地獄」という詩があるだが、
これを音読すると死ぬ(もしくは呪われる)という噂。
興味を持たれた方はググってみて下さい。
 チキンな私は、黙読しかしませんでした。


また、芳賀○理子という画家がこの詩を絵画化したが、
当人は謎の自殺を遂げ、その絵を見た者も次々と
自殺・変死したという。。。
興味を持たれた方はググってみて下さい。
 チキンな私は、あえてリンクしません。


信じてない、とは言え何か起こったら嫌だし、
夜中に一人で書いてて背筋が寒くなって来たので、
この辺でペンを置きます。
おおこわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-05-31 01:43:36

「ニンゲン」 だもの(by みつを)

テーマ:オカルト

5/24、吉祥寺曼荼羅Ⅱダイナモ観に来て頂いた方々、
本当にありがとうございました!
いろいろと辛口な意見も頂きましたが、これを糧にしつつ、
8月頃またライヴやろうと思います。


――で、最近になってようやく気付いたのだが、

恐らく俺が気付くのが遅かったのだが
アメーバブログにはアクセス解析機能の一環として「検索ワード」というのがある。

つまり、自分のブログにアクセスした人が、サーチエンジンでどんな言葉の検索結果から
辿り着いたのかを一覧にしてくれるのだ。
これが見てて非常に面白い。


以下が過去一週間の結果の抜粋である。


 1位 部分軌道爆撃系人口精霊        6件
 2位 南極海域人型物体ニンゲン       4件
 3位 2ちゃんねる 新堀ギター        4件
 4位 宇宙村 PHANTOM            3件
 5位 UMA ニンゲン             3件
 6位 巨大生物 ニンゲン           2件
 7位 変ドリンク -ルートビア        2件
 8位 オシャレ魔女ラブ&ベリー アメブロ   2件
 9位 david sylvian             1件
10位 ピエロ画像              1件
 :       :
 :       :


総評: 私のブログを見に来る人の大半は、学研「ムー」読者か、
    はたまた木曜スペシャルDVD購入者か???


特に、2、5、6位はUMA(未確認動物)「ニンゲン」 関連だが、
11位以下には更に「南極 ニンゲン 人型」「未確認生物 ニンゲン」
というのが1件ずつあった。
一週間で都合11回も「ニンゲン」情報の探索からここに辿り着いて
いるのである。現在最もHOTなトピックと言えよう。

ちなみに、1位の「部分軌道爆撃系人口精霊」 は私が知る中で、
最も強烈にスパイシーなオカルト通販グッズである。
以後お見知りおきを。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-14 20:19:23

『ニンゲン』なんて。。。

テーマ:オカルト

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。


という訳で私の最近のお気に入り、暗黒工房「嫌なおみくじ」で
今年の運勢を占いましょう。
http://www.ankokukoubou.com/etc/game/kuji/
ついでに「ホラー映画の主役になろう」もおすすめ。
http://www.ankokukoubou.com/etc/game/horror/


それはさておき――
皆さんは『ニンゲン』と呼ばれるUMA(未確認生物)をご存知だろうか?


「日本政府が行っている南極周辺海域での「調査捕鯨」では、
 鯨の捕獲調査だけでなく、捕獲しない種類の鯨も調査し、記録しているそうです。
 そこで、公に出来ない「ある物体」が数年前から目撃されているそうなのです。


 その物体とは、調査捕鯨関係者の間で「人型物体」と名付けられているもので、
 タイプがいくつかあるそうで、人間の形(五体あり)とか、人間の上半身が二つ
 連結された形とか、数タイプあり、鯨と同じように水中から現れるらしい。


 全身真っ白で、全長数十メートル。数年前以前の捕鯨を行っていた時代には誰も
 見たことがなかったらしい。
 情報を公にすると、現在の調査捕鯨の科学的信憑性がひっくり返るとかで、
 「非常に困惑している」とのこと…………。」


といった話が2chオカルト板でまことしやかに流れていたらしい。

既に情報ソースがかなりいかがわしいが。


「南極」「巨大」「人型」という時点で、何となくエヴァンゲリオン
ブームとのリンクが濃厚。
また、「知合いの友人がその調査団の一員でね。。。」みたいな感じで
噂が広まってる様なので、UMAというよりは、人面犬とか口裂け女と同様、
フォークロア(都市伝説)の範疇に入るのでは?
というのが大方の見解。


が、しかし――

その『ニンゲン』を撮影したという、鮮明な写真が存在したのである!
以下は、1960年代に英領フォークランドで撮影されたというその写真。


ニンゲン

とても数十メートルもある様には思えない。
っちゅうかこれ『どざえもん』では???

つるかめ、つるかめ。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-12-11 22:41:20

ヒトを呪わば・・・ 続集

テーマ:オカルト

それ以来――――

――俺の両頬は削げ落ち、

――――両眼は落ち窪み、

――――――体重は日に日に減少の一途を辿り……

などというスティーヴン・キングめいたことが起こる訳もなく、

とりあえず私はその紙に書かれた文字を素早く読んだ。


謎の人型

「大祓(おおはらい)人形 この形にめいめい人形を切り、
 この袋の中へ御入れになれば尚結構です」


な、何が「尚結構」なのか!?
そして両腕の部分に書かれた「家内安全」「身体健全」の文字――。
もしかしてこれは「呪い」ではなく「祈願」の人形なのか???

紙の裏側には更に、


「この袋の表の「人形」に家内中の氏名と年齢とを書き各々四肢又は
 身体の悪い処などを良くなでて息を「二タ息」づつかけて置いて下さい。
 お宮では皆様が清く明るい幸福な生活が出来ます様に
 大祓(おおはらい)の神事を行い御祈祷を致します。」


はあ、なるほど。人型をコピー(で呪術的効果は望めるのか???
して、それぞれ家族の名前と年齢を書けば、お祓いしてくれると。。。


「この袋は一両日中に頂戴に上ります。」


来るなよ!


「お初穂料はこの袋の中へお納め下さい。」


な、なんと! 金が要るのか!?
なるほど最近の神社は氏子不足で、こんな大胆かつ強引な飛込み営業をしてた訳だ。
かつてわら人形通販業界 について書いたが、普通の神社もなかなか侮れない。


オカルト業界恐るべし。これだから眼が離せないぜ! Check It Out!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-12-11 01:22:21

ヒトを呪わば・・・

テーマ:オカルト

10年くらい前、大学の研究室の先輩に、「何も言わず読め!」
鉄アレイ並の重量感を持ったハードカバー本を渡された。
その本とは――――数年前に死去した中島らも氏の「ガダラの豚」

かなり面白いという評判は聞いていたのだが、
持ち歩けない不便さからか、読まないままずっと保管し、
半年後、先輩の卒業時にそのまま返却。先輩すんません。


数年後神戸にて、嫁と一緒に、とあるライヴを観に行った際、
偶然中島らも氏の娘さん(サクソフォニスト!)に出会った。
その際、嫁からまたもや「ガダラの豚」を薦められる。しかし、読まず。


そしてその7~8年後、BOOK OFFにて「ガダラの豚」
第1部の文庫本(\105)を発見。何となく買ってみる。しかし、読まず。


更に半年ほど経過――ようやく「ガダラの豚」を読み始めたのだが。。。

なんと――!
なんで俺はこれを今まで読まずにいたのか!? こんなに面白かったとは!
そんな訳で、一昨日読了
既読の方も多いでしょうが、めちゃくちゃ面白いっす。オススメです。


「ガダラの豚」の興奮冷めやらぬ昨日――
ベイブリッジでの演奏から帰宅した私は、自宅のポストの
郵便物を確認していた。


――うん?


ポストの中から出てきたのは、なんとも不穏な白い物体。


――こ、これは……「式神」か!?


そう、それは不気味な人型の描かれた白い紙であった。
折りしも「ガダラの豚」を読んで、呪術というものに敏感になっていた矢先である。


――ま、まさか……俺は、誰かに呪いをかけられたのでは!? ひえぇぇぇぇぇぇ


                    <<< つづく >>>

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-08-06 02:16:40

トラウマ宇宙人

テーマ:オカルト

――とか火星に対する熱き想いを綴っていたところ、急に幼い頃の記憶が浮上した。


学研ジュニアチャンピオンコース をご存知だろうか?
私と同世代の方々は、小学生の頃、よくクラスの友達と貸し借りして読んだり
していたのではないか?

特に人気があったのは、「世界のなぞ世界の不思議」「七つの世界の七不思議」
「なぞの怪獣・珍獣を追え」「日本列島ふしぎ探検」等、謎系本。
私も例外ではなく、これらを読み漁っていた。


内容的には、謎の古代文明、UFO、宇宙人、UMA(未確認生物)――等など。
さすが「ムー 」を出版する学研、トンデモ系には気合が入っている。

しかし、稀有な自然現象(ブロッケン現象、鬼の洗濯板)、奇妙な建物(ローマの骸骨堂)、
奇妙な風習・宗教(ヴードゥ教、ハイチのゾンビ信仰)等、実際に存在が認められている
ものも載ってるので、完全なトンデモ系という訳でもない。


話を戻そう。
前述「世界のなぞ世界の不思議」に載っていた、私が非常ぉぉぉぉぉぉぉに恐怖を感じた
宇宙人写真(もしかして絵?)の存在を急に思い出したのだ!


私はその写真を見て以来、毎夜毎夜の如く、自分の寝室のカーテンを開けたら、
窓の外にその宇宙人の顔があるのではないか、そして俺はそいつに連れて行かれるのでは
ないか……という夢想に苛まれ、ろくに眠れない日が続いたものだった。


そこで、Googleで検索したところ、なんといっぱい出てきた!
きっと俺の様にこの宇宙人がトラウマになってる人も多いに違いない!


http://www.zolge.com/graphic/3m2.html
http://gomibox.hp.infoseek.co.jp/3m.htm
http://d.hatena.ne.jp/keyword/3m%A4%CE%B1%A7%C3%E8%BF%CD
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/e_fuji/3mfig/3mfig.htm


どうやら写真でなく、再現イラストだった模様。
ネット上では「3メートルの宇宙人」の呼び名が慣用化している様である。
この宇宙人の目撃事件があったウエストバージニア州フラットウッズでは、2002年に
宇宙人目撃50周年祭が催され、大いに賑わったという。(村おこしか!
一番下はソフビ人形等のグッズ情報。


恐るべし、「3メートルの宇宙人」!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。