製造業バイヤーの撮影日記

ひとまずカメラ撮影記にします…。

日本に帰り、カメラ新調し、被写体求めてウズウズする日常を綴る…。


テーマ:
蜻蛉の滝に続いては、竜門の滝へ向かいました。



これは最上段と2段目の滝です。
この下にもう2段あり、総落差は25mになります。



この日は水量は少なかったです。
実物より写真映えします。



最下段の滝です。水がかなり淀んでいますが、下流に堆積した落ち葉が
水の流れをせき止めたような形になっているから。

うちの息子、最近川の流れを良くすることにハマっていて、ここも作業を始めました。
結果は・・・、



いやホント、見違えるようにきれいになりましたよ。

この滝までのアプローチは、途中にハンモックがたくさんかかっている所があり、
非常に楽しかったです。もちろんハンモックに揺られてましたよ。

では、また。

AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
川上村にある観光滝、「蜻蛉の滝」(50m)に行ってきました。



天気良すぎで明暗のコントラスト強すぎ…。



落差50mある立派な滝です。



滝そのものは結構良い。



では、また。

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
続いて訪れたのは、原不動滝。
いつものように、お賽銭を払い信心深くなり、滝つぼ近くへ
山道を通じてアプローチします。



沢登り帰りでしんどかったので、滝前まで降りるのは今回はパス。







観瀑橋から見るより断然コチラです。

では、また。

AD
いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
マンガ谷遡行の帰り、まだ時間が早かったので、周辺の有名な滝撮影と
しゃれこみました。

まずは明神滝。



落差8m程度と小ぶりですが、V字の滝姿、美しい滝つぼと相まって、
中々の名瀑と言えるでしょう。





真ん中の岩。カメの頭に見える、といつも来るたびに思います。

では、また。

いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
続きです。


トユ状の滝。夏ならファイト一発で正面突破!!だろうが、流石に寒いので
素直に巻いた。


新緑の緑、苔の緑、純白の滝水の競演に酔いしれる一時。イイナア…。


左岸側から巻き気味に直登。


こういう3-5mの滝が連続している。基本直登可能だ。


ワイドスクリーンを広げたような、幅広の7-8m滝。
真ん中を直登した。


連瀑帯が続く。この時点で確信した。「この谷はイカス!!」


この滝を右岸から超す時に、渓流シューズがグリップし切れずに、
滝壺にドボーン!!と行ってしまった…。斜度も大したことはなく、特に
怪我も無かったが、そらビックリしました。滑る時、前触れなく一気に
来たから…。


中央上の白い部分が見えるだろうか。ずっと滝である。
パズルのように、岩を上がっていく。


やがて最後の難所となる、20m滝と対峙する。


ここは右か?左か?しばらく悩み、結局右岸から登ることにした。


木の根を頼りに滝身に近づき、最後は完全フリーとなり滝身左側を直登した。
その上にも小滝が続き、気が抜けない。
何とか突破!!単独でこの滝を越えられたことが素直に嬉しい。
メチャ怖かったけど…。

上流は、今までの急峻な谷から一変。

ほぼ完全な平流となる。さて、ルーファイしてみようと右岸側を見上げると、
あっさり山道が見つかった…。

ここで装備を解き、昼食とした。

昼食後、登山道を経由して日野原集落へ降り、国道29号を経由して駐車地へ
戻った。

8:30過ぎに入渓し、13:00過ぎに駐車地へ戻った。谷としては短いが、
非常に密度が濃く、お勧めの谷だナア、と思った。
マンガのように面白いです(意味不明)。

では、また。
いいね!(6)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。