製造業バイヤーの撮影日記

ひとまずカメラ撮影記にします…。

日本に帰り、カメラ新調し、被写体求めてウズウズする日常を綴る…。


テーマ:

5月に溯行していたのを思い出しましたので、前後しまーす。

5月の溯行を11月下旬にレポしまーす。

 

【日時】5月15日(日) 【天候】晴れ

【メンバー】ONさん、小山

上北山中学校から小谷川に沿った林道に入り、ゲート前に駐車。

少し歩いて入渓した。

 

 

沢に入る瞬間。気分が高揚する。

 

ONさんは、まだ林道が敷設されていなかった頃の、わらじの会の溯行記録を

事前に見ておられたようで、それなりに厳しいらしい、とのこと。

 

 

ゴルジュの入口(だったかな?)。上段は支流の滝。下段は左岸から巻いた。

と思う。

個人的には巻きも登攀も結構厳しかったこともあり、記憶がかなり曖昧だ。

 

水量豊か。

 

上段(本流)の滝。これも左岸巻き。

 

振り返ると結構な高度感。

 

ここを越えると…。

ババン!!

 

この滝は、右岸側に陣取り、ビレイ場所を決め、ONさんのリードで直登した。

かなり寒い…。ONさんがずぶ濡れになりながらハーケンで中間支点を

作ってくださった。

GW中に、グラビティ難波でRTさんに指導頂いたおかげで何とかビレイ検定に

合格したが、合格しておいて良かった…。と実感(RTさんありがとうございます)。

直登は、二条の向かって左側(中央の凸左側の岩溝)から。

回収しながら登る訳だが、ONさんのハーケンを一本落としてしまった…。

ONさんすいません。

岩溝に上がってからは、溝の隙間に手を入れ捻じり、足も踏ん張りながら

何とか登り切った。何かもうお腹一杯っす…。

更に滝場が続く。

 

恐らく右岸側へ泳ぎ渡れさえすれば巻きは容易だが、水量が多く下手をすると

そのまま下の滝へ落ちる危険もあり、左岸から巻いた。

しかし最後で詰まり、岩の間にスリング絡めてみたり色々やって何とか突破。

2級下、初級、なんて書いてある本もあるが、こりゃ違うな…。

 

やがてナメ滝に到着。

 

水流が半端無く強い。今までずっとONさんにリードして頂いていたが、

ここは小山が先行させてもらった。

フリクションを効かせ(?)右岸に渡った。あとは中央の溝をシャワー気味に

直登。登った後、上でビレイしたが、ONさんが上がってきた後、セルフビレイの

重要性やその際のハーケン位置等について教えて頂いた。

 

大釜を持つ8m滝は右岸から草付きを直登した。

 

 

 

 

ここは直登も出来るようだが、左岸から巻いた。ここも私がリードしてみたが

ルート取りが若干ヘタクソだったこともあり、またロープワークが全体的に

トロく、かなり時間を食ってしまった。

ここの巻きも結構厳しかったっす…。

 

ここを越えれば、後は悪場は無かった。

 

やがて無粋な堰堤が見えてくる。堰堤は向かって右から越える。

その上流は荒れていた。

 

三又になっている。おっ、左の滝は神童子谷のノウナシ滝のミニチュア版みたい

だナア…。

三又は中央に入り、最後の詰めを楽しんだ。

 

やがて林道に飛び出し溯行終了。林道で下山するからグレードが低いだけ

なんじゃなかろうか。

古いわらじの記録では、最後まで詰め上がっていたようだ、とのこと。

林道ではマムシを撮影し(ONさんが)、無事下山となった。

 

ロープワークやその意味する所など、ONさんに色々レクチャー頂いた。

今後習熟を図っていきたい。

 

では、また。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

真夏の溯行レポを今更載せるこの季節感の無さ…。

 

当初は、私の兄を連れて前鬼川へ行く予定だったが、怖気づいたのか、直前キャンセル。

とはいえ家に居てもしょうがないので、手軽に行ける谷を、ということで、大峰の下多古谷川本谷まで、のんびり撮影行に出かけた。

 

日時:’16年8月6日(土)

メンバー:小山(単独)

 

国道169号線から下多古集落に入り、川面を見ると、ほとんど水が流れていない。こりゃだめだな、とテンションがダダ下がりとなってしまう。 また、駐車し準備しようと外に出ると結構なアブの数。まあ、夏だからしょうがないのだが、「んもう!!」という感じ。

いざ入渓してみると、水は普通にあり、一気にテンションが戻る。

下流で取水しているのかな?

 

P1050174

 

綺麗な渓相でウキウキ。夏はやっぱり沢!!

IMGP0487

 

岩の浸食がオモシロイ。

IMGP0488

 

特に危険箇所はない。ゆっくり進んでいく。

やがて前衛のナメ滝の後ろに、立派な滝が見えてきた。

 

P1050183

もう少し近づく。

P1050186

更に近づく。

P1050180

 

中々の迫力。滝から吹いてくる風が心地よい。

水もあまり冷たくなく、これ以降も無駄に水に突っ込んだりしていた。

 

IMGP0491

 

別に泳がなくてもあっさり巻けるのだが、敢えて淵を泳ぐ。

IMGP0494

 

出来るだけ直登、直登!!やがて吊り橋をくぐり、ちょっとしたゴーロを上がると、最初のハイライト、琵琶の滝(50m)がドドーンと登場!!

P1050195

 

非常にカッコイイ滝です。心が解放されていく感覚。

P1050198

 

さて、琵琶の滝の突破だが、大回りになるが、遊歩道へ戻る丸太から踏み跡を戻り、

そのまま登山道を辿り滝上へ行くのが安全。

 

だが、それでは沢屋ではあるまい、ということで、右岸側すぐにある枝谷に向かい、その右壁を登った。ちょっとズルズルなのと、草がありスタンスが見づらく、今回の遡行での一番の

要注意ポイントだった(1か所、スリングを使い這い上がった)。

 

途中、祠へご挨拶し、滝上から再び入渓し溯行を続ける。

 

IMGP0503

 

岩くぐりなんかもあるよ。やがて雄大な姿の中の滝(40m)が姿を現す。2つ目のハイライトだ。

P1050202

 

ズンズン近づく。

P1050206

 

この景観はホント素晴らしい…。

P1050208P1050211

折角なので滝壺で泳いでみた。滝直下でも浅く、軽くシャワーを浴びた。

P1050214

 

中の滝の突破は、右岸側に赤テープもあり、分かりやすい。

大きく巻くが、踏み跡は割としっかりしているので、特に問題はないだろう。

 

中の滝を越えると、水温が一気に下がったように感じる。原生林も増々深くなり、

心地よさも増す。ナメを溯り、ザブザブと歩を進める。

途中、一気に秋の気配を感じさせるような景観に出会った。

 

P1050223

 

やがて大釜を持つ斜滝(12m)に到着。

P1050227

 

この斜滝は右岸側から近づき直登した。左から残置ロープ(かなりあやしいが…)を使い、

巻くことも出来る。

 

IMGP0509

 

滝上より。まだ溯行を続けることもできるが、天候悪化を想定し(実際降りてから雨に降られた)、木の葉入らずの淵まで行かず、極上テン場を確認して帰路に着くことにした

(中の滝上から、結構明瞭な踏み跡があり、それを辿れば比較的容易に琵琶の滝を

巻く登山道に合流出来る)。

 

IMGP0511

 

誰か、一緒に泊りに来ようよ!!

名瀑2本を思う存分撮影し、誰もいない静かな渓を楽しめた。

 

では、また。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

琵琶の滝の上流に位置する中の滝(40m)です。

 

 

 

川上村屈指の名瀑です。

 

次回は溯行記。

 

では、また。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今は11月の紅葉の季節。いったい何か月遅れなんだ、という感じではありますが、

7月末の溯行記です。

 

日時:’16年7月31日(日)

メンバー:RTさん、HRさん、HJさん、koyamangen

林道は、終点手前で通行止め。ですが終点まではそれほど距離はないので特に問題なし。

IMGP0461

やがて入渓地点へ到着。谷に降りる際、ブルーの淵が目に入り、一同テンションが上がる。

IMGP0462

どこまでも澄み渡る感じ。やがてへっついさんへ到着。

P1050121

へっついさんは、それほど深くはなく。私は撮影しながらなので、皆さんからは常に

遅れ気味。

IMGP0466

やがて赤鍋滝(5m)へ到着。

P1050126

私は撮影。皆さんは左岸をへつり越え。HRさんがスリングを残置してくれたが、後から回収すべきところを(その旨合図してくれたのに)、「ヌメヌメだけど、1人でいけるか?」と聞かれていると何故か勘違いし、また、スリング含め残置されていたとも勘違いし、そのまま置いてしまった(復路時にHRさんが回収)…。

P1050131

大釜に蓄えた水はどこまでも碧く心が洗われるようだ…。

赤鍋滝の突破は、確かにヌメヌメしており、気を使う。ここで秘密兵器の2個で100円のタワシ登場!!ゴシゴシしてヌメリを取りながら滝上へ出た。

IMGP0467

赤鍋滝上。ちょこっとしたゴルジュになる。

所で、私の撮影行のスタイルは、出来るだけコンデジを使い、「これは!!」という景観だけ一眼を出す、というもの。そうしないとドライバッグ出し入れ、三脚セット…。いちいち準備し片づけるのはかなり大変だ。

IMGP0468

赤鍋滝の釜を滝上から望む。

P1050133

P1050137

ゴルジュはすぐに終わり、しばらく河原歩きとなる。RTさん、HRさん、HJさんに追いつき、溯行を続ける。

IMGP0471

IMGP0474

やがて、前から見たかった釜滝(7m)に到着。釣り師が釜で釣りをしていた。

P1050148

右岸から巻き、上流で分かれる谷を右側(ノウナシ谷)へ入る。

すぐに大釜を持つ4-5m滝へ。

P1050153

直登できそうだったので右岸側から泳いで取りついた。上まで行くものの、あと一歩の所で詰まってしまい…。しばらく格闘するも難しく、滝壺にドボン。素直に巻いた…。後でHRさんに聞くと、同様に詰まったそうで、ロープを使い突破したとのこと。難しいよね…。

また長い河原歩き。要所要所で小滝を登ったり、ナメを溯ったり。

IMGP0475

やがて、本日の最終目的地、ノウナシ滝(35m)へ到着!!

P1050158

これは素晴らしい…。

P1050159

P1050164

美しい滝壺。水中メガネかけてダイブした!!

P1050173

滝前で昼食とし、復路は往路を戻る。

IMGP0483

釜滝の滝つぼを滝上から。釣り師はいなくなっていたので、このあと滝つぼでちょこっと泳ぎ。上流のノウナシ滝の滝つぼよりも水は冷たかったが、巨大な滝つぼにはイワナがそれなりに泳いでいた。

ゴルジュの滝の2か所、及び赤鍋滝は、ウォータースライダーで下降。無事入渓点へ

戻ってきた。目一杯渓に遊んだ1日だった。

 

では、また。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。