QLOOKアクセス解析
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-12-29

母校:追記

テーマ:❤備忘録的なこと
{938BCFB0-0AFC-4111-8E1B-F7B3AB1458F0:01}

空を見上げたら
ハート型の雲がありました。

都会の喧騒から離れて
何もない田舎で
都会にはない大切なことを
思い出すことができたようです。

私の心もまだまだ生きてるんだなって。
AD
いいね!(36)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「❤備忘録的なこと」 の記事
2015-12-29

母校

テーマ:❤備忘録的なこと


ちょっといろいろ辛いことがあって
実家へ帰ってきた。
そういえば一年以上帰ってなかったなあ。

なんとなくだけど、かつて自分が通っていた小学校に行ってみた。

小学校は建物も遊具も木も
動物の飼育小屋も私が通っていたときのまんまだったんだ。

20年以上前に、まだ小さな世界で
それなりにいっぱいいっぱいで生きていた頃の
小さかった自分の姿が脳裏に蘇った。

まさか20年以上たってすっかりおばさんになって、
寂しくこの場所を訪れることになろうとは
思ってもない頃の自分が愛おしく思えた。

思えば、私はいつもいっぱいいっぱいで生きていた。
そして、それは今も変わらない。
小学校のときと、今の自分、
歳月は流れ、姿は変わっても
中身はたいして変わってないことに気づいて
なんだか少しホッとした。

ここへきて、よかった。
少し浄化されました。

母校を立ち去り際に呟いた。

そのままでいてくれてありがとう、と。


{B455357B-CE40-4A92-9FC5-E1B57AA80569:01}


{56ACF3BB-E93B-4705-9512-4C52A053FC35:01}


AD
いいね!(33)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-05-22

家に帰ったら

テーマ:❤うちの猫







マリちゃんがジグソーパズル完成させてた。











※座布団のジグソーパズル↑





それにしても、なんよ、その顔(笑)








ブログランキング・にほんブログ村へ





AD
いいね!(52)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-05-18

いろいろと残念な大阪都構想(※訂正あり)

テーマ:❤世の中に物申す





おひさしぶりです。
ただ単にネタがなかったのと、
お買いものしても写真アップするのがめんどくさい病に
かかっていて(いわゆる5月病ともいう)
久しぶりの更新になりました。



大阪都構想、事前には全然興味なかったんですけど
開票結果みてむくむく興味がわいてきました。



まずこれ。↓










「70歳以上の老害の反対票のみで否決された~!」
とか騒がれているようですが、こんな分析もあります。




【謎】大阪都構想の住民投票の世代別の賛成・反対投票率がどうも妙な件。




でも反対多数で否決っていっても70万5000票と69万4844票の
わずか1万票差ですから、70歳以上の反対票で
差がでたといっても過言ではないかもしれません。



確かに残りわずかな寿命の人たちの投票で未来が決められたとしたら
若い人にはたまったもんじゃありませんけど、
実際投票率は66.8%であったことを考えると、
投票にいかなかった若者が多かったのでしょう。
そして仮にその人たちが投票していたら・・・
未来は変わっていたのかもしれません。
ただ今はまだその時期じゃなかったということなのだと思います。



歴史をふりかえるとき、多くの場面で転換点というものはあります。
しかしその転換点の多くはその革新的な考えに
庶民がついていけないという残念な事実によって、
その時点では頓挫してしまうものです。
しかし時代を経てようやく庶民がその考えのすばらしさに気づいたときに初めて
その考えが掘り起こされ、実現されるということも往々にしてあります。




仮に昨日の投票で大阪都構想が実現すれば・・・
そんな仮定をしてももう無駄ではあります。
正直いって、それが実現したところでどれだけ大阪が変わるのか、
さらにそのことが地方の行政にどういった影響をもたらしたであろうか、
誰も経験したことがないわけですからわかりません。



ただ、やはり庶民がそれについていけなかった。
特に70歳以上の悠々自適な年金生活者たちの多くは改革を望んでいなかった。
自分たちが逃げ切るまで現状を維持したかった。
そして若者が他人事のように興味ないものだから
高齢者たちの意見がまんまと反映されてしまった。
いろんな意味で残念です。




さて、年齢別の分析についてはこの辺にしておいて
個人的にはこっちの方が興味あるのですが




【大阪都構想の闇】 反対多数となった地域を調べてみたら以外な事実が判明した!と話題に




上記リンクより抜粋した図ですが

左:生活保護受給率 - 右:賛成と反対の多い比率







なぜか生活保護受給率の高い区で反対票が多いという・・・




というかこんなこというと「ジンケンシンガイだ~」って叫ぶ人いるんだろうけど
そもそも生活保護受給してる人も、納税者と同じ重みの一票持ってるんだったね。

「納税」という国民の義務を果たさずして、「投票」という権利を享受できるなんて
納税者からすると、ある意味納得いかないですけどね。
それなりの権利を享受したいなら義務を果たせと。
そして義務を果たせないのであれば、
人並みの権利を主張するのはムシがよすぎる。
もちろん日本国民である限り、投票権を奪えなんてこといわないけど、
せめて一票の重みの調整くらいは許されると思う。

まあ、私は政治家でもなんでもないから納税者として好き勝手いいますけどね。
実際政治家がこんなこといいはじめたら、
こてんぱに叩かれて追放されるのが今の日本だけどさ。
「人権」ってうっとおしいわ。



さて、今回なぜこんなに生活保護にスポットがあてられたかというと、
生活保護受給率の低い地域なら、そういう人の票もあまり影響ないかもしれないけど
全国的に見て大阪は生活保護受給率がとびぬけて多い地域です。



ちなみに平成27年大阪市生活保護受給率は55‰(1000人中55人) ※詳細リンク
えーと55%ってことは納税者より生活保護受給者の方が多いわけだ。
全国平均だと17‰(1000人中17人)なので人口的には3倍近くいます。


ってことは必然的にそういう人たちの票の重みも増すわけですね。
そしてその政策はもちろん納税者の税金によって賄われるわけですけど。




戦後GHQが日本に入り込んでつくった日本国憲法は
「国民主権」
「基本的人権の尊重」
「平和主義」
という、ソ連のコミンテルンが打ち立てた3本の柱によって
日本を永遠の敗戦国としてがんじがらめにしています。
その中でも「基本的人権の尊重」なんてものは、かつてのヨーロッパに
住んでいた野蛮なアングロサクソンたちが、好き勝手に宗教戦争や
なんやらで互いに殺し合っていた歴史の反省で勝手につくったものであり
そもそも「人権」という概念をきちんともっていた日本にとっては
押しつけ以外の何者でもないわけです。


それに人権を守るということを「目的」にしている時点でアウトです。
だから、人権屋さんが、ことあるごとに弱者を利用して
「人権侵害~」と叫ぶことで結果的に国益を害しても何とも思わないわけで
人権人権と叫ぶわりに北朝鮮に拉致された人たちのことはスルーして
こうしている間にも中国共産党がチベットを侵略していても
そのことは見て見ぬふり。「人権」なんて、実質あったもんじゃないんです。


それでも「人権」を盾にすることで既得権益を享受できる奴らが
わんさかといるんだろうな。まあその辺の闇は深いだろうから
これ以上はあんまりいわないけど。




さて、話がずいぶん脱線したけど、今回の選挙は
大阪都構想云々以前に、大阪の深い闇、しいては日本全体が
抱える問題の縮図のような選挙で大変興味深くおもしろうございました。




というお話でした。
だらだら長いのにここまで読んでくれてありがとう。




※備忘録
「投票に行かない若者が悪いだけ」という言説の恐ろしさ

↑この記事に目からうろこでした。






ブログランキング・にほんブログ村へ





いいね!(32)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2015-04-11

久々に麻生財務相、GJ!

テーマ:❤世の中に物申す







麻生財務相「返ってこないお金は貸せない」AIIB不参加の理由を説明






正論すぎてこれ以上何もいうことないけど。
バスに乗り遅れるとかあおってるマスゴミ
そろそろいい加減にしろよな。







ブログランキング・にほんブログ村へ









いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。