1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年02月28日 10時28分39秒

稲荷寿司

テーマ:ブログ
この家にきて夫の母から
伝えてもらった料理の中でも
三本の指に入るかと思われるのが
この
「稲荷寿司」である。
はじめて食べた時、
こんなに柔らかくて
品がよくておいしい
お稲荷さんは食べたことない、と、
感激した。

稲荷寿司の皮というか
油揚げの味といい、
柔らかさといい、
おそらくどこにもないものだと思う。

約二時間半から
三時間かけて、
ことことと、
お砂糖と塩と風味漬けの醤油をいれて
味を煮含ませていく。
何度か作ったが
なかなか義母の味にはならないものなのだが、
昨日は、久しぶりに
うまくいったらしく、
皮は一応合格点をもらう。
(やったー。が、ご飯の味が今ひとつだった…反省)

聞けば、義母の祖母の実家に伝わる
お稲荷さんの作り方なのだそうだ。
昔老舗の旅館であったらしいので、
その旅館に伝わる
秘伝とも言えるものなんだろうなあ…。
と、お稲荷さんを食べながら思う。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月27日 05時59分11秒

豚三枚肉(豚ばら肉)の味噌煮鍋

テーマ:ブログ
作り方は以前に書いたものをご参照下さい。
http://koyomikasamaku-132808.ameblo.jp/entry-b65c73e643585991171f3e354dd4bfe0.html

↑この味噌煮鍋は、ほんとに手軽で重宝。
短時間でもすぐできて間違いなくおいしい。

なんだか、春も近くなったきたこの頃に限って、
寒さを感じますね。
冬眠したくなってきた。
っていうか、こんなに寒いときっと人間は
動きたくなくなるのが自然なのではないかしら?
などと言ってはいられない日々ですが…。

今日は、中学校へ入学する子の物品購入の日。
先日、卒業へ向けて、クラスの役員のお母様方から、
子供たちの小さい頃の写真もお願いしたいとのことで、
久しぶりに、小さい頃の写真を観る。
「もう、めちゃくちゃかわいくない?!!!」
とひたすら感激しまくっている私を横目に
成長した子供がぽつっと話した言葉にどきっとする。
「ああ、時間をリセットして、やり直したい…」
ちょっと、どきっとしてびっくりして、
「何をやり直したいの?」
と聞くと、
「何もかも!」
「そっかー」って、なんだか、どう言ったらいいのか
わからなくなった。そういう雰囲気を察したのか、
「でもないけどね~、気にしない気にしない」などと
親を気遣うその子はまだまだ子供の顔をしている。
なんだか緊張しながらも、
順調に大人になっているでないか~、と思う。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月26日 09時31分41秒

つぼ鯛の西京漬けとあさつきの酢味噌和え

テーマ:ブログ
つぼ鯛はよく、西京漬けとかみりん漬けで
市販されているけれども、
あたりはずれなく大抵がおいしい。
脂がのって、案外安価で、おいしいので、
おすすめな焼き魚。

あさつきの酢味噌和え。
スーパーに行っても、めぼしい食材がないときは
少しだけ割高だが、市場(いちば)のようなところに行くと
必ず、何か、これだ、というような食材を見つけられる。
昨日は、あさつき、が手軽でいい感じだったので、
さっそく買って、酢味噌合えにする。

さつまいもを砂糖醤油で煮たもの。
もう少し煮て、あめ煮のようになるともっとおいしいかったのだが、
ちょっと気が早かった。火を早く止めてしまった。
この微妙な火を止めるタイミングが、
案外味に差をつけるのは知っているのだが、
知っていながら、手早くかたずけてしまうことってある…。


いつもは車ばっかりに乗っているので、
歩くということをしない生活だなあと、つくづく思った。
昨日、歩いて市内を駅からいろいろ散策しながら、
たくさん発見があって楽しかった。
この街はほんとに小さいけれども、素敵なお店がたくさんある。
少しずつ、いろいろなところを覗いて行こう~。


そして、というか、
なんというか、
とにかく、というか、
春、四月には赤レンガ倉庫で、
世界的現代美術作家の奈良美智さんの個展があるのだ。
個展のタイトルは「From the Depth of my Drawer」
ものすごく楽しみだ。
http://harappa-h.org/nara2005/
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月26日 07時52分11秒

アナログ思考…

テーマ:ブログ
もう〇十年も前の大学生の時、
お名前も忘れてしまったけれども、△△教授が
デジタルとアナログについて触れた言葉をなぜか今でも
思い出す。
「デジタルの考え方が台頭してきているけれども、
アナログの方が、進化した考え方だ。
なぜなら、時間は連続していて切れ目がないもので、
そういうアナログな考え方の方が、進化しているんだよね」
というようなニュアンスのことをおっしゃっていて、
それ以来、私の中では
「アナログ、のほうがかっこいい!」ということになった。
アナログだ、ということは、今、どちらかというと
遅い、とか、手作業的な意味合いで使われているけれども、
連続しているということが本来のアナログの意味なのでは
ないだろうか?
デジタルは情報の処理能力にすぐれているけれども、
やっぱり、アナログな思考が実はそれらを
統制しているのではないかなあ…などと、
日々アナログが支配している世界に生きている
一主婦は思うのであった…。

今日もアナログなことをしまくって
日常を打開していくぞ~。
(と、ただ単にデジタル能力に欠けているだけなのかもしれません…)
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月25日 05時18分25秒

ロードオブザリング完全版DVD.

テーマ:ブログ
ロードオブザリング完全版DVDを
一番下の子が借りてきた。
貸してくれたのは担任のセンセ。
やっぱり、担任のセンセに好意をもつもそうでないも、
子供の様子なんだよなあ…。
子供が学校で楽しそうにやっていてくれたら、
親は文句ない。
この子は、この先生が好きで、
担任になったばかりの頃は、
「今日先生が…」「先生ったら…」と楽しそうに
教室の様子を伝えてくれていた。
それを聞くのが面白くて、私はどんどん子供の話を聞いた。
よく映画の話もする先生のようで、
それも観たの~、と驚くほどだった。
スターウォーズ完全版のDVDの予約を
誰よりも早くしたと微笑くそえんでいたわたしであったが、
子供に聞いたら、先生のほうが早かった。
(ところで、今年の夏は、いよいよ、スターウォーズエピソード3公開だ。
アナキンがダースベーダ―になる話、切ないなあ…)
もうすぐ、この子も小学校卒業。
いい思い出をたくさんたくさん、持って卒業できる。
この子は小さい時から好奇心旺盛な子で、
子供の大学生の従兄弟はこの子の元気な様子を観て
「博士みたいだ」と言ったことがあって、この子の個性を
思うときに大切にしたいことだと思った。
皆、一人一人違う個性で、
子育ては大変だけど、いいものだ。
子供を持ったことはほんとに幸せなことだ。
日々、ものすごく格闘しているけれども…。
みんな、大好きで大好きで、大好きだ!!
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月24日 20時42分36秒

ポトフ。

テーマ:ブログ
ポトフ、って一応、ロシアの家庭料理だ。
野菜とお肉をことことと煮て旨みもスープにでたものを
ふーふー言って食べるのはおいしい。
材料は、
鶏肉(皮ははいで、食べ安い大きさに切る)、しめじ、玉葱(くし型のスライス)、人参、じゃがいも、そして、トマト☆(ポイント)
鶏肉、玉葱の準に良く炒め、塩コショウをこの時点で強めにしておく。
人参、しめじ、じゃがいも、トマトの準で炒めていく。炒めたら、
ブランデー(大さじ2くらいとたっぷり)、を入れ、塩コショウをさらにして、水を入れる。固形コンソメスープの素を入れる。そして、煮込んでいく。
ブランデーをいれたので、風味とコクが増して、
好きな味だなあと思う。
でもどちらかというと女の人が好き…。

生ハムサラダ、フレンチドレッシング。
これも、好きな味。

がんもどきとさつまあげと大根の煮物。
きりっとにた、がんもがおいしかった。
今の大根はすぐに煮えるので、煮る時間は短時間で。

あと、まぜるだけの具をまぜた
おにぎり。(おむすび)
たまに、こんな混ぜて作るおにぎりを作ると、
みんな好んでそれを食べる。
ポトフとサラダに、おにぎり...
おいしい…。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月24日 20時06分47秒

イカの塩辛。

テーマ:ブログ
夫の母に教えてもらったが、
これが案外簡単で、うまくいく。
ポイントは、とにかく新鮮な真いか。
塩辛だけはヤリイカとかでないほうがよいのだそうだ。

新鮮なイカのワタをとり、
ワタは袋からだして、ボールにとり、
塩と味の素であじをつけておく。
イカの身のほうをきれいに洗って水気をすっかりとる。
(皮ははがないでよい。)
細長い拍子木みたいに切って、
塩味をつけたワタと和える。
これでできあがり。
あとは、ちょうどよい大きさの瓶などの入れておく。
作ってすぐでも食べられるが一日おいて食べたら、
味が慣れてきておいしさが増したように思う。
自家製塩辛、夫もたっぷり白いご飯にのせて食べていた。
きっとうまくいったんだ、とその食べっぷりをみて思う。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月23日 20時47分10秒

ホタテ

テーマ:ブログ
ホタテは今が旬。
貝柱はおさしみで。
(↑ところで、ホタテのお刺身として切り方ですが、
ホタテは横に薄くスライスするのはなく、縦に半分とかに
するのが、ホタテの味が生きておいしい。)

これが、ほんとにおいしくて、この地に
嫁にきてよかったと思うことのひとつが
このホタテが手軽に手に入ることだ。
ホタテの紐はきれいにするのがいつも大変だけど、
旨みはすぐれもの。
旬のホタテの子は大きくて、煮付けて食べるととてもおいしい。


それと、今日は、稚貝と呼ばれる、ホタテの稚貝の味噌汁。
稚貝は安く手に入る。たっぷりの稚貝で120円。
しじみ貝の味噌汁を作る要領で作る。
稚貝って、ほんとにホタテのミニミニ版でかわいい。
(魚屋さんに、「この稚貝が大きくなるとホタテなのですか?」
と質問してみた。「そうです。」という答えが返る。
「そうですかあ……」
で、家に帰って
「そうなんだそうですよ。なんであんなにたくさんで安いのかなあ?」と
夫の母に聞いてみたら「良い貝を残すというか、すぐったものが
普通のホタテになるんでない?」と言われ、また
「そうなのかあ…」と感心した。
ホタテになれなかったのが稚貝なんですね。ミニミニなホタテは
身も小さいながら、ホタテだった。)

カリフラワーはかために茹で上げる。
ほうれん草のオヒタシ。

イカソテー
 さて、イカソテーは
「塩辛」を作った残りで作る。
自家製「塩辛」がこんなに手軽でおいしいとは、しらなかったなあ…
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月23日 16時52分03秒

蒸しパン。

テーマ:ブログ
昔子供の頃、よく母が作ってくれたおやつ。
みそ蒸しパン。
いたっても簡単に卵4個と水と小麦粉と砂糖そして、
重曹小匙2くらい(ベーキングパウダーでないところが昔風)、
みそ(または醤油や、塩←塩分がこの蒸しパンのポイント)を
適宜入れてこね、
お弁当用アルミホイルに八分目ほど流しいれて、
湯気のたった、蒸し器に入れて、
約十分ほど、蒸すとできあがる。
(これで大体18個できる)

出来たてのあつあつを
ほおばる。
おいしい~。
そして、なつかしい。

調度帰ってきた一番下の子供、一気に三つ食べる。

そして、昨日高校合格した中学生、
最近観たことないくらいいい顔して帰ってきて、
ほんとに嬉しかった。
この子も三つ一気に食べる。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年02月22日 23時25分06秒

お祝いの日は焼肉!

テーマ:ブログ
昨夜は焼肉にした。
合格祝ということで、もんじゃにするかどうか、
迷ったが、焼肉に決定。

今回のタレは
「牛角の醤油だれ」
万人向け。

肉を4種類(牛カルビ、味付け鶏ネック肉、焼肉用薄切り牛、
そして、豚バラの味付け肉←今回のヒット)。
甥もお祝いにかけつけてくれて
全部で約2Kg、食べた~。

が、その後
晩に担任からTEL有り。
TELくれるだけ良しであるが、
まず、問題を感じたのなら、話をすることだ。
それにしても、感じたことは、
この教師も、コミュニケーションが下手なのかもしれない、
ということだった。
伝えることはむずかしい。
じつは、お互いに通じ合わない状況にあって、
お互いが、同じレベルで話をしていたので、
やはり、強い立場の教師に追いやられてしまっていたのだと思う。
人間の根本はそれほど違いがないはずで
経験や知識が教師の方が少し勝っているにすぎない、
同じ地平に立ってほしいとは思うのであるが、
そのことの意味と、同じレベルで言い争いをするのとは
違うのであった。
言い合いをする地平は同じであってはならないのだ。
相手に通じるための言葉を選ぶのはむずかしい。
私もまた反省しなければ…。

それと、昨今の学校での事件、
影響は大きい。
学校内で起きた問題で、警察ざたになってしまう前に
本当は教師の力量で解決できることも
公になり、警察ざたになれば、
子供の未来は大きく変わってしまう。
マイナス面ばかりになってしまう。
そんな学校ではもう、子供達はどうすればいいのだろう?
なんだか、いやな世の中だ。
中にはほんとのワルもいるけれども、
ほとんどの子供達は対処の仕方で変わってくるものなのだ。
そんな風に思う。ほんとにほんとにそう思う。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。