2012-11-06 23:27:51

祝、宮崎牛の日本一連覇!(その3)

テーマ:ブログ
まさかの3日連続ブログ更新。しかも、同じ全国和牛能力共進会のネタ。

今朝、県庁内の幹部会議である「庁議」を開催。日本一連覇をどのようにアピールしていくか、
畜産や経済の活性化に結びつけていくか、改めて各部局に検討を指示しました。

その際、<9部門中5部門で優等首席・第7区(総合評価群)で内閣総理大臣賞・団体賞>
といった、今大会の結果についての概略的な理解の仕方と、和牛のプロが分析して受け止める
専門的な理解の仕方と、その両極端の間の橋渡しとなるような、もう一歩踏み込んで日本一連覇
の意義を伝えるポイントペーパーの作成をお願いしました。以下が、事務方が作成した素案。


【宮崎牛 第10回全国和牛能力共進会2連覇 ここがすごい!】

1 大会初の連覇
大会史上初めて、2大会連続で過半数の部門において優等首席を獲得した。

2 口蹄疫により多くの牛を失ったという厳しい条件のもとで日本一
平成22年に発生した口蹄疫により、県有種雄牛50頭を含む約7万頭の牛を失ったという
厳しい条件のもとで日本一を獲得した。

3 9部門中5部門で優等首席
9つの部門のうち、半数を超える5つの部門で日本一を獲得した。

4 各部門の総合得点で道府県の順位を決める団体賞で1位
各部門の上位6席までに与えられる点数を合計して道府県毎の順位を決める団体賞で、
42点で1位となり、2位の鹿児島県25点、3位の大分県24点を大きく引き離した。

5 種牛と肉牛を総合的に評価する「花の7区」で内閣総理大臣賞
種雄牛の種牛能力と産肉能力が同時に評価され、和牛産地としての総合力がなければ
勝ち上がれない「花の7区」では、大会史上初めて種牛、肉牛ともに1位となり、完全勝利を
果たすとともに、最高の栄誉である内閣総理大臣賞を獲得した。

6 口蹄疫の影響を最も強く受けた3区で優等首席・2席を独占
月齢17~20か月未満の繁殖雌牛が争う3区では、人工授精自粛の影響で他県より若い月齢
だったにもかかわらず、優等首席・2席を独占した。

7 枝肉を評価する9区で優等首席、セリで1頭2千万円超
枝肉の肉質や肉量で評価される9区では、脂肪交雑基準で最高値をマークするなど優等首席を
獲得し、セリでは、1頭2,063万円(キロ4万6千円)で最高値となった。



今晩、300人規模のとある団体のパーティーでは、宮崎牛の鉄板焼きブースが設けられました。
右側の大きなPR板は、初のお目見え。会場内で、よく目立ちましたし、写真もインパクトがあります。



また、第8回宮崎県肉畜共進会が開催されました。肉牛と肉豚の枝肉についての県共進会です。

出品された110頭の枝肉のうち107頭が、宮崎牛の条件であるA4等級とA5等級に認定。
その割合97.3%は、過去3年の数値(91.8、88.2、85.5)を大きく上回り過去最高となりました。

肉牛でグランドチャンピオンに選ばれた小林市の薗田誠さんの枝肉は、キロあたり12,070円、
1頭分632万8,301円の高値で競り落とされました。今日の平均価格も、キロ2,504円、
1頭当り平均価格1,247,750円と、過去3年を上回る水準です。
これらの数字にも日本一連覇の効果が出ているものと、大いに心強い思いがします。

また、肉豚枝肉のグランドチャンピオンには川南町の(有)協同ファームが、団体優勝には
児湯郡市畜連が選ばれました。全頭殺処分され、ゼロからのスタートを余儀なくされた農家が
優勝し、その地域が団体優勝に輝いたことは、復興に向けた大きな弾みとなります。
これも明るいニュースとなりました。

いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

1 ■初めまして。ハンドルネーム「コンボイ」と名乗っております。

全国和牛能力共進会、連覇、おめでとうございます! 
私、関東在住の宮崎好き教習所指導員として、東国原 前 知事や早川伸吾氏、豊丸様に認知して戴いている別名「みねさん」と申します。

河野県知事とは昨年2月末、海江田経済産業省大臣が来宮時に高原町役場にてご挨拶‥‥といっても衣を着せてしまうかもしれません。
大臣や県知事が町役場を去られた後,日高光浩 町長と日豊線の時間までお話しをさせて戴きました。

今年は9月13日に高鍋、10月2日に川南、30日に西都と庁舎を廻らせて戴き少額ですが、口蹄疫復興義援金を納めさせて戴きました。
川南町役場では恐縮ながら日高昭彦町長に小一時間賜りお話しをさせて戴き、豚がまだまだと。

一昨年は川南、新富、西都、都城、高鍋と廻り、
橋田和実西都市長から
「君からの義援金で相当の消石灰が買えるょ」
と云って戴き、この詞を糧に5月1日は県庁にて、畜産口蹄疫復興対策局 永山局長様ともお話しさせて戴きました。
昨年は諸般の事情から動けずじまい。

外野の一市民でも畜産王国宮崎の復興を願っているのがいる
という事を知って戴ければ‥‥
年内は新田原基地航空祭での1往復でラスト。今年十数往復しています。文脈滅裂ですみません。

コメント投稿