製造業バイヤーの撮影日記

ひとまずカメラ撮影記にします…。


テーマ:
さて、続きです。

落ち着いて考えろ、考えろ、と考えてみます。

取りあえず燕滝に向かって右側に谷が出会っていますので、そちらに行ってみます。

この時は遡行図が完全に飛んでおり、冷静な判断が出来る状況ではなかったのですが、ここが
「蛇谷」でして。

正解は、出会いの3m滝は右側から越え、次に出てくる12m滝は左から上がれば、五階滝の下に出ますので、
そのまま滝を登れば登山道にぶつかります。



12m滝です。ここの左側から上がれば良かったのですが…。この時は、左側が登れるなんて思いもせず…。

再度燕滝前に戻ると、左側に残置ハーケンと、スリングが見えました。

そうか、燕滝の左を登るのだな…。



途中までは比較的容易。そこからは、スリングを掴み、壁に張り付き…。

かなりの高度感で、いかん、足が震えてきた…。

5m強登った所で、行き詰りました。ホールドがきちんと取れる場所がありません。

何しろクライミング技術はゼロ。だめだ、ということで降ります。

が、この降りがまた大変で…。

何とか無事降りて再度燕滝と対峙します。


「ん?」

燕滝の右手に、トラロープが見えているではないか!!

よし、もうここしかない!!ということで、再度蛇谷に入り、すぐ対岸に渡り、壁に取り付きます。

少し登って気づきます。

プチ崩落してる…(大汗)。

ですが、少し登ってしまった後でもう後戻りは出来ません。

鮎タビの先で地面を蹴り、足場を固めます。

その度に、落石発生…。こ、怖いヨー!!

がしっと亀のように取り付いた大岩にすがります。が、これももう少しすると崩落するかも、という感じの頼りなさ。

長居は禁物です。何とか慎重に手を伸ばしトラロープを掴みます。

もしこのトラロープがきちんと固定されていなければ、多分アウトだったと思います。

ヤッター!!

何とかクリア!!

一人ガッツポーズをし、叫びました。ウオーッ!!っと。

最大の難所をクリアし、再び穏やかな宇賀川を遡行します。

やがて、遂に!!長尾滝に到着です。

入渓してから約2時間強だったかな?
途中の休憩や撮影含め。

続く。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

koyamangenさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。