製造業バイヤーの撮影日記

ひとまずカメラ撮影記にします…。

日本に帰り、カメラ新調し、被写体求めてウズウズする日常を綴る…。


テーマ:

ようやく今年9月までやってまいりました。

 

どうにもこうにも泊りの沢泊に出かけたくなり。総勢4名で堂倉谷本谷を溯行!!

日時:’16年9月10日~11日

天候:晴れ時々曇り

メンバー:KMさん、SKTさん、サッポロ一番さん、koyamangen

大台ケ原駐車場に待ち合わせし、装備を整えて出発。

rimg0010

私、大台ケ原自体が初めて。家族連れのハイキングにもいいっすねえ。

やがて日出ケ岳に到着し小休止。

rimg0016

良い眺望だこと…。

ここから下って一旦林道に出て、また登山道に入って下るのだが、入渓点まで長いなあ…。膝がガクガクし出し、先が思いやられる…。と、ようやく堂倉滝に到着(駐車場から約3時間経過)。

rimg0018

あれだけ疲れていたのに、この滝を見てテンションが上がる。川まで降り、ちょこっとクールダウン。吊り橋を渡り、巻道に入る。ここでまたテンションダダ下がり…。

架線後から残置ロープを頼りにようやく入渓。豊かな水量に、テンション一気にMAX!!

rimg0021

水量かなり多いよう。このナメ滝もフリクション効かせて慎重に歩を進めた。

rimg0024

 

rimg0025

真ん中の滝は左岸側から泳いで取りつき、直登。

rimg0026

谷に格というものがあるなら、この谷はかなり格が高いのではないか。

ゴウゴウと音を立てる30m滝。左岸についた巻道(と言えるぐらい立派な踏み跡)を辿る。

rimg0028

私は積極的に水に浸かった。一気にこの谷に惚れてしまった感じ。

 

rimg0030rimg0034

この斜滝、一般的には左岸から越えるようだが、右岸直登が容易だった。

当日は、我々以外に2パーティの入渓があり、そのうち1つには非常に愛想の良い女性が。溯行のペース上、時々近づくのだが、その度に飛び切りのスマイルを投げかけてくれた。

KMさんと私、すっかりその笑顔のとりこに…。以後、何度も投げかけてもらえるスマイルに、「もしかして俺に惚れたか?」とかアホな事を考えてしまう。

やがてアザミ谷出合に到着したが、まだ14時前で流石に早いだろう、と溯行続行となった。

やがて夢にまで見た奥七ツ釜へ!!

rimg0037rimg0038rimg0042

メチャメチャ素晴らしく、感激。

rimg0045

体はかなり疲れているのだが、心はずっとウキウキしっぱなし。足はかなりの筋肉痛。それでも体は前に出る。よほど楽しいのだろう、と思う。p1020934

この滝、私以外の3人は右岸巻き。私は、左岸からだといけそうだったので、直登することに。

泳ぐとザックがメットを押して大変だったので、ここはメットを一時的にしまい、泳いで左岸に取りつき直登。ここで藻っぽいコケ(?)が結構発達していたので、おなじみタワシでゴシゴシ…。が、登った途端右足がコケを取りきれていない箇所に乗ってしまい、スッテンコ!!再びタワシを登場させ、念入りにゴシゴシ。2回目は問題なく上部へ。

p1020935

やがてぶつかる堰堤を巻いて、溯行を続け、本日のお宿は地池谷出合とした。

rimg0048

rimg0047

KMさんが、枝の先をナイフで細くしてくださり、そこにウィンナーを刺して焚火で炙って食した。今まで食べたウィンナーで一番旨かったっす。

SKMTさんは釣りへ出かけたが、釣果はもう一つだったよう。

今回、夕食は、①炭水化物類は各自準備、②おかずものを1品ずつ持ち寄る、というスタイルにしたが、これだと効率的だしお腹も一杯になるし、で良いアイデアだと思う。

焚火を囲みながら、色んな話に花が咲いた。

それにしてもサッポロ一番さんは足腰がかなり辛そうだ。私もかなりの筋肉痛で、その夜、寝るのに支障をきたすほど痛かった。が、しばらくするとマシになった…。

翌朝は5時に起床。ここでサッポロ一番さんが撤退する(林道~登山道で駐車場へ戻る)とのこと。体がかなり辛い模様。体のことは本人しか分からないものの、一瞬目の前が真っ白になってしまう。余り別行動も良くないし、皆で戻ることで話がまとまりかけるが、気を使われるのは嫌だ、是非行って欲しい、とサッポロ一番さん。結局、KMさん、SKMTさん、

koyamangenは溯行続行、と相成った。

rimg0049

しばらくナルい溯行が続く。ここは1,058m地点の二俣、だったかな?

rimg0052

rimg0053

プチゴルジュを抜ける。

rimg0056

連瀑帯の始まりだ。ここは左岸壁を直登。

rimg0057

この滝もシャワーで直登。筋肉痛は収まっておらず、体力的にはかなりキツいのだが、楽しいの何のって!!

rimg0059

二段25m滝。先行パーティ直登中。この後、私がリードさせて頂いた(人生初リード!!)。左岸壁に良いクラックがあり、カムがバッチリ決まった。気持ちよかー!!

上段は右岸巻き。更にその上のトユ状2段18m滝はシャワー直登。最後で詰り、残置ハーケンにスリングかけて突破。

rimg0060

この斜滝25mはフリーで。すっかり源流域。最後は、詰めあがる前に、右岸側から堂倉山近辺の尾鷲道に上がり、大台の登山道に出ることにした。

rimg0063

rimg0065

原生林が美しい。ドンピシャで尾鷲道へ出て、後は登山道で駐車場へ戻った。

3人が戻ってから10分後ぐらいにサッポロ一番さんも戻ってきた。

終始天候にも恵まれ、非常に充実感のある沢旅だった。SKMTさんも仰っていたが、何度でも来たい沢だと思った。

 

では、また。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

引き続いて昨年8月の溯行レポです。

 

特に悪い箇所もなく、泳ぎ主体の溯行で、大人の水遊び、という感じです。

 

 

五色湯跡。ぬるい温泉跡です。コポコポとお湯が湧いています。

 

 

泳ぎが多く、悪場もなく、のんびり楽しい溯行。

 

 

黒倉又谷出合。最初に沢登りに行った谷です。

今年のシーズンには再訪してみようかな。

 

 

透明度が非常に高い。

 

 

 

サイダーっぽい水の色。

 

涼むには最適な所でした。

 

では、また。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こちらも昨年8月の溯行レポっす…。

 

本来なら、笛吹川釜ノ沢に遠征の予定だったが、天候を考慮しキャンセル。

予定がスパーンと空いてしまった…。近場の沢でも、ということで、余り期待せずに、兵庫県朝来市生野町の倉谷を溯行してきました。

日時:’16年8月18日(木) 天候:快晴 メンバー:koyamangen(単独)

林道駐車地へ到着すると、車にコツコツと当たる音が…。そうですアブさんが来ております。アブハチスプレーを持参していたので、ちょこっと撒いて静かになってから準備開始。

入渓点までは、倉谷右岸側の道を辿ります。最終左岸に廻ると、不動滝(一の滝)(15m)が見えてきます。ここは滝上にお不動様が祀られております(雨乞いの滝でもあるようです)。

 

P1050235

 

中々の風格。滝上には、巻き道も付いていますが、敢えて左岸側のルンゼ(?)を登攀。

 

IMGP0513 (2)

 

快適な登りで楽しいところ。

滝上から一気に渓谷らしくなり、予想外の赤茶色のナメが出てきて、嬉しい誤算。

 

IMGP0519

IMGP0521

 

ナメを歩く。フリクションも比較的効き、快適っす!!やがて綺麗なナメ滝へ。

 

P1050244

 

暑いこともあるが、全て水線を突破していける。気持ちよろしいーー!!このあたりからこの谷の核心部に入る感じでしょうか。

 

IMGP0522

IMGP0523

 

片っぱしから突っ込みました。そして二の滝(30m)がドドーンと登場。良い滝です。

 

P1050250 P1050259

 

二の滝の突破は右岸壁を直登(樹林帯から巻くことも出来るようです)。

 

IMGP0525

 

ホールド豊富で快適っす。ですがフリーでの登攀はやはり怖い。グレードだと5.8~5.9程度でしょうか?

 

IMGP0527

 

登り切った!!ヤッタぜい!!1人でテンションが上がります。目の前には上段の滝が。

P1050268

 

これも直登。これを越えると綺麗なナメ滝が続きます。恐らくこれが三の滝だと思われます。

 

P1050269

 

右岸から直登。少し行くと二股となり、左股へ入ります。左股出合の滝も直登。この谷、基本的に片っぱしから直登できるので、テンポ良く進む感じで、溯行していて楽しいです。

 

IMGP0530

 

二股出合。

IMGP0531

 

岩質が若干変わったように感じます。とにかく直登、直登!!

IMGP0535

 

林道が横切ります。ちょっと興ざめする瞬間でした。

IMGP0540

 

源流域に入っていることを実感します。目を上にやると自然林が心地よいです。

IMGP0542

 

やがて水も切れ、少しの笹こぎで稜線へ上がります。登山道を西に向かえば段ケ峰の山頂に到着します。

 

IMGP0545

 

3mの違いは何なんでしょうねえ?

IMGP0549

 

眺望も素晴らしいです。

 

下山は、登山道で西へ向かい、千町峠まで出ます(山荘の裏に出てきます)。

そこから林道を東へ少し進むと、埋もれるような看板(旗谷コース)がありますので、草をかき分けて南東方面へ下ります。最初不明瞭な踏み跡も、進むにつれて明確になりますが、所々で踏み跡が消えます。地図見ながら方向を適宜修正しながら進みました。とにかく暑い。早く沢に着かないか…、と、方角だけには気を付けて進めば、沢に行き当たります。これが栃原谷本谷で、沢を下降します。途中、首なし地蔵がありギョっとしましたが、適宜水に浸かりながら快適下降。やがて林道終点に至り、駐車地に戻ります。

 

IMGP0552

 

お疲れ様でしたあ。8時半に溯行開始し、駐車地には13時半到着。しめて5時間の沢溯下降でした。下山は若干不安になりましたが、総じて楽しい所で、期待していなかっただけに良い溯行となり満足しました。

 

では、また。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます。

 

うちの息子と、山岳会のお姉さんと3人で、

前鬼川に沢登りに行ってきました。

とはいえ、2016年8月の話です…。

 

前鬼林道から黒谷を下降し、本谷に到着。

 

透き通る水に心奪われる。

何回来ても、良い場所は良いなあ。

 

 

名物岩くぐり。左側を越える。

 

 

積極的に泳ぐよーん。

 

 

有名な10m滝。素晴らしい。

 

 

 

 

垢離取場。湧水帯を過ぎると水量が極端に減り、ぬるくなる。

この後水泳大会。

 

 

もう少し先に進むと、大釜を持った斜滝に到着。

 

 

本日の溯行はここまで。

帰りは登山道で山小屋経由で駐車地に戻った。

 

何回来ても飽きることないナア…。

 

息子(小5)も楽しんでいたようで何より…。

 

では、また。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月に溯行していたのを思い出しましたので、前後しまーす。

5月の溯行を11月下旬にレポしまーす。

 

【日時】5月15日(日) 【天候】晴れ

【メンバー】ONさん、小山

上北山中学校から小谷川に沿った林道に入り、ゲート前に駐車。

少し歩いて入渓した。

 

 

沢に入る瞬間。気分が高揚する。

 

ONさんは、まだ林道が敷設されていなかった頃の、わらじの会の溯行記録を

事前に見ておられたようで、それなりに厳しいらしい、とのこと。

 

 

ゴルジュの入口(だったかな?)。上段は支流の滝。下段は左岸から巻いた。

と思う。

個人的には巻きも登攀も結構厳しかったこともあり、記憶がかなり曖昧だ。

 

水量豊か。

 

上段(本流)の滝。これも左岸巻き。

 

振り返ると結構な高度感。

 

ここを越えると…。

ババン!!

 

この滝は、右岸側に陣取り、ビレイ場所を決め、ONさんのリードで直登した。

かなり寒い…。ONさんがずぶ濡れになりながらハーケンで中間支点を

作ってくださった。

GW中に、グラビティ難波でRTさんに指導頂いたおかげで何とかビレイ検定に

合格したが、合格しておいて良かった…。と実感(RTさんありがとうございます)。

直登は、二条の向かって左側(中央の凸左側の岩溝)から。

回収しながら登る訳だが、ONさんのハーケンを一本落としてしまった…。

ONさんすいません。

岩溝に上がってからは、溝の隙間に手を入れ捻じり、足も踏ん張りながら

何とか登り切った。何かもうお腹一杯っす…。

更に滝場が続く。

 

恐らく右岸側へ泳ぎ渡れさえすれば巻きは容易だが、水量が多く下手をすると

そのまま下の滝へ落ちる危険もあり、左岸から巻いた。

しかし最後で詰まり、岩の間にスリング絡めてみたり色々やって何とか突破。

2級下、初級、なんて書いてある本もあるが、こりゃ違うな…。

 

やがてナメ滝に到着。

 

水流が半端無く強い。今までずっとONさんにリードして頂いていたが、

ここは小山が先行させてもらった。

フリクションを効かせ(?)右岸に渡った。あとは中央の溝をシャワー気味に

直登。登った後、上でビレイしたが、ONさんが上がってきた後、セルフビレイの

重要性やその際のハーケン位置等について教えて頂いた。

 

大釜を持つ8m滝は右岸から草付きを直登した。

 

 

 

 

ここは直登も出来るようだが、左岸から巻いた。ここも私がリードしてみたが

ルート取りが若干ヘタクソだったこともあり、またロープワークが全体的に

トロく、かなり時間を食ってしまった。

ここの巻きも結構厳しかったっす…。

 

ここを越えれば、後は悪場は無かった。

 

やがて無粋な堰堤が見えてくる。堰堤は向かって右から越える。

その上流は荒れていた。

 

三又になっている。おっ、左の滝は神童子谷のノウナシ滝のミニチュア版みたい

だナア…。

三又は中央に入り、最後の詰めを楽しんだ。

 

やがて林道に飛び出し溯行終了。林道で下山するからグレードが低いだけ

なんじゃなかろうか。

古いわらじの記録では、最後まで詰め上がっていたようだ、とのこと。

林道ではマムシを撮影し(ONさんが)、無事下山となった。

 

ロープワークやその意味する所など、ONさんに色々レクチャー頂いた。

今後習熟を図っていきたい。

 

では、また。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。