【写真集告知】

日本カメラ社 <3200円+消費税>
写真集の御購入は【コチラ】からお願いします。

また、コザワとお会いできる人は、直接購入することもできますよ。
サインなども書きますし、いろいろサービス(秘)いたします。
お気軽に声かけてくださいませ。

ひらめき電球Twitter、絶賛つぶやき中
詳しくは【コチラ】です。

ひらめき電球Facebookもやっております・・・
アカウントは【kozawataichi】です。

注意Twiiter、facebookのどちらも、プロアマ関係なく、
【実際にお会いしたことがある方】をフォローさせてもらっております。

写真展やイベント、教室、はたまた道端でばったり会ってお声をかけてくれた方、
お気軽にフォローしていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたしますニコニコ

テーマ:

元リコー藤森さんからいただいたオーボール越しにモロッ子を撮影中、
彼女はどうやらウィンクの技を覚えたようです。

ということで、モロッ子もスクスク育ってますから

お父さんもがんばらねばなりません。

写真修行のために、これからまずはエチオピア・アディスアベバに飛んで、

その後アフリカ大陸の西・ガボン共和国へ行ってきます。

 

はい、9/1に金環日食があるので、ガボン人と一緒に日食見てきます!

===================================

ただいま募集中のいくつかを紹介します。

 

1EOS学園・作品制作講座募集中
(上記のクラスは、ステップ4を卒業した方を対象としたクラスです)

 

【単写真クラス】10月12日スタート
●水曜午後クラス
●水曜夜間クラス
 

【組写真クラス】10月11日スタート
●火曜・午後クラス
●火曜・夜間クラス
 

 

2TOKYO ART BOOK FAIRで、限定写真集販売します。

9/16(金)〜19(月・祝)の期間に行われるTOKYO ART BOOK FAIRで、

ラオスに関する限定写真集を販売します。
詳細はひとまず【コチラ】のブログをご覧ください。

販売価格10,000円の、ドリームラボによる写真印刷品質の高級写真集。

小澤太一&三村漢のコンビで作ります。


39/17(土)に、上記のイベントの派生…ということで、写真集飲み会を開催します。

ART BOOK FAIRに遊びに来ていただける方なら、どなたでも参加OK。

ただいま参加者絶賛募集中。

いつものように、リーズナブルなお店を予約して、なんらかのおもしろイベント企画中。

ひとまず参加してみたい、興味がある〜って人は

コザワのFBhttps://www.facebook.com/kozawataichiまでメッセージで連絡ください。

秘密のグループに招待しますので。

*人数に限りがありますので、万が一定員になった時はごめんなさいです。

早めの参加希望、よろしくお願いいたします。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

9月の16日(金)〜19日に、写真集関係のイベントが東京で開催されます。

 

その名も【THE TOKYO ART BOOK FAIR 2016】

 

写真集関係に携わっている、ギャラリーや出版社、作家…など、いろんな立場の人が

それぞれブースを出しちゃって、そこでいろんな写真集を販売する…というイベントです。

 

去年、会場を見に行ってみて、これは面白そうだな、と思っていたのですが、

なんと今年はそれに出ちゃうことにしました。

 

しかも、この会場で販売する用の、『限定写真集』を作ることにしました。

 

去年2月、写真展にあわせて『レソト日和』というとても大きなサイズの、

そして印刷の綺麗な写真集を作りました。

キヤノンのドリームラボという、写真品質とまったく同じクオリティでプリントできる、

そんな写真集です。

 

去年の『レソト日和』は9999円という、ちょっと高額な写真集にもかかわらず、

とても多くの人に購入していただいて、

しかもうれしいことに、ドリームラボでの品質クオリティをみなさん誉めてくれました。

 

なので、今回もドリームラボを使って、作ることにしました。

ただ、今回はあの時ほどは大きくないので、ご安心ください(笑)

今回はちゃんと本棚に入ります。デカさはそこそこ(それでも結構大きいですが)。

 

もちろん、一緒に組むのは、名デザイナー・三村漢さん。

 

コザワ&ミムラ…のコンビで今までいくつかの写真集を作ってきましたが、

今回もこれまで以上の写真集になるよう、二人でキャッキャッドキドキしながら作って参りました。

 

そして本日、無事、入稿いたしました!!

 

これからもいくつかの作業などはありますが、なんとか写真集は出せそうです。

 

今度の写真集がどんなものになるのか…

これから少しずつみなさんに紹介させていただきますが、

この写真集に御興味がある人は、

ぜひ9/16〜19のアートブックフェアに遊びに来てください。

 

もちろんこの写真集を御購入していただけるとうれしいですが、

そうでなくても、会場にはいっぱい面白い写真集がそれこそ無数にあると思いますので、

ぜひみなさんの運命の一冊を探してみてもいいでしょう。

まずは見てみたい…ということだけでも全然大丈夫ですし、

会場にも入場料かからず、ふらりと行くことができます。

 

今回僕が作る写真集は、前回の9999円よりも一円値上がりしました。

でも、そのぶん、なんとページ数がど〜んと増えてます。

ちなみに前回は80P…今回は100を超えております…えぇ、大赤字です(汗)

 

写真集の撮影場所は、『ラオス』です。

この8年間、ラオスを撮り続けたものの、集大成です。

 

そして、コザワ&ミムラコンビが作る写真集…といえば、

これまでいろんな企画もやってきました。

 

購入者特典、とにかく満載な…

絶対に損はさせない、そんな写真集です。

先月ラオスでの撮影で撮ってきた写真も入っております。

ちなみにこの写真は結構気に入っている写真なんですが、

名デザイナーさんにバッサリと…

『今回の写真集には入りません!ニヒヒと言われたボツ写真(涙)

 

 

【最近見た写真展】

236:『坂本三佳の世界旅』<オリンパスギャラリー>

237:『Invisible Worlds | Tokyo』鈴木 芳果<エプサイト>

238:『被災地の子どもたちへ』<フレームマンギンザサロン>

239:『東京定点写真 ~夕暮れと100年散歩~』鷹野晃<ソニーイメージングギャラリー>

240:『TAMAZUSA -玉梓-』大原明海<ソニー>

241:『White Out II -出発-』地現 葉子<ニコンサロン銀座>

242:『"夏弥"Photo memories 駆け抜ける-とき-』<ニコンサロン銀座フォトスクエア>

243:『写祭』<iiaギャラリー>

244:『HEROES』ヨシダナギ<KANZAN GALLERY>

245:『Professional Photographer 60人展 』<フジフィルム銀座>

246:『東京カメラ部10選2015展』<フジフィルム銀座>

247:『Photonico』<京橋72ギャラリー>

248:『耕す人』公文 健太郎<キヤノンギャラリーS>

249:『新編 太陽の鉛筆』東松 照明<キヤノン・オープンギャラリー>

250:『Reflection』伊波 リンダ・北上 奈生子・渡久地 葉月<キヤノン・オープンギャラリー>

251:『リオデジャネイロオリンピック雑誌速報写真展』日本雑誌協会<キヤノンギャラリー>

252:『星野道夫の旅』<銀座松屋>

253:『航空眺望 ~5人の個性が奏でるツバサのある情景~』<フレームマンギンザサロン>

254:『海上保安の光景』米田堅持<フレームマンギンザサロン>

255:『よみがえる絶滅種展』<コニカミノルタプラザ>

256:『Dear Earth』高砂淳二<コニカミノルタプラザ>

257:『MYANMAR TIME』三田 崇博<オリンパスギャラリー>

258:『Kー1 ASIA』渡辺英明<tokinon50/1.4>

259:『夏』東京都市大学写真部<デザインフェスタギャラリー>

数字は4月から見た写真展の数です。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日は、写真業界初…かもしれない、『撮らないゼミ』を開催しました。

しかもゲネプロ版…という、これまた初の企画づくし。

GANREFのワークショップで、この謎のネーミングの募集をしたら、

定員の3倍以上の応募がありました。

ひとりでも来てくれたらうれしいなぁ…とマジで思っていたのでビックリ。

見事抽選で選ばれた方々が、インプレス本社に集合。

 

まずは約一時間の『座学』。

本日どういうことをやるのか…がわからないまま集まった人たちが、

しっかり前日に作り込んだ(?)、新鮮なままのパワポを見ながら、

今日のやることと、その意味をしっかり理解する大切な時間。

 

そして、『撮らないゼミ』なのに、撮影地の神楽坂へ移動。

これは、プロの極秘テクニックである、

『レンズキャップをつけたまま撮ろうとして、その場を和ませる術』

実践した後で、自然な笑顔を撮ったところです。

 

本日の参加者、15名がいよいよ撮影実習へ。(撮らないゼミ…なのに)

そして、本日の撮らないゼミの、重要なアイテムがこれ。

その名も『イメージノート』


えぇ、まるでただの付箋のように見えるかもしれませんが、

それはきっと気のせい。

 

これをどう使って、どう考えて・・・そしてどう作品を撮るのか?

 

僕自身、あんな気持ちを味わったことがない、まさに初の撮影会でした。

ちなみに本日、『撮らないゼミ』でコザワがカメラを向けたのは、

わずか4つのポイント、たった53枚のみ。


講評会も全部終わった後、参加された方から

感想や御意見をいただく時間を設けたのですが

これが思っていたよりもめちゃくちゃ好評な感じで、

今回のゼミは意味があることだったんだなぁ…とやっと実感(笑)。

 

ひとまず『こんなゼミ、詐欺だぁ〜〜』とか言われずに一安心ですウシシ

このゼミがゲネプロ版じゃなく、また開催されるかどうかは

現状未定ですが…GANREF編集部はヤル気マンマンのようです。

そして、講師はフツーの撮影会の方が、ウンと楽チンなのを感じています(笑)

 

また開催される時がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。