27日の記事で募集していた
支援物資の仕分けと配送のボランティアは、
クチコミだけであっという間に
今週分の人数(約50名)が集まったそうです!
http://ameblo.jp/koyuki-soul/entry-10842600550.h


すごいパワーと団結力♪
みんな行動速いですね~。

4月2日以降のボランティアを引き続き
募集しているそうです。

今話題となっているのは、
支援物資は十分にあるのに
50人以下の小さな避難所には
物資が全く届いていないということ。

大きな避難所に一旦物資は集まっても
それを仕分けする人員と、
配送する人員が圧倒的に足りないそうです。

仕分けが出来ないから、物資を断ってしまう
というパターンもききました。

せっかくみんなの思いで集まった物資を
ちゃんと末端まで届けようと立ち上がったのが、
栗駒高原支援学校の佐々木校長(通称くまさん)

ご自身も数年前の栗駒地震で学校や敷地に
大打撃を受けた被災者です。


現在
南三陸の災害支援拠点となる物流センターの
ひとつ、
登米市東和町の鱒渕小学校で、
支援物資の仕分けと配送を約50名のボランティアが
不眠不休でしているそうです!

私は残念ながら駆けつけることはできないけど、
何か出来ることはないかと聞いたら、

野菜はあるけど
今は調味料(味噌や醤油)がなくて料理できなくて
困っている。

それと衛生用品(歯ブラシ、マスク、タオル、ウエットティッシュ
生理用品、などなど)
が圧倒的に足りないそうです。


不足物資は毎日のように変わるそうなので
あくまでも今の現状なのですが、

まずは土日のチャリティーカフェで集まったお金で
味噌や醤油、油などの調味料を
買い込みました。

(※それ以前の義援金はプールしています)

みなさまの善意を29日に発送します!


衛生用品については、今後も必要となると
思うので、

もし全国で何か早急にサポートしたいと
思って下さる方は、
直接鰐渕小学校に送って頂くといいかもしれません。


=======配送先=====

代表 「くりこま高原支援学校」 佐々木豊志校長
代表携帯番号 090-1250-0487

震災のための臨時配送センター 

旧鱒渕小学校体育館

宮城県登米市東和町米川寺内31

=============

ホテルでもらう歯ブラシとかせっけんとか、
みんなで集めてもいいかもしれませんね!

小さな集落へのサポートは速さが勝負だと
思います。


引き続き東北地区の災害支援を
出来る範囲で、長期的にできたらいいなと
思っています。









AD

コメント(1)