夏休みもろもろ

テーマ:

8~9月は勉強三昧です。

研究のほうも進めてかなくてはならないのですが、うちの研究室は結構のんびりしています。

実家に1週間帰って、友人と遊ぶつもりですが、ペースが遅い行政法、憲法、ミクロのスー過去を持って帰ろうと思います。

本当は7月中に終わらそう(4周)と思ったのですが、まだ2周目。

ミクロは3周目ですが、公式とか忘れていますね。


マクロとミクロどちらが好きという問いには即答で「ミクロ」と答えます。

ミクロは計算とグラフの出題が多く、理系脳を駆使しれば強引に解けるからです。

マクロはマンデルやGDPあたりは得意なんですが、ケインズ対古典派の対立のところが苦手です。

というよりスー過去読んでもあまりわからない。以前にも書きましたが参考書を読まないとわかりにくいです。


数的の3周目が終わりそうです。解けた問題(5分以内に)を飛ばしてやっているのですが、3周目になると難問ばかり残っちゃってもうやる必要がないんじゃないかと思っています。

来週からは久々に判断をやります。

こちらは1周終わらしたのですが、問題が面白いので何度でもやりたいですね。

公務員試験の勉強の面白さは

判断>ミクロ>マクロ>数的>法律>行政系

ですかね。

AD

夏休み

テーマ:

昨日から夏休みに入りました。

夏休みなんて実質今年で最後だと思うので有意義に過ごしたいですが、公務員試験の勉強と大学院の研究の論文を読むだけで終わってしまいそうです。

夏休みにやる科目は


科目       ペース(スー過去、w問)

行政法       1/13

憲法 1/13

経済学 マクロ1/13 ミクロ1/14

数的、判断 数的 1/13  判断 1章ごと

行政学       1/18

政治学 ??(行政学が終わり次第やる)

          (1/13とは1日に13分の一進めるということ)


です。すべての科目一通りかじっているのですんなりと入れそうです。

難敵「民法」は10月からやりたいと思っています。

専門は12月までに終わらしたいのですが、国際関係と財政学は科目の性質上12月ごろやるつもりです。

教養は生物、地学あたりは手をつけておきたいですね。


マクロ経済やっていたんですが、労働市場~新古典派あたりがさっぱりですね。

他は大丈夫なんですが‥。その点ミクロの方がとっつきやすい。

ここらへんは詳しい参考書でも勝って攻略したいです。

行政学は相変わらずカルト的な問題が多いですね。

スー過去は国1が多いからでしょうが、やってもあまり身に付かないような気がします。

AD