1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-01-31 05:22:18

雪の札幌

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)

札幌は-6度もちろん真冬日



古材屋の温故知新

来週始まる雪まつりに向けて準備急ピッチ

そういえば・・・「雪まつり」みたことないです。


そんな寒い札幌ですが、熱い「古民家鑑定士」試験


古材屋の温故知新


北海道での市場創造・・・この1年で本当に進みました。

2年前には

「北海道には古民家はない」と言われたのがウソのようです。


これも

一般社団法人北海道古民家再生協会 江崎理事長 のコツコツ努力


古材屋の温故知新


昨年はTV・新聞等に計16回紹介されたそうで

事情創造に「マスコミの協力」は欠かせません。

マスコミは最高の「口コミ」になります。


夜は

一般社団法人新潟県古民家再生普及協会の笹口理事長 も合流し・・・・乾杯


古材屋の温故知新

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-17 06:45:43

200年住宅のススメ

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)

200年住宅の考え方を説明会の中心へ


古材屋の温故知新

国の施策は

200年住宅から長期住宅へ・・・

ホンモノなら200年は十分可能です。

ホンモノを使う活動を広げたいと思います。


そんな想いで・・・今夜も乾杯です。


古材屋の温故知新

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-10 06:32:53

理念の共有

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)

講習2日目



古材屋の温故知新

全国各地域から、異業種の方が集まります。

今回で37期。

最初のことは「材木屋」さんという同業種の方の集まりでしたが

今は、建築関連の異業種の方が講習に来られます。


それぞれが【コラボ】することで大きな力が地域で生まれます。


「古材市場創造」をお互いの理念に持つことで

大きな力を発揮することが出来ると思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-09 06:01:14

【モノ】と【コト】

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)

古材鑑定士

循環型民家解体士

古材活用士    講習


ノウハウ、マニュアルに関して学んで頂きます。



古材屋の温故知新

【モノ】を売るのでなく

     【コト】を感じて頂く


私が一番学んで頂きたいことです。

これは

松山でしか出来ないカリキュラムです。


古材屋の温故知新

あと1日・・・・・

全力でお伝えしたいと思います。



古材屋の温故知新

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-02-05 05:08:33

新たな古材市場

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)


古材屋の温故知新

「古材王」 がスタートしました。

「古材市場創造」へ新しいスタートです。


古材ねっとにも 掛け算でプラス効果があるはずです。

景気後退の局面ですから、新しい挑戦が続きます。


古材王の販売強化もこの春から行なう予定です。


夜は・・・徳島真鍋さんも参加頂いての懇親会


古材屋の温故知新

遠くの仲間が新しいネットワークを創り上げていきます




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-02-01 06:54:06

伝統資財

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)

伝統資財施工技術士・・・・

「資材ではないですか?」


いえ【資財】です。


資材・・・材料のこと

資財・・・財産のこと


です。


古材や古瓦・・・・財産です。

ですから「買取」をします。


今回で最後となります・・・「古材施工技術師」


古材屋の温故知新

厳しくパース学んで頂きました。

みなさんだいたい掻けるようになりました。

あとは・・・継続して掻くことですね。

きっと仕事の役に立ちます。


そのご・・・


古材屋の温故知新


語り合うことに日々喜びがあります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-05 05:07:01

美しさというサマ

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)

出張は京都からスタート

日本の文化の発祥は京都です。

京都で一番古い神社と言われているのは

【上賀茂神社】だそうです。


古材屋の温故知新


京都の神社は【美しい】


古材屋の温故知新

日本の家は・・・美しい・・・それが文化のはずです。

近年は、美しさより機能性が重要視されて

街並みも壊れて、それぞれが自分のことしか考えない・・・

そんな家づくりが主流となっていると思います。



古材屋の温故知新


京都上賀茂神社に初詣させて頂き

そんな気付きを頂きました。


2009年は【美しいサマ】を求めていきたいです。

それは【日本の文化】だと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-02 06:26:24

2009年はどんな年に

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)

2009年はの経済展望。


私には株価とか為替などはわかりません。

それは偉い人に任せるとして、

2009年は【原点に戻る年】になると思います。


2008年アメリカ中心の金融経済が崩壊しました。

日本の経済は輸出に頼り、海外特にアメリカの個人消費に頼ってきました。


グローバル化は大事なことですが

2009年は足元、日本国内でのビジネスに見直しが大事だと思います。


日本は高齢化を迎えます。

その年齢構造にあったビジネスの構築しなくてはなりません。


輸出中心の産業はリストラをしています。

輸出中心の企業が元気でしたから、そうなります。

日本の中の産業、例えば介護ビジネス、農林水産業が元気することで

日本の活力は戻り、継続した成長が見込めるはずです。


私の関わるところで言えば【林業】と【高齢者への住宅】です。

2つを元気にすることで

日本の将来にお役に立つコトができると思います。


1、林業

国産材を積極的に使えるようにしたいと思います。

国産材が使われないのは「価格が高いから」

と言われます。しかし今の販売価格では山は儲かりませんから

その労働人口は減り、山が荒れ始めています。

これは「環境破壊」にも繋がっています。

適正価格を判っていただければ流通促進に繋がります。

補助金で守られるのではその産業は衰退します。

【輸入材は30年しかもたないが、国産材は200年使える】

日本の木材が2倍高くてもその価値はあるのではないでしょうか?

私は【古材市場創造】を通して国産材の価値の見直しを図っていきたいと思います。

(ですから輸入古材は扱いません)



古材屋の温故知新

2、高齢者への住宅

会社を退職して2人で余生を幸せに送る・・・

野菜でも作りながらのんびり過ごす・・・

そんな高齢者に多くの情報提供が提供できるようにします。

我々には「築60年以上の古民家を解体して欲しい」との依頼集まります。

その情報の3割は「土地ごと売りたい」です。

「これから田舎でのんびり過ごしたい」

そう望む人に解体される運命の古民家の情報を届けます。

解体されると環境にマイナスですが

再活用されると、地域の活性化にも繋がります。


日本のお役に立つことは「税金を払うこと」だけではなく

日々の活動に中でも【日本を元気にする】視点が大事ではないでしょうか?


儲け主義から、世の中のためになること・・・

・2009年からの大事になると私は思います。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008-12-30 05:09:03

大餅つき大会

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)

恒例の大餅つき大会



古材屋の温故知新


日本の文化の継承です。

毎年やることで価値ある行事です。


古材屋の温故知新


今年の感謝と


古材屋の温故知新

来年の幸せを念願しながら


古材屋の温故知新

一うすごとつきあげます。



古材屋の温故知新

そして楽しくお餅ににあんこを入れたりして

食べながら作ります。


毎年の幸せな光景です

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-12-28 05:15:15

世界基準へ

テーマ:古材事業の考え方(温故知新)


古材屋の温故知新


「古材ねっと」へ海外から御問い合わせ多く頂きます。


ニュージーランドからの手紙


日本では非常識なコトが海外では当たり前なことよくわかります。

【日本は捨てる文化】です。

しかし海外では【残す文化】

どちらが正解かは考えなくても・・・・。


しかし、何故この当たり前が日本ではないのか?


海外ではハウスメーカーはありません。

昔の日本は【残す文化】でしたが

ハウスメーカーがそれを壊したように思います。


日本の住宅に回帰する・・・・・

2009年

200年住宅再生ネットワーク機構 でがんばりたいことです。



古材屋の温故知新


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。