うちのレイキ・ボックス

テーマ:

レイキボックス



うちのレイキ・ボックスは100均で買ってきた木の貯金箱です。

小さい安物の箱だけど、大きな夢が詰まっています。

レイキ・ボックスって、今流行の「アファメーション」と「レイキ」の複合技なのかな?

☆レイキ・ボックス・・・複数の願望や複数のヒーリーに対して同時にレイキ・エネルギーを送るこ             とのできる便利な箱。

            あまりにも私利私欲に走ったお願いなどはNGとされています。
AD

小さな発見

テーマ:
公仁は、手の平の間に気のボールを作る「気功遊び」なるものを昔からやっておりました。

手の間に磁石の反発のような物が生じて、手の平同士がくっつかなくなる「アレ」です。

今日は湯船のお湯の中での気功遊びです。

レイキのシンボルをきってから手を水の中へ

「右回りの回転により気が強くなる」と気の本に書いてあったのを思い出し、手の平をゆっくり回転させます。

手の平の間の水が粘っこく感じられてきました。気が生じているようです。

試しに手の平同士を近づけてみると、お互いが反発しております。

ここまでは普通の「気のボール」なのですが、今回感じたのは「両手の間にある[水自体]が激しく振動していること」でした。   「ブルブルブル・・・・・」みたいな。

今日、「ふと」思ったのは「レイキの感じ方(出かたも)は本人の精神状態によって著しい影響を受けるのではないか?」ということでした。
AD
ヒプノセラピストの方から聞いたところによると
ハイアーセルフからのメッセージの受け取り方にも個人差というか、個人々の特色があるらしい。

ハイアーセルフが映像として見える人

ハイアーセルフの声が聞こえる人

見えない・聞こえないけど感覚として何かを感じる人

様々なパターンがあるらしい。

公仁はハイアーセルフを見たことも、声を聞いたこともない。

見える、聞こえる人に対して嫉妬の念を持ったり、自己嫌悪したりする。

でも、書店にて心の糧となる書籍に出会ったり、レイキと出会ったり

それって十分すぎるハイアーセルフのお導きなのでは?  と考える。

だって、人それぞれに個性があり、等しく価値があるのですから。
AD

プライドと卑屈さと

テーマ:
「パソコンでレイキは可能か?」の実験をしてみて

「気を感じない。」というコメントに対しては凹み。

「気を感じました。」というコメントに対しては喜ぶ。

これって何なんでしょう?   自分はレイキの通路であるはずなのに。

やはり、「自分がレイキしている。」「エネルギーの強弱に対するこだわり。」・・・これって

慢心と卑屈さ

仏教では慢心と卑屈さは「表裏一体」であるといいます。

慢心は「自分は他人よりもこんなにも優れているんだぞ!」という気持ち。

卑屈さは「自分は他人よりもこんなにも劣っているんだぞ!」という気持ち。

どちらも自分と他人を(自分の中のモノサシで)比較するところから生じます。

こんなモノサシ、さっさと手放してしまえば楽になれるのに

こんな自分の現状を非難せずにただ受け入れていこう。

バラにはバラの美しさがあり、ユリにはユリの美しさがあるように、タンポポにはタンポポの美しさ

があるのだから

自分を否定、卑下せずに受け入れること・・・受け入れます。(アファメーションしてみました。)

パソコンでレイキは可能か?

テーマ:

手

makiartあ~んどヒーラーさんのブログびっくらレイキヒーリングな話題 の記事の中に ウェブカメラや手の写真から「気」が流れたとのお話がありました。 面白好きの公仁、早速実験です。 ずいぶんと無理な体勢で手の写真を撮りましたが、きちんとレイキは流れているのでしょうか? 何か感じた方がいましたら書き込みをお願いいたします。

人は生まれなおせる

テーマ:
[人は生まれなおせる](ガイア出版・あまちゆうと著・定価1300円)が読み終わりました。

難しい本好きには物足りないかもしれないけど、何度も読み返す価値のある本だと思います。

あまちゆうとさんは気功やハンドヒーリングをされていたようで、ハンドヒーリングに関する内容も

書かれておりました。

【人は生まれなおせるP27・気を肚に落とす】より引用しました。

ときどき、特定の気功家やヒーラーについて「エネルギーが強い」といういい方をする人がいますが

、大事なことは強弱ではなく、エネルギーをちゃんと循環させられるかどうかです。

エネルギーがうまく循環してさえいれば、私たちは気持ちよさや喜び、安心を感じるようになってい

るのですから。

【人は生まれなおせるP189~P190・ひとつのエネルギーが人を癒す】より引用しました。

相手が病気だろうが、どんな状態だろうが、相手の中の光を見るか病気や問題を見るかによって、天

と地ほどの違いが出てきます。この時病気や問題を見るのではなく、相手の中なかにあるほんとうの

光の部分を見ると、相手が自分の中の光を思い出して、それを取り戻すための手助けになります。

私がふだんやらせていただいているヒーリングにしても、簡単にいうと、それだけをやっています。

その人を動かしているいのちを信頼して、ただそこを見ていくのです。

ヒーリングをさせていただいていて思うことは、気とかエネルギーというものは「出す」ものではな

く、「出る」ものだということです。「出す」ものは何であれ、結局のところ自分の念とか、思い込

みのようなもので、やはりひとつのエネルギーではありません。

愛や感謝のように、ただ自然とあふれ出てくるものがひとつのエネルギーです。

だから別に相手を癒そうと思わなくても、ただ美しい自然と向き合うように相手を見ていると、いつ

の間にか相手が癒され、お互いの関係もよくなります。

このとき、山に落ちる夕日を「きれいだな~」と見つめるように、良い・悪いをつけずに相手のいの

ちをただ見ることがポイントです。

☆ 人を癒すことは自分を癒すこと。ふたりがひとつに溶け合うと癒しが起こる。 ☆


「人は生まれなおせる」はこんな感じの書籍です。興味のある方はぜひご一読を

人は生まれなおせる

テーマ:

人は生まれなおせる



最近、ガイア出版から発売された「人は生まれなおせる(あまちゆうと著)」を読んでおります。

キーワードは「ただいま(只今)」「魂レベルでやりたいこと」「ありのまま」「ハートで生きる」

心のありかたをわかりやすく優しい言葉で綴っている、とても読みやすい本です。

著者のあまちゆうとさんは2004年5月17日に41歳で悪性リンパ腫で亡くなっており、「人は生まれなおせる」はあまちさんの遺稿となっております。

ぜひ、ご一読をおすすめいたします。

感謝

テーマ:
私達は、自分が「当たり前」と思っていることに関してはなかなか感謝することができません。

彼氏だから、彼女だから、夫だから、妻だから、家族だから「~してくれて当たり前」と

我が身を振り返ってみると、いかに自分が周囲に感謝をしていないかがわかります。

以前に知り合いの霊能者がこんな事を言っていました。

「当たり前に呼吸ができることのありがたさがわかれば、全てに感謝できるよ。」

息=生き

感謝できないのって、「自分の力で生きているんだ!」という傲慢さの表れだし、生かされている自分に気づいていないことだと思います。

生命の神秘

テーマ:
うちにはアゲハ蝶のサナギがおりました。
名前を「ぺろりん2」と申します。

この「ぺろりん2」、羽化の予定日を過ぎても一向に蝶になる気配が無く心配しておりました。
朝方は何事もなかったのですが、夜になると事件が起こりました。
帰宅した相方の叫び声が部屋の中にこだまします。「ぺろりんが蜂になっとお」

虫かごを覗いてみると、虫かごの中には大きな蜂が飛び回っておりました。
どうやらアゲハ蝶の幼虫には蜂の卵が産みつけられていたようです。

相方はかなりのショックを受けているようです。

でも、二人で考えました。
「ぺろりんは可哀想だけど、ぺろりんという命が蜂と言う生命に生まれ変わったんだね。」と。

蜂も一匹の命であることに変わりは無く、蜂にもこれからの人生(蜂生)があるのだからということで、蜂を外の世界に送り出しました。

生き物の世界には我々の想像を遥かに超えるぐらいの不思議と力強さがあります。

「生命って不思議だね。」を連発する公仁&相方でございました。
人生がうまく流れていかない時

焦りやイラダチから、ついつい自分を責めたり、他人を非難したり

何をしていてもつまらない

人生に希望が感じられない・・・・そんな事が多々あります

イライライライラ

今日、買い物に行く用事があり

「これを買って帰ったら○○は喜ぶかな?」などと考えながら買い物をしている自分に気づきました

そんな状況に小さな幸せを感じている自分がいたりする

たとえ、まだ来ていない将来に不安を感じ、落胆していたとしても

全ての幸せを失ってしまうわけじゃない

「今」「ここ」にある幸せ

例えるならば、おいしいコーヒーをおいしく飲む・・・これが幸せなのでしょう