ボナペティ〜ト♪

食べ物にまつわるいろいろを書いてみようかと。
タイトルと背景は仮なので時々変わります(笑)


テーマ:



切れる包丁で新年を迎えたい。
安いなら更に嬉しいっす。

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B000BWUQSS/ref=mp_s_a_1_2?qid=1386950135&sr=8-2&pi=SY200


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
セブンイレブンの冷凍ピザに
スライスチーズ一枚をちぎって乗せ
ガステーブルの魚用グリルで
弱火で7、8分焼く。

今、これにハマってまふ。


魚用グリルは、魚臭くならないよう
仕様になっているので大丈夫。


ガス器具を使うと、外は香ばしく
中はふんわり、そして、電気より
早く調理が出来、光熱費も安いので
積極的に活用しよう!


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:




パンケーキが流行っていますが
こんなレシピを見つけました。



ー ふわふわパンケーキの作り方 ー




身近に使えるもの、案外あるものですね~。
やってみたいです♪









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:






日本ではなんでデカフェが普及しないんだろうか?

外でちょっとコーヒー飲みたい時になくて困る。

せめてコンビニで、缶でいいから、売っててほしい。














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:




友人が送ってくれた台湾バナナを食べた。


私が子供の頃は、バナナといえば台湾バナナだった。
皮が黒くなりやすくて外見はあまりよくなかったけど
食べると抜群においしい!


ところがドールが日本に入ってきてからは
見かけなくなる一方。
値段もうなぎ登りで、今や高級品。


モルディヴのちっちゃなバナナもそうだったけど
アジアのバナナは酸味が絶妙に生きていて
レベル高し。


果物は甘きゃいいってもんじゃない。
酸味の効き具合が
果物の真価を左右する。










いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:




その1
 いつものお雑煮の具入り汁の中に、サイコロに
 切って油で揚げたお餅を入れていただく。
 油を使うことでコクと香ばしさが出る。
 おもてなしにも、ちょっとオシャレ~♪




その2
 白みそ仕立てでお餅を頂く。
 京都の甘い白みそをたっぷり使うので、おつゆは
 とろ~り♪ おだしは鶏からとったものがベスト
 (魚系は生臭くなりがち)。
 人参やほうれん草を入れると彩りも美しい。
 里芋もこのおだしによく合う。
 仕上げに是非ゆずの皮のおろしか千切りを。
 



その3
 オニオングラタンスープにお餅を入れて頂く。
 お餅は焼いても茹でてもどっちでも。
 チーズを乗せるとさらにグ~~♪


 


その4
 お雑煮ではないけど、、茶碗蒸しの具としてお餅を
 入れて頂く。お餅は固いまま入れて大丈夫、茶碗蒸
 しの卵がお餅にからんで美味。お子さんにも人気♪
 

 



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:




小麦粉を普通の(精製したもの)から
全粒粉/胚芽入りの小麦粉にすると
香りや触感、味わいが格段と上がります。
奥行きが出て、、きっと満足な味になる
でしょう。


ムニエル、天婦羅、うどん、お菓子、パン、、
小麦粉使う料理全てにお薦め。









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



数種類の野菜を混ぜ合わせボウルに盛り
食卓で各自ドレッシングをかけるのもいいけれど・・


ドレッシングの染み込み加減のムラ(味がついて
ないところと、ビチャビチャでしょっぱい部分)が
ちょっと気になる私の方法。


ボウルにまず、固くてドレッシングが
染み込みにくいものから入れる


人参とか大根とか、ブロッコリーやほうれん草の茎
白菜の芯などを切ってはボウルに放り込み


その上に柔らかい葉物類を乗せる



その上からドレッシングをかけ、食卓について
食べる時に下から混ぜ合わせると、染み具合が
ちょうど良いバランスになってま~~す。

















いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:




麦100%ご飯とツナ缶で炒飯を作りました。

そしたらモルディヴでとてもポピュラーな料理
「ツナ・フライドライス」の味になりました♪




海に囲まれ魚豊富な小国モルディヴにはツナ缶工場があって
良質のツナ缶をたくさん製造しています。

ツナ缶とはいっても実際は鰹(カツオ)で、海外では一般的に
鰹もマグロも”ツナ”と呼びます。
魚の専門家でもない限り、日本のようにマグロと鰹の呼び分け
はしません。

日本のツナ缶もマグロ100%のものは少なく、鰹が入っています。
でも海外のこのツナ事情を知れば、「ツナ缶」という呼び方が
別にインチキなことでもないとわかるかと思います。





モルディヴに日本米はなく、タイ米やミャンマー米が流通しています。

タイ米は細長くパサパサで、ミャンマー米は今私が食べている麦に
とても近い感じです。タイ米よりもっと粘り気が少なく、パラパラ
な感じです。




ツナ・フライドライスは、これらの米と野菜(キャベツ、人参、いん
げん、ネギ、チリなど)とツナ缶を炒めます。

シーチキン3缶パックの1缶で2人分の炒飯が作れます。

私流には、ツナ缶を油ごとフライパンに入れて炒めるところから
このフライドライスづくりは始まります。
オイルを足してよく炒め、材料全てを加えて炒め、味付けして完成。
ツナ炒飯はしっかり炒めた方がツナのコクが出て美味しく仕上ります。



白米で作る時は炊きたてや保温したものでなく、パサパサの冷やご飯や
冷凍ご飯を使うとモルディヴ風に近いものが出来ます。



そのまま食べるツナ缶にはない香りと味わいが、懐かしいモルディヴの
風や風景を思い出させてくれます。


当分はまりそうです(^^v










いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。