口内炎の痛みを早く解消する薬や治療法

口内炎ができると痛みが強くて、食事をすることが困難な事も多く、出来た場所によっては何もしないでも痛くてたまらない、話もできないこともあります。
そんな口内炎が、少しでも早く口内炎が治る方法、痛みが早く解消・緩和される方法を書いていきます。

口内炎が痛くてたまらない。
食事はおろか、水を飲むことさえも、話すこともできない。

口内炎の痛みを緩和させる方法が知りたい!

あまりに口内炎になる頻度が高いので、
なんとか口内炎を予防したい!

そんなあなたの役に立つ情報を集めています。

テーマ:

口の中は多くの細菌が存在します。

口内炎発生のメカニズムでも書いたように、口の中にできた傷に細菌が感染して口内炎ができます。

毎食後丁寧に歯みがきをすることで、口の中の細菌の繁殖を抑えることができ、口内炎の予防になります。

デンタルフロスや舌ブラシを使用するのも口の中の細菌を減らすのに効果的な方法です。

正しい歯みがきのやり方

正しい歯磨きのやり方のポイントは、次の通りです。

  • 磨くべき場所に
  • 歯ブラシの毛先を垂直に当てて
  • やさしく磨く

そのためには、磨く歯1本1本をよく見ることが大切になります。

磨くべき場所

歯垢が溜まりやすい場所を磨きます。

染色剤を使って、磨き残し部分を確かめると良く分かりますが、歯垢が溜まりやすいのは

  • 歯と歯の間
  • 歯と歯茎の境目

です。

 

歯ブラシの毛先を垂直に当てる

磨こうとする箇所に対して、歯ブラシの毛先を垂直に当てます。

歯の根元は斜めになっているので、その斜めに対して垂直に当てます。

歯ブラシは、歯ブラシの毛先が磨く対象に垂直に当たっている時に一番効率よく汚れを落とすことができるからです。

 

やさしく

歯ブラシを当てる力加減は、りんごの皮が剥けないくらいの力といわれます。

歯ブラシは、当てる力が強いと毛が開いてしまいます。そうすると、磨きたい部分に対し歯ブラシの毛先が寝てしまい、汚れが落ちにくくなります。

歯ブラシの毛に歯が潜りこんでしまう様では強すぎます。

 

歯ブラシを鉛筆を持つように持つことで力が入りにくくなります。

 

口内炎ができたときの歯磨き

口内炎で痛くても、口の中の細菌を増やさないためにも、しっかり歯磨きをする方が良いです。

ただし、口内炎で痛みがあるときには、歯磨き粉が口内炎に刺激を与える事があるので、歯磨き粉を使わずに歯磨きをしてみると良いでしょう。

歯磨き粉を使わなくても口の中はきれいになりますし、歯みがきにより歯茎等の血行が良くなることで口内炎の治りが早くなるようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。