被災地より、子供達の未来の為に。

◆東日本大震災を乗り越える親子の記録「三陸こざかなネット」Blogです。
◆2011.3.11〜約1年間の記録は、記事一覧よりご覧下さい。


テーマ:



フリーペーパー「こざかなのみみ」
神戸新聞に掲載していただきました。

神戸といえば、阪神淡路大震災をイメージされる方が多いのではないでしょうか?
都賀川水難事故は、阪神淡路大震災が発生(1995年)から13年後の2008年に発生しました。事故当時の都賀川では、突然降り出した豪雨により、たった2分間で川の水位が1メートルにまで上昇。川の近くで遊んでいた小学生5人らが亡くなりました。

「どのように災害から子どもの命を守るのか」

都賀川水難事故の遺族や知人らでつくる団体「7月28日を『子ど もの命を守る日』に実行委員会」代表・谷口さんの言葉です。

特に、東北の沿岸地域に暮らす子ども達は、自然災害といえば「地震・津波」とイメージする傾向があるようですが、決してそうではありません。水害、火山噴火、竜巻など等……日本全国、世界中どこにいても自然災害は発生します。そこで、どうやって自らの命を守り、命をつなぐために他人と手を取り合えるか。弱い立場にある人々にどう手を差し伸べたらよいのか。私たちの作品をきっかけに、親子で、考えて頂ければ幸いです。

◆フリーペーパーこざかなのみみ(創刊号)
残り1200部となりました。現在、全国無料でお届けしていますので、ご希望の方は以下の宛先までご連絡ください。

Email:kn.nakayamaあっとdream.jp
FAX:0225-23-4012

◆神戸の皆さま
「こざかなのみみ」は、以下の場所で配布されています。
1)灘区民センター
2)人と防災未来センター資料室

◆北海道の皆さま

8月29日・30日開催の「石狩まるごとフェスタ」内、東北応援ブースで「こざかなのみみ」を配布して貰うことになりました。2011年震災発生直後から継続的に被災地復興支援活動を行う、「石狩思いやりの心届け隊」の皆さんによる復興支援活動報告会も同時開催されていますので、是非足をお運び頂けたらと思います。

◆これまでの記録

京都府福知山市・駅前商店街「ききょう通り商店街」の皆様に配布のご協力を頂いています。

「こざかなのみみ」サンプルページ

AD
いいね!した人

テーマ:

◆三陸こざかなネット制作フリーペーパー「こざかなのみみ」
**サンプル画像はこちら**

発刊から20日を前に、全国各地へ向けて「2000部」配布を達成しました。
写真は**京都府福知山市駅前のききょう通り商店街**の皆様に配布のご協力を頂いている様子です。

ききょう通りの皆さま
Happy Clover プロジェクト・コンフォートキルトin福知山の皆さま
ありがとうございます!!!!

 

 


ききょう通りの皆様以外にも、北は北海道~南は香川県と「こざかなのみみ」ネットワークが広がっております。

まだまだ在庫がありますので、配布のご協力頂ける方からのご連絡をお待ちしております。

◆配送料につきましては、創刊号発刊記念につき「無料」とさせて頂いております。
◆サンプル希望の方は、三陸こざかなネット事務局までお声がけください→(中山:kn.nakayamaあっとdream.jp)


**サンプル画像はこちら**
AD
いいね!した人

テーマ:


防災・減災だけではなく、
自分たちが住む町の未来、福祉、社会貢献に興味関心を持ってほしい…


タイトル「こざかなのみみ」は、子供達が夢のある情報や話題を求めて泳ぎ回る…そんな想いを込めて命名しました。まずはこのブログをご覧になってくださった方を優先し、サンプルを発送(送料無料)させて頂きたいと思っています。

氏名・宛先等明記のうえ以下のmailアドレスまでご連絡ください。
kn.nakayamaあっとdream.jp(代表・中山奈保子)
※あっとマークを変えてご使用ください。

∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

◆内容(A4サイズ・フルカラー8ページ:5000部発行)

∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

1)東日本大震災被災地の今

①「ぼくたち・わたしたちにできることってなんだろう?~被災地ボランティア活動に挑戦!~」
②連載漫画「教えて!原だっち!!~仮設住宅以外にも、助けを必要としている人がいるって本当?!~」(協力:一般社団法人BIGUP石巻代表・原田豊さん)

2)東日本大震災被災地の暮らしを支える人・しごと

①「誰もが行きたい場所へ行ける町を目指して~NPO法人・移動支援Rera代表・村島弘子さんにインタビュー~」
②漫画:移動支援Reraスタッフの1日~移動支援のプロに見習い!~』

3)過去の災害に学ぶ防災・減災、被災地の未来

①「7月28日を子どもの命を守る日に!~阪神大震災を体験した神戸市灘区で発生した水難事故~」
②漫画:鉄砲水の怖さを知ろう

4)今すぐ役立つ防災・減災、たすけあい

①避難所で足が不自由な人をみかけたら?~理学療法士橋本さんのアドバイス~
(監修:一般社団法人りぷらす)
②とっさの一言in English!!「津波がくる!さあ、はやく私に着いて来て!逃げるよ!!」…を英語で言うと?
(監修:北海学園大学人文学部教授・米坂スザンヌ)


 

 






AD
いいね!した人

テーマ:
まずは、ながらく更新が滞っていましたことをお詫びいたします。
現在、私たちは今月末発行に向けて、新作・震災記録漫画の制作に取り組んでおります。

今回は予てからお知らせしていたように、
無料誌:フリーペーパーの形で発信いたします(配布地:全国・発行部数:5000)。


◆東日本大震災被災地の今、被災地復興に携わる人々・仕事、過去に発生した自然災害に学ぶ防災・減災。未来に向かう子供達が、防災や命の大切さ、福祉、さらには社会貢献へと幅広く関心をもてるよう配慮した構成となっております。

 

配布先の募集については、Facebookページもしくはmailレターにて改めてお知らせ致します。写真は、掲載する漫画の下描きです。(中山奈保子)
いいね!した人

テーマ:
【三陸こざかなネット通信】は、これまでに漫画を注文下さった方、御名刺交換させて頂いた方に送信しております。 配信希望の方は事務局までご連絡ください。
◆最新号・vol.28:2015年6月2日配信

*****

あっという間に「衣替え」の季節を迎え、我が家の幼稚園児も真っ白い夏の制服に身を包み元気いっぱい出掛けて行きました。今日の石巻地方、気温は23度前後まで上がるとのこと。心地よい風が吹いていますが日差しが強く、肌をジリジリと焦がしていきそうです。

*****

火山噴火のニュースが連日伝えられるなか小笠原諸島西方沖を震源とした地震が発生し、北海道から沖縄まで全国各地で揺れが確認されました。津波の心配はなかったものの、あの長くで不気味な揺れに気分を悪くされた方も多かったのではないでしょうか。

災害に対する備え  プラス  熱中症予防などの体調管理。
防災・健康……どちらも日頃からの「意識づけ」が大切ですね。

さて、今回の三陸こざかなネット通信では以下の内容をお届けいたします。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

1)震災記録漫画・制作開始しました!

2)「震災記録漫画パネル展示」について

◆引き続き、皆様からのご支援をお待ちしております。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

1)震災記録漫画・制作開始しました!

昨年7月に完成した震災記録漫画「あなたがいたから…」に続き、今年も震災記録漫画集を皆様にお届けできる運びとなりましたことをご報告致します。予てからお知らせしていました通り、今回からは一人でも多くの方に「途切れなく」被災地の暮らしをお伝えするために、年4回「フリーペーパー(無料誌)」の形で、震災記録漫画を制作・発信いたします。

今回のテーマは以下の3つです。

①被災地の今、どんな人がどんな思いをもって復興への歩みを支えているのだろうか?
②「私たちにできることって何だろう?」...親子の目線で「復興」を考える
③被災地の暮らし(人・仕事・風景)を全国各地に発信する

これらのテーマを中心とした、「親子・体験レポート」や「投稿手記」を三陸こざかなネットオリジナルの漫画やイラストを添えて紹介します。新聞やテレビではなかなか知ることができない話題にも触れつつ、今を生きる子供達が、防災や命の大切さについて幅広い視野を持ち、自ら行動できるようになることを目指します。


◆制作・活動継続資金を寄付くださいました、ライオンズクラブ国際協会の皆様、Shizuoka癒しマーケットの皆様、渡和の会(和光市)の皆様、北海学園大学人文学部・米坂ゼミ&岩崎ゼミの皆様ほか、個人の方々からもご支援を頂きました。改めまして、心より御礼申し上げます。


2)「震災記録漫画パネル展示」について

5月31日、Shizuoka癒しマーケット(静岡市)会場内での展示を終え、次なる展示先を募集しております。

「島国日本、小さなこの島の中で起こったあの出来事を時間が経っても意識できる時間を持ちたい」

Shizuoka癒しマーケット主催者様からは、このようなお言葉を頂いておりました。 漫画パネルは、震災記録漫画「ねぇねぇしってたぁ?」に掲載される“漫画部分”のみを拡大しA2版パネルに収めたものです。地震や津波の恐怖を思い出しながらも、子供達の可愛らしい表情が心を優しく癒してくれます。小さなお子さん達にとっては、自然災害に対する興味や関心を引き出す機会になるでしょう。


◆三陸こざかなネットの活動を応援したい!!

三陸こざかなネットでは、漫画制作をはじめとした「震災後の暮らしを伝え続けるために行う6つの活動」を企画・運営しています。私たちの活動を応援する3つの方法をご紹介いたします。

①活動資金の寄付 ◆活動資金の寄付について
http://www.kozakana3.justhpbs.jp/support.html

②震災記録漫画の購入・パネル展示 私たちの作品を地域の図書館や児童施設に寄贈して頂けませんか? 1冊から購入可能です(在庫状況をご確認ください!) 20冊以上ご購入の場合は、割引・送料無料としています。ご相談ください。

◆漫画購入について
http://www.kozakana3.justhpbs.jp/manga.html

◆パネル貸出しについて
http://www.kozakana3.justhpbs.jp/kashidashi.pdf

③講演・執筆について
http://www.kozakana3.justhpbs.jp/kouenn_irai.pdf

被災地だからこそできる子育てがある。
「病気や障害、災害に負けない心と身体を育むために必要なことを皆さんと一緒に考えていきたい」…そんな思いを込めて講演・執筆活動を行っております。

◆使用するスライド
http://www.slideshare.net/ssuser20001e/ss-47587312

この他にも、Facebook記事等をお知り合いに紹介いただければ幸いです。
私たちの活動が継続されるよう、どうか宜しくお願い申し上げます。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

◆活動情報
Facebookページ
https://www.facebook.com/kozakana3.net
ブログ http://ameblo.jp/kozakana-ishinomaki/

◆講演・漫画パネル展示については、事務局までお問い合わせください。
kn.nakayama@dream.jp

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

【三陸こざかなネット通信】は、これまでに漫画を注文下さった方、御名刺交換させて頂いた方に送信しております。ご不明な点につきましては、何なりとご連絡下さいますようお願い致します。※配信不要の方・アドレス変更希望の方は、お手数をおかけしますがこのメール迄ご返信ください。

**東日本大震災を乗り越える親子の記録・三陸こざかなネット/中山奈保子**
〒986-0857 宮城県石巻市築山3丁目7-18 FAX:0225-23-4012
E-mail:kn.nakayama@dream.jp Web site:http://www.kozakana3.justhpbs.jp/ facebook:https://www.facebook.com/kozakana3.net
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇