市役所職員soutaの公務員のブログ★地方公務員の日常とホンネ★

人生いろいろ!公務員もいろいろ!地方公務員として市役所で働くsoutaの日常と公務員のホンネを綴るブログです。「市役所職員soutaの公務員ホンネブログ」の続編です(以前のは削除してありますが)。

毎日がスペシャルday!!
みなさんに、
感謝、カンシャ、かんしゃの毎日( ´艸`)
そんな市役所職員soutaの日常と公務員のホンネ
NEW !
テーマ:
お疲れ様です。


今朝、出勤しようと自宅を出たら、ウグイスが鳴いていました!


春なんですね~(о´∀`о)

なんだか、ウグイスの鳴き声を聞いたら足が止まってしまいました、笑


そして、出張や休日出勤などで一人バタバタしている最近ですが、実は先日、自分の市でも4月1日付の人事異動の内示が発表されました!!



人事異動。

不安でもあり、楽しみでもある人事異動。

公務員である以上、数年に一度の異動は当たり前なのですが、ある意味でボーナスなんかよりも大きな一大イベントです。


どうしてかって?

どの業務の担当になるかはもちろんですが、何より一番は「誰と一緒に働くか」が決まるからです。


どの業務の担当になるかで、
繁忙期の時期、残業や休日出勤の頻度が大きく変わります。


でも、どの業務についたとしても、
一番重要なのは「誰と一緒に働くか」です。

社会人にとって、(睡眠時間は置いておいて)1日の大半を過ごすのが職場です。
その職場で、机を並べる同僚や上司が誰かというのは、仕事のやりやすさだけでなく、人間関係によるストレス度合いも大きく変わります。


きつい業務でも、誰と一緒に取り組むかで、よりきつくなることもあれば、なんだかできちゃうこともあります。




現部署の在籍年数的に異動の可能性がある職員は、異動なのか否か、異動ならどこに(どの業務の担当に)異動なのか、同僚や上司が誰か。


そして、異動のない職員にとっては、同じ部署の誰が異動して、そこの空いたポストに誰が異動してくるのか。



自己が異動する、しないに関わらず、多くの職員に影響があるという意味で一大イベントなのです!




と、人事異動の話をしていますが、
自分(souta)自身がどうだったか。




「残留」です(´▽`;)ゞ


まだ、異動してきて1年ですからね。

自分の市では、若手職員は様々な部署での経験を積ませるため、3年~4年で異動となります。

もちろん例外的に1年で異動する場合もあります。



1年で異動となるのは、

・ひどいくらい仕事ができない(トラブルを起こした、現部署ではどうにも使えない、等)
・逆にメチャクチャできるので他部署からの引き抜き
・玉突き事故(本人がどうとかではなく、完全なる他の職員のとばっちりでの異動)

という場合が考えられます。

しかし、管理職以外で1年で異動することは、そう多くはありません。





送別会の三次会(飲みの席)で、酔っ払った部長から、

「souta!お前は○○○(霞が関)への派遣の打診が人事から来て、決まりかけていたけど、今お前に抜けられたら困るから丁重に断ってやったからな!良かったんだよな!?」

と言われ、



年末の忘年会で、
自分が外に出される噂を課長がボソッと漏らしていたのは、噂じゃなくてホントだったんだ!
と知りました(^_^;)



あー、良かった。
2年も霞が関でお国のために働くなんて!



転勤なども負担とならないように(霞が関なら通えるけど)、独身で子どももいないうちに外に派遣、出向させることも分かりますが。




まぁ、これだけ残業や休日出勤しても、ひたむきに頑張る人材(自分で言っちゃう?笑)は、戦力として離したくないってことですか!ぶちょー!


なーんて、酔っぱらいながら話をしたのも先日の話です。




確かに外に出るのは、視野も広がるし、勉強にはなるとは思います。


でも、ただいま、
庁内に(市に)新たな風を吹かすべく
重要プロジェクト(極秘任務)を先頭に立って遂行中というのが大きかったりします。外に出てしまうとそれが担えない。



革命軍のボス。。。



おっと。


それはまたいつか書ける日が来たら。




とりあえず、自分は4月からも同じ部署でお世話になることになりました!


めでたし。めでたし。



なのか?笑
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「公務員事情」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。