被災地より、子供達の未来の為に。

◆東日本大震災を乗り越える親子の記録「三陸こざかなネット」Blogです。
◆2011.3.11〜約1年間の記録は、記事一覧よりご覧下さい。


テーマ:
◆東日本大震災後の暮らしや、防災・減災、被災地復興にかかわる様々な人・仕事を伝えるフリーペーパー「東日本大震災を乗り越える親子の記録・こざかなのみみ」第3号が完成致しました。これからの社会を担う子供たちが、生まれ育った町や自らの将来に興味関心を得られるよう内容を吟味し、親しみやすいイラストや漫画を添えた構成となっておりますので、是非ともお手に取ってご覧頂きたく存じます。

~主な内容~

1)防災・減災、被災地の未来:震災体験記(気仙沼編)
2)ぼくたち・わたしたちにできることってなんだろう?
:先輩の体験に学ぶ災害ボランティア活動
3)暮らしを支える人・仕事
:動きの専門家・理学療法士による
 応急仮設住宅のバリアフリー化に向けた取り組み(石巻編)

 

 


◆創刊時から継続的にご支援・ご指導頂いておりますライオンズクラブ国際協会様をはじめ、全国各地のサポーターの皆様、そして、今回、55000部もの配布に協力を申し出て下さった読売新聞販売店の皆様へ、改めて御礼申し上げます。


東日本大震災発生から5年目の春が訪れようとしておりますが、これからも初心忘れることなく精一杯活動して参りますので、何卒お力添えいただきますようお願い致します。

◆明日3月11日、岩手・宮城・福島の沿岸地域で配布される読売新聞に折り込まれます。別途郵送ご希望の方は、以下の宛先(Email)までお知らせください。

※在庫希少につき、ご希望に添えない場合がありますこと予めご了承ください。  kn.nakayama#(@)dream.jp(中山)
AD
いいね!した人

テーマ:
【こざかなのみみvol.3 来月11日発行!】
~お知らせ&お願いです~

◆昨年春に創刊しましたフリーペーパー「こざかなのみみ」。お陰さまで来月11日に第3号を発行できる運びとなりました。今回は、東北連合読売会(東北地区にある読売新聞販売店さんが集まる団体です)が、協賛して下さることになりました。発行部数は55000部!沿岸被災地で販売・配布される読売新聞に折り込まれます。

◆震災を知らない子ども達に、「ぼくたち・わたしたちにできることがあるんだ!」と感じ取って貰えるよう、「新聞やテレビ番組では取り上げられないような出来事」もわかりやすく表現することを心掛け、内容を厳選し制作を進めております。災害だけではない、あらゆる困難に立ち向かう逞しさ、優しさ、思いやりの気持ちをお届けします。

◆「こざかなのみみ」制作・発行を支援して下さる企業・団体さまを募集しております。今日まで、たくさんの方々にご支援頂き、三陸こざかなネットの運営を継続できておりましたが、✴︎vol.3発行以降の活動資金について全く目処がたっておりません。もちろん、活動継続を目指し、代表・副代表を中心に様々な可能性を模索しておりますので、どうかこの機会に、ご検討賜りたくお願いを申し上げます。

※来月11日発行の最新への広告掲載も可能です。
詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ
kn.nakayama@dream.jp(中山)

東日本大震災を乗り越える親子の記録
三陸こざかなネット
代表 中山奈保子

✳︎私達の活動
http://www.kozakana3.justhpbs.jp/activities.html

{100388DB-7A47-45AA-ACB3-4CA47F73EEF4:01}


AD
いいね!した人

テーマ:
三陸こざかなネット制作・フリーペーパー「こざかなのみみ」vol2の発送を開始致します!


ご希望の方は、発送先住所・氏名・希望部数を以下の宛先(Eメール)までお知らせください。地域の学校や児童施設、お店、病院、福祉施設等などにまとめて設置して頂ける方も募集中です。

◆連絡先:三陸こざかなネット事務局:kn.nakayamaあっとdream.jp(あっと→@)
◆発送料:無料※

※活動資金(一口1,000円~)または物資(Amazon欲しいものリスト)提供、「こざかなのみみ」第3号(2016年2月発行予定)広告掲載企業・団体さまについても募集しておりますので、この機会にぜひともご検討頂きたくお願い申し上げます。詳細につきましては、三陸こざかなネット事務局までお問い合わせください。(活動資金・物資について)

*****

「こざかなのみみvol.2」(全8ページ)
1)東日本大震災被災地の今「ぼくたち・わたしたちにできることってなんだろう?」
  漫画「津波が来た町に花は咲くの?」
2)東日本大震災被災地の暮らしを支える人・仕事
  被災地支援プロジェクトチームEn「学習支援」
3)過去の震災に学ぶ防災・減災・被災地の未来
  2000年有珠山噴火(被災した女性のへのインタビューほか)
4)いますぐ役立つ防災・減災・助け合い
  認知症のお年寄りが安心して避難生活を送るために
  とっさの一言in English

 

 

 







AD
いいね!した人

テーマ:

◆「震災後の暮らしを伝えつづける活動」の一貫として、9月3日から5日間の日程で行った被災地ボランティア交流について、参加された北海学園大学(札幌)の学生さん主催の報告会に参加しました(Skypeにて石巻からの参加でしたが…)。報告会には、次回以降参加を希望する学生さんも多数参加し「現地に行ってみなければ分からない」体験談へ真剣に耳を傾けて居ました。


◆北海学園大学人文学部・岩崎ゼミ&米坂ゼミの皆様には、現地活動のみならず、震災記録漫画の制作にもご協力頂いております。これまで幾度となく募金を頂戴しましたが、今年はさらに、大学祭でフリーペーパーを配布して下さるとのこと。ありがとうございます!


いいね!した人

テーマ:
8月29日・30日に開催された「石狩まるごとフェスタ2015(北海道石狩市)」「こざかなのみみ」を配布して頂きました!

◆協力して下さった***石狩思いやりの心届け隊***の皆さまによる**東北支援ブース**では、復興支援活動の様子を記録した写真の展示や、沿岸被災地の特産品販売などが行われ、それぞれ大盛況の様子でした。

 


写真は、会場の様子と「こざかなのみみ」梱包の様子です。心を込めて、皆さまの元へお届けいたします。サンプルご希望の方は、以下のアドレスまでご連絡ください。kn.nakayama@dream.p(中山)
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。