天使の祝福カード

天使の祝福

待ちに待った「天使の祝福カード」が到着いたしました。
これは44枚の天使の絵柄からなるオラクルカードなのですが、金色に縁取られた豪華なカードと258Pにも及ぶ本格的な解説書が付いております。

まずはカードにご挨拶
レイキと繋がってから「天使」というシンボルを宙に切ってから天使と繋がったとイメージしてみました。
まずは武者震いが起こり、つづいて頭頂から全身に向かって痺れるような感覚がやってきました。
繋がったのかな???

他のエンジェル・オラクル・カードよりも詳しいメッセージを頂けるというカードなのですが、解説書を見てもカードの解釈の仕方が全くわかりません。
ある意味、他のエンジェルカード以上に瞑想とか直感力が要求されるように感じます。

解説書を読んでいて気になった言葉は「感謝」・・・あなたを不愉快にしたり、怒らせたり、恐れさせたり、また心配させる状況を見直してください。
そのような状況があなたの注意を引いていることに感謝し、それらがあなたに語りかけようとしていることを見つけ出しましょう。

なるほどね。
自分が悩んでいたり、困っていたりする状況に感謝ですか。
それって豊かさをもたらしてくれる恵みだったのですね。

AD

お知らせ

テーマ:
10月28日(金)夜10時~夜11時
一名さま

10月29日(土)夜10時~夜11時
一名さま

無料遠隔ヒーリングをお受けします。
10月30日、10月31日、11月1日、11月2日は夜勤のためお休みいたします。
ブログ左側の申し込みフォームからお申し込み下さい。
AD

新刊書籍

テーマ:

現代霊気の土居裕先生の著書『レイキ・宇宙に満ちるエネルギー』が 10月に出版されます。
すくまーるさんから頂いた情報によると、取次ぎを経由する関係から一般書店での発売は10月の末頃になるかもしれないとのことでした。
AD

不思議

テーマ:

一昨日は夜勤明けのネムネム状態でサティに買い物に行きました。
暇つぶしに書店をブラブラとしていると欲しかった「天使の事典(学研)」を発見。
天使の事典を立ち読みしていると頭頂から全身に向かって痺れのような感覚やってきました。
サティを出て相方の車で国道を走っている時、ふと窓の外を見ると「天使」という名のマッサージ店を発見!
その時に前を走っていた車のナンバーが「天使のメッセージ」といわれる「ゾロ目」

世の中の出来事をこんな視点から見てみるのも楽しいですな~。

変な夢②

テーマ:

本来寝るべきではない時間(昼間)に寝ると「魔が入り易い」というお話を以前に聞いたことがあります。
でも夜勤をしていると昼間しか寝る時間がない訳で・・・そんな昼間の夢のお話

【夢①】
ある広い部屋の中を白いモヤのようなものが動き回っている。
そのモヤのようなものが自分の目の前に来た時、おぼろげながら全体像が見えた。
その時「見えた」と思ったのと同時に「聖母マリア?」「もうすぐ会える」という想いが生じた。
※実は公仁は「なんちゃってクリスチャン」なのです。
鹿児島県の与論島という島で仕事をしていた時に近所の教会のオバちゃんに「祝福」なるものを受けました。後々よく考えてみると・・・たぶん、あれは「洗礼???」

【夢②】
ある広場を歩いていました。
その時、街を歩いている人も自分の身体もモノクロだったのを覚えています。(公仁はオール・カラーの夢しか見ないので不思議だなぁ、と感じておりました。)
空高くタカかワシのような鳥が飛んでおりまして、それを見ていた公仁は「自分もどこまでも高い高い世界に行ってみたい。」という気持ちが生じまして、鳥のように羽ばたいて高い世界へ飛んで行こうとしました。
しかしどうしても羽ばたくことができません。
公仁の手足は何者かによってきつく掴まれているのです。
公仁の後ろには巨大な女性(?)が立っており公仁の手足を掴んでいるのです。
その女性(顔だけが逆さまについていたので魔物?)は言いました。「あなたは絶対に離さない」と。変な夢②連発でした。(二本立て)

不思議な夢

テーマ:

「アンサンブル・プラネタ」のCDを早速購入。
CDをかけるだけで不思議と部屋の雰囲気が澄みきった感じを受けました。
仕事が休みの公仁…相方の部屋にて相方に霊気をしながら眠ってしまいました。
そんな朝方に見た夢です。
部屋の中にはきれいな音楽が流れ、自分の意識の向かい側には天使のような存在(見えない)を感じました。
すると頭頂より痺れるようなエネルギーが全身に流れていきました。
部屋の中にはメッセージカードがあり「和歌」のような形でメッセージが書かれていました。(意味は不明です。)
部屋の中では誰かが本のページをめくる「ペラペラ」という音が響いております。
そのうち理解できる日本語のメッセージが現れ、「もうすぐ天国から迎えが来る」との内容でした。
もうすぐ死んでしまうのでしょうか?「わたし」

意識の変化

テーマ:

元々、イメージ力や意識の集中が苦手な公仁、瞑想は大の苦手分野でございます。
雑念だらけになるか、寝てしまうか、そんな感じです。
最近は部屋の中で音楽等をかけながら「ぼ~っ」とすることが多くなりました。
最近では、瞑想のようなもの(単にリラックスして雑念を追いかけないようにしているだけ)をしている時や睡眠時に意識が切り替わる瞬間を感じることが多くなりました。
「あ! いま意識が切り替わった。」みたいな感じ
別に大袈裟な何かが起こるわけではないのですが、意識の段階が一段深くなったという感覚でしょうか。
眠っているような状態なんだけど眠っていない感じかな?
雑念も割と少なくなるみたいです。
そう言えば昔の話ですが「幽体離脱」、「霊の声が聞こえた」、「金縛り」・・・全てがこの半覚醒状態と関連しているような気がします。
ヒプノ・セラピー等の誘導瞑想やチャネリング等もこの半覚醒状態に入れるかどうかがポイントのような気がしますし・・・明日の夜勤明けにも「瞑想ごっこ」をすることにしましょう。

それでは仕事に行ってきます。