こうらい啓一郎オフィシャルブログ「未来にツケを残さない政治」Powered by Ameba

こうらい啓一郎オフィシャルブログ「未来にツケを残さない政治」Powered by Ameba


テーマ:


卓球男子団体は銀メダル

水谷選手、卓球では個人初、男子初のメダルみたいですね!

写真は2年位前にイベントに来てもらった時のものです。

当時は女子卓球は注目されるものの、男子は・・・という感じでしたが、これで男子も注目度が上がって欲しいですね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こうらい啓一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
現在市役所に居て、議会改革検討委員会が行われています。
傍聴に入れない委員会で、単なる待ち時間となっているので、投稿します。

6月の質問要旨。主に市の資産を処分していくべきだと述べました。

(以下、質問)
社会保障(年金・医療・介護)だけでも負担超過となる若い世代や次の世代に、借金まで送りこむことは慎んでほしい。
次の世代も使うだろうという理屈で箱物のローンを組んでいるが、まだ生まれてきていない世代まで負担させている。彼等からすれば同意していないローンを勝手に契約されているようなものだ。
嫌な言い方をすれば、勝手に将来も使うだろうと言ってローンを負わせて建てても、次世代がその「お古」を喜ぶのかどうか分からない。

今ですら、身の丈以上に資産を保有しているのではないか?
更新費用を捻出できていない状況ではないか?
年々、施設老朽化率は高くなっている。
施設老朽化率
平成20年 45.7%
平成26年 53.3%
この間、年1.3%づつ上昇。
豊中市の有形固定資産の減価償却累計額は約1850億有る。
1850億円×1.3%=約24億円
年平均24億円づつ更新費用が捻出できずに、後回しにしてしまったとも言える。
平成26年度市の決算は14億円黒字でしたと言うが、24億円を後回しにしてしまっていることを考えれば本当に黒字だと言えるのか?

2021年から2025年に公共施設や土木インフラ更新費用が1000億円見込まれており大きな山場を迎える。到底払えそうもない。優先順位をつけて整理して欲しい。

市長も議員も公選職で、さもするとサービスの増加や維持する事を訴える方が不人気にならずに済むのかもしれないが、子どもや孫のクレジットカードを使う位なら我々も我慢しなくてはならない。
(以上、質問終わり)

※走り書きで誤字脱字有るかもしれません。文章荒いですけど、上記のような質問をしました。
こういうのは総論で多くの議員が賛同してくれたとしても、その議員の支援者が多い地域(主にその議員の家・事務所の周り)の具体的な公共施設が無くなるとなれば、各論で反対になりがちです。
しかし、資産の精査を粘ったり遅らせたりすれば、余計に処分しなければならない量は増えます。一刻も早く議論を進めるべきと考えます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こうらい啓一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
※FACEBOOKは時々更新していたのですが、FACEBOOKを利用していない方は何も見れていないことに気付き、こちらに投稿しました。
昨年10月頃の記事です。

豊中市のアンケートで面白いものが有りましたので、メモを兼ねて残しておきます。

介護保険料は今後10年間で、高齢化に伴い2倍程度高くなると前回の市議会で回答を貰いました。(新たなサービスを増やさずとも・月額基準保険料で)

今から10年後には2倍高い保険料になって、その後も現役世代が減り高齢者が増え続けるので、まだまだ上昇し続けることが想像できます。

介護保険は本人負担分の1割を除き、保険料50%税金50%で運営されているので、給付が増えれば保険料上昇に直結する制度となっています。つまりサービスの増加は、必ず保険料の上昇をもたらします。

ここからが、豊中市のアンケートなんですが、一般高齢者(介護サービスを受けていない高齢者)がどれを望むかのアンケートです。

保険料を高くして、サービスを充実    6.2%
保険料は同程度で、サービスも現状程度 19.1%
サービスを抑えて、保険料を安く    22.3%
分からない              40.3%

意外にも「サービスを抑えて、保険料を安く」が、分からないを除き一番多い。高齢者へのアンケートでこの結果ですから、全世代へアンケートを取ればどういう結果になるんでしょうか。。。 

長くなるから割愛しますが、在宅で介護サービス利用者と、施設入所者は「保険料は同程度で、サービスも現状程度」を望む方が1番多く、これも意外ですが「保険料を高く、サービスを充実」が1番多い訳ではありませんでした。

ここで思うことが2つ。
1つ目は住民が望む以上に政治家や行政が或る意味では勝手にどんどんサービスを増やすことが善だと信じ、施策を増やし続けて負担を増やしていっているのではないかという事。
2つ目に、保険という制度の中で、給付を受け始めてから「もっとサービスを」という声に偏って意見を聞くというのは正しいのか?という事です。保険ですから支給開始要件に該当してから「もっと保障を充実した保険に」と言ってもそれは妥当なんでしょうか?もっと保障を充実させるのであれば、給付を受ける前からもっと高い保険料に合意していなければならないと思います。

介護保険料に限らず、あらゆる分野で給付と負担の関係は議論していかなければならないと思いますが、介護保険が「負担は少なく給付は多く」が無理だと分かりやすい例だと思いますので書き込んでおきました。

※アンケートは豊中市介護保険及び健康福祉に関するアンケート調査報告書です。

※時々、「保険料を増やさずサービスを増やす為に、国がしっかり税で支えろ!」という方が居ますが、国もお金が足りていません。そもそも、「国が負担しろ!」は耳障りは良いですが、国のお金は我々の税金です、つまり、国が負担しろ!=俺たちがもっと払う!と言っているに等しいのではないでしょうか。 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こうらい啓一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み