東北地方太平洋沖地震により、多くの方の尊い命が失われたことに、深い哀悼の意を捧げます

同時に、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます

また、復旧に力を尽くしてくださっているすべての皆さまに、感謝を申し上げます

---

通常営業に戻りました。
毎週月曜実施の無料電話相談ですが、当面、わたしが事務所にいるときは随時受け付けます。
am10:00~pm3:00頃まで。事前のメールも予約も必要ありません。
今回の大震災で資金繰りへの影響が心配な方は、決算書か試算表を手もとに用意してお電話ください。


無料電話相談 や、講演 のご依頼などについては小堺桂悦郎のオフィシャルサイト をご覧ください

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年06月14日

明日から来週にかけての予定

テーマ:用語解説

明日から来週にかけて不在と出張が続きます。

 

明日は午後3時半ころまで不在、

金曜日から日曜まで出張、

来週月曜は3時から5時ころまで面談、

そして火曜も終日不在、

水曜から木曜が出張で不在

 

ってことは、次の在室日は来週23日金曜!

26日月曜が今月のニュースレター配信日!

いま7枚まで書いた・・・・・・

来週の金曜土曜で10枚書けるか???

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月31日

3月決算、終わりました。

テーマ:試算表

ワタシは税理士事務所じゃないんで、

3月決算終わりました、ってのもおかしいんですが。

 

クライアントさんの3月決算相談で、

最後の相談が、今日の10時半過ぎですよ。

メール添付で試算表が送られてきて。

 

てっきり、これで申告しなした、って報告かと思ったら、

ここからどうしたらいいでしょうか?

 

ここから?

今から!

今日、31日だけど!!

 

電子申告ってのも便利なようで大変すね。

まあね、仕訳1本足して、利益が変わっても、

内訳書の訂正に1分、

申告書もあらかた数字を入れとけば、1分で終わるか。

 

今日の決算相談の内容すか?

今月のニュースレター特集の2番目ですね。

ワタシの方針、考えは、今月のニュースレターのとおり。

 

顧問税理士事務所は、それを知っているかですって?

知ってるも何も・・・・・・

かなり積極的に協力?してたみたいで。

それがいつからか、消極的になりだして・・・・・・

 

と、いうことで、無事、3月決算、終わりました。

いや、これって無事なのかな・・・・・・

 

さて、送られてきてた試算表11か月分から資金繰り表を作成して、

次に、別の会社の仕入れ元帳と在庫管理ソフトの仕入れ一覧表との照合をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月12日

4月22日土曜日コンサルセミナー勉強会 残席1!

テーマ:用語解説

本日12時35分現在、残席1となりました。

 

これも何かのご縁です。

ちょっと高いけど行ってみようかな、

自分に役立てるかな、

どうしようかな、

もし、少しでもそう思ったなら、いますぐ!

 

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=kozakai&formid=129

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月11日

4月22日土曜日コンサルタントセミナー勉強会 残席3!

テーマ:用語解説

おかげさまで、残り3席となりました。

 

と書きましても、最初から定員を明かしてませんので、

ここで残席を書いたところで意味もないんですが。

やはり不思議なもので、定員満席にしたいなと。

 

こうした勉強会開催は通算20回目、

完全自主開催は、なんと3度目、しかも自分史上最高額セミナー!

 

普通だったら、あおりにあおって宣伝しまくるところですよ。

去年9月の銀行ファンドセミナーと比べていただくとわかりやすい。

あれも、自転車操業メルマガでのご案内でしたが、

主催はワタシではなかったんです。

 

今回は、自分主催だけでなく、テーマが自分のことです。

自分のやってきたこと。

じつは、コンサルタントでありながら、自分テーマは初めてなんです。

 

だいたいセミナーって、「オレって凄いんだぜ」じゃないですか。

「オレの見つけたこのノウハウがイチバン!」みたいな。

 

ワタシの本をよくご覧いただくとわかると思いますが、

派手な表紙のわりに、

どこにも「オレがイチバン!」みたいなことは書いてません。

 

ねえ、累計20冊100万部の著者っていったら、

凄いはずなのに・・・

でも、不思議なもんで、ぜんぜん、そんな気がしない。

 

いえいえ、当日は、自信満々で話しますよ。

だから、やるんですから。

 

けど、自分こそ最高!

と思いつつ、そうなのか?とも。

 

本は、読むのもいいですが、書くともっとわかりますよ。

コンサルタントという肩書き?はともかくとして、

会社経営者であろうと、サラリーマンであろうと、

まとまった文章を書けるようになると、

ビジネスはもちろん、人生が変わりますよ。

 

それも、書く以上は、伝わるように、売れるように書く。

目指して書いたほうがいい。

 

どうも自分は人前で話すのが苦手だ、という人も、

書くと話せるようになりますよ。

話しが面白いかとか話しが上手かとかはともかく、

ちゃんと伝わるように話せるようになります。

 

今週の月曜配信のメルマガに、

金曜最終で上京して、土曜の最終?で帰れば、

みたいなこと書きましたが、

それはかつての自分です。

市ヶ谷のアルカディア市ヶ谷だったかな。

 

22日は品川駅前(高輪口)なんで、東京駅からでも10分です。

山手線の混雑が苦手な人は東海道線で。

 

何かを始めるのに、年齢は関係ありません。

中高年の方も大歓迎。

 

これからますますスマホの時代になっていくのに、

いまさら「紙の本」かって?

だから、情報の元は「紙」ですから。

あとはバラして出せばいいだけですって。

 

ということで、自信満々と不安?のいりまじった、

これぞ裏表のないコンサルタントセミナー、

あと3席です。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=kozakai&formid=129

 

さて、コンサルタントマニュアルの続きを書きはじめます。

ベストセラー本の書き方の章から・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年03月31日

4月22日コンサルタントセミナー案内文 その2

テーマ:コンサルタントセミナー

 (その1からの続き)

 

 じつは、私も手本を見せなきゃいかんと、弟子と同じタイミングで電子書籍を発売したのです。

 結果は、私の完敗、弟子の圧勝です。

 

 その敗因は、弟子はフェィスブックをやっていて、私はやっていなかったこと。

 

 去年の9月に開催した銀行ファンドセミナーの際に、私がフェィスブックを始めたのは、こうして弟子に完敗したのがきっかけです。

 

 

 けど、去年の9月から、やっとフェィスブックをやり始めて、いろんな人のタイムラインを見たじゃないですか。

 驚きましたね。

 何が驚いたかって、紙の本の出版を、フェイスブックで宣伝してるんですよ!

 やっと本を出版しましたー

 皆さん買ってくださーい

 出版記念セミナーやりまーす

 

 あれれ???

 おかしくないすか?

 紙の本って、もっとも古い情報伝達手法っすよね?

 そのもっとも古い、紙の本のお知らせを、最新の道具であるフェイスブックで宣伝してるんすか???

 

 で、アマゾンランキングで何位になりましたー

とか、何刷り何万部いきましたー

 出版記念パーティー、イエーイ!

 

 ●●●●のランキングなんて、ぶっちゃけ身内のサクラで簡単にアップできるっしょ。

 書店のランキングも、著者本人の買取で、新聞広告は著者の自腹ばかりじゃん!

 

 なんだよ、いまでも本を出すことはステイタスなの?

 本を出版してセミナー講師をやることが!!

 

 なんだ、15年前と何も変わってないじゃないですか。

 

 で、フェイスブックで、そうした著者デビューしたての皆さんを研究させていただいたところ、あるパターンが見えてきました。

 

 で、そのパターンを自分で思いつける人などいるわけもなく、この人は、べつのこの人から学び(盗み?)、そのべつの人を見ると・・・・・・あれ、15年前のあんとき、あの場にいたアイツじゃん!

 

 この業界、皆さんが思っているより非常に狭いです。

 大きな村といっていいくらいの狭さです。

 ネットの進化のおかげで、ますます狭くなりました。

 

 私はさらに自信を持ちました。

 15年前と何も変わっていない。

 

 FAXがメルマガになりブログになりフェィスブックになっただけ。

 言っていることは違ってもやってること(仕組み)は15年間まったく同じです。

 

 変わっているのは道具と使っている言葉だけ。

 私が学んだ当事は会員制ビジネスといいましたが、いまはコミュニティビジネスです。

 サラリーマンをビジネスパーソン?

 ビジネスモデルといったのを、プラットフォームと言うみたいです。

 何が違うのか私にはよくわかりませんが・・・・・・

 

 この15年間、私自身、自分自身のこととクライナントの資金繰りに無我夢中でした。

専門分野が金融でしたので、この15年の景気の変動で精一杯で、とても自分が学び実践してきたことを誰かに伝えようなんて考えたこともありませんでした。

 心のどこかで、方法を学んだものの、自分がやってこれたのはたまたまだろうと・・・・・・

 

 たまたまじゃありません。

 学んだことを、そのままやってきたからこそ、ただ単純にやり続けたからこそ、です。

 途中で消えていった人、なかなかうまくいかなかった人は、そのままやらないで近道しようと工夫をし過ぎたり、道具の進化と変化に気を取られ、続けることをやめただけです。

 

 私もかつて、ある方法、法則、仕組みを学びました。

 誰もゼロから始めた人など一人もいません。

 みな誰かから学び、実践してきたのです。

 

 15年の実績を踏まえて、現代においても、今後15年先までの、この方法、法則は使えると確信して、コンサルタント情報ビジネスのセミナーを開催します。

 

 この自転車操業ブログの読者の中に、私がなぜたいした経歴や学歴もなく著者コンサルタントになれて、15年やってこれたかに興味のある方がどれほどいるかわかりません。

 

 現在、資格業の方、あるいは無資格だけれど専門職としてお勤めの方、あるいは一般企業にお勤めの方、あるいはあるいは、私と同業、同じ業界の方、ふるってご参加ください。

 一般企業経営者の方も大歓迎です。

 

 いわゆる企業家の方でも、出版したり講演したりしてる人、それこそフィスブックでたくさん見受けられますでしょ?

 私は心配になります。

 大丈夫かしら本業のほうは・・・・・・

 ちゃんと学んでからおやりになったほうがいいと思います。

 あ!いますよね、企業経営者なのに、いつのまにか次々と出版して新聞記事でセミナー広告を出している企業経営者なのかコンサルタントなのかよくわわからない人も!

 

 一般企業経営者の方が私のコンサルタントセミナーに参加してどんなメリットがあるか?

 

 情報ビジネスのほんとの仕組みがわかります。

 情報の読み取り方がわかれば、経営者として情報の発信の仕方、伝え方がわかります。

 マーケティング上も、マネジメント上も、経営者が言葉を発する機会、それこそフェイスブックで書く機会などは今後ますます増えるでしょう。

 

それとも、経営者なのに、今日の晩ご飯を食べたばかりをアップし続けるつもりですか?

宣伝ばかりだと閲覧者が減るからだ、ってのくらいは私でも想像はつきますが。

FBでいいね!してくれた人が全員本を買ってくれてるのなら、そこらじゅうにベストセラー本があふれていなきゃおかしいでしょう?

 

 

 すでにセミナー資料の準備は7割方はできています。

 本文解説と資料で400枚のコンサルタントマニュアル付き!

 いまどき珍しい紙の資料です。

 かつて私も生々しい紙の資料で学びましたから、私も同じことでしかお伝えできません。

 それに、情報発信は、結局のところは「紙」です。

 電子書籍の原稿でさえワードで書き、紙で印刷してチェックするのです。

 

 4月22日土曜日のコンサルタント情報セミナーで、裏も表も全公開、全伝授します。
 
1講座目 現在の情報ビジネスの原点 幻の1億円セミナーとは
2講座目 コンザルタントビジネスの仕組み
3講座目 素人から年に100枚書けるようになる方法
4講座目 初めて書いた1枚から3年でベストセラーを出す方法
5講座目 自分からマスコミに報道される方法
6講座目 講演ビジネスの舞台裏 数人から数百人の前で
7講座目 まだないしょ
  
本の企画の原本、販売数、その他もろもろ、
誰が見てるかわからないこのブログでは言えない本物の資料付きです。
 
普通、こうした思わせぶりなのって、たいがい、思わせぶりなんですけど、
ワタシの場合は、マジです。
当日、業界関係者を招待しないのは、ワタシの話す内容がヤバイから。

それに、招待したら、ギャラもかかりますし。
 
この手のセミナーは、業界関係者の招待ゲストが目玉だったりしますが、
ワタシの場合は、ほんとの裏側まで話しますから、招待できません。

編集者から本の書き方なぞ教わったことない!と言い切っておいて、編集者を招待したらおかしいでしょう。
 
ほんと、ワタシが15年かかったとこ、今から5年、いや、3年でいけます。
これ事前に知っとけば、ワタシがみすみす逃した利益、ほんとすごいすよ。
 
通常、参加者に録音は許可してませんが、参加者の方は、自分で録音してください。
録音機は数千円で買えますから。
また、通常は、職業、会社名など記載要項にしてませんが、
今回のセミナーは、職業ないし会社名の記載なしで申し込みはできません。
 
申し込みと同時に、お互いに守秘義務に同意したとされます。
皆さんが思っている以上に、この情報ビジネスの世界は非常に狭いです。

(リンクがうまく貼れなかったらごめんなさい)
 
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=kozakai&formid=129

 

 

 422日土曜日朝9時半ころから17時半ころまで、場所は東京の品川駅近くです。参加料は定価98千円のところ、特別割引中です。

(定価の根拠は、かつて自分が学んだセミナーと同じにしただけです)

 98千円でも参加したい!とお申し込みされた方にだけ、受付メールにて特別価格でお知らせをします。

 

 すでに、A四用紙換算で8枚になってまいりましたので、そろそろこのへんで終わりにします。

 (このA四用紙換算にする感覚は、本を書く上で大事です)

 

 最後に、文中でに出てきた弟子が、ワタシのコンサルタントノウハウの感想を書いてくれましたので、下記にリンクを貼り付けておきます。

https://www.facebook.com/atsuko.sato.501/posts/1299624513440160?pnref=story

 実在する、税理士事務所の所長税理士さんです。

 27日配信のワタシの自転車操業メルマガを読んで、頼んでもいないのに書いてくれました。

 お客様の声を載せるのはお約束じゃないんですか!っ て。

 

 そう、弟子の言うとおりです。

 いや、わかっちゃいるんですけど、こと自分のこととなると難しいもんです。

 

 え?読者のお金に対する欲求をあおるのを忘れてるだって?

 成功とかの言葉も入れろって?

 

累計100万部の印税を計算したらわかりそうなもんじゃないすか!

 平均定価千円として100万部の印税10%として1億円!

 あら、15年前に学んだ「1億円セミナー」は、やっぱりウソじゃなかった!

(本のタイトルとかでナントカで1億円!とかあるのも15年前からです)

 

 ていうか、累計20100万部の著者経験者として言いますけど、俗にいう「成功本」を成功してから書いた著者を私は知りません。

 ほんとにお金持ちになってからお金持ち本を書いた著者も知りません。

 

 このお知らせ文も、かつて習ったのにのっとって書きました。

 あとは、これを、専用サイトをカラーで作って、ところどころ字を大きくして、私の顔写真や弟子の写真を入れて、今すぐクリック!を入れてカード決済にすれば出来上がり!でしょう。

 忘れちゃならないのは、期間限定と返金保証も。

 

 やっぱり、この15年間、何も変わっちゃいませんね・・・・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>