2007-07-03 06:35:16

ゾディアック

テーマ:映画

日曜日にレイトショーで観てきました!


ロバート・グレイスミス, イシイ シノブ
ゾディアック

アメリカで実際にあった連続殺人事件をもとにした映画なんですが、ストーリー序盤は見ていて辛い位に殺人シーンが出てきます・・・


事件を起こし、その結果を電話で報告し、暗号つきの手紙を警察や新聞各社に送りつけたりして世界中を挑発する犯人。


彼は自分のことをゾディアックと名乗った。


ストーリーが進んでいく中で、容疑者が浮かび上がってくるのだけど、筆跡鑑定の結果だとか、証拠不十分だとかで結局逮捕は出来ず・・・


そうしているうちにまた他の怪しい人が出てきたり、被害者が出たり、最後まできっちり集中して見ていたけど謎でしたよこの映画(><


映画の中の殺人事件すべてが一人の犯行なのか、それともゾディアックの名前を利用した犯行も混ざっているのか、そして犯人は本当に彼なのか、正直謎です。。。


殺人の描写が嫌いな人にはお勧めできませんが、謎解きとかが好きな人には良いのかも?


俺は見た後にシンプルな映画が見たくなりましたよ。(爆)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-06-25 20:26:51

憑神(つきがみ)

テーマ:映画

昨日レイトショーで観てきました♪



浅田 次郎
憑神

今この本を見つけて思った・・・いいキャスティングしたなと(笑)


幕末時代に職を失った武家の次男坊・別所彦四郎(妻夫木聡さん)が酔っ払って帰る際に草むらでみつけた稲荷様に出世祈願をしたところ、福の神どころか3人の災いの神に憑かれてしまうお話。


ストーリー序盤で出てくる貧乏神(西田敏行さん)、マジで最高です!!!


映画館だというのに噴出して笑いました(><


小文吾(佐藤隆太さん)と貧乏神の戦いは観てて面白いですよw


映画の流れとしては笑いから始まり、少しずつまともな話になり、最後はマジです!




人に出来て神には出来ないこと




気になる人は映画館まで行って見てくださいな(^^

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007-06-04 17:59:44

パイレーツ・オブ・カリビアン  ワールド・エンド

テーマ:映画
テッド・エリオット, テリー・ロッシオ
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

昨日レイトショーで観てきましたw


さすがに人気のある作品だけに、日曜日のレイトショーでもけっこう人が入ってましたよ(^^


ストーリーは前作デッドマンズ・チェストの続きで、ジャックをとある場所から救い出すところから始まります。


今回は今まで出てこなかった他の有力海賊やまさかの人物登場、相変わらずの笑いあり、今回は驚きもありな感じで良い作品だったと思います♪


あまり話の内容に触れるとネタばれで怒られそうなのでこれ以上は書きませんが、注意事項をひとつ!!!




俺もたまにそうなんですが、エンディングが流れ始めると帰っちゃうことってありますよね?


今回はエンディングの後に少しだけ話しが続くのでエンディングが流れ終わるまでがんばって待っててくださいな~

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-06-03 12:22:12

300(スリーハンドレッド)

テーマ:映画
フランク ミラー, 関川 哲夫
300(スリーハンドレッド)

昨日先行上映されていたのでレイトショーで観てきましたw


さすがに土曜日の夜というだけあって、レイトショーでも混んでましたよ(><


話は古代ギリシャ帝国と大国ペルシャの戦争の中のスパルタに焦点を当てた作品なのだけど、スパルタ教育の語源となった国だけあって洒落になりません・・・


あそこは修羅の国です。




生まれてすぐに身体を調べられ、身体的な障害がありそうならそのまま谷底へ捨てられる。


立ち上がれるようになったら戦士としての修行が始まり、7歳で母親から引き離され暴力の世界へ投げ込まれる。


成人の儀式では一人見知らぬ森へ放り出され、そこから生きて国に帰らなければいけない・・・




俺があの国に生まれていたら成人の儀式よりも前に死んでそうです(;;




そして映画のタイトルにも大きく書かれていますが、300人vs1,000,000人の戦いは凄まじいです!


太陽が見えなくなるほどの矢の雨、旧時代の魔術(火薬瓶)、猛獣が着飾った乗り物にたいしても剣と槍、そして盾だけで戦うスパルタの戦士たちは正直化け物じみた強さだと思いましたよ。。。


幼いころからの教育のせいか「国のために死ぬこと」に憧れている感もあり、敵にしたらさぞや恐ろしいでしょう・・・


敵国ペルシャの王様が自分的にはかなり微妙でしたが、映画全般としてはけっこう良かったですw


そこそこに残酷なシーンもありますが、そういうのが苦手ではなく、この映画に興味がある人は映画館で見ることをお勧めします(^^


あの戦闘はできれば大画面で見たほうが良いと思いますよ~




ちなみに今回俺は一人で見に行ったのですが、右隣は汗臭いお兄さん、左となりは酒臭いおじさんが座っていて不思議な臨場感を与えてもらいました・・・orz


そうならないように皆さんは誰かを連れ添っていくことをお勧めします(><

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-05-07 22:11:11

バベル

テーマ:映画

昨日レイトショーで観てきました!


リアルさを追求した映画とのことでチョット視覚や聴覚的にキツイときがあります。。。


罪・欲・贖罪・・・そういったものが入り乱れた感じで、自分としては合わない作品でした(><


正直な話、今回はそれほどお勧めはしません。。。


ラストも「あれ?」ってな感じで終わっちゃったしねぇ。


菊池凛子の○が見れただけ見に行った甲斐はあった・・・かな?w(爆)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-04-23 11:28:01

大帝の剣

テーマ:映画
夢枕 獏, 天沢 彰
映画ノベライズ 大帝の剣

昨日レイトショーで観てきましたw


前評判はあまり良くなかったけど、ってか興行成績もよろしくないけど、ところどころでチョット笑える作品でした(笑)


まぁ敵のキャラが作りすぎかなぁ?って気もしたけどね(><


話は3代目・徳川・・・・名前忘れた(爆)


まぁ江戸時代に突然宇宙船が落ちてきて、その宇宙人とオリハルコンで出来た<大帝の剣>を持つ万源九朗が戦うという感じのお話。


歴史上に人物が出てくる割には時代劇っぽくはなく、宇宙人が出てくる割にはSFっぽくもない。


ノリ的にはTRICKに近い笑いを盛り込んだ作品だったな。


ただ、映画にしては宇宙人の特殊メイクが微妙だったような・・・


最近の特撮モノのほうが技術力たかいのでは?


いや、あの微妙さも演出なのか・・・?


まぁ・・・なんだ。


映画館にまで観に行くほどの物でもないのかも知れないけど、小笑いしたいなら観てみてもいいかも?w

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-04-01 09:03:49

蟲師

テーマ:映画

昨晩レイトショーで観てきました!


辻井 南青紀, 漆原 友紀
小説蟲師

オダジョーがギンコ(写真の白髪にーちゃん)役をやっていると言うことで先週姉貴が観に行き「よくわからんかった・・・」と言っていたこの作品。


まぁ原作を知らない人間が見てもこの世界観は難しいのかなぁと思ったんだけど・・・


原作を知っている俺が見ても謎な部分が(><


作品自体は原作漫画の4つの話をオリジナルストーリーとしてつなげ合わせた感じだったので自分としては入り込みやすい話だったのだけど。。。


あの人が生きていたのに吃驚。


最後にあの人が消えることに吃驚。


ってかラストのあっけなさに一番吃驚な映画でしたさぁー


原作を知っている人なら観に行くのも良いかなぁと思うけど、知らない人が見たらワケわからんと思いますよマジで(><

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007-02-12 03:14:40

墨攻

テーマ:映画
酒見 賢一, 森 秀樹
墨攻 (5)

気になってたんで夜更かしがてら観てきましたw


話は紀元前370年の中国、俗に言う春秋戦国時代のまっただなか。


趙と燕に囲まれた小国の梁が趙の燕国遠征のついでに攻め込まれたときのお話です。


趙国軍10万に対して梁城は住民すべてをあわせても4千程度、頼みの綱であった戦闘集団・墨家にだした援軍要請の返事も来ず、梁王は降伏を決断した。


そして梁城に趙軍の先遣部隊が到着する直前に一人の男が梁城に現れる・・・


とまぁこっから先は完全なるネタばれになるので書きません!!!


ただ・・・


ハッピーエンドとは程遠いお話ですし、ラストのほうで権力に溺れた愚王にかなりムカつかされますので精神的にやさぐれている時には観ないでください><


自分がこの映画を見てフト思い出したのがこの故事。




好兎死して猟狗煮られる




秦の始皇帝が討たれ項羽と劉邦の時代になったときに劉邦を味方した漢の名将・韓信が残した言葉です。


今回は誰にでも薦められる映画ではないので、興味のある方だけ観て見てください。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-01-29 17:57:53

どろろ

テーマ:映画
手塚 治虫, NAKA雅MURA
どろろ〈上〉
手塚 治虫, NAKA雅MURA
どろろ〈下〉

昨日レイトショーで観てきた!


話し筋としては・・・




父親の野望のために身体に48箇所を魔物に奪われた子供(百鬼丸)がタライで川に流され、とある呪術師に拾われる。


その呪術師により仮の身体と2本の刀を与えられて育った百鬼丸は育ての父である呪術師の死を境に自分の身体を取り返すための旅に出る。


んで何箇所か取り返し、いろいろあったのか非常にくらーい雰囲気を身につけたあたりで蜘蛛みたいな魔物と戦っている時に盗賊の少女に出会う。


この少女は百鬼丸の左腕に仕込まれた「敵討ちの呪力」が込められた刀を奪うために百鬼丸のストーカーを開始(笑)


とまぁやや話をハショッタリしてますが、気になった人は映画館まで観に行ってくれ♪




話しすぎの1行目を見て気づく人もいるかもしれませんが、見ていて魍魎戦記・摩陀羅を思い出しましたw


摩陀羅ってどろろをもとにしてるのかな・・・?

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-01-03 22:00:48

エラゴン 遺志を継ぐ者

テーマ:映画

少年はドラゴンに命を与え、ドラゴンは少年に未来を与えた。



Christopher Paolini
Eragon (Inhertitance)

内容はネタバレになってしまうのでかけませんが、なかなかに良いファンタジー映画でしたよw


やや突っ込みたいところも難点かありましたが、自分が見たファンタジー映画の中では上のほうかも?(笑)


ファンタジー映画が好きな人なら見てみるのもいいと思います♪


とりあえずこの映画とはまったく関係ないんですが、登場するドラゴンのやさしげな表情と瞳を見ていたら、かなり古い映画なんですが「ネバーエンディングストーリー」のファルコンを思い出しました><

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。