口内炎の痛みを早く解消する薬や治療法

口内炎ができると痛みが強くて、食事をすることが困難な事も多く、出来た場所によっては何もしないでも痛くてたまらない、話もできないこともあります。
そんな口内炎が、少しでも早く口内炎が治る方法、痛みが早く解消・緩和される方法を書いていきます。

口内炎が痛くてたまらない。
食事はおろか、水を飲むことさえも、話すこともできない。

口内炎の痛みを緩和させる方法が知りたい!

あまりに口内炎になる頻度が高いので、
なんとか口内炎を予防したい!

そんなあなたの役に立つ情報を集めています。

テーマ:

龍角散のど飴は、その名の通りのど飴ですが、口内炎の痛みが和らぐという方がいます。


龍角散のど飴はいくつか種類があります。

  • 龍角散ののどすっきり飴
  • 龍角散ののどすっきり飴120max
  • 龍角散ののどすっきり飴シークヮーサー味
  • 龍角散ののどすっきり飴 カシス&ブルーベリー
  • 龍角散ののどすっきり飴 ハーブパウダーinタイプ
  • など

一番ベーシックなタイプ(龍角散ののどすっきり飴)でも口内炎の痛みが和らいだという話があるので、どれを使用しても良いと思います。中には、一番ベーシックなタイプの方が効果があったという方もいらっしゃいました。


舐め方としては、口内炎に当てるように舐めるとじんわり痛みが和らいでいくようです。
あくまで、じんわりです。痛みが消え去るほどの効果はありません。
唾を飲み込むのが楽になったり、痛みで口内炎が気になるということが減るようです。


龍角散のど飴には、ハーブパウダー、ハーブエキスやびわ葉などが配合されていて、これらがのどの痛みを和らげるのですから、口内炎の痛みに効くのかもしれません。
のどの“痛みを和らげる”のですから、「医薬品ではないから口内炎の痛みに効かない」と一概に否定できないところですね。

カミツレ、カリンを主成分とした超微粒子の龍角散のハーブパウダーを配合。のどにやさしい19種類のハーブエキスに加え、びわ葉も配合。

ちなみに「びわ葉」には、抗菌・抗炎症作用があるサポニン、鎮痛作用があるアミグダリンという成分が含まれていて、民間療法として、痛み止めとして使用されてきました。


医薬品のようにドラッグストアだけでなく、コンビニ、スーパーマーケット等で100円程度で変えるものですので、試してみてはいかかでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。