1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-27 13:49:23

空飛ぶ泥船と高過庵

テーマ:ブログ

久しぶりに長野県諏訪市に行ってきました。

諏訪大社本宮のすぐ近くにある

「神長官守矢資料館」とその外庭にあるのは

建築史家 藤森 照信 先生の設計によるユニークな茶室です。

 

守矢資料館

 

空飛ぶ泥舟 

 

高過庵(たかすぎあん)

9月藤森先生はここで「低過庵」(ひくすぎあん)を公開するそうです。

 

高過庵が高床式の住居にルーツを持つとすれば、

低過庵は、いわずとしれた縄文住居をルーツにもつという

ことでしょう。

 

ユニークな建物になりそうで楽しみです。

秋葉建設株式会社 http://www.woody-akiba.com

一般社団法人 千葉県古民家再生協会 http://www.chiba-kominka.com/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-19 16:32:14

大多喜の古民家宿

テーマ:ブログ

7月8日、千葉県古民家再生協会では、

房総の小江戸「大多喜」見学会を開催しました。

 

大多喜の街並み散歩も楽しいのですが、

古民家の宿泊施設にも興味深々、

 

中野家 

 

まるがやつ

 

松下塾 モザイク工房 にある「馬屋」という建物

 

 「わとや」写真なし HPをご覧ください。

 

古民家からデッキへ出ればそこは、天空の庭「わとや」

http://watoya.com/   

ここへ宿泊するためだけに海外からやってくる人もいるそうです。

 

秋葉建設株式会社 http://www.woody-akiba.com

一般社団法人 千葉県古民家再生協会 http://www.chiba-kominka.com/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-05 17:28:45

藤森先生の講演「日本の住いの原型」

テーマ:ブログ

4日は一般財団法人住宅産業研修財団

優良工務店の会(QBC)会員大会が開催されました。

 

講演は、建築家・建築史家・江戸東京博物館館長

藤森 照信 先生です。

テーマは「日本の住いの原型」

 

私にとって藤森氏といえばまず思い浮かぶのが、

藤森さんの故郷に立つ、ユニークな建物

「飛ぶ泥舟」や「高過庵」です。

 

この日の講演の内容はまさにご専門の

建築史で大変興味深いものです。

 

日本の住宅には二つの系図があり、

竪穴式の縄文住居に

南方からやってきた高床式住居

前者が農民住居となり、後者が貴族や大名の住宅となった。

 

竪穴式住居は、柱を高くして、床を掘り下げない土間となった。

その住宅は大きく変わることなく昭和の戦後の調査でも

の床のない住宅は青森を中心に4万戸残っていた。

 

最初は茅葺ではなく、泥屋根だったのではないか。

泥の下に葺かれていたのは白樺の樹皮

などなど。

 

棟をゆりや芝で飾る、「芝棟」が日本だけでなく、

ユーラシア大陸の北岸、フランスのノルマンディ地方にも

みられること。

 

デンマークのある島に立つ住宅で

海草で屋根を葺いた家には特に驚きでした。

 

写真は講演中の藤森先生

そして「高過庵」

 

秋葉建設株式会社 http://www.woody-akiba.com

一般社団法人 千葉県古民家再生協会 http://www.chiba-kominka.com/ 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。